2013年2月28日 (木)

『料理通信』"-特別編集-for NESPRESSO" 海を渡る。

 
今朝、シンガポール出張から戻ってきた須賀です。強行スケジュールでまわった滞在中に、"ASIA's 50 BEST RESTAURANTS 2013" の授賞式に出席させていただく機会がありました。毎年4月にロンドンで発表される "The World's 50 Best Restaurants"のアジア版の第1回目が、シンガポールで開催されたのです。
P1010126
世界中からの注目が年々高まっているこのアワードには、飲食ビジネスをサポートする様々なブランドが協賛しています。授賞式前のレセプションでは、そんなブランドが、フードやドリンクのサービスを華やかに展開。発表の前に大好きな一杯で一息……と、Nespressoのコーヒーカクテルをいただこうとしたとき、テーブルスペースに置かれているモノに目が留まりました。

あれ? 料理通信???

その正体は、今号の綴じ込み小冊子、料理通信特別編集-ネスプレッソプロフェッショナル 完全読本、でした。
実は、パリでも販売されていたり、海外から定期購読してくださる読者に支えられている『料理通信』ではありますが、弊誌が制作した綴じ込み小冊子がひとり立ちして、海外の飲食業界の方々の目に触れられていることがなんだかとても嬉しかったのでした。
滞在中訪れた店舗の多くでもNespressoのマシーンがキッチンでフル稼働、コーヒービジネス、レストラン業界が著しく拡大しているシンガポールマーケットにおいても、Nespressoが大活躍していることを体感したのでした。
50_2

さて……、この栄えある賞には、1位-2位に選ばれたNARISAWA、日本料理龍吟を筆頭に、日本から9店舗がランクイン。日本勢の快挙に注目する世界中のメディア、そして参列していた国内外のトップシェフ達から祝福される成澤シェフ、山本シェフらの晴れ晴れとした笑顔とスピーチに感極まった夜でした。
アワードはもちろんのこと、シンガポールの"食"最新事情については、『料理通信』5月号(4月6日発売)でレポート予定です、どうぞお楽しみに! (suga)

2013年 2月 28日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

日本料理の国際化と、松茸の午後

今、京の老舗には、脂ののったアラフォー世代の若主人が多数活躍中。その中核を担う「美山荘」中東久人さん、「木乃婦」髙橋拓児さん、「瓢亭」髙橋義弘さんを招いての「KCC食文化と料理の講習会」がキッコーマンの主催で行われました。海外のトップシェフ等との交流も盛んで、世界を股にかけ、忙しい日々を送られているお三方。今回は、「木乃婦」髙橋拓児さんの会に潜入!お話のテーマは「日本料理の技術と進歩、国際化」、食材は「松茸(!)」とあって、勇んで出かけてきました。
 
Img_2181_control_2
「木乃婦」3代目、髙橋拓児さん。「こういう和え物は、箸で一口分ずつつかんで盛ること。食べやすく、口に入る味のバランスが均一に」。なるほど!
 
折しもロシアでの料理講習会を終えての帰国直後、まずはロシアのガストロノミーの今をスライドで紹介。どの国であれ、訪れた地の食文化を必ず「俯瞰する」ことを心がけるという髙橋さん。「なぜその調理法が生まれたのか、どうおいしさに結び付けるか……歴史や文化背景なども加味して俯瞰することにより、一元的な技術収集に留まらず、日本料理を見直し、進歩させる糧にできるのです」と髙橋さん。

今、世界のトップシェフが注目する日本料理。その美点は「だしを引く」という言葉に表れてる、と高橋さんはいいます。フォンやブロードを「煮出す」「取る」という考え方に比して、素材の旨味、よいところだけを引出すという捉え方は確かに、日本料理の核と感じます。また、素材の目利き、品質管理に至るまでが日本料理。今後もっと外国で浸透するには「漁法、活け締めなどの品質管理、流通技術、加工品の技術発展が不可欠になってくるでしょうね」。

Img_2207_trim_2
さてお待ちかねの松茸料理デモ。「日本料理ではキノコ類は加熱しますが、外国では生食や塩漬が一般的。松茸の香りを生かすには優れたアプローチと考え、取り入れてみました」。1品目の松茸の菊花浸しには、松茸をコンフィ&真空調理に。油を介することで香りが持続します!うまだしと湯がいた菊花を合わせて。二品目の松茸と鱧の椀は、逆に生食ギリギリの火入れで。最後の「松茸粥」は有馬酢で! 松茸と、だしを引く豊かな匂いに包まれて、日本の秋を満喫した午後でした。(hayashi )
 
キッコーマン KCC食文化と料理の講習会  
 

2012年 11月 1日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

秋田の食材に会いに行こう!

2012年11月号「食の文化遺産巡り」の取材で、夏真っ盛りの8月に秋田を訪れました。私が楽しみにしていたのは、2012年1月号「第3回お宝食材コンテスト」調味料部門で見事「特上喜助みそ※」が選ばれた羽場こうじ店の取材です。
 (※パッケージで「喜」は七が3つ並ぶ異体字を使用しています。)
仕込みの作業から撮影させていただくために、朝6時に現場入り。5時には宿を出発したのでお腹はペコペコです。そんな私たちの胃袋具合を察してか、羽場こうじ店のお母さんが用意してくださったのは心づくしの朝食!米どころ秋田の炊きたてごはんに、喜助みそのお味噌汁におかずたち。どんなご馳走もかなわない、最高の朝食でした!

Photo

Photo_2

お母さん、ごちそうそうさまでした!


「喜助みそ」、そして「生こうじ」「三五八」は、明日23日(火)まで伊勢丹新宿店キッチンステージで販売中!この機会にぜひお買い求めください。
また、キッチンステージでは、料理研究家・松田美智子先生が秋田で出会った食をリ・デザインしたメニューがいただけます。メインディッシュは、三五八でマリネした比内地鶏または喜助みそで漬け込んだ八幡平ポークのソテー。“とにかく食べてください!”と自信を持っておすすめするおいしさです。
-------------------------------------------------------------
■■松田美智子さん監修 秋田の美味・発見コース〈2310円〉■■
 〈前菜〉 山芋のロールケーキ
 〈副菜〉 アキタリアとハタハタのサラダ
 〈主菜〉 八幡平ポークのにんにくみそ漬け  または
        三五八漬け比内地鶏のおかき揚げ  共に山内いものこコンフィー添え
 〈ごはんセット〉 きのこごはんと納豆汁、干し大根の含め煮、白菜の三五八漬け

Photo_5

Photo_3
(上)八幡平ポークのにんにくみそ漬け (下)三五八漬け比内地鶏のおかき揚げ

※写真はイメージです。
※諸般の事情により、予定しておりました商品に変更がある場合がございます。
  10:30~20:00(ラストオーダー19:00)
-------------------------------------------------------------

こちらもぜひご賞味ください!(toriyama)

2012年 10月 22日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

料理は大人のオトコのたしなみ?

クッキング・ジムに潜入!

長い残暑が終わろうかという10月上旬、渋谷某所。大人のオトコたちのためのクッキング・ジムが開かれると聞いて潜入してきました。
このGCG(グッド・クッキング・ジム)というプロジェクト、大人の男性がクッキングを楽しむことでコミュニケーション能力を高め、周りの人たちを幸せにしていこう、というもの。広告業界やラグジュアリーブランド、コンサルティングやマーケティングなど各界で活躍する個性的な大人の男性たちが、シェフ直伝で料理を習っていきます。第1回のインストラクターは人気のフレンチ「OGINO」の荻野シェフ。習うは「塊肉から作るハンバーグ」! 肉好き女子の心も鷲掴みにする極上メニュー、さて習得の成果はいかに?! (sakanishi)

01
あえて塊肉を包丁で手切り→チョップ(二刀使いの人も!)→好みの粗挽き状にするのがGCG流、とのこと。

02
いよいよ鉄板で「焼き」に入ります。

03
ついに完成。

04
さあ試食! 周りと比べつつ、自分の腕前を確かめながら喧々諤々。

05
初回のインストラクターを務めたのは「OGINO」荻野伸也シェフ(右)。隣の達成感に満ちた笑顔は、参加したアマナインタラクティブ、深尾義和さん(左)。

Good Cooking Gym(GCG)
www.facebook.com/GoodCookingGym

2012年 10月 22日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

ワークショップ番外編 ~麹レシピ~

伊勢丹新宿店での「麹のワークショップ」が無事終了! ご参加いただいた皆様、ありがとうございました! 今日は秋田から「羽場こうじ店」の鈴木さんがお越しになり、麹についていろいろ教えてくださいました。せっかくなので、ブログをご覧の皆さまにも麹レシピをご紹介します!

Photo
左)東京ではなかなか手に入れることのできない生麹「羽場こうじ」。右)麹たっぷりの「三五八」。いずれも2012年10月17日(水)~10月23日(火)まで、伊勢丹新宿店キッチンステージにてお買い求めいただけます。松田美智子さんの特別コースもぜひご賞味ください

伊勢丹新宿店の限定販売&秋田県モニターツアーなど、詳細はコチラ↓
http://r-tsushin.com/special/akita/?=trippa

まずは、炊飯器で作る、簡単でおいしい「甘麹」の作り方から。そのまま調味料としても使え、お湯で薄めてノンアルコールの甘酒としてもおいしくいただけます!

------------------------------
■■ 甘麹の作り方 ■■
------------------------------


<材料>
ごはん30g(大人のひと口分ぐらい)、水270~300g(水の分量が多いほど飴色の甘い上澄みが出る)、「羽場のこうじ」(生こうじ)120g

<道具>
鍋・・・ごはんをお粥に炊きなおすため
炊飯器・・・一定の温度を数時間保つため
冷蔵用容器・・・急冷するため
温度計・・・温度を測るため

<作り方>
1) 炊飯器にお湯(分量外)を入れ、保温ボタンを押して釜を温めておく。
2) 生こうじを、固まりがないいようやさしくほぐしておく。
3) 鍋にごはんと分量の水を入れ、中火でおかゆに炊きなおす。
4) ごはんに割れ目が入って糊状になったら火を止め、60℃程度に冷ます。
5) ほぐした麹を入れて全体に行き渡るよう混ぜる。
6) 釜のお湯を捨てて5を炊飯器に移し2時間保温する。
7) 冷蔵用の容器に入れ替え、粗熱が取れたら冷蔵庫などで急冷する。(自然に冷ますと黒ずむため)

★ポイント★
60℃以上の温度になると麹菌が働かなくなります。ごはんがおかゆになったら、慌てずに十分冷ますこと。麹の菌は低温に強いので、できあがった甘麹は冷凍保存するとよい。


------------------------------
■■ 大根の甘麹漬け ■■
------------------------------

Photo_3
<材料>
大根1/4本(250g程度)、塩6g、甘麹100g、鷹の爪
(お好みで食用菊を少々)

<下ごしらえ>
大根は皮をむき、適当な大きさに削ぎ切りにする。あれば出刃包丁で。断面に亀裂が入ると味がしみ込みやすい。※鉈(なた)で切ると「なた漬け」になります。

<作り方>
ビニール袋に大根と塩を入れ、外側からゴリゴリ揉む。なるべく空気を抜いて袋の口を閉じ、冷蔵庫で寝かせる。目安は3日間(大根の辛さが弱まるまで)。大根をざるにあけ、水気を切る(洗わないこと!)。袋に戻し、甘麹と鷹の爪、お好みで食用菊を入れ、外側から優しくもみ、馴染んだら完成。

★ポイント★
食べきれないときは空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で保管します。麹の漬け物は酸っぱくなりやすいので、2~3日で食べきれる量を目安に。

------------------------------

今日のワークショップで参加者の皆さんが「へぇ~~」とうなずいたのが、「羽場こうじ店」さんが教えてくれた“生麹は冷凍保存ができる”ということと、松田美智子さんが教えてくださった“味噌も、すぐに使いきれない分は冷凍保存するとよい”ということでした。

スタッフのトリヤマ&アサイが一番驚いていたことは内緒にしておいてください。(asai)

2012年 10月 16日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

アメリカ特集のトークイベントを開催!

Photo_2
アメリカのフードカルチャーを追った最新号「今、アメリカに、発見あり!」は、一言で説明すると “店づくりのネタ本” です。つまり、『料理通信』の「小さくて強い店は、どう作る?」ファンの皆さまに是非読んでほしい特集。

ここには、ヒントがたくさんあるんです。店づくりを楽しむヒントも、店に行くことを楽しむヒントもどちらも! 今回の取材でもユニークかつパワフルな店主にたくさん出会いました。そこで……、取材の裏話をたっぷりと皆様にお伝えするトークイベントを開催することになりました! アメリカ好きも、小さくて強い店ファンも、皆さまぜひご参加くださいませ。(asai) 

副編集長・曽根が皆様に、“生の情報”をお伝えします!

日時: 2012年10月25日(木) 21:30~22:30
場所: 蔦屋書店2号館 1階 カフェスペース
人数: 先着40名様(参加費無料)

お申し込み方法など詳細は、下記URLをご覧ください。
http://tsite.jp/daikanyama/event/001146.html

2012年 10月 16日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

チャンピオンのピッツァが新宿に登場

10月11日(木)からはじまった京王百貨店の「イタリア展」に行ってきました。
会場は初日から大盛況!一角からは私の心と胃袋をがっちり掴む、おいしそうな香りが漂っています。その主は、焼きたてのナポリピッツァ。ナポリピッツァ職人世界選手権チャンピオンであり、ナポリピッツァ世界大使として活躍する「チェザリ」牧島昭成シェフのピッツァが会場でいただけるのです。
Dsc01727

この日は助っ人として、ナポリピッツァ職人協会副会長のアドルフォ マルレッタ氏、「ピッツェリア イル タンブレッロ」の大坪シェフという“師匠と弟子コンビ”が登場。なんとも豪華な顔ぶれです。


さっそく先輩Tと私もオーダー。「マルゲリータエクストラ」「マリナーラ」を仲良くシェアしました。
Dsc01719

上半分が「マリナーラ」。シンプルなトマトソースにニンニクのパンチがたまりません。下半分が人気No1の「マルゲリータエクストラ」。水牛のモッツァレラがクセになります。


Dsc01762

シェフが愛用するモッツァレラチーズも会場で購入できます。


Dsc01733

お昼を過ぎてもオーダーはやむ気配なし。本誌でもご紹介したツジ・キカイ「電気式ナポリピッツァ用石窯イーナポリ ピッツァイォーロ」はまさにフル回転状態に。



チャンピオンのピッツァを堪能し、そろそろ帰ろうかと思っていた矢先、日本ナポリピッツァ職人協会の面々が勢ぞろい!この結束力が、ピッツァを盛り上げる原動力にもなっているんですね。
Dsc01788
イタリア展は16日(火)まで絶賛開催中!世界チャンピオンのピッツァに会いに、ぜひ皆さんもお運びください。
※なお、最終日は15時閉場ですのでご注意を。(chiba)

2012年 10月 12日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

秋の夜長にワインはいかが。

ようやく暑さもひと段落した9月のある日、アルザス&ローヌワインの会がありました。
当日は、アルザスワイン委員会のティエリー・フリッチュ氏、ローヌワインからはオリヴィエ・レグラン氏も列席。なごやかな雰囲気のなか、会ははじまりました。

Photo_12

左がティエリー・フリッチュ氏、右がオリヴィエ・レグラン氏。
「アルザスとローヌ、それぞれ3種を最初にすべてグラスに注ぎます。料理とワイン、自分なりのマリアージュを楽しんでください」と挨拶したのは、フリッチュ氏。
「フランスでは、ワインと料理を別々に味わうなんてもってのほか。マリアージュを楽しむのは、ごくあたりまえのことなのです。決まりや正解などはなく、どんな意見を述べてもOK。純粋に喜びを分かち合えるのが楽しいのです。ただ、自分の意見について、“どうしてそう思うのか”を相手にきちんと説明できることが大切。お互いに理解しあえれば、マッチングの楽しみはますます広がりますからね」と、本場ならではの極意を教えてくださいました。
なるほど、と深くうなずきつつ、さっそく実践。旬の野菜とフェタチーズのタルトにはAOCジゴンダス(ドメーヌ・ブリュッセ2010)が、トマトにはAOCアルザス・グラン・クリュ・ゾッツェンベルグ(リュカ・エ・アンドレ・リーフェル2010)が合うなぁ~、と私は感じました(理由を述べると長~くなりそうなので、また別の機会に)。

Photo_13

こちらが旬の野菜とフェタチーズのタルト。AOCジゴンダスと相性は抜群!
料理全体ではなく、一つの素材とワインを合わせるのもまたおもしろいもの。自由に合わせてみれば、意外な発見があったり、と食事を何倍も楽しめます。
難しいことを考える前に、理屈抜きで心からワインと料理を楽しむことが大切なんだと、改めて感じた会でした。秋の夜長、みなさんもずらりとグラスを並べて自分なりの楽しみ方を見つけてみてはいかがですか?さて、私は今日、何を飲もうかな~?(toriyama)

2012年 10月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

フランス レストランウィークが始まりました。

今春創刊の『ミシュランガイド北海道2012』で2軒のフランス料理店が三ッ星に輝きました。「レストラン モリエール」と「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」。みなさんもよくご存じですね。

発表の日、弊社編集顧問であり、「ザ・ウィンザーホテル洞爺」の顧問を務める齋藤から速攻で三ツ星獲得の知らせが入りました。本当にうれしそうでした。

この2店が三ツ星を獲った意味はとても大きいと思います。なぜなら、北海道が「優れた食材の産地であるばかりでなく、ガストロノミーの拠点でもある」と示したからです。

001「レストラン モリエール」の中道博シェフ(中央)と、「ザ・ウィンザーホテル洞爺」顧問(弊社編集顧問でもあります)、齋藤壽(右)

今、料理の世界は以前にもまして、生産者と料理人の連携が強まっています。“新しさ”も“レベルアップ”も、両者の連携の上に実現されていると言って過言ではありません。

美瑛の農家の人々と手を携えて、北海道のガストロノミーを引っ張ってきた中道博シェフ。独自の哲学と技法で環境や自然を料理表現するミシェル・ブラスを洞爺へ招いた齋藤。2人がともに目指したのは、フランス料理によって北海道という土地の価値を高めることだったと言えるでしょう。フランス料理の考え方やテクニックを活用することで、おなじみの食材がよりおいしく食べられたり、思いがけない料理になったり。フランス料理の視点から生産者に質の向上を働きかけたり、見過ごしていた有用性や卓越性を発見したり……。

002     「レストラン モリエール」中道シェフの料理から。

9月24日(月)から「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2012」が始まりました。「フランス料理をもっと気軽に楽しく」という趣旨のもと、参加店では期間中、ランチ2012円・ディナー5000円で楽しめるというイベントです。

2回目となる今年は全国で展開、「レストラン モリエール」も参加しています。岩手県前沢「ロレオール」、塩釜「シェ・ヌー」、長崎「カミーユ」など、中道シェフ同様、地元の生産者と連携して、フランス料理の力で土地の価値を高めてきた各地のレストランも。もちろん、関東や関西のレストランは昨年と同じく多数参加。10月7日(日)まで開催中です。ぜひ、みなさん、地元のフランス料理店へ足を運んでみてください。(kimijima)

参加レストランは↓をご覧ください。
http://www.francerestaurantweek.com/restaurant/

2012年 9月 24日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

坐来大分で復興支援イベントを開催

熊本と大分のおいしい食材は、がんばります!
九州を元気にします!!


7月に九州北部を襲った集中豪雨。豊かな食の宝庫である熊本・大分も、甚大な被害を受けました。日ごろ食卓を支えてくれる食の生産者のみなさんを、今度は私たちが支える番――と立ち上がったのは、地元出身のふたりのシェフ。食と地域を応援するために、「坐来大分」梅原陣之輔総料理長と「リストランテ・ミヤモト」宮本健真シェフがタッグを組み、8月末、復興支援イベント(チャリティーディナー)を開催しました。

Photo 大分出身の梅原総料理長(写真右)と熊本在住の宮本シェフ(写真左)。同じ九州男児、さらに農林水産省が制定した料理人顕彰資格制度「料理マスターズ」の受賞も同期とあって、息もぴったりです。


この日は、両県から生産者のみなさんも集結。自分で育て、つくり上げた食材を一生懸命PRする姿を見て、復興に向け確実に前に進んでいると強く感じました。
食材があれば、料理人(使い手)は料理を作ることができます。食べ手はそれらを買ったり、おいしくいただくことで支援できます。ごくシンプルですが、食で人と地域は深くつながることができるのだと、このイベントが教えてくれたような気がします。(ちなみに、今回のイベントの収益は、義援金として被災地支援に役立てられるそうです。)
今、日本には困難に立ち向かっている人が多くいます。どんなに小さなことでも、自分ができることを少しでも実行することが大切だと、改めて胸に刻んだ一日でした。(Toriyama)

Photo_2 「復興をめざし、11月9日(金)~11日(日)には3万灯の竹灯篭が並ぶお祭り〈千年あかり〉が開催されます。私も酒造りを通じて地域を盛り上げたいですね」と話す、クンチョウ酒造(大分県日田市)の女将・冨安裕子さん。



Photo_3 「阿蘇のためにできることをしたい」と熊本から駆けつけた、あか牛畜産農家(熊本県産山村)の井信行さん。草原での牧草飼育は自然の荒廃を防ぐため環境保全につながり、ひいては地域社会の暮らしを守ると提唱。農業・畜産業の観点からまちづくりまで考えていらっしゃいます。



Photo_10熊本・大分の地元の食材をふんだんに使った今回の料理。熊本県からは井さんのあか肉や滋味に富む野菜、慶事に欠かせない赤酒が、大分県からは活きのいい鮎や関あじ・関さば、鱧などが勢ぞろい。両県の食の魅力があふれていました。

*大分の食については、 『料理通信』2012年1月号でご紹介しています。ぜひご覧ください。

2012年 9月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

8月5日(日)まで!

ホテルで味わうスペシャルコース


現在、「シャングリ・ラ ホテル 東京」のイタリアンレストラン「ピャチェーレ」で行われているイベント『2人のシェフによるモダン・トスカーナの競演』。7月29日のプレディナーにご招待をいただきました。

0001
イタリアから「オーラ・ダリア」のオーナーシェフ、マルコ・スタービレ氏を招き、同ホテル「ピャチェーレ」料理長、パオロ・ペロシ氏とともに、スペシャルコースを披露するこのイベント、この夜は、マルコ氏の皿をメインに構成されました。

両シェフの出身は、イタリアのトスカーナ地方。一緒の厨房で働いたこともある2人は、お互いにインスパイアされながら、故郷の伝統料理を、モダン、かつ繊細に、皿の上で表現していきます。

Dscf0074
たとえばマルコ氏の「鱈と黒いバター レジェッロ産ヒヨコ豆のクリーム カルダモンの香り」は、トスカーナで保存食として親しまれてきた塩ダラをグリルし、なめらかなヒヨコ豆のピュレを合わせた一皿。ピュレに加えたカルダモンは、甘すぎる豆の香りを緩和させ、シンプルな中にスパイスの余韻を感じさせます。


Dscf0078
かつての先輩、マルコ氏の舞台に華を添えるパオロ氏の一皿は「鹿児島県産牛フィレ肉のロースト ズッキーニのガルニチュール」。両面をローストしたジューシーな牛フィレ肉に、ジェノヴェーゼソースがバランスよく絡みます。ズッキーニの食感とともに、いつのまにかペロリと完食してしまった一皿。

2人の会話によく出てきたのは、“父”や“母”、“祖母”という家族。郷土料理を現代風にアレンジしながらも、シンプルでどこかほっとするやさしい皿の数々は、慣れ親しんだ“マンマの味”であり、彼らの料理のルーツなのかもしれません。


Dscf0104_2
ちなみに写真右がマルコ・スタービレシェフで、左がパオロ・ペロシシェフ。あれ? 中央の、白いスーツに身を包んだ素敵な紳士は……そうです、小誌連載「絶対作れる!挑戦レシピ」でもお馴染の中村孝則氏。2人の料理を存分に楽しんだ後、興奮冷めやらず(?)、ご機嫌でホテル内のバーへ消えて行きました。

2人のコースが味わえる『2人のシェフによるモダン・トスカーナの競演』は、8月5日(日)まで。週末のディナーにぜひ、訪れてみてください。
詳しくは料理通信Salonまで!(kano)

2012年 8月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

あの人気店のレセプションに行ける!

7月7日(土)に2号店OPEN!
「ル・パン・コティディアン 東京オペラシティ店」の
レセプションに抽選で10組20名様をご招待!

Fb1751
好評発売中の『料理通信』7月号でもご紹介している、世界規模で展開するベルギー発祥のベーカリー・レストラン「ル・パン・コティディアン」。
「日々の糧」を意味する店名の通り、毎日食べるものだからこそ、心と体に優しいシンプルなものを…という想いを込めて、日本に初上陸したのが2011年1月のこと。その1号店(芝公園店)に続く2号店が1年半の時を経て、ついに東京オペラシティに誕生します!


_mg_1222
さらにうれしいことに、東京オペラシティ店のオープンを記念して開催されるレセプションに、『料理通信』読者の皆さんにも特別に参加いただけることになりました! ル・パン・コティディアン定番のタルティーヌや2号店オリジナルメニューを、ワインとともにカジュアルに楽しめる素敵なお披露目に、ベルギーから創設者アラン・クモン氏も駆けつけて、2号店の魅力を語ってくださいます。
ル・パン・コティディアンファンの方、パン大好きの方、ぜひ奮ってご応募ください!

--------------------------------------------------------
「ル・パン・コティディアン 東京オペラシティ店」 レセプション

【日  時】 2012年7月6日(金) 19:00~21:00(開場18:30)
【会  場】 ル・パン・コティディアン 東京オペラシティ店
       東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティビル1F
      (京王新線<都営新宿線乗り入れ>初台駅東口下車徒歩3分/直結)
【形  式】 立食スタイル
【参加費】 無料

【お申込み方法】
料理通信社内 「ル・パン・コティディアンイベント事務局」
ad@r-tsushin.com
※タイトルに「ル・パン・コティディアンイベント」とご記入いただき、
以下の必要事項を明記の上、メールにてお申し込みください。

1)氏名 2)年齢 3)性別 4)連絡先電話番号 
5)国内外のル・パン・コティディアン来店経験 6)ご応募にあたっての一言

【応募締切】 2012年6月27日(水)
【お問い合わせ】 mail: ad@r-tsushin.com TEL:03-5919-0445 
--------------------------------------------------------

2012年 6月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

あの「DIESEL」がワインを!?

ジーンズでお馴染み「ディーゼル」が造った
プレミアムなワイン


イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランド「DIESEL」が、本拠地・イタリアに自社農場を構え、ハイクオリティなワインを造っていることはご存知でしょうか? 農家の息子として生まれ育った、「DIESEL」の創始者、レンツォ・ロッソ。食や農に対する並々ならぬ情熱を持ち、ついには故郷、バッサーノに自社農場を開くまでになったというわけです。( http://www.dieselfarm.it/

01_4
緑豊かなマロスティカの丘一帯、100ヘクタールに及ぶその農園は、岩場の高台に空中庭園のように広がっています。標高300メートルに位置し、風通しがよく、程よく寒暖の差があるのでワイン用ブドウ栽培にも適した条件が揃っています。

1994年より、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニオン、メルロー、ピノ・ネロの4種が栽培されています。グローバルに展開するディーゼルらしい、ワールドワイドな品種。それらを使って3種のワインが造られています。どれも、カジュアルだけれども洗練された、履き心地のよいジーンズをはいているような味わい。

このワインのお披露目パーティが、少し前になりますが、「オステリア・ヴィンチェロ」にて行われました。「すごく条件のよい畑で、2割まで摘果してしまう。とっても贅沢に造られています。限りなくフレッシュな果汁を使った、手造りに近いワインなんです」とは齋藤シェフ。3種に合わせて、ドルチェまで6品もの料理が並びました。

02_6
前菜:(左)魚介のトルティーノ3種、(右)ホワイトアスパラガスのクレマ。シャルドネ100%、「Bianco di Rosso」と共にいただきました。お皿それぞれ、温度帯を変えて提供。魚介のトルティーノにはキンと冷やして、ホワイトアスパラガスのクレマはすこし高めに、香りを楽しみつつ料理との相性を楽しみました。

03_2
プリモ:(左)ウニのリゾット、(右)蝦夷鹿と栗のラグーソース パッパルデッレ。メルローとカヴェルネのブレンド、「Nero di Rosso」と。リゾットはウニの旨味がたまりません! ディーゼルファーム製のオリーブ油をかけて供されました。優しく甘い香り、滑らかな口当たりのワインと、好相性。ラグーは、栗の香り、ソースのコクがワインと共鳴 

04_2
セコンド:和牛のタリアータ ディーゼル風。ディーゼル風?それは、まずはこのラベルのサインをご覧ください。「×××」とあるのが、レンツォ・ロッソ氏愛用(?)のサイン。それにちなんだ盛り付けです(笑)。ピノ・ネロ(ピノ・ノワール)100%の「Rosso di Rosso」といただきます。

05_3
日本には年2回、必ず足を運び、街のトレンドチェックを欠かさないというレンツォ社長。東京は大のお気に入り。

原宿にある日本の旗艦店「グロリアス チェーン カフェ」で、このワインやオリーブ油といった、ディーゼルファームの各商品が購入できます。(hayashi)

「グロリアス チェーン カフェ」へGO!!
http://www.diesel.co.jp/cafe/   

2012年 4月 28日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

ワイングラスで日本酒はいかが?

ワイングラスで日本酒を飲むスタイルを提案し、「世代」「料理ジャンル」「国」の3つのボーダー(境界)を超えて日本酒の楽しみ方や可能性が広がることをめざした「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」。2回目を迎えた今回、審査会&表彰式に伺ってきました。

2月中旬、まず訪れたのは、今回から新設された「スパークリングSAKE部門」の審査会場。全国から応募された48点が、静かに審査の時を待っていました。

審査で用いられたのは、RIEDELのフルートグラス。キリリと冷えた日本酒×フルートグラスなら、まるでシャンパン感覚でお酒を楽しむことができます。また、香りの立ち方もグラスならひときわ華やか。馴染みのある日本酒でも印象ががらりと変わり、新たな個性や魅力が感じられるそうです。

Dsc01370jpg
審査員に注目!まず、香りを確かめ…

Dsc01371
そして、味わいを確かめる。器が変わっただけで、自然と所作も変わります。


審査は、味わいや香りといったそれぞれの特徴を7段階で評価。まさに五感フル稼働状態で、じっくり吟味している様子が印象的でした。

今回は「スパークリングSAKE部門」のほか、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード部門」「大吟醸部門」が設けられ、196の蔵元から実に325点もの応募があったとのこと。
その中から選ばれたアイテム数は、最高金賞22点、金賞88点。(詳しくはこちら

醸造のプロからレストランシェフ、日本酒をとことん知り尽くした方まで、錚々たる顔ぶれの審査員が認めたお酒となると、どんな味わいなのか、ますます興味が尽きません。


4月上旬に行われた表彰式では、うれしいことに試飲会も開催!最高金賞・金賞を受賞した57の蔵元が揃い、ワイングラスに合う「自慢の酒」をふるまっていました。
参加者はRIEDELのグラスを手に、気になるブースめぐり。蔵元の方のお話を聞きながらワイングラスでいただくお酒は、作り手の思いなどを垣間見ることができ、ますますお酒の味わいを深めてくれます。
Dsc01450

いよいよ春本番。お酒も冷で飲みたくなる季節です。
おいしさはもちろん、香りもゆたかな「ワイングラス×日本酒」、ぜひお試しください。(chiba)

2012年 4月 16日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

和歌山プレミアムイベント報告

3月26日、地方イタリアンの先駆け「Villa AiDA」小林寛司シェフによる、和歌山の食材を使った一夜限りのディナーイベントを開催しました。当日のお料理は全7品。ワイン(3種)は、マダムである有巳さんのセレクトです。

Img_0982打ち合わせ中の小林シェフと有巳さん。やりとりも息ぴったり。

ここで、当日のお料理をいくつかご紹介します。


◎真鯛と新にんにく、新じゃがのバポーレ レモンとアンチョビ

素材をふっくら柔らかく蒸し上げた一皿。この時期の真鯛は産卵を控えていて、エビをたくさん食べる習性があるのだとか。そのため、色もやさしいピンク色に染まり、「桜鯛」と呼ばれ珍重されます。鯛といえば明石が有名ですが、和歌山の鯛も絶品です。
Img_1026



◎ホウレン草と釜揚げしらすのラビオリ/うすい豆のリゾット

芽吹きの春を思わせる、あざやかな緑が印象的。ラビオリはホウレン草の《甘み・苦み》としらすの《しょっぱさ》がひとつになり、絶妙な味わいに仕上がっています。和歌山名産のうすい豆を使ったリゾットは、うすい豆のさやでだしを取った一品。野菜のおいしさを余すとこ ろなく味わうことができます。
Img_1038

Rimg1300ラビオリをつくる小林シェフ。こうして一つひとつ丁寧に仕上げられます。



◎紀州鴨とサザエ、それらのソース 黒キャベツの新芽

シェフ曰く、紀州の鴨は「鴨鴨しすぎていない」のが魅力。“ほどよい鴨感”だからこそ、他の食材ともよく合うのだそうです。そこで今回選んだ食材は「サザエ」。「鴨とサザエが厨房で出合ったから」とあっさり組み合わせてしまうのも、小林シェフならではの発想と技があるからなのでしょう。
Photo

シェフは自分のお店を持つ際、「イタリアの味をそのまま再現して提供するお店にしよう」と思っていたそうです。しかし、イタリア料理の本質は“その土地にある食材で料理をつくること”。原点に立ち返り、地元・和歌山の食材を見渡したとき、食材一つひとつのポテンシャルの高さに気づいたといいます。そこから独自の道を切り開き、歩んできた小林シェフ。レストランと並行して野菜作りに勤しむ今、「発想は畑にある」との言葉には説得力と自信が溢れているように感じました。

食の魅力がぎゅっとつまった和歌山。
今度はぜひあなたが訪れて、新鮮なおいしさに出会ってください。(chiba)


Img_0952参加者のみなさんには、こんな和歌山づくしのおみやげも!

2012年 4月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

伊勢丹で和歌山フェア開催!

『料理通信』4月号「食の文化遺産巡り」をお読みくださったあなた、そして“和歌山の食材を食べたい!”というあなたに朗報です! 3月21日(水)~27日(火)の1週間、伊勢丹新宿店B1F食品フロアと7Fレストラン街「イートパラダイス」、そして伊勢丹新事務館パーキング横「トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ」にてフェアが開催されます。

本館B1F「フードコレクション」には、誌面でご紹介した高野山料理 花菱の「精進花見弁当」がお目見え。一つひとつ丁寧に作られた精進料理は、心も身体も清らかになるような美しい味に仕立てられています。特に私トリヤマが惚れ込んだ胡麻豆腐は、花菱の職人さんが伊勢丹で毎日心を込めて作ってくださるとのこと。本場そのままの味わいをお楽しみいただけます。

2mini

こだわり食材が揃う「シェフズセレクション」(本館B1F)には、すべての工程を手作業で行う角長「濁り醤(にごりびしお)」がラインナップ! 「濁り醤」は圧搾も加熱もせず、麹が原料を分解してできた醤汁のみを取り出した生醤油だけに香りが高く、味にも独特の深みが感じられます。

52mini

今回、取材で話を伺ったのは、6代目・加納誠さん。角長の味、日本の味を守る気骨にあふれつつ、ケータイの着信音はローリング・ストーンズ「Jumpin' Jack Flash」をセレクトする格好良さ! こんな意外な一面に、伝統を重んじつつも攻めの気持ちを忘れない氏の姿勢が表れているように感じられました。

46mini

また、本館7Fにある「正月屋 吉兆」では、珍しいアシアカエビを使ったお料理が登場! 器には、和歌山特産の柑橘「三宝柑」を使うなど、いたるところに和歌山が感じられる趣向を凝らしています。

7mini1

6mini 和歌山県の特産品である三宝柑。海をのぞむこんな気持ちの良い場所で育っています。

他にも、特製の和菓子やバイヤーが奔走して集めた多彩な商品が並びます。目利きバイヤーの思いが込められた和歌山のおいしい逸品に、ぜひ出会ってください。(toriyama)

--------------------------------------------------------------
◆ISETAN×『料理通信』「和歌山発見プロジェクト」◆
【期 日】 2012年3月21日(水)~27日(火)
       詳細はこちら

【会場/時間】・伊勢丹新宿店本館地下B1F/10時~22時
          ・本館7Fレストラン街「イートパラダイス」/11時~22時
          ・本館パーキング1F
                     「トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ」/11時30分~22時30分
--------------------------------------------------------------

2012年 3月 22日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

3月26日プレミアムイベント開催!

絶賛発売中の 『料理通信』2012年4月号 の「食の文化遺産巡り」でご紹介している「和歌山」。もう記事はお読みくださいましたか? 誌面だけでは語り尽くせない食の宝庫・和歌山をもっとリアルに感じていただくため、今回は和歌山出身で地方イタリアンの先駆け的存在である「Villa AiDA」小林寛司シェフが、一夜限りのプレミアムディナーを催してくださいます。

6
当日は和歌山の食材をふんだんに使ったディナーのほか、食材・料理に対する思いや生産者の方との絆について語っていただくトークショーも予定しています。ちょっと贅沢な“出張アイーダ”、ぜひお申込みください(今回は先着順ですのでお急ぎあれ!)。

--------------------------------------------------------------
プレミアムイベント
「Villa AiDA」小林寛司シェフがやってくる!

【日  時】 2012年3月26日(月)19:30~
【会  場】 トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ 伊勢丹新宿店
        東京都新宿区新宿3-16-13伊勢丹新事務館1Fパーキング横
【参加費】 5000円(料理、ワイン、税、サービス料込)
【定  員】 25名

【お問合わせ・お申込み】
料理通信社内「和歌山フェア事務局」
03-5919-0445 またはメール( ad@r-tsushin.com

※タイトルに「和歌山プレミアムイベント」とご記入いただき、住所、氏名、電話番号、年齢、職業、申し込み人数をお送りください。

【応募締切】 3月20日(火) ※受付は締め切りました。

--------------------------------------------------------------
■プレミアムイベントのメニュー(一例)

[前 菜] 新玉ねぎのグラタン
[パスタ] ほうれん草と釜あげしらすのラビオリ
[ メイン] 紀州鴨とサザエ それらのソース 黒キャベツ  ほか

>>メニューの詳細はこちら
--------------------------------------------------------------

「Villa AiDA」は、関西国際空港から車で40分ほどの新興都市・岩出市にあります。和歌山で採れる素材の豊かさを知り、その素材を料理でどう生かしていくのか。それが“イタリアン”を昇華させた“「Villa AiDA」の料理”といえます。だからこそ、和歌山県外からも多くのお客さまが訪れるわけですね。

下の写真は「Villa AiDA」。一日1組だけの宿泊施設があり、ディナーはもちろん、朝食も最高!と評判です。


1_2

2

3

イベントで小林シェフが腕をふるってくださるのは3月26日(月)のみですが、21日(水)~27日(火)には「トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ」で小林シェフ監修の特別コースがおひとり様4,000円(2名様より)で提供されます。もちろん味はお墨付き!スタッフは「Villa AiDA」に出向いて、小林シェフのご指導を受けたそうです。26日(月)のイベントに行けないという方、ぜひ期間中に訪れてみてはいかがでしょうか。和歌山の恵みを堪能いただける絶好の機会です。(Toriyama)

2012年 3月 8日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

プロのテイスティング術のコツを盗め!

みなさんには、ワインのテイスティングで「これさえ押さえておけばOK」というポイントはありますか? 
資格はおろか、講座でさえ通しで受けたことのない私(愛宕のお山は険しかった、挫折、いくたびか)。白状すると、先日、私的なワイン会でセミヨンとミュスカデを間違えました……。量に関しては胸を張れますが、当てろといわれると、タジタジです。

そんな折、超難関、最高峰のワインの資格、マスター・オブ・ワインを有するロン・ジョルジオ博士が来日、ワインリストの監修をしている「コンラッド東京」で、ごくごくクローズドなテイスティング講習会が行われるというニュースが!
ホテル側のご好意で「編集部もどうぞ」とお声をかけていただいたので、これはチャンス!と2つ返事で飛びついてみました。

1
会場はバー&ラウンジの「TWENTYEIGHT」。窓からは東京湾の夜景が。

テイスティングをしたのは白4種、赤4種。エリアはオールドワールド、ニューワールド取り混ぜて。1種を除きすべて単一品種と、おそらく比較的当てやすいもののはずが、さにあらず。ものの見事にハズし続け、しょんぼりする私たちにジョルジオ博士がこっそり耳打ちしてくれたのが、今日から使えるテイスティングのコツ。読者のみなさんにもおすそ分けいたしましょう。

1 色を見る。
淡く、グリーンがかっていれば、寒冷エリア。濃く、リッチな色合いなら温暖なエリアのワイン。

2 ニューワールドか、オールドワールドか? 
世界を2つに分けてそのどちらに属するかを考えてみる。ちなみに果実味溢れる若い感じがニューワールドの特徴のひとつだそう。

3
 品種の特徴(ニュアンス、傾向)を覚えておく。

以上のことを踏まえて、消去法(←これが一番のポイント!)で絞り込んでいくのだそうです。うん、これなら活用できそうですね! 私もさっそく今晩から試してみようっと。(kameyama)

2
こんなロマンチックなバーなのに、ムードに浸ることなくワインと向き合う受講者のみなさん。

3
マスター・オブ・ワインのロン・ジョルジオ博士。なぜ博士かというと、本業は歯医者さんなのです。

2012年 3月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

【お宝食材SHOP】に並ぶ食材は!?

2012年3月4日 鎌倉「binot」にて、「お宝食材SHOP」を一日限定でオープンします。そしてわたくしは、「食材リストをUPしてない……」ということに気づいてしまいました。

大変失礼いたしました。

ということで、もうすでに日付としては明日になってしまいましたが、当日並ぶ食材をお知らせいたします。料理通信スタッフは赤いエプロンを付けてでお待ちしておりまーす。(asai)


[大分]―― 喜多屋 「和TaRu」

[三重]―― 素材舎(保田商店) 「桑名もち小麦」

[宮崎]―― 百姓隊 「佐土原ナス」 ※惣菜のみ

[熊本]―― 五木とうふ店 「五木豆腐」 ※惣菜のみ

[秋田]―― 羽場こうじ店 「特上 喜助味噌」

[愛知]―― 木村農園 「金時生姜ジャム」・・・(惣菜)

[岩手]―― 早野商店 「ほおずきんちゃんジャム」

[大分]―― 佐藤双美 「双美おばあちゃんの味噌玉」
        佐伯ごまだしの会 「佐伯ごまだし」

[山形]―― ままくぅ 「彦太郎糯」 ※惣菜のみ

[静岡]―― カネオト石橋商店 「かつお魚醤ペースト」、
        カネジョウ 「いわし削り節」

[栃木]―― あゆ魚醤研究会 「あゆっ醤」

[静岡]―― トリイソース 「昔ながらのウスターソース」

[和歌山]―― 有田川ふるさと開発公社 「しみずのぶどう山椒」

[鳥取]―― 田中農場 「もち大豆」

[長野]―― 菜の花農場生産組合 「美麻高原 菜の花オイル」

※都道府県の並び順については、特に触れないでいただきたい次第です。

--------------------------------------------------------------
-
【日時】 2012年3月4日(日) 11:00~17:00 ※なくなり次第終了
【会場】 旧「鎌倉惣菜」 (3月1日~ 「Binot」としてリニューアルOPEN)
神奈川県鎌倉市小町1-5-14
(鎌倉駅から徒歩3分。駅方面から小町通りを入って一つ目の路地を右折、20mほどの右側)

※当日は、惣菜(テイクアウト)と食材のみの販売です。
※店内でのイートインスペースはありません。


---------------------------------------------------------------

2012年 3月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

【お宝食材SHOP】 オープン!

知ってください
お宝食材の魅力を。

~ 一日限定で「お宝食材」SHOPをオープンします! ~

『料理通信』は創刊時より、食材作りに人生をかける人々を見つめてきました。
現代に生かしたい、次代に残したい、世界に自慢したい――
そんな食材を探したくて生まれたのが「全国お宝食材コンテスト」
これまでの応募総数は約1千件。ずいぶんたくさんの食材に出会いました。

Photo

来月、3月4日(日)、わたしたちはお宝食材のイベント(SHOP)を開催します。

皆さんに、お宝食材を使った「惣菜」を食べていただくために。
「お宝食材」を手に取り、試していただくために。
何より自分たちが、お宝食材の魅力をもっともっと伝えたいのです。

3月、春を迎える季節です。鎌倉に来ませんか? お宝食材を使った「惣菜」と「お宝食材」を準備してお待ちしています。一日限りのイベントです。

惣菜を作ってくれるのは、旧「鎌倉惣菜」の阿部剛シェフ。第3回全国お宝食材コンテスト の審査員も務めていただきました。料理通信スタッフのほか、生産者である「宝桃園」堀井俊彦さん、「桑名もち小麦」の保田与志彦さんもお手伝いくださいます。

--------------------------------------------------------------
-
【日時】 2012年3月4日(日) 11:00~17:00 ※なくなり次第終了
【会場】 旧「鎌倉惣菜」 (3月1日~ 「Binot」としてリニューアルOPEN)
神奈川県鎌倉市小町1-5-14(鎌倉駅から徒歩3分。
駅方面から小町通りを入って一つ目の路地を右折、20mほどの右側

※当日は、惣菜(テイクアウト)と食材のみの販売です。
※店内でのイートインスペースはありません。


---------------------------------------------------------------

この機会におもしろ企画ができないかと絶賛準備中! 惣菜&食材も決まり次第お知らせいたします。 皆さん、3月4日(日)の予定を空けておいてください!!(asai)

2012年 2月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

「坐来大分」イベント報告

『料理通信』 2012年1月号 でご紹介している「食の文化遺産巡り~大分~」は、みなさんご覧くださいましたか?

大分と聞けば「温泉!」と真っ先に思い浮かべていましたが(なんせ、温泉の源泉数、湧出量は日本一ですからね)、恵まれた気候風土を生かした食の宝庫でもあったんだな~と改めて実感。記事を読むほどに、“食べてみたい!”という思いだけがつのります。(取材に同行したトリヤマは、そんな私を見るやいなや「大分の○○はおいしかった!」と自慢話を聞かせてくれる、鬼のような心やさしい先輩です。)

“一度は味わいたい”という思いはきっと読者のみなさんも同じに違いない! だったら、みなさんに大分を存分に味わっていただこう! 今回、誌面記事と連動してイベントを開催したのは、そんな思いからでした。

1月28日(土)に開催したイベントでは、大分取材に同行くださった「キュイジーヌ[s]ミッシェル・トロワグロ」のリオネルシェフと「坐来 大分」の梅原料理長が登場。大分ブランド食材「おおいた冠地どり」を使った料理とともに、取材時の裏話や大分の印象を語ってくださいました。

では、当日の料理をご紹介!

01
題して、“旅のアミューズ”。「臼杵ふぐちり和え」 「宇佐 柚子豆」 「OITA AGURUパリ煎餅」、久住高原ハーブ豚を用いた「ハモン・セラーノ(スペイン式の生ハム)」、湯布院Cook Hill Farmのチーズ「トム・ド・ゆふ」など、見た目も楽しいラインナップ。

02
温鉢は「冠地どり 丸蒸し仕立て」。冠地どり特有のジューシーさを塩糀が引き立てます。

03
“大分×フランスのエスプリ”として供されたのが「冠地どり 柚子胡椒とかぼすのマリネ 椎茸のクルスティアン」。胸肉がパサパサになりにくく、本来のおいしさを実感できるのが冠地どりの魅力、とリオネルシェフ。

04_2
料理を仕上げるリオネルシェフ。「ストレスのない環境で育った鶏だから最高においしい!」と自信の表情。

梅原料理長は、生粋の大分人。
小さい頃から食べ親しんだ「だんご汁」や「柚子胡椒」について、作り方から地域ごとの食べ方まで、地元目線で丁寧に教えてくださいました。

初めて大分を訪れたリオネルシェフは、ご自身の生まれ故郷である地中海沿岸と風土・気候が似ていると感じたそう。しかも、柑橘類が豊富な土地ゆえ、「私にとってパラダイスだね!」とひとこと。「大分はアクセスがいいとは言い難いけれど、だからこそ守られている土壌や水がある。これこそが大分の“財産”だし、実に美しい県だと思う。」と話してくださいました。

05
身振り手振りを交えながら、熱心にお話くださったお二人。参加したみなさんも、料理を味わいながら、ペンを走らせ…と大忙し。質問もたくさん寄せられました。

大分は8つの藩、3つの飛び領からなる小藩分立の時代が江戸~明治まで続いたため、大きな都市こそ形成されなかったものの、各地に特色のある文化が生まれ、今なお食文化にも色濃く残っています。

「今度は事前に知識も備えたうえで大分を訪れ、味わいたい!」
イベント後、参加した方がそうおっしゃってくださったのが何よりうれしく感じました。ぜひ本場の味を求めて、大分を訪れてみてはいかがですか。(chiba)

【おおいた冠地どり お問い合わせ先】
株式会社学食 097-549-0188(代表)

2012年 2月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

オーストラリアワインで読者イベント!

さて、今回は『料理通信』読者イベントのご報告を。去る11月20日(日)、前日までの雨が嘘のように晴れ渡ったこの日、品川「ウオーターライン」を会場に、『A+オーストラリアンワイン』読者イベントを開催しました。

参加者は76名 (「天気予報:雨」をもくつがえす、日ごろの行いが素晴らしい方々とお見受けします!)。開放感たっぷりの水上ラウンジで、オーストラリアワイン全34種をお召し上がりいただきました。

01
開場前、出番を待つスパークリングワインたち。親しみやすいタイプからコクのある本格派まで、顔ぶれも多彩です!

ワタクシ・チバも影武者(スタッフ)として会場に潜伏していましたが、何より驚いたのが、参加者の皆さんの“知りたがり度数”の高さ。ナビゲーターとしてお迎えしたマスター・オブ・ワインのネッド・グッドウィン氏の話に耳を傾けながら、左手でワイングラスを持ち、右手でペンを走らせる――まさに五感フル回転状態!

「こんなにたくさんの種類を飲み比べできる機会はなかなかないから」
そう言いながら、熱心に話を聞いてくださる姿がとても印象的でした。

02
熱いトークでイベントを盛り上げてくださったネッド・グッドウィン氏。あれこれ質問攻めにあってもなんのその。時間の許す限り、オーストラリアワインの魅力を語ってくださいました。

03
香りや色など、繊細な違いを楽しむのもワインの醍醐味。知れば知るほど、もっとあれこれ飲んでみたくなる?

04_2
お手伝い下さったインポーターさんも大忙し! ワインを注ぐ傍ら、味わいや産地の説明をして、と息つく暇もないほどです。

これだけ多くのワインを飲んでいると、時間もあっという間に過ぎ、気がつけばイベントも終わりの時間に。「全種類制覇した!」というツワモノもいれば、「気に入ったワインをゆっくり味わいながら飲んだ」というマイペース派もいて、みなさん思い思いにオーストラリアワインを楽しまれたようでした。

飲み方は千差万別でしたが、皆さん口々におっしゃっていたのは「オーストラリアワインのクオリティの高さに驚いた」ということ。飲み比べてみてこそわかる個性や魅力に、どっぷりハマった方も多かったようです。

さて、これから迎える年末年始は、お酒の出番も多いはず。ぜひ“家飲み”のラインナップに、オーストラリアワインをエントリーしてみてはいかがですか。(chiba)

2011年 12月 27日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

鎌倉で、ワインのおもてなし

満月ワインバーやイタリアン、フレンチ、惣菜など、アツい注目を集める鎌倉で、10月最後の日曜日、一風変わった自然派ワインのイベント「terra ! terra ! terra !」が開催されました。

場所は、お寺が数多くある鎌倉でも、その由緒正しさで知られる覚園寺。
お寺の「てら」と、大地と言う意味の伊語「テラ」をかけて名づけられた、フリーテイスティングイベントです。

主催は、鎌倉在住の4名で組織された「カマクラでワインの会」。「ワインは飲む場所によって、味わいが変わる。土地の恵みを、土地らしい空間で味わえば、もっともっと豊かに味わえるに違いない」。その発想から、今回のイベントが生まれたそうです。でも、お寺でワイン? 厳しい戒律を旨とするお寺でお酒なんて飲んで、いいのかなー?(いや、何もアルコールが罪悪と言うわけではないですが、お坊さんは一応禁酒、ですよね?)

そんな疑問を取り払ってくださったのが、副住職・仲田順昌さんのお話でした。

「古くから観光地として栄えてきた鎌倉は、おもてなしの町。お寺も飲食店もその気持ちは同じではないでしょうか」

なるほど! 規模を誇るフェスティヴァンが都市型イベントとするなら、こちらは土地の魅力を十二分に生かした、滋味のあるイベント。気鋭の自然派インポーターと、地元の飲食店、そしてお寺。三者の実に魅力的なコラボレーションの模様をご覧下さい。(kameyama)

Dsc_0001_r
ウェルカムドリンクは、山形・タケダワイナリーのサンスフルと、呑めない人ためのオーガニックジュース。

Dsc_0008_r
喉を潤したら、副住職さんのご案内でお寺を拝観。普段はなかなか入れない場所もご案内いただけました。思わず息を深く吸い込みたくなりました。鎌倉って、本当に豊かな緑に囲まれているんですね。

3
会場は、通常は非公開の「三蔵」という建物の3階。靴を脱いであがるためか、なんだか皆リラックスしているような……。そこかしこでかんぱーい! の声があがりました。

Dsc_0013_r_34 






目の前でカットしてくれる生ハムにフロマージュ。ビストロ「OSHINO」さん、トラットリア「ラ・ポルタ」さんなど、地元で人気のお店が出店しました。




Dsc_0036_r_3Dsc_0044_r_2
写真左:「ヴィレッジセラーズ」のスタッフもボランティアでお手伝い。

写真右:「ラシーヌ」さんのワインは、ユニークなおすすめコメントが書かれたタグが楽しい。


Dsc_0061_r_3
写真左:「ディオニー」さん。

Dsc_0124_r
主催者「カマクラでワインの会」の阿部剛さん(中央、鎌倉惣菜)と石井英史さん(ボータン)。

Dsc_0153_r
グラスはお土産。持ち帰りやすいよう、箱とバッグも用意してくれました。こんなところにもおもてなしの気持ちを感じました。センスのいいロゴも、嬉しいですね。

2011年 12月 26日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

ワイン版フジロック!FESTIVIN

ワインラヴァーにとって、11月は大忙し。国内の各産地では収穫祭が行われ、都市部でも何がしかのイベントが開催され、まるで夏フェス状態。そして最大級のイベント「フェスティヴァン」が、第1回目の昨年に引き続き、今年も開催されました。

036

020 「FESTIVINは、自然派ワインを日本に紹介したパイオニアである勝山晋作とその仲間たちが、『おいしいワインを楽しむ機会を多くの方たちと分かち合いたい』という思いから生まれました。タイトルは、フェスティヴァルとヴァン(ふらんす仏語でワイン)を組み合わせた造語です。世界各国の約200種のワインがお楽しみいただけることに加えて、日本の生産者たちも駆けつけてくれる予定です」~ フェスティヴァンのホームページより、一部略

主催者の勝山晋作さん。銀座「グレープ・ガンボ」、六本木「祥瑞」のオーナーです。


システムはというと……
まず、入場者は入り口でグラスとグラスホルダーを渡されます。会場には趣旨に賛同したインポーターがご自慢のワインをずらりと並べているので、お好きなワインをお好きなだけ注いでもらいましょう。お気に入りを飲み続けるのもいいし、新しい銘柄にチャレンジするのもいいですね。生産者の何人かが来日していますから、ラッキーな方はお目当ての生産者とお話しできます(通訳付き!)。そうそう、プロの試飲会とは違いますから、吐き出すのはNGです。

また、ワインでいい気持ちになって何かつまみたくなったら、飲食店の出店ブースへ。今回は、1部を「トラットリア フェスティヴァン」2部を「ビストロ フェスティヴァン」とし、シェフ同士のコラボメニューがあったり、人気店の名物料理が小ポーションで食べられました(肉食系の私は2部が始まると同時に六本木「祥瑞」茂野シェフの、あの奇跡のステーキを購入しました)。

一つひとつの魅力を挙げていたらキリがありませんが、このイベントの何よりもすてきなところは、ワインラヴァー同士の交流できること! ワイン会は数多くあれど、仕事も住んでいるところも、まったく接点のないこれだけの人々が「ワインが好き」という気持ちだけで、一つの場所に集まり、ワインの楽しみを分かち合っているなんて。

この規模、そしてこの一体感は何かに似ている。そう、king of 夏フェスの、フジロックだ!(kameyama)

022
イタリア自然派ワインのインポーター「ヴィナイオータ」さんのブースでは、鎌倉「ボータン」石井英史さん、赤坂の「ラ ボッテーガ デル グースト」の村上裕一さん、四谷三丁目「カルネヴィーノ」の今井さんが最高の笑顔でワインを注いでくれました。

028
気鋭インポーター「W」の若槻さんも出店。ローラン・ルブレの「サ・セ・ボン!」を手に堂々の貫禄。

025_9026_5    

日本ワインの生産者も駆けつけてくれました。南野呂「ルミエール」の小山田幸紀さんは渾身の1作「GABU」と一緒にパチリ(左)。牧丘「四恩醸造」の小林剛士さんもオレンジ色のアフロで登場。





047_2
“ファインワイン”のインポーター「テラヴェール」の鈴木さんは、マルセル・ラピエールを手に誇らしげです。

042
飲食ブースも豪華な顔ぶれが並びました。
森下「山利喜」は、名物「もつ煮」などなど。ハイ、「山利喜」ちっくにポーズを決めて。



030
西麻布「葡呑」はおいなりさん3種で出店。オーナーの中湊茂さん、女将的存在の熊坂智美さん。左はインポーター東京木下商事の矢嶋尚美さん。

007
自然派、日本ワインでお馴染み、目黒「キッチン・セロ」のみなさーん!

041
昨年12月オープン、すぐ満席の店になったポルトガル料理店、代々木八幡「クリスチアノ」のみなさんも!

2011年 12月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

イタリア料理コンクール結果発表!

12月14日に、在日イタリア商工会議所主催「第二回イタリア料理コンクール2011」の最終実技審査会が開催されました。コンクールのテーマは「イタリア料理:伝統と創造性」。最終審査に残られたのは10名。1時間でアンティパストとプリモピアット各2名分を作るということで、ファイナリストの皆さんは、服部栄養専門学校の厨房で急ピッチの作業です。

01 02
審査員のお一人である落合シェフが試食をしてポツリと言いました。
「若い人たちの力を感じるね。うかうかしてられないなぁ」。

_
優勝は「BARABABAO」料理長・山﨑大輔さん(写真左)。「先週天国に旅立ったお店の社長に最高の報告ができます」とご挨拶。ファイナリスト全員に1位を差し上げたいくらい、どのお皿もおいしそうでした。厨房では、『料理通信』2012年1月号で、ビールに合うつまみを作ったお鍋「ラゴスティーナ」が大活躍(写真右)。煮る、揚げる、茹でる、焼く。美人で仕事もできる「ラゴスティーナ」は、プロの仕事もきっちりとこなしていました。(toriyama)

2011年 12月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

大分食材で読者イベント開催!

「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」リオネル・ベカシェフと、銀座「坐来 大分」梅原陣之輔料理長が、大分食材を使って競演する読者イベントを開催します!! 二人の料理人のお話を伺いながら、大分のブランド食材「おおいた冠地どり」を使ったメイン2皿、郷土料理、大分の地酒、大分のワインをお楽しみいただきます。

2_4
新食感の県産地鶏「おおいた冠地どり」を異なる調理法で味わっていただく、またとない機会です。ふるってご応募ください。

---------------------------------------------------------------

【開催日時】 2012年1月28日(土)  12:00~14:00(11:30受付開始)
【開催場所】 「坐来 大分」(東京都銀座2-2-2 ヒューリック西銀座ビル8F)
        URL:http://www.zarai.jp
【参 加 費 】 5000円
【定    員】 20名

【応募方法】 タイトルを「大分イベント申込み」として、1)氏名、2)住所、3)電話番号、4)年齢、5)職業、6)人数をご明記の上、メール(ad@r-tsushin.com)にてお申し込み下さい(電話でも可/TEL:03-5919-0445)

【応募締切】 2012年1月5日(木)
締切後、応募多数の場合は抽選の上、当落につきましては1月10日(火)頃にご連絡させて頂きます。

【問合わせ先】 株式会社料理通信社 イベント事務局 TEL:03-5919-0445

---------------------------------------------------------------

―前菜―
「臼杵ふぐちり和え」「宇佐 柚子豆」「OITA AGURUパリ煎餅」「ハモン・デ・クジュウ 生ハム」「Cook Hill Farm チーズ」

―主菜―
2_2(左)リオネル・ベガシェフ「冠地どりのロースト ユズコショウとカボスの香り カボスのコンフィと椎茸のトースト」(『料理通信』1月号掲載料理)
(右)梅原陣之輔料理長「冠地どり りゅうきゅう、塩麹蒸し すっぽん仕立て」(『料理通信』1月号掲載料理)

―食事―
「黄飯」「かやく」「きらすまめし」「島ひじきなど香の物」「小手川味噌」

―デザート―
「杵築ほうじ茶プリン」

―お酒―
「大分 小松酒造の日本酒」「安心院葡萄酒工房のワイン」

―お土産―
「OITA AGURU」、第3回全国お宝食材コンテスト選定品食材(何の食材かは当日のお楽しみ!)
---------------------------------------------------------------

わたくしトリヤマは、『料理通信』1月号掲載「食の文化遺産巡り―大分」の取材に同行。大分は、広かった――。取材班は2泊3日で大分に滞在し、訪れた地域は6市10か所、連日の移動距離は200km! 大分県を縦横無尽に駆け巡りました。大分はその昔、8藩7領に分かれていたため地域によって食文化が異なり、とても興味深い土地でした。

今回のイベントでは、大分を初めて訪れたリオネルシェフと、大分出身の梅原料理長のお話を伺ながら、『料理通信』の人気企画「食の文化遺産巡り」を味覚で体験できるイベントです! うちの新人Aは、「スタッフじゃ嫌だ。一般人として参加する」と駄々をこねています。業務連絡、君は当日、仕事として頑張るのだ。(toriyama)

04_2
79ページでご紹介している「山田屋」の女将さんと仲居さんは大変お綺麗! リオネルシェフは、大分のフグとの出会いよりも、もしかしてウキウキだったかも(笑)。

05_2
くじゅう連山の雄大な景色をバックに、何やら楽しそうな取材班。

2011年 12月 12日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

造り手さんと一緒にカウントダウン

ジョルジュ・デュブッフさんと
ボジョレー・ヌーヴォーの解禁カウントダウン!

ここ数年、ボジョレー・ヌーヴォー解禁の瞬間を、ジョルジュ・デュブッフさんと迎えています(すみません、はっきり言って自慢です)。

なんと幸せな!
造り手さんご本人と一緒のカウントダウン。

045_5

今年は「カンテサンス」で行われました。

カウントダウンのために、22時30分から待機です。
ただの待機ではありません。
2009年のボジョレーをアペリティフに、
 ムーラン・ナヴァン2005
 ムーラン・ナヴァン2003
 ムーラン・ナヴァン1995
を飲みながら、その時を待つのです。

004_2

それぞれのワインに合わせて、岸田シェフの料理がサーブされます。
2005年には、ビーツ風味のクスクスとリ・ド・ヴォー。
2003年には、フォワグラとナスのミルフィーユ。
1995年には、鹿のロースト。

ボジョレーをヌーヴォーでしか語らないのは間違いである。
ということが、カラダにガンガン叩きつけられるようなワインと料理でした。
熟成したボジョレーは、深く濃いガーネットのような色合いで、若い時の果実味が生き生きとしたまま複雑味を増した味わいです。

デュブッフさんの表現を借りれば、
ボジョレー2009
「自然の神の恵みの年。色彩はパープル。豊潤。広がりのアロマ。カシス、ブルーベリーなど黒いフルーツ。わが人生最高のヴィンテージ」
ムーラン・ナヴァン2005
「ガーネット色。複雑で成熟した黒いフルーツ。バニラ、トリュフ、甘草、スパイスの香り。パワフルで凝縮感がありながら、タンニンは繊細」
ムーラン・ナヴァン2003
「琥珀がかった真紅。太陽の年。太陽を飲み込むような味わい。バランスの良い凝縮感。フルーツ・コンフィ。マルメロ、シナモン、甘草の香り」
ムーラン・ナヴァン1995
「エレガントで繊細にして、味わいは厚い。甘いスパイスに囲まれたフリュイ・コンフィ。白檀、トリュフの香り」

果実のフレッシュ感を保ったまま、複雑で奥行きがあるんです。
ああ、こんなふうに年をとりたいものだ・・・・・・つくづく思いましたね。

025_4

さて、主役である今年のヌーヴォーは、
「キラキラと輝く紫色。フローラルな香りで、ミュール、野イチゴ、カシス、グロゼイユの香り。ゆったりしたボリューム感。シルキーで豊潤」
ヌーヴォーはその時しか味わえない、いわば縁起物。
収穫の神様に感謝しながら、ありがたくいただきます!(kimijima)

2011年 11月 20日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

イベント企画の舞台裏

『料理通信』では、読者イベントを年に数回開催しています。誌面と連動して行われる読者イベント、明日、2011年11月20日は 「A+オーストラリアンワインイベント」 です。参加者70名強! 振る舞われるワインは34種類! ただいま最終準備まっただ中でございます。

001
『料理通信』2011年11月号 にオーストラリアワインの記事を掲載)


「A+オーストラリアンワイン」
とは、ダイナミックな進化を続けるオーストラリアワインの中でも、こんなワインたち。

・ ブドウ品種や地域の個性を忠実に表現しているワイン
・ ラベルの裏側にある造り手のスーストーリーも楽しむワイン

イベントでは、「スパークリング」「リースリング」「シャルドネ」「ピノ」「シラー(ズ)」の中から、各6~9種類。全34種類を試飲いただくほか、ブドウ品種に合わせたフィンガーフードをご用意致します。

数が多いので、ボトルに説明パネルをかけよう! と、先日、チバリスタ(営業部・チバの愛称)とともに内職作業もしました。

002
ワインの本数を人数で割ったら、なんと一人当たり1.3リットルほどお飲みいただくことに……。ご参加の皆さん、こんなには飲めないでしょうから(え? 飲める?)、どうぞ少しずつたくさんのワインを楽しんでくださいね。

会場は、天王洲アイルに位置する水上ラウンジ「WATERLINE ウォーターライン」。14時からスタートする本イベントの様子は、『料理通信』ツイッターアカウントで実況中継の予定です。「写真に写っていいよ!」というご参加者の皆様、いい笑顔を期待しております~。

003
それでは明日、こーーーんなにたくさんのワイン↑を揃えて、スタッフ一同お待ちいたしております! 晴れますように! 晴れますように! (asai)


●『料理通信』ツイッターアカウント ( @team_trippa

●当日は、ハッシュタグを付けてお送りします。( #オーストラリアワインイベント

2011年 11月 19日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

オーストラリアワインイベント開催!

バブリーで、控え目で、クールなワイン!?
読者向けワインイベントを開催します

33種類の「A+オーストラリアンワイン」と、各品種に合わせたフィンガーフードをお楽しみいただける、読者イベントを開催します。

Photo_2    (会場となる『WATERLINE』。こーーんな素敵な場所で開催しますよ!) 

~ 「A+オーストラリアンワイン」って? ~
「A+オーストラリアンワイン」は、進化するオーストラリアワインを象徴する新しいカテゴリー。「A+」に共通するのは、(1)ブドウ品種や地域の個性を忠実に表現し(2)ラベルの裏側にある造り手のストーリーも楽しむ――ワインたち。

先日、プレス向けイベントに参加したソネとトリヤマ。通常、試飲のブースはインポーターごとに分かれているのですが、そこでは“あるカテゴリー”ごとにブースが設けられていました。

例えば、「バブリー!」とか、「控えめなニュー・エイジ~シャルドネ~」なんて風に。「クールなピノたち」なんていうのもありました! どうです、楽しいでしょう?

それぞれ、粋な一言を加えて品種ごとにカテゴライズされたワインは、まさに新しい出会いであり、興味深かったのです。この面白さはぜひ読者の皆さんにも体験していただきい! ということで、今回のワインイベントを企画いたしました。

Photo_3当日は、マスター・オブ・ワイン、ネッド・グッドウィン氏の他に、オーストラリアワインを愛してやまないインポーターの方々も会場にお見えになります。

「4つのブトウ品種とスパークリング」をテーマに33種類のワインとつまみをいただきながら、ただただ「うまーい」と感動するも良し、ワインの背景にじっくり耳を傾けるも良し。うれしい驚きと発見のひとときを、皆で一緒に過ごしませんか?

会場となる「WATERLINE ウォーターライン」は、風が吹き抜ける水辺に位置し、シドニーに似た雰囲気。こうみえても、ワタクシ自称“晴れ女”! イベント当日はきっと晴れて、水の音を聞きながら、気持ちのよい風を楽しめるワイン日和となる“ハズ”です!(トリヤマ)。

---------------------------------------------------------------
オーストラリアワインとの新しい出会い!
~「A+オーストラリアンワイン」を体験~

---------------------------------------------------------------

【開催日時】 2011年11月20日(日)  
        開場 13:30 開始 14:00
【開催場所】 「WATERLINE ウォーターライン」(東京都品川区東品川2-1先)
URL: http://www.tyharborbrewing.co.jp

【参 加 費 】 4500円(33種のオーストラリアワインと各品種に合わせたフィンガーフード、立食スタイル、トークイベントあり)

※イベントで飲めるワイン一覧は、コチラをご覧ください。
※イベントの詳細は、『料理通信』2011年11月号にも掲載しています。

【定    員】 70名
【応募方法】 タイトルを「A+イベント申し込み」として、氏名、住所、電話番号、年齢、職業、人数、定期購読の有無(している/していない)を明記の上、メールにてお申し込みください。(電話申し込みも可)

メール: ad@r-tsushin.com TEL:03-5919-0445

【応募締切】 10月31日(月) 
※締切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
 

※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果はご応募していただきました皆様に、11月7日(月)頃ご連絡いたします。
※いただいた情報は本イベントのみに使用し、第三者に譲渡することはございません。

【問合わせ先】 株式会社料理通信社 イベント事務局 TEL:03-5919-0445

2011年 10月 8日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

バリスタ世界チャンプ来日中!

六本木でチャリティイベント開催

本日10月1日は「コーヒーの日」
TRIPPAの周りでも、先週から今週にかけてコーヒーイベントが目白押しでした。

9月23日(金)は「ベア・ポンド・エスプレッソ」にて、ジャーナリスト オリバー・ストランドさんと店主・田中勝幸さんのトークイベントを開催(このご報告は後日)。
28日(水)・29日(木)にはSCAJにて、ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップの準決勝・決勝が行われました。ちなみに、今年のチャンプは「丸山珈琲」所属の鈴木樹さん。昨年に続く2連覇で、ウィーンで開催される世界大会に日本代表として出場します。
●公式結果はこちらからhttp://www.scaj.org/archives/2163

Alejandroさて、そのバリスタ・チャンピオンシップ2011の世界チャンプ、エル・サルバドル代表アレハンドロ・メンデスさんが、現在来日中。アレハンドロさんは、コーヒー生産国からの初のチャンプということで、多くの注目を集めました。
⇒Tシャツの柄は、I❤COFFEE !!

http://worldbaristachampionship.com/

今回の来日は東北支援を目的として、コーヒーハンター川島良彰さんのご尽力で実現しました。

2001年、エル・サルバドルが大地震に見舞われた際、阪神大震災直後の日本から救援チームが現地入りし、支援活動を行なったそうです。そして今年、東日本を襲った大地震――。当時の支援活動のお礼にぜひチャリティをと、アレハンドロさんと彼が所属する「ビバ・エスプレッソ」のオーナー、ボラーニョス夫妻が来日。被災地にも足を運んで視察を重ね、各地でチャリティ・イベントを行なってきました。

Vivaそして10月1日(土)・2日(日)、六本木「東京ミッドタウン」内、「A971」で最後を締めくくるにふさわしい【東北支援イベント FIESTA LATINA】が開かれます。エル・サルバドルのコーヒーをチャリティ販売するほか、夕方にはアレハンドロさんが淹れるコーヒー(豆は川島氏が手がける「グラン クリュ カフェ」!)が堪能できる時間もあり。チャリティはもちろんのこと、チャンプの所作を間近に見るチャンスです。ぜひ足を運んでください。

●詳細はこちらから:
http://www.cafecompany.co.jp/news/2011/09/1012a971fiesta-latina.html

さて、ここから先はコーヒー好きへ、ちょっとディープなお話。

↓↓↓

WBC2011でのアレハンドロさんのパフォーマンスは、かなり話題を呼びました。
競技会では15分間で、エスプレッソ、カプチーノ、シグニチャードリンクを各4杯作るのですが、この時のシグニチャードリンクが斬新。

1.コーヒーの果肉を乾燥させたものをお湯で抽出したもの
2.果肉を除去した豆を煮出して、付着したミューシレージ(ぬめり)を煮溶かしたもの
3.コーヒーの花のお茶
4.エスプレッソ


以上4種の液体をブレンドし、“コーヒーそのもの”を体感させたのです。
これは鮮度の良い豆が手に入る生産国だからこそできる、アプローチと言えるでしょう。
(追記)WBC2011ファイナルの彼のパフォーマンスはこちらから

10月28日、某所で行われたチャリティ・イベントで、アレハンドロがシグニチャードリンクを再現してくれました。コーヒーの花は季節的な理由で、香りが似ているというジャスミンティで代用しましたが、コーヒーの瑞々しさやわずかに感じる野性的なエグミなど、コーヒーが果物であることを思い起こさせる味わい。あるバリスタの「コーヒー農園が飛び込んでくるような印象のドリンク」という言葉に、なるほどと実感した一夜でした。Muchas gracias, Alejandro!!(ogura)


2011年 10月 1日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

音楽とワインで復興支援

~オーストリアを満喫!~

少し前になりますが、ワインバー「シノワ」渋谷店で、ユニークな震災復興支援イベントが開催されました。仕掛け人は、ワイン・ジャーナリストの岩城ゆかりさん(料理通信2011年9月号 ・連載「食の世界の美しき仕事人たち」にご登場)。日本&オーストリア両国に所縁のある楽曲の生演奏を堪能しながら、オーストリアワイン&特別ランチを味わおうというものです。

01together_2 
岩城さんの呼びかけで集まった、フルーティスト・山形由美さんを中心とする仲間たちが、オーストリアゆかりの曲や、日本でおなじみのメロディーのアレンジ曲などを演奏。
(写真:右から3番目が岩城さん、左から3番目が山形さん)

12winesend_2 
ワインは、「ヒードラー」、「ルーディー・ピヒラー」「シュロス・ゴベルスブルク」「シュタットクレムス」及びそのインポーターから寄贈されたものが揃い、この日限定の特別ランチコースとも見事なマリア―ジュでした。

食後は、各ワイナリーからスペシャル・ボトルがオークションにかけられ、会場は一気に白熱! 山形由美ファンとオーストリアワインファンの競り合いで価格はどんどん上昇。入場料全額とオークション落札価格の合計は67万2千円にもなり、全額がその場で、被災地復興プロジェクトを主催する日本酒浦霞蔵元・佐浦弘一氏に手渡されました。

09auction
岩城さんは現在、出品銘柄のひとつ「シュロス・ゴベルスブルク」の醸造元に身を寄せ、仮の居を構え、ワイン醸造に関する様々な業務を体験しながら講師研修に勤しんでいます。彼女の今後の活動にも注目です!(hayashi)

2011年 9月 28日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

本日開催! トークイベント@下北沢

『料理通信』主催
「BEAR POND ESPRESSO」田中勝幸氏×オリバー・ストランド(ジャーナリスト)
トークイベント ~ 小さな店の店主になる醍醐味 ~


13:00より、UST配信予定。Bear Pond Espresso のオフィシャルサイトへ!

Snap1_2

2011年 9月 23日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

9/23にベアポンドでイベント開催!

店づくりのネタ満載の『料理通信』10月号。編集担当者が10年ぶりに訪れたNYは、「小さくて強い店」の宝庫でした。

そのNYから、コーヒーのコラムニストとして『ニューヨーク・タイムズ』に寄稿しているジャーナリスト、オリバー・ストランドさんが来日。NYのレストラン&カフェシーンを取材してきたオリバーさんと、アメリカ歴20年の下北沢の小さくて強い店「BEAR POND ESPRESSO」の店主・田中勝幸さんに、“NYの小さくて強い店”と“小さな店のオーナーになる醍醐味”について語っていただきます。現地に行かずしてNYの今を知る超少人数制のイベント(なにせ小さな店ですから)。

すでにお店をやっている方、いつかお店を持ちたい方、人気特集「小さくて強い店は、どう作る?」が好きな方、ふるってご参加ください。

11_10_2 

---------------------------------------------------------------
『料理通信』主催
「BEAR POND ESPRESSO」田中勝幸氏
×
オリバー・ストランド(ジャーナリスト)


トークイベント ~ 小さな店の店主になる醍醐味 ~ 
---------------------------------------------------------------

【開催日時】 9月23日(祝・金)13:00~15:00 ※13:00~で決定しました!
【会    場】 BEAR POND ESPRESSO(下北沢)
【定    員】 8名
【会     費】 1500円 (ドリンクは別途、各自でお買い求めください)

【トークイベントの内容(予定)】
・9.11以降NYでは、どんな店が人気を集めているか?
・「小さくて強い店」になるには何が必要か?
・「小さくて強い店」オーナーになりたい人へのメッセージ
 ~小さい店でも、小さくまとまるなよ!~
・フリーディスカッション(田中さん&オリバーさんへの質問タイム!)

【応募方法】
タイトルを「9/23 トークイベント申込み」として、下記を明記のうえ、メール( ad@r-tsushin.com )にてお申込みください。お申込みはメールのみの受付とさせていただきます。

1)氏名
2)住所
3)電話番号
4)年齢 
5)職業  
7)定期購読の有無(定期購読している・定期購読していない)
8)『料理通信』10月号「店づくりの“ネタ本”」についてのご感想

【応募締切】
2011年9月20日(火曜日)

※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果は応募いただいた皆様に9月21日(水)にご連絡いたします。
※個人情報の取扱に関しては、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください。

【問合せ先】
株式会社料理通信社 イベント事務局 TEL:03-5919-0445

---------------------------------------------------------------
イベント事務局より、ご応募くださる皆さまへ
---------------------------------------------------------------


・お詫び
“緊急告知”の緊急ぶりでうすうすお気づきかと思いますが……。イベントの企画自体“超緊急”“超特急”で進めております。そのため、ただいま調整中の部分がございます(ごめんなさい!)。誠に勝手ながら、スタートが13:00~でも、14:00~でも、どっちでも行けるなぁという方のみご応募くださいますようお願いいたします。決まり次第、当ブログでご報告致します。

・イベントの進行について
イベント開催中は通常営業をしております。小さな店、しか連休ということで混雑が予想されますが、ご当選の皆さまには、2時間きちんとご参加いただけるスペースをご用意するほか、フリーディスカッションでは、田中さんやオリバーさんに様々なご質問をしていただくことができます。NYの生の情報や、小さな店の店主の楽しみ方をぜひ、直接伺ってみてください。

・同時通訳が入ります
トークショーは英語で進行し、通訳が入る予定です。

・新人Aの挑戦企画
どう考えても少人数でしか開催できない。でも、お二人の話を聞くのはまたとない貴重な機会。ならば、初挑戦・ユーストリームでライブ配信! をできたらいいな……と大それたことをイベント担当者は思っております。ただ、状況を考えると結構大変そう。でもやっぱり、できるだけ多くの方に会の様子をお届けしたい。

ということで、イベント準備のバタバタをそのまま企画にしちゃいます。題して、「できるのか!? ライブ配信~新人Aの挑戦~」。準備期間のバタバタぶりをツイッターにてご報告します。

いけるかも!と自信がついた頃に、URLを発表いたします(=まだ自信なし)。開催までツイッター&当ブログをよーーくチェックしてくださると幸いです。

ツイッターアカウントは、「 @team_trippa
---------------------------------------------------------------

緊急企画、がんばります。手作り感いっぱいでお届けします。(asai)

2011年 9月 19日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

日本酒スイーツイベント開催中

トップパティシエによる日本酒スイーツ勢揃い!

お菓子を作って被災地支援を――
それが「スイーツキャンドルプロジェクト」の趣旨です。
http://www.loasis.jp/sweetscandle/

発起人は「パレドオール」の三枝俊介シェフ。
具体的には、東北の食材を使ってパティシエたちがお菓子を作って販売し、その利益を被災地に寄付します。

その第1回目が、明日13日(火)まで、銀座三越B2で開催中です。
今回の食材は「宮城県の日本酒」

・阿部勘酒造店「於茂多加」
・川敬商店「黄金澤」
・勝山酒造「ライトニングⅡ」
・内ケ崎酒造店「鳳陽」
・一ノ蔵「Again」
・角星「別格」

を使った

1・「オーボンヴュータン」河田勝彦シェフ
・「ベルグの4月」山本次夫シェフ
・「パティスリー ノリエット」永井紀之シェフ
・「ラ・ヴィエイユ・フランス」木村成克シェフ
・「オ・グルニエ・ドール」西原金蔵シェフ
・「パティスリー モンプリュ」林周平シェフ

ら、錚々たる13名のシェフたちによるお菓子が並んでいます。(写真右は河田シェフのお菓子)

折りしも今夏は醸造酒を使ったスイーツがトレンド。
日本酒のスイーツ素材としての可能性を見る意味でも、とても有意義な試みと言えるでしょう。

9月21(水)~27(火)には新宿伊勢丹でも開催されます。
みなさん、どうぞお運びください。(kimijima)

2_23_2

「パティスリー エイジ・ニッタ」(左)、「メゾン・ド・プティ・フール」(右)

4


「ノリエット」と
「パレドオール」

2011年 9月 12日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

外務省が地方&SAKEの魅力を発信

東京以外の地方都市の魅力を、世界に向けて発信してゆこう!

そんなスローガンの下、“地方の魅力発見プロジェクト”なる動きが、外務省の在外公館ネットワークを中心に始動しつつあるのをご存知でしょうか?

さる6月、外務省飯倉公館で、松本剛明外務大臣主催による「自治体国際交流活動支援レセプション」が行なわれ、各国の日本駐在外交団と全国市長会のメンバー、約250人強が集まり、交流が繰り広げられました。

01
「長崎市は外国と姉妹都市を結んだ日本で初めての市。今や全国809のうち562市が、世界の2184市(!)と姉妹都市を結んでおり、市民間交流は盛ん。本会を機に、日本の地方都市のアピールの場をもっと広げてゆきたい」と田上長崎市長。

また在京外交団代表として、マンリオ・カデロ駐日サンマリノ共和国大使からは、「この美しく平和な国・日本が直面している災害に、悲しみと応援の意を示したい。過去の日本の災害支援のすばらしさに感謝をし、今回は私達が助ける番だと気を引き締めている。私達は自国を日本にアピールするだけでなく、日本の製品を自国にアピールする役割を担っていることをお忘れなく!どうぞ我々を頼ってください。ガンバロウ ジャパン!」とのコメントも。

今後の動きとしては、外務省が日本酒を含めた地方産品を世界にアピールする取り組みの一環として、世界各国に構える在外公館に、日本酒がリストオンされ、そこで行われるレセプションや会食の場で積極的に振る舞われることになりそうです。

02
リストオンされる日本酒は、「世界基準での評価を得た」という観点から、IWC(インターナショナルワインコンペティション)SAKE部門での受賞酒であることが決まっています。

なお、当日の会場には、2011年4月に行なわれたIWCのSAKE部門の受賞蔵元が多数集い、試飲ブースを出展。レセプション参加者が思い思いにテイスティングを楽しみ、興味津々で蔵元に質問をぶつける姿も見られました。今後の展開が楽しみです。(hayashi)

IWC公式サイト http://www.sakesamurai.jp/

外務省『地方の魅力発見プロジェクト』
 
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/local/info/use.html

2011年 8月 15日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

来てくれて、ありがとう。

私たちはこの日、とても幸せな1日を過ごしました。去る7月6日は『料理通信』8月号「ご近所ピッツェリア」の発売日。三省堂書店有楽町店さんにて、数年ぶりのデモンストレーション販売を行いました。

01_12
店頭にプレゼントと雑誌を積んで。中に入って撮影に応じてくださったのは……。

たくさんの読者の皆さんにお会いすることができました。

雑誌を手渡すごとに「いつも楽しく読んでます!」とか「頑張ってください!」なんて温かいエールをいただきました。定期購読しているのに、わざわざ私たちに会いに来てくれる方まで(感涙)。改めまして、お越しいただいた皆様、ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。

感謝の気持ちを込めて、あの1日を振り返ります。
デモ販の様子をそのまま伝えたいので、ほぼ、写真報告です。
お時間ある方は、“続きを読む”からご覧くださいね。

02_5

午前11:30、三省堂書店有楽町店さんの入口前にて、皆さまのお越しを笑顔で待ちます。代表サカニシ、めっちゃ笑顔ですな。

03_2
この日、『料理通信』をお買い上げいただいた皆様にプレゼントを差し上げました。


05_2
左:これがあれば、染みも怖くない! Dr.Beckmann「ステインデビルズ」
右:我が子も同然。カンロ~メゾン・ド・コンフィズリー~「爽やか、塩ライムミントキャンディ」


06_2
家庭に1本! しっかりした握り心地のOXO「Y型ピーラー」

07_2
豪華!ブリタ「エレマリス浄水器」

お客様第1号は、お母様と小さなお子様。くじの結果は「TRIPPA賞」。TRIPPA賞は、スタッフから集めた編集部のお宝たちです(ガラクタじゃないですよ! ストーリーのあるお宝です)。

08_2
「これがいい!」と彼女が選んだのは、キッコーマン「なぁにちゃんキーホルダー」。編集長キミジマのお気に入りに目を付けるとは……ちびっこ恐るべし

とにかく声を出し続けた一日。特集担当のソネも元気に声を張り上げていたのですが、よーく聞くと、言っている内容が、???。

ソネ 「ハズレのないピッツァに、ハズレのないプレゼントですよ~」
さすがフクヘン。掛け声がキャッチになってる!

ソネ 「おいしいピッツァはいかがですかーーー」
嘘です。ピッツァ特集を売ってますが、ピッツァは売ってません。

09_3
ソネ 「いらっしゃいませ! ピッツァ、どうですか?」
もう、何とでも言っちゃって!

おや? 正面から見たことある方が。「ロックフィッシュ」の間口さんだ! 今日は9月号の第二特集「夏の酒とつまみ」の撮影だったはず……。

10_2
「撮影終わった帰りです。料理通信買うとチヤホヤしてもらえるって、ツイッターで読んだので、チヤホヤされに来ました!」

11_2
かしこまりました。ご要望にお応えして、みんなでチヤホヤさせていただきました。

『料理通信』2011年1月号で取材をさせていただいた、幡ヶ谷「Kinasse」のコガタクさんも。

12_3
「コガタクさん、20冊買って~♪」「いやいや、多いでしょ」。あ、やっぱり? でも、2冊買ってくれたんです。ありがとうございます!

13_3
作り感満載のくじは、すべてがアタリくじ。そうそう、ハズレのないピッツェリアに、ハズレのないくじですからね!

14_2
やッぱり笑顔は、惜しみなく。後ろで渡辺淳一先生も応援してくださっています(嘘です)

15_2
ツイッター見てきました! とフォロワーの「ペ」さん。ブリタ浄水器に狙いを定めていらっしゃり、見事GETしていかれました! ブログにデモ販の記事を書いてくださりありがとうございました。

16_3
「リカーズのだや」さんも浄水器GET。なんてラッキーボーイ(?)でしょう。ご満悦の表情ありがとうございます!

17_2
いつもお世話になってます、の山本洋子さん(一番右)。「もったいない、売り場が目立ってないわよ~。次はのぼりとか、たすきとか使おうよ!」と貴重なアドバイス。次、作ります!

初の試みとして、ツイッター上で手伝い要員も募集しました。当日お手伝いくださった読者のMさん、「パン工房ボングー 」のOさん、1日お疲れ様でした。

18_2
ボングーのサレ系ラスクは、とても危険。お酒のつまみにピッタリで、手が止まりません

19_2
ダ・イーサ」山本さん、「タランテッラ・ダ・ルイジ」寺床さん、テイクアウトボックスのご提供ありがとうございました

本当にたくさんの方にお越しいただきました。「ツイッター見たよ」ってお声掛けくださった皆さま、デモ販の告知ににご協力くださった皆さま、ありがとうございました。雑誌の販売会なのに、逆にお土産をたくさんいただいてしまいました。

三省堂書店有楽町店の皆様、大変お世話になりました!

この熱い一日のことを、きっと忘れません。“TRIPPA隊”こと料理通信スタッフ一同、心から御礼申し上げます。また皆様にお会いできる日を楽しみにしています。(asai)


【告知】
明日8月6日は、『料理通信』9月号の発売日です。
特集は「70'パティシエ×クラシック菓子」。スイーツ大特集をぜひお楽しみください!

2011年 8月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

SAKEと一緒に、何を飲む?

欧米やアジア諸国では最近、日本酒=SAKEの評価が高まってきています。ならば、合わせる料理は和食に限らず、仏、伊、中華、エスニック……いろいろ広がってきているはず。はたしてその相性は? と気になっていました。

そんな折、レコール・デュ・ヴァンで特別講座「SAKEとフレンチの饗宴」(7月22日開催)が行なわれると聞き、興味津々で参加してきました!

Dscf1855
今回の主旨は、桝田酒造店代表、桝田隆一郎氏を迎え、「満寿泉」をフレンチのコースとともに味わおうというもの。白金のフレンチ「ジョンティ アッシュ」を会場に、当初の定員16名を大幅に超える31名のワイン好きが集いました。

Dscf1824_4 
右は、桝田酒造場代表、桝田隆一郎さん、左は今回のアテンド役、入江啓祐さん。

北北前船で栄えた日本海沿岸の港町、富山県岩瀬。この地で育まれ、近年はワイン樽熟成や全麹仕込み等、新しい取り組みも積極的に行なってきた「満寿泉」は、IWCで2009年ゴールドメダルを受賞するなど、海外で評価の高い日本酒蔵の1つです。ならばフレンチとの相性もさぞや高かろう! と期待に胸が高まります……。では、この日いただいたコースをご紹介。

Dscf1829_4
【アミューズ】 甘海老、トマトと枝豆のカクテル・大葉と生姜
×
満寿泉 純米大吟醸生酒

山田錦を50%精米。グレープフルーツのような酸味と甘味が魅力の、「少女」のような酒。「サンペレグリノ割りもおすすめ」と桝田さん。キリッと低温で供され、甘海老と合わせると途端コクが増し、グッと印象が深くなりました。

Dscf1831_5
【前菜】 スルメイカ 黒オリーブとアンチョビー、加賀胡瓜
×
満寿泉 全麹


掛け米をすべて麹米で仕込む「全麹仕込み」を採用。9年熟成。主張があるが心地よい酸味と甘味。「ぬる燗だと酸が立ち、また違った表情に」と桝田さん。「クセのある酒にはクセのある食材を」と、イカ墨とアンチョビーを使った皿を。コクがコクを呼ぶ。

Dscf1841_6 
【魚】 真鯵マリネと軽い炙り ルバーブとスダチ、クレソン、ウイキョウ
×
満寿泉純米大吟醸


アミューズで供された「大吟醸生酒」を火入れし、1年熟成したもの。熟した果実の香りも出てきて「30代の女性」に成長!真鯵はもちろん、クレソンの苦味が意外に合います。

Dscf1853_3
【肉】 合鴨炭火焼 玉蜀黍のフリットとダークチェリーのコンポート パースニップのジュレ
×
満寿泉 純米大吟醸スペシャル04年


前菜で供された「全麹」を、9年樽熟成。カラメル、バニラの香りをまとって、シェリーのような「洋」の装いに。鴨の甘酸っぱいソースと、互いを引き立てあいました。

デザートは、桃コンポートとブラマンジェに「満寿泉 貴醸酒」を合わせて。水の代わりに日本酒で日本酒を仕込んだ貴醸酒は、今注目のジャンル。アイスワインのような透明な甘さが、他の貴醸酒にはない味わい。桃のほか、フォワグラもいけそうです。

食後は質問タイム。

参加者「ワインの味はブドウ(とその土地)で決まるけど、日本酒の味は何で決まりますか?」など、ワイン好きならではの質問が盛んに飛び交いました。「酒を知れば、その酒を育んだ土地を知らずにはいられないもの。次は、現地へ乗り込もう!」との〆の言葉に、出席者一同、深く頷いたのでした。(hayashi)

ワインスクール レコール・デュ・ヴァン
TEL:0120-844-055 URL: http://www.duvin.jp/

レコール・デュ・ヴァン 直営フレンチレストラン
白金台「ジョンティ アッシュ」
TEL:03-5447-8889  URL:http://www.gentil-h.com/

2011年 8月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

イーネキッチンに行ってきました-2

Photo_5高崎駅ビル「iine kitchen(イーネ キッチン)」で行われた、ごちそうセミナー「米とお菓子の美味しいおはなし」。煎餅のナショナルブランドとして名高い岩塚製菓株式会社の皆さんが、“米菓”について語ってくださいました。

岩塚製菓は米どころ越後を基盤としたトップメーカー。コンビニエンスストアやスーパーなどの煎餅の棚に行けば、いつも手にするおなじみの菓子を製造しているメーカーです。普段から、実は煎餅が大好きなトリッパ隊、「むほ!これも岩塚さんだったのね~」と、テーブルにセットされた菓子袋を、来場者の先陣を切って……封を開けてしまったのは言うまでもありません。


岩塚製菓の創業。実は特産物だった芋から産業を興すことはできないかと水あめを製造したことが始まりと伺い、「水あめ、飴?? 米は???」とドキドキしながらの拝聴。やはり地域の特産である米を活用する思いが、今に繋がっている……。大切なものは近くにある、それをしっかりと見つめることが、簡単なようで実はとても重要なのではと、またドキドキしながらの拝聴。

で、「煎餅」と「あられ・おかき」の違いはご存知でしたか? 不肖ムラタ、「揚げるのと焼くのの違い?」こんなことは、常識?と心でつぶやきつつ、すみません教えてください!

うるち米で作ったものが「煎餅」、一方「あられ・おかき」はもち米が原材料なんです。

ナショナルブランドであるから流通や賞味基準なども鑑みた製造工程。材料の無駄を省くために商品の形を六角形のハニカム構造にしている新商品ラインもあります!
「食のデザイン」ってこういうこと!と唸ってしまう。

Photo_7

無駄なしエコなハニカムは、こんな商品になる!

Photo_8そして、フードコーディネーター・新倉ごまさん&こごまさんによる「お米菓子を使った簡単スイーツ」のデモンストレーションが始まりました!

「米菓を使って子供でもスイーツを楽しもう」と、このデモンストレーションの主役はこごまさん。米菓を活用して、簡単ミルフィーユ仕立てにしたり、黒糖かりんとうをグラノーラのようなスタイルに。うまうま~! 同じテーブルに参加されていた可愛い参加者も、簡単スイーツメニューにチャレンジしました!
そのままでもおいしいお菓子が、親子で一緒に楽しめる機会に発展! 会場が盛り上がったのでした(murata)。

Photo_1012 

各テーブルごと、参加者が真剣に作りました! でもこれは、すべてムラタと同じテーブルの小学生の実力です。生クリーム絞るのうまいよ~!

Photo_11
岩塚製菓株式会社の皆さんとフードコーディネーター・新倉ごまさん&こごまさん、パチリ記念撮影。こごまさんは、テレビ東京「TVチャンピオン小学生料理人選手権」の優勝者。「イーネキッチン」セミナーの後、NTV系「明日のスターを大発掘!スター☆ドラフト会議」に出演! たくさんの採用プラカードが上がり、「タツヤ・カワゴエ」の川越シェフと今いろいろな番組に出演し始めています。すごい包丁さばきなの!

●高崎駅ビルモントレー「iine kitchen(イーネ キッチン)」


●岩塚製菓株式会社

フードコーディネーター・新倉ごまさん&こごまさんによる「お米菓子を使った簡単スイーツ」は、こちらでも!
http://www.iwatsuka.jp/komekinarecipe/

2011年 8月 2日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

イーネキッチンに行ってきました-1

某日、高崎駅ビルモントレーにある「iine kitchen(イーネ キッチン)」でセミナーイベントが行われると聞いて、新幹線で一路高崎に向かいました。

Photo
Photo_2 「イーネキッチン」は、その名(イーネ=稲)が表わすとおり、米をテーマにしたカフェ。地元群馬産の食材による野菜や、国産米を使用したヘルシーな自然派メニューが充実です。

“お米生まれのおいしい”を伝えたいというコンセプトのもと、お米の可能性を追求し、日本人の食文化に深く根ざしたお米の新しいライフスタイルを提案しています。



Photo_3
もちもちの食感がおいしい「魚沼産コシヒカリ」を使った新食感の麺「コメコスパ」や、米加工商品、店内で焼き上げた米粉パン、スイーツ……。そしてテイクアウト可能な、お米の秤り売り・店内精米、米粉パンにぴったりの「イーネキッチン」オリジナルのジャムなども素敵に並んでいます。

店内はローテーブルとソファがゆったりと配置され、のんびりとした時間を過ごせる雰囲気。オープンキッチンも美しい。

新幹線での移動も超スムーズだったので、「ここは、東京???」と思ってしまうムラタでありました。

Photo_4
さあ、休日カフェの一角で行われた、ごちそうセミナー「米とお菓子の美味しいおはなし」。
お米のおいしさを再発見し、 米どころの未来、広くは日本の農業を考え、地域の元気を盛り上げていいく企画の一環です。米菓のナショナルブランドとして名高い岩塚製菓株式会社の開発担当者のお話しや、フードコーディネーター・新倉ごまさん&こごまさんによる「お米菓子を使った簡単スイーツ」のデモンストレーションが始まります!

つづく……(murata)

●高崎駅ビルモントレー「iine kitchen(イーネ キッチン)」

2011年 8月 1日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

7/6(水) デモンストレーション販売!

■『料理通信』8月号
三省堂書店有楽町店さんにてデモ販しまーす!

『料理通信』読者の皆様、いつもありがとうございます。新人Aことアサイです。久しぶりに使いますが、正式肩書を三代目“販売ひとり”と申します。

7月6日(水)は『料理通信』8月号の発売日! 初のピッツェリア特集でお届いたします。でもこの号だけはわたくし、“販売ひとり”の名を返上いたしますよ。なぜなら、料理通信編集部&営業部の皆の力を借り、デモンストレーション販売をするからです! 詳細はコチラ↓。

----------------------------------------------------------------

【日   時】 7月6日(水) 11:30~19:30(予定)
【場   所】 三省堂書店有楽町店さん
【販売員】 料理通信社スタッフ

----------------------------------------------------------------


Hy_2発売前だけど表紙を公開! 表紙は中目黒のあのお店。するするーと食べれちゃうピッツァです。

三省堂書店有楽町店・店頭にワゴンを出して、我らTRIPPA隊が、8月号「ご近所ピッツェリア」を販売します。

特集担当チームも参りますので、皆さまどうぞお立ち寄りください。「裏話教えて!」とか「編集部の内情教えて!」なんていう質問も、特別に受け付けます(この日だけですよ……)。

また当日は、メーカー各社さまにご協力いただき素敵なプレゼントをご用意しました。


Maison
↑カンロ “メゾン・ド・コンフィズリー” シリーズ新商品 『爽やか、塩ライムミントキャンディ』。モヒート!? のような涼やかなキャンディは、カンロ×料理通信の共同開発。
いうなれば、「愛娘」です。
(メゾン・ド・コンフィズリー: http://www.kanro.co.jp/maison/PC/

Oxo
↑特別仕様の赤バージョン! OXO「ピーラー」。濡れた手でも滑りにくいグリップは、うっかりさんにうってつけ。わたくし、同色を自宅で愛用中。
(oxo: http://www.oxojapan.com/oxo/

Drbeckmann
Dr.Beckmann「ツテインデビルズ」。“ひー。ドレスにワインが” なんて緊急事態を頼もしくフォローしてくれる、原因別のシミ取りリムーバー。ホームページを見ると、ヤバイ! 表情がリアルすぎて買わずにはいられません。
(Dr.Beckmann: http://www.drbeckmann.jp/



Photo_2
↑フクヘン I のメキシコ土産、「ドクロマグネット」。料理通信スタッフとのお揃いです。

Photo_3
↑営業Tから奪ったお宝、キッコーマン「なあにちゃんキーホルダー」。実は編集長のお気に入りで、携帯につけたソレは愛用しすぎてほっぺがすすけてるという愛用っぷり……。

そのほか、
ブリタ「ポット型浄水器!」  もったいぶって、写真は明日公開。(品物届いたので撮りました~↓)

Photo_2

■非売品! 『料理通信』創刊0号(販売の特権&独断で、数冊放出します……)
■大人の事情で公開できない品(A)
■大人の事情で公開できない品(B)

をご用意しています。ご協力下さった皆さま、本当にありがとうございました。抽選で、どなたさまにも「何か」が当たりますので、皆さん、7/6(水)は三省堂有楽町店へ! ぜひ私たちの手から最新号をお買い求めくださいませ。スタッフ一同お待ちしています。(asai)

----------------------------------------------------------------
【禁止事項】
・アサイを見て、「丸いね」と口にするのはもちろん、内心思うこと。
・外でプレゼントをGETして、雑誌を受け取って、店内でこっそり雑誌を返す。
・大人の事情の秘密プレゼントが当たって、喜んで、ツイッターで公開しちゃう。

ご注意を!
----------------------------------------------------------------

2011年 7月 4日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

来週末はいわてワイナリー巡りへ!

6月12日、盛岡で「MORIOKAワインフェスティバル2011」が開催されます。フェスティバルには、さまざまな輸入ワインに加えて、岩手産のワインも数多く登場します。もちろん、岩手の食材を使った料理も堪能できます。岩手の食とワイン三昧のイベントです。

Wine_1

東京からも参加可能だったのですが、残念なことに前売り券はすでに完売。けれど東京からこのワインフェスに参加し、おまけにワイナリーを巡ることができるツアーが企画されています。企画してくれたのは、トップツアーの木村宏幸さん。

ツアーでは岩手県にある3軒のワイナリーを廻ります。3軒のワイナリーはいずれも盛岡からやや離れており、たとえば葛巻ワインにむかうバスは一日に2本程度しかなく、自力で廻るのはちょっと骨が折れます。

Wine_2初日に「エーデルワイン」(写真上)と「自園自醸紫波」(写真下)、2日目には「葛巻ワイン」を訪ねて、最後はワインフェスに参加!

岩手のワイナリーは、栽培している品種も他の土地と比べて得異的。日本中どこでも見られるようなシャルドネのワインを、この地で見かけることはほとんどありません。そんな個性を知るには、現地を訪ねてみて、土地を肌で感じて、そして造り手と話をするのが一番。私も、このツアーで再び岩手を訪ねます。一緒に岩手のワイナリーを廻ってみませんか?

text by Miyuki Katori

-----------------------------------------------------------------

【ツアー名】  いわてワイナリーめぐり&Moriokaワインフェスティバル2011
【出 発 日】  6月11日(土)1泊2日
【ツアー詳細】 トップツアーのサイトでご覧ください。

                 http://toptour.jp/sit/wine_iwate/index.html

-----------------------------------------------------------------

さて「MORIOKAワインフェスティバル」の実行委員をしているのは、ソムリエ協会の東北支部の支部長でもある福井富士子さん。『料理通信』7月号掲載の東北取材で現地のコーディネートをお願いし、すっかりお世話になりました。特集内でご紹介する「復興食堂」の活動にも関わっています。震災以来、炊き出し、支援物資を届けることなど、文字通り震災関連のコーディネーターとして、縦横無尽の活躍を続けています。

詳しくは、6月6日発売の『料理通信』7月号をご覧ください。
*料理通信ONLINE/デジタルブックでも公開いたします。(編集部)

2011年 6月 4日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

豆腐ざんまいの2日間!

ポカポカ春めいたり、真冬に逆戻りしたり。温度計の上下運動が激しいこの時期、わが家の冷蔵庫に欠かせないのは「豆腐」です。

心底冷える日は湯豆腐やあんかけで、あたたかな日は白和えや冷奴で。変幻自在でジャンルも問わない、まさに“食卓のオールラウンダー”的存在。最近では、ヘルシー志向の高まりも手伝って、ますます注目を集めていますね。そんな豆腐の魅力をライブで体感できる「豆腐フェア」が、明日12日(あっ、とうふの日だ!)に開幕します。

----------------------------------------------------------------
豆腐フェア 2011  ~みんな大好き! おいしいおとうふ~
----------------------------------------------------------------

開催日 2011年3月12日(土)、13日(日) *開催は中止となりました

時  間午前10時~午後5時 (13日は午後4時まで)

会  場東京ビッグサイト 西展示棟 西4ホール

入場料1000円 (小学生以下は無料)

※公式ホームページ( http://www.tofufea.jp/ )から招待券をダウンロードできます!

Photo_3
フェアでは、全国各地の豆腐・油揚げや豆腐を使ったメニューの直売(幻の大豆を使った限定豆腐も登場!)、できたてのおいしさを体感できる手作り豆腐体験教室、辰巳芳子先生の講演&惣菜料理の実演など、多彩な催しが盛りだくさん!

改めて豆腐のおいしさやすばらしさを実感できる2日間、お友達やご家族とぜひお出かけください。(chiba)

2011年 3月 11日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

読者限定! ワインセミナーにご招待

創業135年を迎えるSIMI(シミ)ワイナリーは、カリフォルニアの中でも歴史があるワイナリー。歴史と伝統に、新鋭なるワインメイキングを融合させたワイナリーとしても一目置かれる存在です。

Steve_reeder_5

そのSIMIワイナリーで現在、醸造統括責任者を務めるスティーブ・リーダー氏を迎えたテイスティング・セミナーが、この春、東京で開催されることが決定! 

主催のコンステレーション・ワインズ・ジャパン様のご厚意により、『料理通信』読者10名様を特別にご招待いたします。



----------------------------------------------------------------

『料理通信』読者限定!
SIMIワイナリー テイスティングセミナー

-------------------------------------------------------------

【開催日時】 2011年3月17日(木) 15:00~17:00 (14:30 受付開始)
【開催場所】 社団法人 日本外国特派員協会
          東京都千代田区有楽町1-7-1 電気ビル20階
【定  員】 10名
【会  費】 無料

【応募方法】
タイトルを「SIMIワイナリー テイスティング・セミナー申込み」として、下記を明記のうえ、メール( ad@r-tsushin.com )にてお申込みください(お電話も可 03-5919-0445 )。 

1)氏名
2)住所
3)電話番号
4)年齢 
5)職業  
6)人数  
7)定期購読の有無(定期購読している・定期購読していない)

【応募締切】 2011年3月1日(火)

※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果は応募いただいた皆様に3月3日(木)頃ご連絡いたします。
※個人情報の取扱に関しては、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください。

【お問合せ】
株式会社料理通信社 イベント事務局 TEL:03-5919-0445


----------------------------------------------------------------
◎スティーブ・リーダー氏
SIMIワイナリー 醸造統括責任者兼ゼネラル・マネージャー。『ケンドール・ジャクソン』を経て迎え入れられた『シャトー・セント・ジーン』にて、1999年度「ワイン・スペクテーター」誌の年間ワインランキング第1位を獲得。2002年度同ランキングにおいても第2位に選ばれる快挙を達成。2003年、現職に着任以降、SIMIの躍進を支えている。

----------------------------------------------------------------


セミナーでは、SIMIの主力品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンの比較試飲やリーダー氏による解説のほか、日本未発売のオールド・ヴィンテージの試飲も! カリフォルニアワインの奥深さと可能性を知ることができる、またとないチャンスです。ぜひふるってご参加ください。(chiba)

2011年 2月 24日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

イタリア土着品種ワインを堪能!

2010年11月号からスタートした新連載「これだけは知っておきたいイタリア土着ブドウ品種24」。皆さん、お楽しみいただいていますか? 西麻布のイタリア料理店「ヴィーノ・デッラ・パーチェ」ディレットーレ兼ソムリエ内藤和雄さんが、毎回絶妙な言葉のセレクトでナビゲートしています。

昨年11月のある日、連載開始を記念して、イタリア土着ブドウ品種ワインと郷土料理のミラクルなおいしさを体験していただく読者イベントを開催しました。舞台は「トラットリア ブリッコラ」。

ワインに合わせたのは、北村征博シェフが修業時代を過ごした5つの州(ピエモンテ州、エミリア=ロマーニャ州、ロンバルディア州、トレンティーノ=アルト・アディジェ州、トスカーナ州)の伝統料理です。

Photo
キッチンからは次々と魅力的な料理が。北村シェフ、スタッフの皆さん、ありがとうございます!

会の冒頭、内藤さんが「今日はイタリアの根っこの味を存分に楽しんでいただきたいので、ワインセミナーみたいなコメントはいらないですよね?」と問いかけると、参加者の皆さんからは、「いーや、ぜひワインセミナー的コメントも!」との声が。

Photo_5 内藤さんったら、しゃべるしゃべる。みんな、聞く聞く、書く書く、食べる食べる(笑)。大忙しです。
終始、ワインと料理でお腹を満たしながら、知的好奇心まで大いに満たされ、イタリア食文化の奥深さを体験できたイベントとなりました。なにより、“イタリアワイン”に対するイメージが大いに覆されることに!

ナビゲーターの内藤さん。内藤さんの口からこぼれるお話は、テーブルの上をまたたく間に笑顔にしてしまいます。

登場した6本のワインは、どれも最初に口に含んだ時には、可もなく不可もなく。“イタリアワイン”に抱くパワフルなイメージではなく、むしろやさしい飲み口で、「ふんふん。なるほど」という感じ(スミマセン)。

Photo_6 ところが、料理と出会った瞬間に「何? 何なの?」「やられた。旨すぎる!」なのです。驚きに大きく見開いた眼で内藤さんを見つめれば、「でしょう。そこなのですよ」と嬉しそう。郷土料理と合わせることで花開く土着ブドウ品種ワインのおいしさ、この発見が一番の収穫でした。

皆さんの胃袋をメロメロにした北村シェフ。各郷土料理について細やかに説明してくださいました。

内藤さんセレクトの6本のワインをご紹介しますね。そうそう、胃袋と脳が猛ダッシュで稼働している皆さんを、静かに寄り添うように、やさしくフォローしてくれたのがサンペレグリノとアクアパンナ。この日も彼らは、時に寄り添い、時にすっきりさせ、きっちりとよい仕事をしてくれたのでした。レストランで出会えたら是非試してみてくださいね。

Photo_9
『料理通信』2011年3月号 「週3日通いたい“東京バル” 」でも、イベント報告を掲載しています。どんな料理と合わせたのか? 料理もワインも写真付きで紹介していますので、併せてご覧ください。(toriyama)

----------------------------------------------------------------
「Lugana Roveglia  2008」 Catullo
DKHSジャパン株式会社
TEL:045-754-9072

「Barbera D'Asti "Camp du Rouss" 2006」 Coppo
株式会社仙石 
URL:www.biancorosso.co.jp
 
「Lagrein Alto Adige 2008」 Girlan
ウインターローズ・ジャパン株式会社
TEL:03-3444-5588

「Vernaccia di San Gimignano 2009」 Fontaleoni
株式会社八田
TEL:03-3762-3121

「Colli Piacentini Gutturnio Frizzante 2008」 La Stoppa
テラヴェール株式会社
TEL:03-3568-2415

「Ferrari Demi Sec」
日欧商事株式会社
TEL:0120-200105
URL:http://www.jetlc.co.jp

「サンペレグリノ」「アクアパンナ」
モンテ物産株式会社
TEL:0120-348-566

2011年 2月 8日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

RF1×料理通信 トークショー

1/29 アトレ吉祥寺にてイベント開催

久しぶりのイベント告知です!

明後日、1/29(土)にアトレ吉祥寺にて、サラダブランド「アール・エフ・ワン」を展開するロック・フィールド代表・岩田弘三氏と小誌編集長・キミジマのトークショーを開催します。

アール・エフ・ワン×料理通信といえば、そう、テーマは“食育”。『料理通信』の連載「アール・エフ・ワンが考えるサラダ×食育」では、企業が取り組む食育として、アール・エフ・ワンのさまざまな想いや実践をお伝えしてきました。

トークショーでは、素材が生まれる畑の写真を交えながら、お惣菜をおいしく食べるためのワンポイントなど、すぐに実践できる身近な “食育” について岩田社長にお話しいただきます。参加申込者には人気サラダの試食付き! (と、書いておいてごめんなさい! 着席のお席はすでに満員御礼に…。トークショーはどなたでもお聞きいただけます)

“食育”とは、人生をより豊かにするもの――。

週末の1時間、私たちと一緒に「食育」に触れてみませんか?(asai)

----------------------------------------------------------------
ロック・フィールド代表  岩田弘三氏 ×
小誌編集長 君島佐和子 
トークショー
----------------------------------------------------------------

日 時 :2011年1月29日(土) 14:00~15:00
会 場 :アトレ吉祥寺(JR吉祥寺駅直結) B1Fゆらぎの広場
      
http://www.atre.co.jp/shiten/index.php?scd=14

※着席の参加についてはすでに満員となっておりますが、トークショーはお申込みなしで、どなたでもご覧いただけます。

2011年 1月 28日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

山口の地酒、大集合!

『料理通信』1月号は、 自然派ワイン、日本ワイン、日本酒の3本柱でお送りしています。中でも、『料理通信』ではまだ2回目の企画にして、ヤギがその奥深き世界にはまりつつの が、日本酒です。「天遊琳」と「山和」を自宅の冷蔵庫に温め(いや、冷やし。「神亀」は未開封で待機中)、毎晩気分に合わせてそのまま飲んだり燗したり。 体と心がするする解けていくような感じがして、これはもはや日本酒セラピーです。

Kaijo さてさて、実は特集に先立って、お勉強と楽しみを兼ね、山口の日本酒の試飲会に行ってまいりました。その名も‟やまぐち地酒維新”。今年で2回目の開催となるこの会には、山口県の18の蔵元が参加し、約350人の日本酒ファンが駆けつけました。

Sake

Taka_2 山口といえば、この方!
「貴」でお馴染みの永山本家酒造の永山貴博さんです(エッ?という方は、『料理通信』5月号を チェック!)。「貴」は、やさしくて味の膨らみがちょうどよくて、飲む度にしみじみ「おいしいなぁ~」とため息が出るお酒。造っている永山さんにこうして 実際にお目にかかれると、勝手にちょっとドキドキしてしまいます。造り手さんと身近に触れ合えるのは、日本酒のとてもいいところですね。海外のワインじゃ こうはいきませんから。



Dassai実 力・知名度共にNo1で、海外でも人気の酒といえば「獺祭」。蔵元である旭酒造のブースにお邪魔すると、さすがです、フランス人の若い男性がお手伝いをし ていました。留学生で、旭酒造で昨年1年間、造りを手伝ったのだとか。「獺祭もですが日本酒みんな、食中酒としてとてもよいと思います」とお兄さん。ぜひ 母国でも日本酒のおいしさを広めていただきたいものです。




Tyoyokuramoto Tyoyo 「獺祭」、「貴」に継ぐ注目株として人から紹介されたのが、岩崎酒造「長陽福娘」。ひやおろしと、山田錦の純米を一口…ん~んまいっ! これまでほとんど県内でしか流通していなかったらしいのですが、これから東京でも少しずつ飲めるようになるとか。楽しみですね。




Gangi 個人的に、新たに好きになったお酒は「雁木」。と思ってHPを見たら、とても面白い動画がアップされていました。蔵での仕事の様子がよくわかります。⇒http://www.yaoshin.co.jp/video/index.htm

ここではご紹介しきれませんが、他のどの蔵のお酒もそれぞれに個性豊かで面白い! すっかり気持ちよくなって会場を後にしたのでした。(yagi)

2010年 12月 2日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

鳥取って、実はこんなに…

去る10月24日、「オステリア モンテマーレ・トットリーネ」で鳥取県産食材の試食会が開催されました。

Sake_2 鳥取といえば、ゲゲゲ。なんといっても、紅白の司会ですから。でも、もちろんそれだけじゃありません。西日本最大級のブナ林を有する大山山麓はじめ豊かな 緑に恵まれた同県は、水が清らかなことでも有名です。水はすべての源。水が良ければ米良し、酒良し、野菜良し! そこで育つ牛や鶏だって、おいしくない訳がありません。日本海からは新鮮な海の幸も揚がる鳥取は、実は食材の宝庫なのです。

鳥取のお酒といえば、「強力」。昭和20年代に栽培が途絶えた、鳥取県発祥の酒米・強力を、有機栽培で復活させて造ったお酒です。

鳥取県唯一のワイナリーが「北条ワイン」。この日は甲州とメルロが登場です。一番手前は「ファシリーテ」の梨のスパークリングワイン! 爽やかな甘味で乾杯にぴったり。

試食会には、遠路はるばる生産者の方々が、こだわりの食材をお持ちくださいました。まさに「お宝食材」と呼ぶにふさわしい逸品ばかり! 有機農法で育てられた甘味の濃厚なカボチャがあれば、本マグロで作ったカラスミあり、地どり「ピヨ」(←名前の割に、歯応えも旨味もしっかり)あり。それ らは平山勇シェフの手によって、さらに魅力を引き出され、集まった人たちの食欲をモリモリ刺激しました。

生産者さんのお話を伺いながらの食事は、ありがたさもおいしさも、ひとしお。畑に行ってみたい、カラスミ作りの現場をのぞいてみたい。好奇心をそそるお話に耳は釘付け、しかし手はお皿と口のひたすら往復(途中、グラスへ)が続いたのでした。(yagi)

↓ 左から3品は、鳥取市用瀬町「鳥取イナバ自然農法研究会」の野菜を使った料理。
有機カボチャはニョッキになっても深い甘味を感じさせ、心までホッコリ。

一番右、山間 の冷涼な土地で、農薬・科学肥料を極力控えて栽培されるカラーピーマン「あまぴー」は、特有のクセがなく、瑞々しくチャーミングな甘味。

Vege12_2 Vege22_2Vege32_2 Vege42

Fish2_4Soup2_5Chicken3 Sweet2_5  

↑ 一番左、大山町「金勝商店」の釣さわらはマリネとソテーで。横に添えた境港市「島谷水産」の本マグロのカラスミを一口食べて、同席した皆一斉に「強力、くださ~い!」。この旨味とコク、パスタでもぜひ食べたい! 

中央2皿、鳥取市鹿野町「ふるさと鹿野」の鳥取地どり ピヨはテリーヌとグリル、コンフィで。同じくピヨちゃんからとったフォンも、細胞に染みわたる深~いお味でした。

一番右は、日南町「野土香」のルバーブを使ったケーキと、鳥取市高路の鳥取いなば生姜を使ったジェラート&パートフィロ。新生姜って、ジェラートにしてもおいしいんですね。

-------------------------------------------------------------
◎オステリア・モンテマーレ トットリーネ
東京都港区新橋2-19-4 2F
Tel:03-5537-2558
http://www.tottori-plaza.jp/MONTE-MARE.html
1階のアンテナショップ 「食のみやこ鳥取プラザ」で、野菜やお酒の購入が可能です。ゲゲゲ・グッズもいっぱい♪

2010年 11月 26日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

満月の夜にフレンチ・スパークリング

Sopexa2_2

今月の満月は11月22日(月)。今日はあいにくの雨でしたが、ここ数日、月が満ちていく様子が本当に美しかったですね。

さて先月の満月の日、10月23日(土)、京都・東山「泉涌寺(せんにゅうじ)」の観月・特別拝観に合わせて、フランス産スパークリングワインの試飲会(主催:フランス食品振興会)が行われました。
泉涌寺は皇室とのゆかりもふかく、御寺(みてら)とも呼ばれるお寺。この日は境内や御座所庭園がライトアップ、舎利殿ではハープのミニコンサートも開かれ、なんとも幻想的な雰囲気に包まれました。

ハープの調べに酔いしれた後は、フレンチ・スパークリングの試飲会場へ向かいます。

Sopexa1_2

Sopexa3_2

“フレンチ・スパークリング”とは、シャンパーニュ地方以外のフランス国内で造られる発泡性ワイン。そのほとんどは、シャンパーニュ同様、伝統方式である瓶内二次発酵で造られています。

試飲会場には、ロワール、アルザス、ラングドックなど、フランス全土から約160種以上(!)が一堂に会し、目移りしてしまうほど。これだけのスパークリングワインが並ぶ機会はそうそうありません。人をかき分け、チーズや生ハムをゲットしてきては、あれやこれやとテイスティング。

気づくと仏殿の向こう側に、なかなか姿を見せなかった月が輝いていました。紅葉にはまだひと足早かったものの、京都の秋をフレンチ・スパークリングと共に堪能することができました…。きっともう紅葉真っ盛りなんだろうな。(ogura)

Sopexa4_2

――18時、大門が開き、雅楽と声明(しょうみょう)の響く中を拝観者たちは仏殿へと向かいます。「鐘を2回突いたら扉を開けますよ」「いや、5回に変更です」「そろそろ開けていいですか」「まだまだ…」なんていう裏舞台も垣間見てしまいました。

2010年 11月 23日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

カフェやバールで働く方、必見です!

インテリア総合見本市「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」と言えば、暮らしを彩るアイテムが世界中から集結するビッグイベント。トレンドをいち早くキャッチできるこの場所で、今年初開催となる注目のイベントがあります。

それは、「Cafe & Bar Style (カフェ アンド バール スタイル)」

カフェやバールでのビジネスに必要な機材や什器、インテリアをチェックできるのはもちろん、ビジネスに関する情報交換や商談の場も設けられた、専門見本市なのです。しかも、嬉しいことに併催企画も大充実。

11月24日(水)には、コンセプトディレクターを務めるコーヒーハンター川島良彰氏、楠本修二郎氏、中島晋哉氏によるトークショー「これからのカフェ」を開催。小誌編集長・君島佐和子をファシリテーターに、コーヒーが持つ可能性やカフェの魅力、カフェビジネス成功の秘訣などがたっぷり語られます。カフェ・バールのオーナーを目指す方、ビジネスでのお取引に興味がある方は必見です!

----------------------------------------------------------------
 Lifestyle Salon 2010 「これからのカフェ」(トークショー)
----------------------------------------------------------------

日  時 :11月24日(水) 13:30~15:00

会  場 :東京ビッグサイト(東3ホール)

パネラー: 川島良彰氏(Mi Cafeto代表)
        楠本修二郎氏(カフェ・カンパニー代表)
        中島晋哉氏(EPLGA代表)

ファシリテーター:君島佐和子(小誌『料理通信』編集長)

Mr_kawashima_3

Mr_kusumotoMr_nakajima

Kimijima

詳細はこちらから⇒ http://www.ifft-interiorlifestyleliving.com/cafe/
----------------------------------------------------------------

なお翌日25日(木)には、「JBAカフェイベント・カプチーノ対決」が開催されます。規定時間内に、おいしいカプチーノをいかに手際よく、気持ちのいい接客でお客様に提供できるかを競うのですが、なんと! 来場者にも審査に加わっていただくそうですよ。みなさん、ぜひ足をお運びください。(chiba)

2010年 11月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

あるイベントでのうれしいおみやげ

ようやく秋の気配が感じられるようになった9月下旬、新人アサイとともに新宿紀伊國屋サザンシアターに駆けつけました。

この日の催しは、新潮社さんの文芸誌「yom yom」が贈る「ヨムヨムの夕べ」。第1部では江國香織さん×角田光代さんのトークショー、第2部では椎名誠さんが新作を朗読で発表してくださいました。椎名さんは、朗読がこんなに難しいとは思わなかったそうで(自分の作品ゆえ、読むほどに文章を書き換えたい衝動に駆られるのだとか)、「これが最後の朗読会です」と衝撃の発言!(…まさか本気ではないですよね?)

その真偽はともかく、今をときめく人気作家の共演は、ファンにとって“読書の秋”の幕開けにふさわしい、すてきなプレゼントとなったことでしょう。

01_5プレゼントといえば、来場者への“おみやげ”がまたすてきでした(写真はおみやげの一部)。

「yom yom」の看板息子であるYonda?君(そうそう、あのパンダのキャラクターですよ!)のペーパーバッグには、新潮社さんの新刊紹介などとともに…「メゾン・ド・コンフィズリー」の「とろり、とけあうキャラメル」が!!!

  “うれしい~”そう心のなかでつぶやいていた私の目に映ったのは、2つ隣に座ったナイスミドルが、こっそりキャラメルをほおばる姿。

“うわっ、味や食感の感想を聞いてみたい!でも、いきなり話しかけるのもなぁ…”そんなことを考えている私の横で、ナイスミドルはすぐに2つめを“おかわり”していました。

ありがとう、Mr.ナイスミドル。あなたの感想は言葉にせずともすぐに伝わってきましたよ。

大人の男をも魅了する「とろり、とけあうキャラメル」は、全国のスーパーなどでお買い求めいただけます(一部お取り扱いのない店舗もあります)。もちろん、お子さまだって女性だって魅了されちゃいますよ。昨年、発売された時はコンビニ限定発売だったので、さらに多くの方にお楽しみいただけるかと思います。

9月に発売された「コク深まる、濃密ミルクキャンディ」、「じっくり、煮つめた果実キャンディ」と合わせて、ぜひぜひご賞味ください。日に日に夜が長くなるこからの季節、読書のおともにも「メゾン・ド・コンフィズリー」はぴったりです。(chiba)

>>>メゾン・ド・コンフィズリー特設サイト
   ⇒ http://www.kanro.co.jp/maison

2010年 10月 19日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

念願のイタリア土着品種ワイン連載

これだけは知っておきたい「イタリア土着ブドウ品種24」
連載スタート!

1_2

西麻布のイタリア料理店「ヴィーノ・デッラ・パーチェ」ソムリエ内藤和雄さんは、ワインのセレクトも抜群なら、言葉のセレクトも絶妙です。

「ワインだけ飲むとまったく愛想がない奴なのに、卵やトリュフといったやっかいな食材を相手にすると、さっぱりすっきり、淡々と応じます」など、「わかりにくい」と言われるイタリアワインを生き生きと、常に料理との相性において語る姿勢は、多くの料理人やソムリエからも信頼を置かれています。

その内藤さんが、イタリア各地に根付く「土着ブドウ品種×郷土料理」のミラクルなおいしさを案内する新連載(料理通信11月号 P.57)がスタートしました。イタリア人が毎日飲んでいるワインの真価を、郷土の味と合わせてご紹介します。乞うご期待!(sone)

----------------------------------------------------------------
イタリア土着品種ワイン連載開始記念
体験イベント 開催

----------------------------------------------------------------

連載開始を記念して、「土着ブドウ品種×郷土料理」のミラクルなおいしさを体感できるイベントを企画しました。ゲストに、「ヴィーノ・デッラ・パーチェ」のディレクター兼ソムリエ・内藤和雄さんをお招きし、新鮮な驚きに満ちたイタリア土着品種ワインの魅力を語っていただきます。ふるってご参加ください。

【開催日時】 2010年11月21日(日) 12:30開場 13:00開始
【開催場所】 「トラットリア ブリッコラ」
        新宿区新宿3-11-10 新宿311ビルB1F
【会   費】 7,500円(料理・ワイン・税・サ込)
        
                 料理内容 : 前菜2品、パスタ2品、メイン1品、ドルチェ
        ロンバルディア州、ピエモンテ州、トスカーナ州、
        トレンティーノ=アルト・アディジェ州、エミリア・ロマーニャ州の
        伝統料理と地品種ワイン。

【定   員】 18名
【応募方法】 タイトルを「イタリア土着イベント申し込み」として、下記を明記のうえ、
        メール( ad@r-tsushin.com )にてお申し込みください(お電話も可)。
  
   1)氏名
   2)住所
   3)電話番号
   4)年齢
   5)職業
   6)人数
   7)定期購読の有無(定期購読している・定期購読していない)
   ※最後に、「ブログを見て」とお書き添えください
       
       
【締  切】 2010年11月5日(金)

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果は応募いただきました皆さまに11月8日(月)頃ご連絡いたします。
※いただいた情報は本イベントのみに使用し、第三者に譲渡することはございません。

【お問い合わせ】
株式会社料理通信社 イベント事務局 TEL:03-5919-0445

2010年 10月 14日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

秋だ!ビールだ!コエド祭りだ!

コエドビール祭で確かめる
気象神社の御利益

Dsc00922a

“日本で只一つ”の気象神社が東京・高円寺にあるのをご存じですか? 

9月某日、念願のビール工場見学に「コエドブルワリー」にお邪魔した時のこと。朝霧社長が「今年も10月にコエドビール祭りを開くんですが、去年は直前まで嵐のような大雨にあってしまって……。で、高円寺に気象神社を見つけて、先日お参りしてきました」とお札とお守りを見せてくれました。

右の小さなカードが「お守り」。晴れだけでなく、恵みの雨と曇りもきちんと絵柄に入っています。

さて、工場見学の日は晴天。残暑も厳しく、まさにビール日和。試飲タイムへの期待が高まります。

Dsc00949a

まずは麦芽&ホップのレクチャー。そして、通常ガラス越しにしか見ることのできない熟成中のタンクの部屋へ……。タンクから直接ビールをいただくのは初めての体験です。
しかし、ちょっとここで予想と違うことが……。タンクの部屋が寒いのです。当然といえば当然なのですが、0~1℃で冷やされたタンクが10基以上並ぶと、放射冷却の影響で冷房はなくても室内はひんやり、いや、5分も経てば息が白くなるのでは……と心配になるほど。外のビール日和など、ここでは全く関係ないのでした。それでも、タンクから直接飲む初ビールの味は、夏の思い出になりました。
 
元ビール職人、現営業担当の松永さん。タンクから念願のビールが……。

そして、今週末、コエドビール祭りが開催されます。気象神社での祈願は、天に届いたのか? 皆さんも11日の天気に注目! そして三連休をビール三昧で〆めましょう。(ito)

-----------------------------------------------------------------
 <コエドビール祭り>開催!
-----------------------------------------------------------------

日 時  10月11日(月・祝)13~19時  雨天決行/入場無料

会 場  さいたまスーパーアリーナけやきひろば
      ※雨天の場合は「さいたまスーパーアリーナ1F展示ホール」に変更になります。

最寄駅
  JR「さいたま副都心」駅下車、徒歩すぐ
 
オクトーバーフェストin さいたまスーパーアリーナけやきひろば

問い合わせ先
「コエドビール祭」実行委員会 TEL049-259-7735 
www.coedobrewery.com

2010年 10月 8日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

焼き肉職人たちの協会が起源です

Ho2_2

【日本・ラ・シェーヌ・デ・ロティスリー協会】
グランシャピトール2010 ガラディナー

13世紀、「ガチョウの焼き肉職人」で結成された職人会があったのをご存じの方はいらっしゃるでしょうか。その後、ガチョウだけでなく、肉全般の焼き肉職人にも入会資格が広がり、「ロティスリー協会」は書物にその名を残していたようです。

数百年後、このロティスリー協会の意思を継ごうと、フランスの美食家グループによって、1950年にラ・シェーヌ・ロティスリー協会が発足。日本では1977年に、当時ホテルオークラの野田岩次郎会長とフランス料理小野正吉氏により日本本部が結成され、帝国ホテルの村上信夫料理長が1号会員となり歴史を刻み始めました。

Ho美食を愛する人々、美食を支えるシェフ、サービス、ソムリエが会員となり、今回は18名が新会員として認証を受けました。会場となったセルリアンタワー東急ホテルでは福田順彦総料理長と陳建一氏によるコラボディナーが豪華に開催されました。前菜のタラバ蟹のシャルロット仕立てから早くも「焼き」を彷彿とさせる香りが蟹の身をほんのりと包み、「ロティスリー」の表現スタイルは進化、美食家たちの舌を虜にしていました。(ito)

会場には今回Maitre Rotisseurs(メートルロティスール)として認証を受けたラ・ベットラ・ダ・オチアイの落合務シェフの姿も。協会の関東支部の会長を務める服部幸應校長と。


Ho3_3
1248年に会を発足させた人々に思いを馳せながら、晩餐会は盛大に行われました。

2010年 10月 4日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

制作裏話イベントの、さらに“裏”話

タルト&コーヒーイベントの2日前、実は「スイーツ特集 制作裏話イベント」も開催されました。そう、9月はイベント月間だったのです。

001_2 『料理通信』2010年9月号「103人のパティシエ&ブーランジェがつくる、132品のタルト&シュー」の連動企画。参加者の皆さまには132品の中から9種をご試食いただき、編集長キミジマと編集オグラが、スイーツ業界の動向をこっそりお伝えしました。

どんな話だったか? う~ん。いかんせん当初から“こっそり”がウリな会だったため、ここで明かすことができないのが残念。ですのでブログでは、「制作裏話イベント」の、さらに 話をお伝えしたいと思います。略して、ウラバナ♪ いきますよ!

------------------------------------------------------------------
ウラバナ1: スイーツの数を巡って


Kimi_3試食スイーツ9種。まず、真っ先に、この数で悩みました。
新人アサイ「冷蔵庫の問題もありますし、6種類ぐらいでどうでしょうか?」
編集長キミジマ「ダメダメ、9種類。パティシエ版とブーランジェ版どちらも食べなきゃダメなのよ」
アサイ「そんなに食べられますか? 冷蔵庫に入らな…」
キミジマ「これは半分にカット、これは濃厚だから1/4ぐらい。こっちは小さいから…。それから、イベント前夜は冷蔵庫をぜーんぶ空にしてね」

ふとキミジマの手元を見ると、9月号には付箋と蛍光ラインがびっしり!! あぁこれは編集長の希望通りに試食していただかねば、と思い至ったのでした。

------------------------------------------------------------------
ウラバナ2: ケーキ入刀


003会場に運び込まれたケーキの数、なんと100個弱!! 最も大変だったのはケーキカットです。皆さまにお出しするのですから美しくなければいけない。入刀係を命じられたTRIPPA隊員は「嫌~、私には無理!」「ぐちゃぐちゃにしちゃう!」と慌てふためいたのでした。

写真はケーキカット中のムラタ。難度の高いカッティングの強力なサポーターはビクトリノックス社ウェーヴナイフ」「ブレッドナイフ」で、製パン・製菓子用のナイフはさすがプロ仕様! 繊細な組み立てのスイーツも見事美しくカットすることができました(注:大半はベテランカット師の編集オグラが担当)。編集部愛用のこのナイフについては、『料理通信』2008年10月号(P.41)と、2010年6月号(P.30)でもご紹介しています。

------------------------------------------------------------------
ウラバナ3: ドリンク(お水)


004_4 スイーツ特集の下見・試食は過酷です。最初はウキウキでも、3つ4つと続き、3日4日と続くとさすがに及び腰に。ハードなスイーツマラソン中は、口の中をさらりと改めてくれるお水が手放せませんでした。

イベントではアクアパンナ」「サンペレグリノ」が皆さんの口をやさしくリセット。ちなみに営業企画部では彼女たちを、パンナちゃん♪、サンペレちゃん♪ と親しみを込めて呼んでいます。デスクにボトルを確保する輩も(わたし?)

------------------------------------------------------------------
ウラバナ4: ドリンク(紅茶


005イベント終盤にお配りしたのは紅茶「テオドー」から、ダージリンとアッサムのすっきりとしたブレンド「ブランチティー ザ・ローズ・キャッスル」。イベントではお土産としてサンプルもお持ち帰りいただきました。

テオドーはお茶のブレンダー、ギョーム・ルール氏が手がける紅茶専門店で、『料理通信』2009年4月号(P.9)でもご紹介しています。写真のクリーム色をはじめ、缶は華やかなカラーバリエ。フランス好きの皆さん、パリ16区トロカデロ広場に行ったらぜひお店を訪ねてみてください! 店内インテリアも素敵なんです。

------------------------------------------------------------------
ウラバナ5: ピザみたいなタルト

006甘いもの尽くしのこの日、1つだけ「サレ」が登場しました。サダハル・アオキの特製タルト・サレ(『料理通信』2010年9月号で細かなレシピを公開しています)。

会場準備中、買いまわりを終えたキミジマから「もうすぐ着くから下まで迎えに来て~」と電話が。編集長ったらなぜピザを!?  と思ったら、ピザみたいに大きなタルト・サレでした。ホールは圧巻です。

------------------------------------------------------------------
ウラバナ6: 打ち上げ


イベントを終えて編集部に戻ったのが22時。空腹の隊員は、おにぎりと唐揚げとスイー ツ、お水と紅茶とワインで打ち上げ! 空腹でも満腹でも話題は食べ物のことばかりなTRIPPA隊。それぞれが好きなように美味しいことを語り、夜は更けていったのでした。

008_2
(注)ほぼ食べつくし、飲み尽くした頃↑。「あ、まだ写真撮ってない!」はいつものことで、ボヤボヤしていると食べ物はすぐになくなってしまうのです。

以上、制作裏話イベントの、さらに“裏”話でした。(asai)

2010年 10月 1日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

タルトとコーヒーのマッチング体験!

000なんだか急激に寒くなってしまったここ数日ですが、まだ太陽がギラギラと照りつけていた9月初旬、都内某所にて料理通信読者イベントが開催されました。

洋菓子作家・津田陽子さんとコーヒーハンター川島良彰さんのデモ&トークショーです。会場になったのは紀尾井町にあるカフェ併設のお菓子教室「サンキャトルヴァン」。タルトとコーヒーの幸せなマッチングを体感していただく会でした。

津田さんのタルトデモンストレーションや、川島さんの手ほどきによるドリップ体験など、盛りだくさんの内容でお届けした本イベント。24名の募集人数はすぐに満員となりました!(抽選に外れてしまった方、スミマセン)

001_3 さて、イベントはどんな感じだったのかというと……。

……??

ハイ、わたくし新人Aは、「司会」という大役を仰せつかったため、まったく写真を撮れませんでした。なのでUPできる写真がありません。大変、申し訳ありません。

とはいえ、皆さんがドリップ体験をされている愉しげな様子や、おいしいタルト&コーヒーのマッチングをなんとかお伝えしたい! そこで今回は、イベントの様子を動画にてお届けしたいと思います(動画はカメラマンさんが撮影)。

004_2 もう少し気温が下がり、「家でタルトとコーヒーでゆっくりしたいな~」な気分がより一層盛り上がるころに、料理通信ONLINEにUP予定です(いえ、決して作業的な問題でUP日を明記したくないわけではありませんよ……もごもご)。どうぞ楽しみにしていてくださいね!(asai)


写真は津田さんのタルトに合わせて川島さんが提案した「45°ブレンド」。この豆を使い、参加者の皆さんは○×▽□しました(イベントの様子は後日動画をご覧ください)

【お知らせ】
料理通信主催で行われた「タルト&コーヒーイベント」が、サンキャトルヴァンさんでも開催されるようです。開催が迫っているのでお席の空きは少ないかもしれませんが、ご興味のある方は サンキャトルヴァン公式サイト へ。

2010年 9月 25日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

【レシピ】家庭で使えるプロの技。

ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ
世界4都市のシェフからレシピを直伝 「マスタークラス」

9月上旬、パーク ハイアット 東京で開催されたメディアイベント「A TASTE of PARK HYATT」のため来日したパリ、ワシントンDC、ホーチミン、シンガポールの4都市のシェフが料理記者向けに特別授業「マスター クラス(Master Class)」を開催。その模様を4回にわたってお届けします。家庭のキッチンでも役立つプロの技を拾い集めてまいりました。(ito)

------------------------------------------------------------------

【1時間目】
Mc_1_4パークハイアットパリ‐ヴァンドームより

総料理長 ジャン‐フランソワ ルーケット氏
「フォアグラのクレームブリュレ」

パーク ハイアット パリ‐ヴァンドームは、今から8年前の2002年にオープン。ホテルのシグネチャーレストラン「ピュール」は2年前にミシュラン1ツ星を獲得し、長引く不況にも関わらず、着実に客足を伸ばしている注目のレストランです。
さて、そのパリからは「フォアグラ」のレシピが。家ではムリ……と思った方、諦めるのはまだ早いです。家庭でもすぐに実践できる「いただきポイント」がしっかりありました。

シェフはミシェル・ブラスと同じアヴェロンの出身。ジビエにも花を合わせるなど、エディブルフラワーを使った料理が得意。

Mc_3_5




薄い表面の飴をパリっと割ると中にはなめらかなフォアグラのブリュレ。パリのパークハイアットではバーのタパスとしておつまみ的に提供されることもあるそう。

Mc_2_8

その「いただきポイント」とは、フランボワーズビネガードレッシングの作り方でした。

フランボワーズビネガー、家に常備されている方いますか? これ、加熱するといい香りが漂うんですね。知りませんでした。調理中、アーモンドをカラメリゼした後、少しだけフランボワーズビネガーを加えるのですが、今まで知っているカラメルの香りが一転、ガストロノミーな香りに生まれ変わるのです。


この日の使用されていたのはこちらのフランボワーズビネガー。マスタードなどでもお馴染みの「ペルシュロン」でした。

このフランボワーズビネガー、レシピの中ではドレッシングにも使われています。ドレッシングは、酢に塩を溶かした後、油を少しずつ加えて撹拌しますよね。ところがルーケット氏の作り方は少し違います。

Mc_4_3酢に塩を溶かしこむところまでは同じ。次の工程が逆なのです。ボウルに油を用意し、そこに酢を少しずつ加えて撹拌していくではありませんか。「こうするとソースのように乳化して分離しにくいですよ」とルーケット氏。知らなかった……もしかしてこれって常識ですか? 知らないと恥ずかしいこと? と尋ねると今回シェフの通訳をしてくださったパーク ハイアット パリ‐ヴァンドームのスーシェフ、岡林愛さんも「私も理由はいま初めて知りました!」と一緒に驚いてくれました。それにしても、本当に分離しにくいかどうか自分で試してみたくなりませんか? 今晩、早速ドレッシングだけでもお試しください。レシピはこちら。

オイルに酢を加えながら撹拌中。シェフをアシストしているのは、今回通訳も担当してくださった高知県出身のスーシェフ、岡林愛さんです。

RECIPE
フォアグラのクレームブリュレ

●材料
フォアグラ……200g
フォアグラテリーヌ……100g
牛乳……120g
生クリーム……120g
卵黄……2個
コニャック……ティースプーン1
ブラウンシュガー……大さじ1
ポピーシード……大さじ1
塩、コショウ……少量

●作り方
1.鍋に牛乳と生クリームを入れて中火にかけ沸騰させる。
2.ミキサーにカットしたフォアグラとテリーヌを入れて、温めた牛乳と生クリームを加えて完全に固形物が消えるまで回す。
3.卵黄を加え、コニャック、塩、コショウで味を調え、シノワで漉す。
4.浅めの皿に厚さ1~2cmほどになるよう流し込む。ラップをかけ、110℃のオーブンで10~15分火を入れる。
5.粗熱をとってから最低でも1~2時間冷やす。
メモ:牛乳とミルクを温めるのはフォアグラを溶けやすくするため。

[アーモンドの飾り]
●材料

アーモンド(刻んでおく)……大さじ1
砂糖……小さじ1
水……適量
フランボワーズビネガー……少量
バター……少量

●作り方
1.鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、白いキャラメル状にしたところへアーモンドを入れて、木べらでよく混ぜて絡ませる。
2.鍋肌からフランボワーズビネガーを入れて水分を飛ばす。
3.アーモンドが塊にならないように、仕上げにバターを少量加え、全体に馴染ませる。
4.ペーパーの上に平らに広げて冷ます。

[ハーブのサラダ]
●材料

好みのハーブ……適宜 
フランボワーズビネガー……小さじ2
塩、コショウ……適量
クルミオイル……大さじ1

●作り方
1.ハーブは手で葉を小さくちぎる。
2.ボウルに塩とコショウ、フランボワーズビネガーを入れて塩をよく溶かす。
3.別のボウルにクルミオイルを入れ、そこへ2を少しずつ加えながら撹拌する。
4.ハーブのドレッシングを軽やかに和える。

[仕上げ]
クレームブリュレの表面をブラウンシュガーとポピーシードで覆い、バーナーで表面がパリッとするまで焼く。サラダを上に添え、アーモンドを飾る。

2010年 9月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

編集長直伝! スイーツイベント開催

Photo 「ああ、今回も伝え切れなかった……」とは、毎号思うことです。誌面には限りがあるし、効果的に見せなきゃいけないし、大きなテーマを浮かび上がらせるため些事を無視しなきゃいけないことも度々。

「何を捨てるか、何を残すか」、葛藤の連続です。
とりわけ今回のスイーツ特集は、103人の132品を見せることに誌面とエネルギーを費やしたため、載せきれなかった話題がたくさん。

そこで、読者の方々に直接お伝えするイベントを開催することにいたしました。『料理通信』最新号「103人のパティシエ&ブーランジェが作る、132品のタルト&シュー」の制作裏話イベントです。

ごくごく小規模な会です。ケーキを食べながら、スイーツ動向など、こっそりお伝えできればと思っています。どうぞふるってご応募ください。(kimijima)

写真は表紙の撮影風景。撮影の裏話など、てんこ盛りでご用意しております!

----------------------------------------------------------------
「スイーツ特集 制作裏話」イベント
----------------------------------------------------------------

<内容>
スイーツ特集の制作過程で見えてきたスイーツ業界の動向を、編集長・君島が制作裏話としてこっそりお話しします。また、誌面に掲載した132品のスイーツのうち【サントノーレ】【シュー進化系】【タルト進化系】【タルト・シトロン】【タルト・ショコラ】の中から計8種を用い、皆さんにご試食いただきながらレクチャーを行います!! スイーツ業界の今と、『料理通信』2010年9月号をより深く理解できる、貴重なイベントです。


【開催日時】 2010年9月2日(木) 19:00~21:00
【開催場所】 四谷地域センター
        東京都新宿区内藤町87番地 四谷区民センター11F
【会   費】 6,500円
【定   員】 16名
【応募方法】 タイトルを「制作裏話イベント申し込み」として、下記を明記のうえ、
        メール( ad@r-tsushin.com )にてお申し込みください(お電話も可)。
  
   1)氏名
   2)住所
   3)電話番号
   4)年齢
   5)職業
   6)人数
   7)定期購読の有無(定期購読している・定期購読していない)
   ※最後に、「ブログを見て」とお書き添えください
       
       
【締  切】 2010年8月24日(火)

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果は応募いただきました皆さまに8月25日(水)頃ご連絡いたします。
※いただいた情報は本イベントのみに使用し、第三者に譲渡することはございません。

【お問い合わせ】
株式会社料理通信社 イベント事務局 TEL:03-5919-0445

Photo_2誌面で掲載したケーキの中から、今後を占う8種のスイーツ試食付き!

『料理通信』最新号に登場したスイーツのうち、「これが食べたい!」というご希望があれば、 お申し込み時にお知らせください。ご希望のスイーツをご用意できるかわかりませんが、皆さんがどのスイーツにご興味があったか、ぜひお聞きしたいと思います。

2010年 8月 20日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

締切間近!タルト&コーヒーイベント

『料理通信』最新号「103人のパティシエ&ブーランジェがつくる、132品のタルト&シュー」はお楽しみいただいていますか? 営業部隊が「読んで勉強するだけでも大変っっ」と悲鳴を上げるほど、充実したスイーツ情報をお届けしています。

さて、そんな料理通信9月号では、タルトとコーヒーの最強のマリアージュとして、京都の人気お菓子教室「ミディ・アプレミディ」の津田陽子さんのタルトと、本誌でもおなじみのコーヒーハンター川島良彰さんのコーヒーをご紹介しています(P.45をご覧ください)。

Toiro 最強のマリアージュ……と聞けば、これは是非とも読者の皆さまにも味わっていただかねば!!

ということで、お二人からタルトとコーヒーをきっちり、楽しく学び、体験していただけるイベントをご用意しました。津田さん、川島さんから同時に、直に学べるまたとないチャンス。ふるってご応募ください。(asai)

写真上は、津田さんのタルト「十色(といろ)」。このタルトに川島さんのコーヒーを合わせると……はぁぁ(妄想中)。イベントでは、2種類のタルト&コーヒーのマッチングを行いますので、どうぞご自身で体験してください!

----------------------------------------------------------------
 タルト
津田陽子さん×コーヒー川島良彰さん デモ&トークショー
----------------------------------------------------------------


◆津田さんによるタルト・デモンストレーション(さっくりのコツを伝授)
◆川島さんによるコーヒー講座(超レアなコーヒー産地 最新情報)
◆川島さんの手ほどきによるドリップ体験(豆挽き&ドリップを皆さんの手で)
◆津田さん×川島さんのトークショー(タルト2種とコーヒー付き)

【開催日時】2010年9月4日(土) 15:00~17:00
【会  場】 CENT QUATRE VINGTS(サン キャトル ヴァン)
        東京都千代田区紀尾井町4-5 紀尾井町ケルトンビル1F
【会  費】 7,000円
【定  員】 25名(応募者多数の場合は抽選)
【応募方法】タイトルを「タルト&コーヒーイベント申し込み」として、
       住所・氏名・電話番号・年齢・職業・人数を明記のうえ、
       メール( ad@r-tsushin.com ) にてお申し込みください。
       *お電話でもお受けいたします
【締  切】 2010年8月18日(水)

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果は応募いただきました皆さまに、8月19日(木)頃ご連絡いたします。

【お問い合わせ】
株式会社料理通信社 イベント事務局 TEL:03-5919-0445

Mrkawashima イベント打ち合わせ時の川島さん。
目からウロコのコーヒー情報がわんさか出てきて、打ち合わせごと動画配信したい…と身もだえました。

当日は、産地の話、豆の保存方法、おいしいコーヒーの淹れ方から器具の選び方まで、コーヒーをより楽しむための方法をレクチャーしてくださいます。『料理通信』2009年2月号(残念ながら完売!)で川島さんがご案内してくださったコーヒーの魅力、更にパワーアップしてお届けです。

2010年 8月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

日本酒を“熱く”楽しむ会を開催!

P1030582_2

『料理通信』初の日本酒特集(2010年5月号)は、蔵元の方々はもちろん、日本酒に興味のなかった方にも、高い評価をいただけた1冊。この日本酒企画に連動したイベントが、5月23日(日)、西麻布の「グットドール・ドゥーゾン」にて開かれました。ブログでも告知したところ、参加希望者が殺到。厳正なる抽選を行い、20人の方にご参加いただきました(はずれてしまった方、本当にごめんなさい!)。

弊誌5月号で、「横浜君嶋屋」の君嶋哲至さんが、ピエール・エルメさんに日本酒をレクチャーした企画があったのを、ご存知でしょうか? この日のイベントでは、なんと誌面同様に君嶋氏のレクチャーと共に日本酒24本がテイスティングできるのです!

P1030588_3
参加者からの鋭い質問に、「情熱男子」君嶋哲至氏も熱くなる!


「米品種の違い」「ビオ日本酒」「水の違い」「精米歩合の差」「酵母の違い」etc…。誌面をご覧になっていらっしゃらない方も、そわそわしてくるようなテーマでしょ? これらを知るための25銘柄、すべてワイングラスにてお試しいただきました。

P1030596

まずは「澤屋まつもと」を××××(何でしょう?)で割ったスペシャルアペリティフから始まり、まともに飲みこんでしまうと軽く一升瓶分を超えてしまう量のテイスティング、果たしてどうなりましたでしょうか。25種に合わせた「グットドール・ドゥーゾン」高橋宗一シェフの料理は? この日ならではのスペシャルプレゼントとは? 会の詳細は、8月6日発売9月号にてご報告いたします。乞うご期待!(kameyama)
↑これがテイスティングした日本酒。これだけの種類(と量)をテイスティングできる機会はめったにないですよね

2010年 7月 31日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

【イベント】若干名の空席あります!

Australia_img_37月28日(水)、「銀座 ヤマガタサンダンデロ」にて<オーストラリアワイン×フードマッチング体験ディナー>が開催されます。

ご応募はすでに締め切っておりますが、キャンセルが生じたため、若干名の席のご用意が可能となりました。

ディナーでは、オーストラリアのマグロ・トマト・キャビアのカッペリーニやクロコダイルスープの他、『料理通信』6月号に掲載の世界が注目するオーストラリアのシェフ、マーク・ベスト氏の料理を、「アル・ケッチァーノ」奥田政行シェフ流に昇華させた料理など、10品と8種類のオーストラリアワインのマッチングをお楽しみいただきます。この8種類で、オーストラリアワインの“今”がわかるはず! 当日は奥田シェフに料理をお作りいただき、現地を訪れた際の感想などをお話いただく他、お土産に奥田シェフも愛用する、オーストラリアの素敵な????をご用意しております。この貴重な機会をご一緒しませんか?

==================================================================
オーストラリアワイン×フードマッチング体験ディナー 最終案内
==================================================================

日 時: 2010年7月28日水曜日 19時開場 19:30スタート
場 所: ヤマガタ サンダンデロ
      中央区銀座1-5-10 おいしい山形プラザ2階
費 用:  お一人 12,000円(食事・飲み物・税・サービス料込)

お申し込みは ad@r-tsushin.com へ、タイトルを『オーストラリアイベント申込み』として、参加人数・お名前・住所・電話番号・年齢・職業をご記入の上、送信してください。
事務局よりご連絡させていただきます。

2010年 7月 8日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

日本イタリア料理協会をご存じですか

日本イタリア料理協会 第1回料理セミナー開催

Blog_1

今月の表紙にもご登場いただいたラ・ベットラの落合シェフは、TBSの「はなまるマーケット」やNHK「あさイチ」などお茶の間でも引っ張りだこですが、プロ集団「日本イタリア料理協会(http://www.a-c-c-i.com/)」の会長も務め、プロの間でも引っ張りだこです。その協会が主催する料理セミナーが6月15日、武蔵野調理師専門学校で開催されました。セミナーは「ナスのパルミジャーナ」「豆のごった煮スープ」「仔羊の甘酢風味」3つの料理を伝統とモダン、2つのスタイルで2人のシェフが同時に作っていくという趣向で行われました。
協会は22年続いていますが、料理セミナーを開いたのは今回が初めて。今後は定期的に開催されるそうなので、次の開催が決まりましたら、また本誌情報ページでご案内していきます。今回見逃した方は、次回をお楽しみに(ito)。

Blog_2伝統スタイルはすべて「ラ・ピリカ」の今井寿シェフ(左)が、モダンは「アル・ポンテ」の原宏治シェフ(右)他2名が担当。

Blog_4

Blog_3_2





こちらが「豆のごった煮スープ」伝統(右)とモダン(左)バージョン。



Blog_5

「ピアットスズキ」の鈴木弥平シェフによるドルチェ、カルテッダーテ(プーリア州)とピッタンキューサ(カラブリア州)も美味でした。

2010年 6月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

全国各地のがんばる生産者が集結!

Photo14日(月)まで、伊勢丹新宿店で「チアアップ!ニッポンの“食”展」が開催されています。この催事に、『料理通信』で数回にわたってご紹介してきた三重県より、2店が出店しています。

一つは2010年2月号でご紹介した近藤けいこさんの無農薬野菜です。スタッフは女性だけ7名。丹念に少量多品目の無農薬野菜を栽培し、料理店や一般家庭に通信販売をされています。現地取材に同行した際、腰の曲がったおばあちゃまが颯爽と自転車に乗って、少し離れた畑に向かう姿に感動しました。近藤さんに伺ったところ「勿論スタッフ7名の中の1名です。重要な戦力です!」。

無農薬の栽培についても「あせらなければ自然が淘汰してくれます」。なんて素敵な言葉なのでしょう。「でも少し虫が食べちゃって」とにっこり微笑まれました。私達は工業製品のような野菜は望んでいません。虫さんにおすそ分けしてあげたっていいじゃないですか。お酒だって天使の分け前があるんですから。朝4時から畑仕事をしてキラキラ輝く野菜を届けてくれる近藤さんに売り場で会えますよ。

4

1

Photo_3

Photo_8

もう一つは、掲載はしなかったのですが、現地取材の時に三重県の方々にご案内頂いた竹尾茶業。こちらも手間を惜しまず、自然のイタズラに悩まされつつ上手く付き合いながら化学的農薬や肥料を全く使わない、有機栽培茶を生産されています。自園の茶葉だけの、様々な種類のお茶を販売しています。

ウーロン茶のような発酵のお茶もあります。その名も「有機龍茶」。私はほうじ茶がお気に入りです。やさしい竹尾のお父さんとお母さんも売り場にいらしてます。

その他、会場では日本全国の逸品に出会えます。

そして是非、地下食品売り場の「アール・エフ・ワン」にもお立ち寄りください。RF1×『料理通信』共同編集の、SHOKU-IKU新聞を配布中です。サラダも買って野菜三昧!!コロッケもいいなあ。お供はやっぱりアルザスワインで決まり!? この週末にお出かけしてみてはいかがですか?(toriyama)

2010年 6月 13日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

サロンにはドン ペリニヨンが似合う

ドン ペリニヨン醸造最高責任者
リシャール・ジェフロワ氏を囲むサロン


Photo_2ドン ペリニヨン醸造最高責任者、リシャール・ジェフロワ氏による、「ドン ペリニヨン ヴィンテージ2000」「ドン ペリニヨン ヴィンテージ2002」「ドン ペリニヨン エノテーク1996」のテイスティングセミナーが開かれました。
シャンパーニュとはスタイルである――とは、シャンパーニュ通の方から言われた言葉です。シャンパーニュを飲み始めたばかりの頃、その意味がなかなか実感できませんでした。シャンパーニュ経験を積んで、いろんなメゾンのプレス向けの会に行くようになって、最近ようやく、ほんの少し感じるようになってきたところです。

リシャール・ジェフロワ氏。知性とファッション性を感じさせます。まさにスタイリッシュ。

Photo

今回の会は、きわめて閉鎖的な空間で、限られた人数で行われ、ジェフロワ氏がひたすら語り続ける形で進行しました。

「ドン ペリニヨン」の特殊性について。

「ドン ペリニヨン」は非常にパラドキシカルなワインであること。

シャンパーニュとは限界への挑戦であること。

「ドン ペリニヨン」とは“制約が偉大をつくる”例証であること。………

Photo_3

「ヴィンテージ2000」「ヴインテージ2002」の解説に続いて、「エノテーク1996」について語られ始めた時、「ドン ペリニヨン」とはシャンパーニュの歴史そのものであることを改めてまざまざと感じさせられたのでした。

エノはワイン、テークは書庫を意味するそうです。
「“ドン ペリニヨンの記憶”であり“ドン ペリニヨンの文化遺産”です」とジェフロワ氏。一度リリースされたヴィンテージでも、一部のボトルはそのままカーヴで熟成を続け、2度目の飲み頃を迎えたと最高醸造責任者によって判断された時、世に送り出されるのが「エノテーク」です。ドン ペリニヨンの場合、最初のリリースまでに最低7年、エノテークとして再登場するまでには約12年(ロゼの場合約20年)を要するそうです。この時間の堆積の感覚こそ、ヨーロッパ文化であり、フランス文化に他ならないと思うのです。

Photo_4

それにしても、ジェフロワ氏を囲み、2時間弱にわたって氏の語りを聴き続ける今回の会のスタイルには、フランスのサロン文化を彷彿とさせるものがありました。フランス革命の頃から、フランスにおける社会の潮流はサロンから生まれてきたと言って過言ではありません。そのサロンの雰囲気です、ああ、これぞフランス……。
こんなスタイルが似合うのはドン ペリニヨンだからこそ、と思うのです。(kimijima)


「ドン ペリニヨン エノテーク1996」の発売はまだもう少し先です。

2010年 6月 4日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

夏を先取り!週末はラムフェスタへ

Photo_2

今年は暑い日が少なくて、なかなかラムモードに入りませんが、一気に夏へ直行するイベント、ラム・フェスタが今週末、開催されます。

今回もフランス領産アグリコール・ラムにしぼり、カリブ海に浮かぶ3つの島から10社16ブランドがお目見えします。会の目玉はやはり生産者とのコミュニケーション。恥ずかしがらず、ブロークンな英語でいいので、積極的にコンタクトしましょう。直にラム作りの話を聞けば、味わいもひとしおです。今年は、全国の有名バーテンダーのカクテルコーナー、クレオール人の作るフードコーナーと、出展ブースも増える模様。昨年は、どこからこんなに人が……というくらい大盛況でしたが(特に女子の数が急増)、3回目の今年はさらに来場者数も増え、楽しい会になることは間違いないでしょう。ラムフェスタで、夏を先取りしてください!(ito)

----------------------------------------------------------------
  ラムフェスタ 2010 ~仏領マルティニーク島のほぼ全蒸溜所が来日
----------------------------------------------------------------

開催日時
  6月6日(日) 11:00~16:00(最終入場15:00)

会  場
    東京ビッグサイト 会議棟 レセプションホール

入 場 料
   前売り券2000円当日券3000円のみ!
        * 前売り券はジャパンインポートシステムのホームページを
          経由してチケットぴあの特設サイトで購入できます。
          
www.jisys.co.jp 
        【訂正】前売り券の販売はすでに終了していました

問い合わせ先
  株式会社ジャパンインポートシステム 電話03-3541-5469

試飲は有料チケット制ですが、高いお酒から消えます。
気になる方は早めの来場&チェックを!


『料理通信』2008年9月号第2特集は、ラム特集! まだ在庫もあります。
  こちらも要チェック! ⇒
料理通信ONLINEへ

2010年 6月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

AZフード&ワイン読者イベント開催

「アル・ケッチァーノ」奥田政行シェフによる
オーストラリアワイン×フードマッチング体験ディナー

Australia_img_3 『料理通信』6月号誌面でご紹介しているオーストラリアの最新フード&ワイン。その案内役は、現地を訪れた「アル・ケッチァーノ」奥田政行シェフです。1本のオーストラリア産オリーブ油との出会いをきっかけに、「この国には何かがある」と直感した奥田シェフ。ディナー当日は、現地の料理人、食材、ワイン生産者と出会い、オーストラリアの最新フード&ワインを体験したシェフによる進化した料理とワインを実際に味わっていただきます。8種類のオーストラリアワインに合わせ、オーストラリアの食材を使った10皿の特別コース料理を着席スタイルでお楽しみいただく特別ディナー。皆さん、ふるってご参加ください。(toriyama)

------------------------------------------------------------------
オーストラリアワイン×フードマッチング体験ディナー
------------------------------------------------------------------

開催日時: 2010年7月28日(水) 19:00開場 19:30開始

会場: 「ヤマガタ サンダンデロ」
  東京都中央区銀座1-5-10 ギンザファーストファイブビル.
  山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」2F
  Tel:03-5250-1755

会費: 12,000円(食事、飲み物、税、サービス料込)

定員: 36名

ご予約: タイトルを「体験ディナー申込み」として住所・氏名・電話番号・年齢・職業・人数を明記の上、メールにてお申し込み下さい。電話でもお受けいたします。

メール:
ad@r-tsushin.com TEL:03-5919-0445

締切: 2010年6月4日(金)

※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果は応募いただきました皆様に6月11日(金)頃ご連絡させて頂きます。


------------------------------------------------------------------
【お問い合わせ】
株式会社 料理通信社 「オーストラリアワインイベント」事務局 TEL:03-5919-0445

2010年 5月 7日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

「ガルバーニ」のチーズ調理セミナー

Photo_9

先日、「ガルバーニ」ブランドが主催するチーズ調理セミナーへお伺いしました。「ガルバーニ」と言えば、1882年創業のイタリア国内での生産量・シェア1位のチーズ・トップブランド。世界ではリコッタチーズの50%、マスカルポーネ35%のシェアを誇っています。

今回は「Beccofino」オーナーシェフであり、NYのアラン・デュカスの「Francesco at Mix」も取り仕切っているフランチェスコ・ベラルディネリ氏が来日し、プロ向けのメニューを紹介してくださいました。

紹介されたメニューはどれも魅力的

Photo_10

・パルミジャーノのアイスクリーム
 ゴルゴンゾーラのポレンタ添え

・ピーマンのミ・キュイのサラダとモッツァレラ
 ミントとアンチョビ添え

・パルミジャーノ・レッジャーノのリキッドトルテッリ
 にんにく風味のミニホウレン草添え

Photo_11

・仔羊のロースト香草風味 リコッタを詰めた茄子

・マスカルポーネのソルベ
 カルダモン風味のメロンのカルパッチョ添え

メニューの中でも、とてつもなく気になったのが、ポレンタ! イタリアンの中で、あまり気にされていないメニューだけど、ムラタはポレンタ大好き人間。皆さんの中にも、隠れポレンタ好きは多いのでは……?

1フランチェスコ・ベラルディネリ氏のポレンタは、ポレンタ生地にゴルゴンゾーラを混ぜて成型したものを揚げたスタイル。とても風味があり、日本人好みの味わい。
ポレンタとチーズ(?)と思われる方もいるかと思うのですが、質問したところ、ヴェネトなど北イタリアでは、よくチーズを混ぜるそうなのです。ポイントは、ポレンタを火からおろした状態でチーズを混ぜ込むこと。ポレンタは「味気ない」などと思われがちだけど、チーズの風味をプラスし、スティック状に揚げることで味わいの深みが生まれていました。

マッチングのパルミジャーノ・アイスとの温度や食感の違いも楽しく。新たなチーズの活用術を学ぶことができました!(murata)

2010年 4月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

イベント:初心者のための日本酒講座

あなたもピエール・エルメと同じ体験を!
「ワイン好きのための日本酒セミナー」開催!


Book_photo01『料理通信』5月号の特集、「ワイン好きのための日本酒」でお届けしている「ピエール・エルメと学ぶ初心者(ワイン好き)のための日本酒講座」。エルメさんも飲んだ「日本酒を知るための24本」を実際に味わう体験イベントを開催します!

講師は誌面でも指南役を務めてくださった横浜君嶋屋君嶋哲至氏。フレンチの軽食をいただきながら、誌面掲載の24本を一挙テイスティングしていただきます。日本酒の「今」を体得できる、またとないチャンスです! 『料理通信』5月号を片手に、皆さん是非ふるってご参加ください。

---------------------------------------------------------------
料理通信presents 「ワイン好きのための日本酒セミナー」
---------------------------------------------------------------


日時      5月23日(日) 
        12:30開始 ⇒開始時間を追記しました!!!(4/12)

会場    東京・西麻布「グットドール・ドゥーゾン」
参加費   お一人様7,500円(税込)
定員    20名
応募〆切  4月30日(金)
応募方法 タイトルを「日本酒セミナー参加希望」とし、参加人数、
        代表者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、
        職業を記入の上、メールad@r-tsushin.com
        またはFax:03-5919-0448にてお申込ください。
       
お問い合わせ 料理通信社イベント事務局 Tel:03-5919-0445

*応募者多数の場合は抽選となります。予めご承知ください。
ご応募くださった方には当落に関わらず、応募〆切後にご連絡を差し上げます。

2010年 4月 12日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

イベント報告:三越バレンタイン-2

Photo_3

-ショコラの「女子力」に注目!-
女性ショコラティエ×小椋三嘉 トークショー

『料理通信』3月号でもクローズアップした「女子力」。その潮流を、ショコラの世界でも強く感じたのが今回のイベントでした。ご登場いただいたクリスティー・チューさん(L.A.「ジン・パティスリー」パティシエ兼オーナー)、渡辺ちかさん(ロンドン「メルト」ヘッド・ショコラティエ)はまさに「女子力」を体現するお二人。チューさんはキャビンアテンダント、渡辺さんは外資系バンクウーマンとして華々しく活躍しながらもお菓子づくりの夢をかなえるため、退職して一からスイーツを学んだというあくなき向上心の持ち主なのです。

見ず知らずの土地で着実にキャリアを積んだトップ・ショコラティエ…、そう聞くと、いかにも強そうな女性をイメージしていましたが、実際のお二人は、とても小柄でかわいらしい印象。でも、ひとたびお話をうかがうと、並々ならぬショコラへの思い・情熱がひしひしと伝わってきます。ご苦労や困難も多かったでしょうが、その“壁”を乗り越えてきた自信が、お二人のショコラ魂にさらに火をつけたのかもしれませんね。

当日ナビゲーターを務めてくださった小椋三嘉さんもフランスに住んでいた時にショコラと出会い、魅了され、ショコラ研究家になられた方。『好きなものを追求する』―その凛とした3人の生き方に触発された方もいらっしゃったようで、イベント後はサインを求める方も多く見受けられました。(chiba)

2010年 4月 4日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

イベント報告:三越バレンタイン-1

Photo

ルレ・デセール  メンバーによる
トークショー

今年で4年目を迎えた、ルレ・デセール・メンバーによるバレンタインイベント。今回は趣向を変え、「カカオ」と「お酒」をテーマに、フレデリック・カッセル氏、ローラン・デュシェーヌ氏に語っていただきました。

まずは、カッセル氏による「カカオのお話」。意外と知らないカカオ豆の種類から、収穫・発酵・乾燥などの製造工程などをプレゼンテーション形式で紹介してくださいました。さらに、カッセル氏の作品に使用されたコクリコのリキュールを会場内でお披露目。繊細な氏のショコラを作り出す“秘密のアイテム”の登場に、会場のみなさんも大喜びでした。

続いて登場したデュシェーヌ氏は、「三越限定ルレ・デセールメンバー アソートBOX」にも使われたカルヴァドス(シードルを蒸留したブランデー)とショコラの組み合わせをご紹介。当日、会場で配られた試飲用のカルヴァトスは、1瓶作るために100個ものりんごが使われ、年間3000本しか作ることができないほどの貴重なものだそう。そんなレアなお酒をいただいたあとに、氏のショコラをほおばると、カルヴァドスの余韻をゆっくりと感じさせるショコラであることがよくよくわかります。

お話とショコラを楽しむ、なんとも贅沢なセミナーは、熱く語ってくださるお二人の人柄やショコラの奥深さまでも伝わるものでした。

そうそう、「お酒」といえば『料理通信』5月号は「日本のお酒」の大特集です。こちらもどうぞお見逃しなく!(chiba)

2010年 4月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

日本酒とグランメゾンのコラボ

4月6日発売の『料理通信』5月号は、創刊以来初の日本酒特集です。題して「ワイン好きのための日本酒案内」。横浜君嶋屋の君嶋さんによる、ピエール・エルメさんの日本酒個人レッスンに始まり、ワインライフを送る方におすすめのおいしい日本酒を飲める店など、それはそれは盛りだくさんの内容でお届けします!日本酒を普段飲まない方にこそ読んでいたいただきたい一冊です。

Sake特集のもう一つのテーマが、「日本酒と洋とのマッチング」。 実は日本酒は、和食に限らずイタリアン、フレンチなど洋の料理も見事に受け止める、とっても懐の深いヤツ。その柔軟性はワイン以上との声も多数聞かれまし た。そんな日本酒の新たな楽しみ方を読者のみなさんに体験していただくイベントとして、一足早く、1月末に「シェ・イノ」で食事会を開催しました。

合わせた日本酒はすべて三重の蔵元のもの。
三重にも最近特に注目の蔵がたくさんあるのです。

シェ・イノといえば、日本のフランス料理界の礎を築いたグラン・メゾンの一つ。フランス料理のクラシックを今に貫いています。「その料理に、本当に日本酒 が合うの!?」 ゲストの誰もが(実は我々も)期待と不安の入り混じった気持ちで臨んだ会でしたが、食事が始まって、それはびっくり! 何とも素晴らしいマリアージュじゃございませんか!

Main実 は今回合わせたのは、三重の食材を使った料理に、三重の日本酒。三重ブランドにも認定されている、みっしりと肉厚なひじきやサシの入りが美しい松阪牛な ど、フランス料理とはあまり縁のない食材も見事に生まれ変わり、同じ水と空気でつくられた酒と見事にマッチ。それぞれがどんな料理に仕上がり、どんな日本 酒と合わせたのか、詳しくは誌面でご確認ください。

松阪牛、トリュフ、フォワグラ+旨味の詰まったペリグーソースのトリプルアクセルな一皿。一口食べて、しばしうっとり。
こんな料理に合わせる日本酒とは・・・?

イタリアンやフレンチで日本酒を置いているお店はまだまだ少ないですが、これから増えていくこと間違いなし(と、踏んでいます)! チーズや簡単な おつまみなど、ご自宅でも洋とのマッチングをぜひ試してみてください。きっと日本酒の新たな顔が見えてくるはずです。(yagi)

2010年 3月 31日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

編集長スペシャルトークショー開催!

Fabex_2

4月7日(水)から3日間にわたり、東京ビックサイトで開催される「ファベックス2010」&「第7回 デザート・スイーツ&ドリンク展」。飲食業界きっての大展示会で、今年も編集長キミジマがスイーツについて熱く語ります!

トークショーのお相手は、「帝国ホテル」シェフパティシエ望月完次郎氏と「ホテルニューオータニ」シェフパティシエ中島眞介氏。「デザートの進化と今後の展望」をテーマにスイーツの最前線をご紹介します。業界関係者&スイーツ好き必聴! 対談開催は4月9日(金)、東京ビッグサイトへGO!(watanabe)

------------------------------------------------------------------
「第7回 デザート・スイーツ&ドリンク展」
~プレゼンテーション ステージ プログラム~

------------------------------------------------------------------


主催者特別企画:スペシャルトークショー 「デザートの進化と今後の展望」

出演者:帝国ホテル シェフパティシエ望月完次郎氏
       ホテルニューオータニ シェフパティシエ中島眞介氏
       『料理通信』編集長 君島佐和子
日 時: 4月9日(金)16:00~16:45
会 場: 東京ビッグサイト:東1・2ホール

「ファベックス2010」&「第7回 デザート・スイーツ&ドリンク展」
http://www.fabex.jp/

プレゼンテーション ステージ プログラム 
http://www.fabex.jp/uploads/files/2010/fabex2010_event.pdf

-----------------------------------------------------------------
『料理通信』5月号は、4月6日発売!
特集は「ワイン好きのための、
日本酒案内」です。
一足先に、表紙をお披露目。次号予約も承っております!

http://shop.r-tsushin.com/shopdetail/006000000001/order/
-----------------------------------------------------------------

2010年 3月 30日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

お土産付!トークイベントのお知らせ

Photo_2

代官山にあるパティスリー「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」。そのオーナー・パティシエ、弓田亨氏の最新刊『失われし食と日本人の尊厳』刊行を記念したフェア&トークイベントが、青山ブックセンター六本木店にて開催されます。

「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」といえば、パティスリーのみならず出版社としての活動も有名です。これまで『フランス菓子 その孤高の味わいの世界』『記憶の中の母の味』など、著書を通じても食べ手、作り手に様々なメッセージを伝えてきた弓田シェフ。トークイベントでは、最新刊を発刊するに至った経緯や、日本の食に対するシェフの考え方、提言などを聞くことができます。

また、このトークイベントに併せた関連書籍フェア「弓田亨が築き上げた食のimaginationの世界」も3月上旬から開催。弓田シェフの著書や影響を受けた本のほか、シェフと親交のある料理人やジャーナリストによる一言コメントやお薦め本も併せて紹介します。編集長キミジマも参加しています! こちらも必見です。

イベント当日は弓田シェフのサイン会とオリジナル焼き菓子のプレゼントもあります!みなさん是非ご参加ください。(watanabe)

------------------------------------------------------------------
『失われし食と日本人の尊厳』発売記念  トークショー&サイン会
孤高のパティシエ・弓田亨が追い求める「真実の食」とは何か

----------------------------------------------------------------
--
日 時: 3月21日(日)15:00~
会 場: 青山ブックセンター六本木店
定 員: 50名
入場料: 無料
ご予約・お問い合わせ先:
   青山ブックセンター六本木店(TEL:03-3479-0479)
受付時間: 平日・土 10:00~翌朝5:00/日曜日 10:00~22:00
        ※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。
          ご注意ください
受付開始日: 3月1日(月)朝10:00~

※店内でのイベントです。ほとんどの方は40~50分ほどのトークをお立ち見となります。参加は無料ですが、青山ブックセンター六本木店の店頭、もしくはお電話でご予約をお願いします。

★お土産のお菓子付き
トークイベント参加者の皆様に、弓田亨のオリジナル焼き菓子をプレゼントいたします(先着50名様)。
・定番人気の塩味のクッキー
・弓田亨の新作「ケーク・オ・ショコラ」
(なくなり次第終了となります。また、お菓子の変更がある場合がございます。ご了承ください。)

★トーク終了後サイン会開催
サイン会の整理券は、イベント当日、弓田シェフの著書をお買い上げの方に、レジにて配布いたします。古書の持込みはご遠慮ください。また、本以外のものにサインはいたしません。

----------------------------------------------------------------

2010年 3月 2日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

三越バレンタイン2010イベント報告

MOFショコラティエ、
ブルーノ ル・デルフ氏のショコラセミナー

Mitsukoshi2010_2_4

MOFとは、最高の技術を持つと認められる職人に与えられる、フランスの国家資格。創設から約80年の歴史を持ち、その目的は「伝統の継承」。職人の技術を称え、技と英知を後進に伝えていく大切な使命を担っています。3年から4年に一度の頻度で行われる厳しいコンクールで勝ち残った方にのみ与えられるもので、職人の憧れであり到達点でもあります。
今回のイベントには、2007年に見事MOFとなったブルーノ ル・デルフさんが登場。ル・デルフさんは、1999~2009年10月まで「ル・コルドンブルー・ジャポン」のシェフパティシエ、エグゼクティブシェフ、テクニカルディレクターを歴任された後、現在はご自身で技術指導やコンサルティングなど幅広く活躍されています。

Mitsukoshi2010_4_2ル・デルフさんにご披露いただいたのは、「フランボワーズとアーモンドのバー・ショコラ」。電子レンジを使用したテクニックは、チャレンジしてみたくなる親しみやすさがありながら、完成品にはプロの品格が光っていました。また、MOF審査の作品やエピソードなどの話も、会場の皆さんが熱心にメモをとられていたのが印象的でした。

←バー・ショコラ。我慢が出来ず食べかけです。

Mitsukoshi2010_1_3

今後の目標は「日本でお店を出すこと」という、ル・デルフさん。近い将来、彼のお店でスイーツを楽しむことができる私たちは日本人は幸せです。(murata)

Mitsukoshi2010_5_3




ブルーノ ル・デルフ氏
の活動に関しては、
ホームページ
http://www.brunolederf.comをチェック!

MOFのメダル。純金製だから重い……。ちなみに、コックコートの襟のトリコロールカラーは、MOF取得者のみに許されています。

2010年 2月 25日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

三重ブランドフェア第三弾、開催中!

聘珍樓、キッチンセロで開催され、好評をいただいている三重ブランドフェア。第三弾の会場は新丸ビル7F「MUSMUS」です。

Jidorimizutaki 『料理通信』2月号掲載のひじきのシュウマイ(絶品!)のほか、週替わりで様々な三重の食材を使ったメニューが供されます。そして、週に1回のペースで、なんと三重から生産者が来店、試食品を振舞ってくれます!

地鶏の水炊き。週替わりで様々なメニューが登場します。

その第1回目が1月6日に行われ、ひじきの食べ比べをしました。MUSMUSにお越しのお客様や通りかかった方々など、実際に召し上がってみて三重のひじきのおいしさに驚く方が多いようです(MUSMUS内藤店長は三重のひじきに魅せられた一人です)。

生産者による試食会の今後の日程は以下の通り。皆さんも是非お立ち寄り下さいませ。(toriyama)

----------------------------------------------------------
第2回 : 1月14日(木)12:00-13:00、19:00-21:00
      たかな漬け、めはりずし、熊野地鶏 「熊野のおいしいもん食べてくらんし」
第3回 : 1月19日(火)12:00-14:00
      鳥羽の魚貝類 「あたごのうまいもん食べてさ」
第4回 : 1月25日(月)19:00-21:00
      「伊勢茶でほっといっぷく」
----------------------------------------------------------

Obentou_3 こちらは1カ月間限定発売の「三重のおむすび弁当」。
めはりむすび、蛸めしむすび、きゃらぶきむすび、ひじきの煮物、青さ入り卵焼き、伊勢たくわんと三重の食材のみが使われています。
お味も抜群!(お値段も630円と抜群!)
数に限りがありますので早めにGO!

2010年 1月 12日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

「ブルゴーニュはオルトレポーにもある」

年末進行を控えた11月下旬、輸入代理店エル・カミーノ主催のメーカーズディナーにお伺いしました。エル・カミーノは、イタリアはロンバルディア州オルトレポーに特化したインポーター。イタリアワインとチーズの専門店「イル・カリーチェ」や、榎本隆二さんがシェフを務める「ヴィノテカ サクラ」も運営しています。

Photoさて、そもそもオルトレポーってどこにあるのでしょう? 
「ミラノから40kmほど南に位置し、ポー川を越えたところ一帯がオルトレポー・パヴェーゼです。肥沃な土地として知られ、かつてはイタリアの食料庫としての役割も果たしていたんですよ」と、今回通訳をしてくださった小澤豊さん。ご自身もオルトレポーにお住まいです。
昔からブドウ栽培が盛んな土地で、3000年前のブドウの化石が出たことも。ピノ・ノワール(ピノ・ネロ)は200年ほど前から植えられており、そのポテンシャルの高さに近年注目が集まっています。

今回は、テヌータ・マッツォリーノ社の醸造責任者のジャン・フランソワ・コキャールさんが初来日。「ヴィノテカ サクラ」にて、熊本県南阿蘇「トラットリア ケイタ」シェフ、井本慶太さんとのコラボレーションディナーが開催されました。

Photo_4ジャン・フランソワさんは、ブルゴーニュに生まれ、ボーヌとディジョンの醸造学校出身のフランス人。彼は23歳でイタリアに移り住み、マッツォリーニのワインに携ってきました。そして2006年の「ノワール」(ピノ・ネロ使用)が2010年版ガイドブック『ガンベロロッソ』にて最高評価トレビッキエリを受賞(ちなみに、トレビッキエリを受賞したピノ・ネロはこれまで5社しかないのだそうです)。今では「ブルゴーニュはオルトレポーにもある」とまで言われるほどに。しかし、「僕がブルゴーニュ出身だからといって、“ブルゴーニュ”を造りたいわけじゃない。オルトレポーのピノ・ネロのすばらしさを、ワインで表したい」とジャンさんは言います。

Photo_5 一方、料理を担当した井本慶太シェフは、パヴィアの一ツ星「イ・カスターニ」で修業を重ねて今年帰国、南阿蘇に自身の店をオープンしました。今回はオルトレポーの郷土料理を洗練させたスタイルで披露。もちろん合わせるのはテヌータ・マッツォリーノのワインです。


【コラボレーションディナー 料理とワイン】


●アンティパスト 3種の盛り合わせ
  マッツォリーノ・ブリュット・スプマンテ NV

Photo_6●川魚の香草風味
  シャルドネ“ブラン”2006

●ファジョーリ・ディ・オッキォと鶉のリゾット
  ボナルダ“マッツォリーノ”2008

●鴨肉を2種類の調理法で
  ピノ・ネロ“ノワール”2006/1999

●ノアールに合わせた2種のチーズ

●トルタパラディーゾと森の実のジェラート
  モスカート2008



123   

4_35

料理は左上から右下の順に登場。チーズだけは撮影しそびれました。上段中央、川魚に添えたハーブ類は、井本シェフの庭で取れたハーブ。







2_3高評価のピノ・ネロはもちろん、スプマンテの泡はなめらか、モスカートはクリーミー。エレガントさが見え隠れしています。ディナー後、迷った挙句シャルドネを購入。冷やしておいて、鍋にも合わせてみようかな。ジャンさんにサインをしていただいたボトルを眺めながら、年内のディナー予定を組んでみることにしよう。(ogura)

●テヌータ・マッツォリーノ
http://www.tenuta-mazzolino.com/

●イル・カリーチェの通販サイト
http://il-calice.shop-pro.jp/

2009年 12月 26日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

イタリアより、パニーノの名手が来日

Ino11月下旬、フィレンツェの人気パネッテリア(パニーノ専門店)「'ino(イノ)」のアレッサンドロ・フラッシカ氏が来日、代官山「イータリー」でパニーノレッスンが行われました。

「イノ」は、『料理通信』World Topicsでフィレンツェレポートを届けてくださる、池田愛美さん・匡克 さんの著書『フィレンツェ美食散歩 おいしいもの探しの四季の旅』でも紹介されています。

池田愛美さんによると、ガイドブック『エスプレッソ』でも、今年は「パニーノ・アウトーレ」――シェフが考案したオリジナル・パニーノの項があり、ファストフードであっても本当においしいパニーノを食べようという機運が高まっているとのこと。時間がないからパニーノですませちゃおう、というのではなく、どうせならおいしいパニーノを食べたいよねという人が増えているようです。明日発売の『料理通信』1月号では、フランスのファストフード事情をご紹介していますが、どの国も同じなのですね。

Ino_2当日は、イータリーの薪窯で焼くパン(『料理通信』2009年5月号で紹介』)、氏が持参したカステッロ・ディ・アーマのオリーブオイル(搾りたて!)、さらにイタリア全土から選りすぐられた上質な食材を使い、アレッサンドロさんが生産者やシェフたちからのアドバイスを元に研究した「本当のおいしくて“身体によい”パニーノ」をレクチャーしてくださいました。

←イータリーの商品を使って。イータリーは代官山のほか、日本橋三越新館にもオープンしました。

さて気になるパニーノメニューはというと。

Pani1Pani2


1.水牛のモッツァレッラと茄子のオイル漬け、ケッパーのパニーノ(左)
オレガノの効いたナスのオイル漬けと水牛のモッツァレッラを挟んでいます。モッツァレッラは5ミリ以上厚く切るのがポイント。

2.サンダニエレ産生ハム、マルツォリーノ、トマト、ROIのオリーブのパテのパニーノ(右)
サンダニエレの生ハムは、甘味よりも塩気が勝っているので、穏やかな羊乳のマルツォリーノチーズを挟んで。ちょっと温めてチーズを溶かします。生ハムは薄めに切るのがポイント。

Pani3_2Pani4

3.モルタデッラとAmerigoのフォッサのチーズクリームのパニーノ(左)
フォッサのクリームチーズは塩気のあるチーズ、穏やかなモルタデッラソーセージとの相性は抜群。シンプルなのに豊かな味わいで、個人的には一押し。

4.パルマ産生ハム、アーティチョークとアンチョヴィのパテのパニーノ(右)
アーティチョークはざくざくと食感が残るように刻んだものを。ほろ苦さがありワインと合わせるのは難しいのですが、サンダニエレ産よりも甘味のあるパルマ産の生ハムでバランスをとります。

5.パルミジャーノ・チーズとトマトソースのパニーノ
ベーシックなトマトソースとパルミジャーノの組み合わせをパニーノに。パニーノとしては珍しいそう。・・・写真は撮り忘れました(失礼!)

Ino_1アレッサンドロさんが、せっせと作って配って、試食。えーっと、5種、ですよね。最初からこの大きさですか・・・。写真では小さく見えるし、実際楽勝にも思えたのですが、何しろ旨味がぎゅっと詰まっているので、かなりのボリューム。(池田さんに報告したところ「あれほど、小さめにね、と伝えておいたのに・・・」とのこと)
5種目にたどり着くにはかなりお腹が一杯になってしまいましたが、どれも「イタリア」らしさが詰まった美味なパニーノでした。伝統的な組み合わせもあれば、オリジナルな組み合わせもあり。パニーノにも、クリエイションの余地はまだまだありそうです。

フィレンツェを訪れる機会があったら、アレッサンドロさんのお店を訪れてみてくださいね。(ogura)

●'ino  アレッサンドロさんのblogはコチラから

2009年 12月 4日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

伊豆で輝くお宝食材

海の幸あり、山の幸あり。空気がきれいで温泉湧いてて、日帰りできて……。そんな現実逃避、イヤ、息抜きにもってこいの場所といえば、伊豆半島です。その中央に位置し、川端康成や井上靖など文豪の町としても人気の伊豆市で先月、食をテーマにしたイベントが開催されました。その名も「ホリデーイン伊豆」

Susi 様々な企画が用意された今回のイベント。中でも(個人的な)注目は、“四里四宝 味比べ”と題し、伊豆市内の4地区の食材を活用した料理の試食コーナーでした。中伊豆の郷土料理「きりだめ寿司」や、伊豆市の花である「わさびの花」をとじこめたゼリー、コシがあり味が濃いと評判の心太など、心惹かれる料理が30分置きに100食限定で登場。100食なら焦らなくても・・・と思いきや、振舞われる10分前から長蛇の列が!あっという間に完売しそうな様子に、これはまずいと慌てて並び、何とかゲットしたのでした。

きりだめ寿司は、散らし寿司の具材を散らさず飾った、何とも美しいお寿司。崩してしまうのはもったいないけれど、混ぜて食べるとおいしいんですね。

Chefそしてもう一つ、楽しみにしていたのが鹿肉のコース料理です。鹿が増えすぎて困っているというのは、ここ伊豆に限らず最近よく聞く話。でも、困ってるから食べるわけじゃない、困ってなくても食べたい鹿肉です。それくらいおいしい、しかもヘルシーなうれしいお肉。見方を変えれば、これも一つのお宝食材です。
今回、そんな美味なるイズシカをフレンチに仕立ててくださったのは、蓼科の「オーベルジュ・エスポワール」シェフ藤木徳彦さん。イズシカだけでなく、伊豆の食材をふんだんに取り入れたミニコースに地元の方々も感激の様子。都会に出てべっぴんさんになって帰ってきた孫さ見るような気分ではないでしょうか。

KissyuPateMainStrawberry   

『料理通信』でも、今年に引き続き、来年も「お宝食材コンテスト」を実施します。第1回目は冬の開催でしたが、今回は春~初夏の予定です。地元では「当たり前」、「人様に自慢するようなもんじゃない」(←そうおっしゃる方が多いのです・・・)と思っている食材も、他県から見たら光り輝くお宝です。ぜひぜひふるってご応募ください!(yagi)

2009年 12月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

「食×占星学」イベント 参加者募集!

「食の雑誌なのに、どうして占星術があるの?」
とよく言われますが、ちょっと考えてみてください。潮の満ち引きが良い例ですが、地球上の生き物の営みは、天に光る月や星の動きがあってこそ、ですよね。その営みの中で育った生き物から成る“食”は、当然ながら星や月の動きの影響を無視できない。
様々な角度から“食”へアプローチする『料理通信』はその考えのもと、毎月2ページにわたって岡本翔子先生(心理占星学)にその月のオススメの食材や料理などを占っていただいています。

さる11月15日、この天体と食に関するセミナーが帝国ホテル内のレストラン「なだ万 讃アプローズ」で行われました。講師は、もちろん岡本翔子先生です。
今回のセミナーの目的は、自分の月の星座を知り、隠れた感情や本能を認識すること。なんていうと、難しそうに聞こえますか? いやいや、そんなことはゴザイマセン。「何でこんなことしちゃったんだろう?」「いつもの自分じゃないみたい」などなど、日常生活でよく起こりませんか? それこそが月の星座の仕業なのだそうです。

占星術でよく言われる「太陽の星座」は、生まれた時に太陽が位置した場所の星座のことで、月の星座とは、生まれた時に月がどの星座を運行していたか、で決まります。言葉のおぼつかない幼児時代に強く影響を受け、自我の芽生えとともに太陽星座の影響が強くなりますが、この月の星座は自分の核の部分。リラックスしているときなどに表れる部分なんですって。

生まれた日時、場所を先生にお伝えし、ホロスコープを作ってもらってそれを見ながら解説を聞くのですが、「なるほど!」の連続。人間単純なもので、弱点も月の星座のせい、となると「ま、しょうがないかな」と愛おしく思えたりして。

Photo さてこのセミナー、もう一つの目玉は、岡本先生と「なだ万 讃アプローズ」の丸山広料調理長の打ち合わせから生まれた特別コース料理です。この日は蠍座なので、ブルーチーズのアミューズに始まり、アナゴの柔ら煮、ウナギロール寿司など、蠍座の食材をふんだんに盛り込んであって、ビオワインとともに味わうと、心なしか体も「これが必要だったの~」と喜んでいるような。お味の方も、さすがは「なだ万」。モダンでいながらツボをついたお皿の数々でした。

2写真上)「アナゴの柔らか煮 野菜豆腐」。アナゴは蠍座の食材で豆腐は月の食材。組み合わせれば効果倍増?
写真下)ウナギロール寿司、カボチャのテリーヌなどが盛り合わせになった、口取り。なんとお皿もこの日のために特注で作ってくれたそうです。

この「食×占星術」のイベント、次回は下記の要領で行われます。席数が限られているのでお申し込みはお早めに。(kameyama)

-----------------------------------------------------------------
LUNA THERAPY スペシャルセミナー
第3回 岡本翔子特別講座
 「月の満ち欠けからみる私自身の性格タイプ」

主催:株式会社ナチュラル

-----------------------------------------------------------------


日 時 2009年12月16日(水)19:00~21:30
会 費 お一人様10,000円
会 場 「J.H.V. Wine&Marriage」
       東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー2F
       tel:03-3433-3343

【応募要項】
お申込は、件名を「LUNA THERAPY スペシャルセミナー」とし、

1.ご参加人数
2.ご参加者全員のお名前(フルネーム)
3.ご住所(代表者)
4.お電話番号(代表者)
5.メールアドレス(代表者)
6.ご参加者全員の生年月日
7.ご参加者全員の出生地(都道府県名)
8.ご参加者全員の出生時間
9.食品アレルギーの有無(ある場合は具体的な食材名)

をご明記の上、料理通信社営業企画部(メール)までお願い申し上げます。

※生年月日、出生時間はムーンフェイズをお調べする際に使用いたします。
いただいた情報は本イベントのみに使用し、第三者に譲渡することはございません。

【応募締切】 2009年12月8日(火) *締め切りました

ご応募者には追って小社よりご連絡を差し上げます。尚、応募者多数の場合は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。

【注意事項】
会場ではアルコールのご提供がございます。
*20歳以下の方のご入場はお断りいたします。
*お車を運転されてのご来場は固くお断りいたします。

お問い合わせ先
株式会社 料理通信社 営業企画部
TEL:03-5919-0445 
ad@r-tsushin.com

2009年 12月 2日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

いいことがありますように!

「ガレット・デ・ロワ コンテスト」
最終審査発表会に行ってきました

先日、編集部につつつーっと届いたファクスを見ると、「第7回ガレット・デ・ロワ コンクール結果発表会」の文字が。ガレット・デ・ロワといえば、フランスの新年を祝うお菓子。1月までわずか一月半ほどですものね。時の流れは早いものです。

このコンクール、優勝者は1月にパリで開催されるパリパン菓子組合主催の「ガレット・デ・ロワ コンクール」のエキシビション参加の資格が与えられることもあり、今年は約100作品の応募があったそうです。その中から16作品が最終審査に選ばれ、11月11日、最終審査と結果発表が代官山のヒルサイド・バンケット・パッションにて行われました。

「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」の会長、島田進シェフはじめとするパティシエや料理研究家の方々17人が試食を重ね、悩みに悩み、出した結果は……。

1_3

2_2

(左)各部門の受賞者と審査員で記念にパチリ。
(右)津田さん、江森さん、大川さんの作品。高さにも微妙な差があります。

プロの製菓・菓子職人部門からは、「神戸屋」の津田宣季さんが優勝、2位は「ベルグの4月」の江森宏之さん、3位は大阪の「エコール辻」で講師を務める大川真紀子さんが見事受賞となりました。その他、愛好家を対象とした部門、専門学校生徒を対象とした部門、エッセイ部門からそれぞれ1人ずつ受賞しました。

「7回目を迎え、応募者の技術は向上してきましたよ。フィユタージュの技術は、皆ほぼ同じくらいレベルが高い。差が出たのは中身のアーモンドクリーム。粉の挽き加減、素材の配合、火の入れ方の総合的なバランスがポイントになりました」と島田シェフ。

3_3 ふむふむ。その違いをぜひ体感したい、とずらりと並ぶ入選者の方の作品を試食させてもらいました。まずは1位から試食を始め、クリーム、クリームと呪文のように心で唱えながら2位の作品をもぐもぐ、神経を集中させ、そのポイントを読み取ろうとした瞬間、ガチリっと何かが歯に! そうです。フェーブが当たったのでした。2位の江森さん、ありがとうございます。「きっと良いこと、ありますよ」の一言を信じます!!

私が当てたフェーブ。イエス・キリストかしら。(お地蔵様じゃ…。Y)
 
あれ、試食の感想は?? 
もちろん全作品、16切れすべていただきました。クリームのしっとり感が際立つもの、しっかりした焼き色ながら、一口かじると口の中でほろりと崩れるものなどなど。どの作品もおいしかったです。(kameyama)

2009年 12月 2日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

ヴァローナ「P125」セミナー開催報告

Photo_6ヴァローナが、「P125」という商品を発表したのはご存知ですか?
これは、従来のクーベルチュール(製菓用チョコレート)とは一線を画すクーベルチュールです。なぜって、「カカオ分125%」だから(あくまでイメージ。厳密に125%というわけではないそうです)。

⇒プレス発表会には世界中のヴァローナ・シェフが集結しました。


「125%って、どういうこと?」と思いますよね。
まず普通に考えるのが「カカオ分を足しているの?」。

ちなみに、カカオは、「固形分(カカオマスなど)」と「油脂分(カカオバター)」とで構成されています。
油脂分は無味無臭。ショコラの味を決定するのは、固形分のほう。
「P125」は、固形分を足しているのではなくて、油脂分を減らしているのだとか。
通常のカカオが、固形:油脂=46%:54%
「P125」は、固形:油脂=57.5%:42.5%

つまり、固形分の比率が上がった → 味が濃くなった、ということ。

Photo_7また、アイスクリームのような氷菓でもクーベルチュールが使えるようになった、ということでもあります。
⇒P125のアイスクリームは、抜群の味わいです。

チョコレートは、カカオバターが固まってしまうから、クールデザートで使うのは効果的ではありませんでした。だから、アイスクリームにはカカオパウダーを使うことが多かったんですね。
それが、「P125」は油脂分が低いので、アイスクリームでも使える!
といったことを実際に体験してみませんか、というセミナーが、『料理通信』読者限定で開かれました。

ショコラのシュークリームを参加者全員で作る、というこのセミナー、ショコラのシュー生地を焼いて、ショコラのカスタードクリームを作って、とかなり本格的。
お菓子作りをしないキミジマ、生まれて初めて、絞り袋でシュー生地を絞り出すという作業をしました。いや~、むずかしいです。

1_42_2

左)当日は、ヴァローナの専属パティシエ、境智子先生が教えてくださいました。
右)生まれて初めて絞り出しの作業をするキミジマを、ヴァローナの村瀬さんがからかいます。


Photo_8

Photo_9

左)シュー生地に穴を開けて、ショコラ味のカスタードクリームを詰めます。
右)板状のショコラを飾って(というか、穴に蓋して)完成!


Photo_13 出来上がったショコラ・シューは、すばらしくおいしい!
編集部に持ち帰って、イル・プルでお菓子作りを習っていたオグラにも食べてもらったのですが、褒められたんですよ。
まぁ、オグラが褒めているのは、私じゃなくて、ヴァローナのレシピとP125なのですが。
⇒P125を使うと、焼き生地もこんなに濃く、美しいショコラ色に仕上がります。

「P125」を使ったカスタードクリームは、キレがよくて、なめらか。ショコラの味が際立っているのがよくわかります。
ヴァローナさんによれば、「P125」は下記のような場合に効果絶大とのこと。

1.口どけの悪いショコラ味のカスタードクリーム
2.目の詰まったビスキュイ・ショコラ
3.味の薄いショコラ味のアイスクリーム
4.インパクトの足りないガナッシュ・ショコラ
5.色の薄いグラッサージュ・ショコラ
6.食感が重いショコラ・ショー

Photo_11

『料理通信』2月号(1月発売)
でも、特性と上手な使い方を詳しくお届けします。
どうぞお楽しみに。(kimijima)

2009年 12月 1日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

ほろ酔い天国?笑顔溢れる収穫祭に行ってきました!

Cocofarm2_311月のとある週末、栃木県足利市のココ・ファーム・ワイナリーの収穫祭に出かけました。思い出しては夢心地になるほど楽しかった! 大地の恵みを育て上げた誇りに満ちて、黄金色に煌めく晩秋のブドウ畑。そのふもとに溢れる、ほろ酔い人の笑顔と子供たちの笑い声。行き交う人々すべてが幸せな気分なのでは? と素直に思えるひと時、収穫の悦びを私もたくさん分けてもらいました。
ブドウ畑のふもとで思い思いにワインを楽しむ人々。皆、とびきりの笑顔です。

Cocofarm1収穫祭の名物は、何と言っても「できたてワイン」。26回目となる今年は3種類がラインナップ、「華やかな白ワイン(ミュラートゥルガウ)」「大人のロゼワイン(マスカット・ベイリーA、メルロー)」「チャーミン グな甘めのロゼワイン(カベルネ・ソーヴィニョン、マスカット・ベイリーA)」が振る舞われました。
まだ発酵途中の濁り酒は、まさにできたてほやほや、ワイナリーでしか飲めない貴重な新酒です。秋空の下、ブドウ畑にビニールシートを敷いて、思い思いにワインを楽しむ人々。ワイナリーや地元レストランによる屋台特製のキッシュ、シュークルート、パエリアなどにもグラスがどんどん進みます。そして、ブドウを育て、ワインを醸したこころみ学園の園生や、そのご父兄との会話や触れ合いも、ワインにさらなる味わいを与えてくれました。
できたてワインはフレッシュな味わい。飛ぶように売れていきました。

見上げるほどの急斜面のブドウ畑から生まれたワインは、今年もおいしい! 日本各地のワイナリーで新酒が仕上がるこの季節、みなさんもココ・ファーム・ワイナリーのワインはもちろん、様々な日本ワインを召し上がってみてはいかがでしょうか。(watanabe)

Cocofarm3

収穫祭には、こころみ学園設立当初から栽培している原木シイタケも登場。肉厚でおいしそうで、そしてなんだか愛らしいシイタケです。

2009年 11月 30日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

三重食材の魅力に迫る「三重県フードリテラシー」開催!

Miebrand_reaf_2古くから名高い伊勢えび、革命的養殖技術による的矢かき、そして全国で唯一、伊勢神宮奉納熨斗鮑ともなるあわび……。伝承の心と革新の技が育む三重の豊かな食材について、自然、歴史、文化から学び、深く味わう「三重県フードリテラシー」を開催します!
講師は、食の知識、食文化を伝えるフード&コミュニケーション代表の柴田香織氏。会場は、正統派フランス料理店として名高い東京・京橋の「シェ・イノ」です。三重食材を使用したフランス料理、そして三重県の日本酒をお楽しみいただきながら、それら食材の背景をおいしく楽しく学べる絶好の機会(ちなみにフレンチと日本酒のマリアージュは、ブーム到来の予感です!)。皆さんふるってご応募ください!(watanabe)

-----------------------------------------------------------------
三重ブランドを知る 「三重県フードリテラシー」 
------------------------------------------------------------------
■日  時: 2010年1月23日(土)12:30~

■会  場:
 「シェ・イノ」東京都中央区京橋2-4-16(明治製菓本社ビル1F)

■定  員:
20名

■参 加 費:
7500円(税サ飲み物込み)


■応募方法:
「三重県フードリテラシー」に応募する旨と人数、応募者全員の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、職業を明記して、メールまたはFAX(03-5919-0448)にてお申し込みください。

■応募〆切:
2009年12月11日(金)
        ※応募者多数の場合は抽選となります。あらかじめご了承ください。

■お問い合わせ:
株式会社 料理通信社
          「三重県フードリテラシー」事務局 TEL:03-5919-0445

2009年 11月 26日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

レベル高!

Lysdor近頃“粉”に注目が集まっています。「不況時は粉モンが儲かる」と、どこかの経済学者の方も言っていました……。

日清製粉の会員制コミュニケーションサイト『創・食Club』主催、「リスドオル」誕生40周年を記念したパンレシピコンクールの表彰式へ伺いました。パンは粉モノの王様です。そして「リスドオル」は日本のフランスパンを牽引してきた歴史ある粉(詳しくは『料理通信』2009年5月号を!)。使い勝手の良さや、作り手の個性を引き出す小麦粉としての存在感は圧倒的。

Taisyoupan_3コンテストのテーマは「Bread for Next Table ~パン食の可能性が拡がる未来の食卓~」。パンの完成度や技術だけではなく、日常の食シーンに“どのようにパンが存在していく”のか。パン食の“新たなシーン”へのアイデアも審査の対象です。一次審査を通過したプロ12名。『料理通信』のパン特集にも登場されるブーランジェの方の顔も見え、高い水準のコンテストであることが良くわかります。

『創・食Club』の三浦さんは「本来なら、パンセミナーなどで講師をされるような高い技術を持っている方々が選考に残っています。改めて皆さんの意欲と熱意に感動し、リスドオルの持つ潜在的な魅力も再認識することができました。最終審査はかなりの接戦となって…」と、錚々たる方々のレベルの高さを競うが故の感激をお話くださいました。

日本のブーランジェの底力は絶えまぬ探求心。そして、粉が持っている可能性への飽くなきチャレンジなんですね。入賞作品には洗練されたスタンダードなパンから、惣菜タイプ・菓子タイプなど、多種多様なパンが並びました。キミジマと共に、パクリパクリとパンを頬張りながら、粉モン王様の威厳を感じたのでありました。(murata)

Taisyou_2大賞=「バゲット・リュスティック」
高良正治氏(株式会社ドンク)

準大賞=「ディモンシュ~dimanche」
長岩崇之氏(ブーランジュリーオーヴェルニュ)
特別賞=「パン・ド・ミ アンリ・カトル」
横山暁之介氏(K.YOKOYAMA株式会社)
特別賞=「オレンジ香るブリオッシュ」
大西かおり氏(株式会社石村萬盛堂)
リスドオル賞=「あと ひとくちだけ!」
鈴木誠氏(あこうぱん)




Syugou_3受賞者(前列)と入賞者の方々が審査員と共に。朝からの実技審査とプレゼンテーション、皆さんおつかれさまです!
審査員=井上好文氏(日本パン技術研究所所長・農学博士)、竹谷光司氏(『新しい製パン基礎知識』著者)、信太康代氏(料理研究家)



●『創・食Club』パンレシピコンクール事務局
 

http://www.e-sousyoku.com

2009年 11月 25日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

松嶋啓介シェフフェアが、ホテルニューオータニ幕張で開かれます

_w9p5996ニースの松嶋啓介シェフが、「ホテルニューオータニ幕張」でフェアを開催します。

ニースと言えば、眼前に海、背中に丘陵、空からは南仏の太陽が燦々と降り注ぐ、自然に恵まれた土地です。当然、魚も野菜もワインもオリーブオイルも最高のものが手に入るし、車で1時間ほど走ればイタリア国境。国の枠を超えた食文化に日常的に触れることもできます。松嶋さんが若くしてミシュランの星を自力で勝ち取ったのは、彼自身の料理の才能、フランス人と対等に渡り合えるコミュニケーション力と共に、ニースの環境を味方に付ける術に長けていたからと言えるかもしれません。

今回、幕張でフェアを行うにあたっては、ニースのスペシャリテに加えて、房総の新鮮な魚介類で作るブイヤベースなどのスペシャルメニューも登場します。千葉も眼前に海、背中に豊かな平野が広がる食材の宝庫。質の高いことで知られる房総の魚介(地中海の魚よりきっとハイクオリティ!)を、松嶋シェフがどう料理してみせるのか、期待に胸が膨らみます。

またとない3日間の限定企画です、クリスマスを繰り上げるつもりで、ぜひご体験を!
クッキング・デモンストレーションもあります!(kimijima)

==================================================================

[ 松嶋啓介シェフフェア ]


12月4日(金)~6日(日)
ランチ 11:30~14:30  3675円~、ディナー 17:30~21:00 7350円~
ホテルニューオータニ幕張1階 「マーレ ディ オータニ」
TEL.043-299-1848


------------------------------------------------------------------

[ 松嶋シェフのクッキング・デモンストレーション] (予約制)


[レシピ・講習・お食事・直筆サイン入りレシピ本『家でもおいしいフレンチ』付き]
12月5日(土)12:30~15:00
8000円(税・サービス料共)
オリジナルレシピをもとに、前菜・メイン・デザートの計3品を、松嶋シェフ自ら、わかりやすく実演します。

ホテルニューオータニ幕張
千葉県千葉市美浜区ひび野2-2
TEL.043-297-7777(代)

www.newotani.co.jp/makuhari/
==================================================================

2009年 11月 23日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

アードベッグ コリーヴレッカン新発売にちなんで

Photo「アードベッグ コリーヴレッカン」の新発売にちなんだテイスティング・セミナーに行ってきました。「アードベッグ」と言えば、アイラモルトの中でもとりわけピーティーでスモーキー、マッチョな味わいで知られます。

かつては、スコッチの名門「バランタイン」のブレンドに使われていたこともあるようですが、現在はシングルモルトとして抜きん出た個性を発揮。「アードベッグ・コミッティー」が存在するなど、世界中に熱烈なるファンを持っています。

セミナーの講師は、アードベッグを所有するグレンモーレンジの最高製造責任者ジム・ラムズデンさん。いやぁ、もう、ラムズデンさんのガイドがすばらしかったんです。
テイスティングしたのは、「ブラスダ」「アードベッグ10年」「ウーガダール」「コリーヴレッカン」「カスクNo2763(非売品)」の5品。

Photo_3「アードベッグは胸板の厚いマッチョなウイスキーと言われていてね。そればかりじゃないところを見せたくて、フェミニンなブラスダを発売したんですよ。でも、アードベッグらしくないと言われてしまいました。そういう人には、アードベッグ10年がお薦めですね。こちらのマッチョぶりは胸毛も生えてくるほど!」といった具合に、各々の特徴がよくわかる解説で、あっという間に昼から飲みすぎてしまったのでした。
飲めば胸毛が生えてくる(?)「アードベッグ10年」、フェミニンな「アードベッグ・ブラスダ」

1 まるで、モルトの海の航海に出たかのような、アドベンチャラスなテイスティング・セミナーの詳細をお伝えできないのが残念です。
ちなみに新発売の「コリーヴレッカン」とはアイラ島近くで発生する大渦潮のこと。その名にふさわしく、これまたマッチョで荒々しい。色も香りも深く濃く、アードベッグらしさを追求した新顔と言えます。(kimijima)
昼から飲み過ぎてしまいました。なにせ、新発売の「コリーヴレッカン」は、57.1度、特別にテイスティングさせていただいた「カスクNo2763」は57.3度!

2009年 11月 22日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

「カフェ・コルドン・ブルー」オープン!

018「ル・コルドン・ブルーがカフェをオープン!」
意外? でもうれしい!!!
そんな胸をときめかせるニュースの真相は…

――実は神戸校の秋の学校イベント。
1日限定の“プレミアム・カフェ”なのです。

当日は、神戸校の現役生と卒業生が考案・制作した料理をいただけるカフェテリアがオープンするほか、神戸校教授による制作実演やミニ・レクチャーなど催しも多彩。カフェテリアでは、オリジナルのパン、アントルメ、焼き菓子、スープ、ラタトュイユなど、力作揃いのメニューがいただけます。
(お持ち帰り用の焼き菓子やパンまであります!詳しくはこちらをCheck!)

“未来のトップシェフ”に会いに、お出かけになってみてはいかがですか。(chiba)

------------------------------------------------------------------
Cafepainmanu_2 ル・コルドン・ブルー神戸校イベント
Cafe CORDONBLEU
/カフェ・コルドン・ブルー

日 時:11月23日(月・祝)
時 間:開店11:30/ラストオーダー16:00/閉店16:30
会 場:ル・コルドン・ブルー神戸校
      兵庫県神戸市中央区播磨町45番地 
      ザ・フォーティフィフス6・7F
アクセス:JR線三宮駅下車 徒歩10分
              JR線元町駅下車 徒歩5分
*入場無料/予約不要

------------------------------------------------------------------

2009年 11月 20日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

やっぱり肉は赤身でしょう!

5料理通信イチのニク好きを標榜する私サカニシは「赤身派」です。それは、私が肉を食べた満足感を得るには、

1.
塊を切りながら
2. ある程度の量を食する

この2点が不可欠だからです。それが霜降り肉だと「すき焼き用2枚でもう十分」となってしまう。筋繊維の間を駆け巡る肉汁のおいしさが大量の脂に覆われてしまい、脂の重さに胃がしんどくなってくる。せっかくのプレミアムな肉だとしても満足できない。何ともったいない!

4_2そんな私に、農産物コンサルタントの株式会社グッドテーブルズ代表、やまけんさんこと山本謙治さんから「短角牛を食べに来ませんか?」とのお誘いが。しかも料理をするのは近頃東京から奈良に居を移し「イ・ルンガ」のシェフを務める堀江純一郎シェフというではありませんか。いざ「スローフードディナー短角牛ナイト」のイベント会場である横浜マリンタワーへ。
写真上:「実は僕、短角牛のオーナーなんですよ。メスは『さち』、オスは『国産丸』」と語るやまけんさんこと、山本謙治さん(中央)。
右:新天地・奈良で活躍する「イ・ルンガ」堀江純一郎シェフ。

次々と繰り出される短角牛メニュー、赤身中心の短角牛のスネ肉、ロース、腕(肩)、ネック(首)と多様な部位の持ち味を生かしてコース仕立てでいただきました。短角牛は岩手南部牛とショートホーンを交配させた赤毛の牛。やまけんさんによると「旨みは黒毛和牛の2倍」だそうです。「パルミジャーノのリゾット」は短角牛のブロードをたっぷり使った一品。「上質のブロード(だし)が取れるのは、食材の質がよい証拠です」と堀江シェフも大絶賛。

123 

左から:前菜の盛り合わせ3点。「三谷牧場のモッツァレラチーズ、ハーブ、トマトのサラダ」、すね肉を使った「ゆで肉スライス バニェットソース添え」、ロースの「タリアータ 雑穀サラダ添え」。/肩肉を煮込んだ「ラグー ロンブリケッリ」/ネック(首肉)の「赤ワイン煮 熟成じゃがいものピューレ」

短角牛で盛り上がった肉食欲、現在発売中の『料理通信』12月号「肉特集」で、思いっきり満足させたいと願うばかりです。(sakanishi)

2009年 11月 18日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

バーテンダー憧れの舞台、「サントリー ザ・カクテル アワード」今年のグランプリは?

Softmartiniプロ・バーテンダーの技術と創造性を競う「2009 サントリー ザ・カクテル アワード」が、10月7日、グランドハイアット東京にて開催されました。今年で16回目となるこの大会は、次世代のカクテル文化の創造と育成を目的に、サントリー酒類株式会社が主催、全国各地で腕をふるうバーテンダーが、その頂点を目指して挑む晴れの舞台です。

普段私が飲むカクテルといえば、「ピンク色の何か(ピンク好き)」「ロングの何か(ショートだとこぼす←ただの酔っ払い)」「ビタミン系の何か(一応美容を気にしてみる…)」と、「何か」だらけの中からバーテンダーが作ってくださるものばかり。もっと大人らしくスマートにオーダーを、と思いつつも、「今日はどんなカクテルかな?」と楽しみでもあるのです。思うにカクテルは、バーテンダーの個性や想像力いかんによって無限の可能性を秘める、非常に魅惑的な飲み物だなーと。
会場で振る舞われた「ソフト・マティーニ」。ソフト・マティーニは「ルジェ・カシスオレンジやカルーアミルクなど、おなじみのカクテルを大ぶりのマティーニグラスで格好良く飲もう!」というコンセプトのカクテルです。

Jyusyoushiki_2大会当日は、1次、2次の書類及び試作審査を経て、最終選考に選ばれた24名が出場。シックな音楽と、ムーディーな照明が醸し出す華やかな雰囲気(さらに華を添えたのは、ゲスト審査員の堀北真希さんです)の中、独創的なカクテルが次々と生み出されました。審査基準は、ネーミング、味、見栄え、独創性、将来性、マナー、ホスピタリティーの7点。出場者はたおやかな手つきとにこやかな微笑みとともに、「Southern Beauty~人魚姫のいる島~」「Coco Vacance」「crescent moon~三日月~」といったロマンチックな名前のカクテルを披露しました。そのネーミングに、同行したムラタは「うぅーん、詩人だ」とぼそり。確かに文学的なイマジネーションがどの出場者からも感じられ、名前からその味わいを想像してみるのもカクテルの醍醐味かもしれないと、新たな魅力を再発見したワタナベであります。
写真はグランプリを受賞した村上智美さん、ゲスト審査員・堀北真希さん、サントリー酒類株式会社・相場康則社長。

Prucianblossomさてさて、「2009 サントリー ザ・カクテル アワード」、独創的な24点のカクテルの中からその頂点に輝いたのは、フリー作品部門・中四国エリア代表、村上智美さん(徳島市「Bar 鴻 Kohno」)の「プルシアン ブロッサム」。
フランスのプラムリキュール「プルシア」をベースに、ヨーグルトリキュールやグレープフルーツジュースを加えた、淡いピンク色がなんとも可愛らしいカクテルです。「ブロッサムとは将来実を結ぶ花のこと。みなさんの夢や希望も大きな実を結んでほしい」という、村上さんの優しさと願いが詰まった一杯です。
グランプリ受賞カクテル「プルシアン ブロッサム」。とても愛らしいカクテルです。ピンク好きにはたまりません~。

この仕事に就いて今年が10年目という村上さん。記念すべき区切りの年となり、グランプリ受賞に感激もひとしお、涙々の受賞式で隣を見れば、うちのムラタも思わずホロリとしながら、盛大な拍手を送っていたのでありました。(watanabe)

2009年 10月 16日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

新たな魅力大発見! コンテチーズ×和食

Sakiduke『料理通信』11月号に生産現地取材記事が掲載されているコンテチーズ。取材に現地へ飛んでくれた編集部オグラは、短い日程ではあったものの、そのすばらしい土地に魅了されたそうです(見送り旗トリヤマは羨ましい限り…って取材は大変なんですけど)。

そんな見送り旗トリヤマですが、生産者協会の広報ご担当、オーレリア・シミエさんに現地で撮った写真の焼き増しを渡すというミッションをオグラから託され、10月9日にコンテチーズ協会主催の「コンテチーズと和食のマリアージュ」に参加させていただきました。

Shinjyouwan会場は「日本橋ゆかり」。コンテを溶かして豆腐にしたり、すりおろしてお浸しと和えたりと、野永料理長の趣向を凝らした料理の数々が饗されました。どの品も驚きのコンテ使いな上に非常に美味で、「チーズは切ってワインのお供に…」ばかりの私にとっては、まさに目からウロコです。中でも、最も感動したのはコンテと白味噌と一番だしの合わせだし。海老と帆立の湯葉真丈椀として供されたのですが、ウロコと共にほっぺも落ちました。

そんなコンテチーズの料理に合わせたのが、秋田・浅舞酒造の黒麹の日本酒です。黒麹といえば、私などは「焼酎」とすぐに思ってしまうのですが、その芳醇な味わい、コンテチーズとの相性といい日本酒の奥深さにも驚愕した会でした。(toriyama)

Comte

熟成が違うもの、そして熟成が同じでも生産地が違う5種類を食べ比べました。コンテとひと口に括れない味わいの違いがはっきりわかります。

2009年 10月 15日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

「世界でいちばんおいしいビビンバ」がやってきました!

_mg_4395アジア最大級の旅行イベント「JATA世界旅行博2009」に着くやいなや、脇目もふらず韓国ブースに直行したワタクシ。その理由は…、300名限定で振る舞われた「ビビンバ」にありました。実はこのビビンバ、大韓航空が世界に誇る自慢の逸品なのです。同社は「ビビンバ」を初めて機内食に取り入れた航空会社で、1998年には機内食において最も栄誉ある「マーキュリー賞」を受賞。そう、このビビンバは「世界一おいしいビビンバ」なのです(「世界一、高いところで食べるビビンバ」でもありますね)。


300食限定で用意されたビビンバ。機内では具材とごはん、チューブ入りのコチュジャンが別々に供され、味付けを自分好みに調整できます。

_mg_4408_4 当日はソウル本社からシェフが来日し、自ら腕をふるってくださるという、うれしいサプライズも。シイタケ、キュウリ、挽き肉、モヤシといった具材とコチュジャン、ごはんとの混ぜ方を実演しながら、コツまで伝授してくださいました。お箸で混ぜるのがベスト!ごはんをつぶさないのがおいしさの秘訣だそうですよ)。

さすが「世界一のビビンバ」!韓国ブースに入りきれないほどの大盛況でした。

そういえば、『料理通信』2009年7月号の編集後記で、イトウが感動&絶賛していたのも大韓航空のビビンバ。香り高いごま油の風味とコチュジャンの辛味、そしてやさしい味のナムルとのマッチングはまさに絶品でした。海外への出張・旅行は、この「世界一のビビンバ」をお目当てに大韓航空を利用してみてはいかがですか。(chiba)

2009年 10月 12日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

おいしいイタリアが勢揃い!

新宿伊勢丹にてイタリア展開催中!

Truffe_210月6日から伊勢丹新宿店イタリア展が始まったので行ってきました。あいにくの雨模様にも関わらず、会場は大変な賑わいです。

お恥ずかしながらワタクシ、白トリュフを1度しか頂いたことがありません。地中海フーズの山本様より、白トリュフを出店するという連絡をいただきブースを訪れました。ピエモンテ州アルバ近郊で取れる白トリュフは貴重でグルメ中のグルメの食べ物と称されているそうです。撮影させていただくためにケースから出していただきましたが、その高貴な香りったら。それだけでワインが2杯くらい空いちゃいそうでした(香りのお代はお金の音で)。会場のイートインコーナーではこのトリュフを使ったパスタ(1日限定50食)が食べられます。

Chocobananaそして、『料理通信』2009年2月号でご紹介した「グイド・ゴビーノ」の高級チョコレートは、なんとチョコバナナになっていました! バナナは少し凍っていて、このおいしさは…是非食べてみてください。こんな贅沢なチョコバナナ、露天のおじさんも仰天です。

Domoriさらにさらに、『料理通信』2009年4月号「クリエイション魂」にご登場いただいた、ジャンルーカさんの「ドモーリ」のチョコレートは、ヒル サイドパントリー代官山のパンに挟まれてこんなかわいい姿に。


その他にも生ハムやチーズ、惣菜にワインなど、食べどころ満載です。何日か通わなくては! とお財布と相談しながらそっと決意しました。
12日まで開催していますので、食欲の秋全開で訪れてみてはいかがでしょうか。(toriyama)Hatimitsu

こちらもオススメ! イタリア産オレンジのハチミツと国産レモンで作ったハチミツレモン。お好きな濃さで!

2009年 10月 7日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

トークイベント@ジュンク堂新宿店、開催報告

Junku1_28月7日(金)にジュンク堂書店新宿店にて、編集長キミジマと「ピエール・エルメ・パリ ジャパン」統括シェフ・パティシエのリシャール・ルデュ氏によるトークイベントを開催いたしました。開会直前の突然の豪雨にもかかわらず、多くのお客様が駆けつけてくださいました。

「ピエール・エルメ、日本の茶畑を行く! スイーツ&お茶最新事情」と題し、エルメさんの茶畑探訪(詳細は『料理通信』9月号をご覧ください。茶畑で微笑むエルメさんは必見です!)の裏話を中心にトークは進行。リシャールさんのウィットに富んだ話術に、会場には何度も笑いの渦が起こり、また茶畑訪問時のエルメさんの秘蔵映像に、お客様の眼は釘づけになっていました。

Junku2そして、会場で一番の歓声があがったのが、リシャールさんからのサプライズ・プレゼントが登場した時です。なんと、8月6日(木)に特別販売開始となったピエール・エルメの「マカロン マロン抹茶」が、お客様とスタッフ全員に配られたのでした(実は『料理通信』9月号の記事を記念して発売された特別なマカロンなのです)。しかも、サービスはリシャールさん御自身によるもの(やっぱりフランス人の男性は優しいのです)! 私もいただきましたが、鮮やかな抹茶のグリーンに目を奪われながらも、そのおいしさにパクリと食べてしまいました。クリームはマロングラッセと抹茶、生地はマロン風味。食感も味わいも抜群のおいしさのマカロンです。

当日は、『料理通信』最新号や過去のスイーツ特集のほか、2008年10月にフランスで出版された『PIERRE HERME MACARON』の日本語版(旭屋出版刊)も販売され、リシャールさんとキミジマによるサイン会も行われました。トップ・パティシエとの素敵なひと時に、お客様は終始お楽しみくださった様子。ご来場下さった皆さま、そしてリシャールさん、ありがとうございました!(watanabe)

●ピエール・エルメ・パリ のサイトはこちらから
マカロン マロン抹茶は、8月29日(土)まで「ピエール・エルメ・パリ 青山」にて販売されています。「お茶にはマロンのフレーバーが潜む」とはエルメさんのコメントですが、「たしかに、そうですね」と日本茶を扱う方もおっしゃってました。(出張でイベントに参加できなかった、日本茶企画担当ogura。うーむ、残念)

2009年 8月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

「納涼・江戸前・シャンパンディナー」開催!

モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ2003 を楽しむ夕べ

7月29日(水)、お台場の「ホテル日航東京」の日本料理店「さくら」で、「モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ2003」で楽しむ「納涼・江戸前・シャンパンディナー」が開かれました。
ホテル日航東京と言えば、東京湾とベイブリッジを眼前に望むロケーションのすばらしさでつとに知られるホテルです。まずは、海に浮かぶ屋形船を眺めながら、テラスでのシャンパーニュで食前のひと時からディナーはスタート。

Photo_2

この日の目玉は、なんと言っても醸造最高責任者ブノワ・ゴエズ氏との交流にあります。鳥山の司会進行により、会場のお客様の質問に答える形で、ゴエズ氏からシャンパーニュ造りの真髄がたっぷりと語られました。

Photo_6 「モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ2003」は、猛暑で多くのメゾンがヴィンテージの仕込みを見送る中で造られた革新的なヴィンテージ・シャンパーニュ。この1本には、ゴエズ氏のチャレンジ精神が込められています。と同時に、従来、別格の位置付けだったヴィンテージ・シャンパ―ニュを、もっと身近に「個性」を楽しむシャンパーニュにしていきたいという、ゴエズ氏の願いや挑戦も込められています。

この日の料理は、テーマが「江戸前」、すべて魚料理という、これまたチャレンジングな内容! シャンパーニュだから受け止められるという側面があるとはいえ、料理長の果敢なひと皿ひと皿に大きな拍手を送りたくなりました。Photo_5

(上)グラン ヴィンテージ2003のロゼも用意され、各自一皿ごとに、白が合うかロゼが合うかを確かめながら、食事が進められました。ロゼの包容力には改めて感動!

(下)テーマは「江戸前」、魚料理オンパレードのメニュー。「さくら」の料理長さん、気合い入ってます。



Photo_7 そして、帰りには、サプライズのおみやげとして、「グラン ヴィンテージ2003」用のリーデル社特製シャンパングラスが。
ヴィンテージ・シャンパーニュを存分にいただくなんて贅沢、そうそうできるものでなし、でも、ちょっとはまってしまったかも(kimijima)。

2009年 8月 4日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

草むしり失敗、久松農園探訪

Hisamatsusan 『料理通信』ゲストアンバサダー堀田正子さんが事務局長を務める「こめみそしょうゆアカデミー」の「おでかけ・こみしょう」、通称“おでこみ”に足を運びました。

今回の訪問先は、茨城県・土浦市の「久松農園」。『料理通信』2008年7月号「インディペンデントな生産者たち」にご登場くださった、ひとり農家・久松達央さんの畑です。

とりたての枝豆を手に、畑を案内する久松達央さん。


紫峰・筑波山にほど近い久松さんの畑は、夏野菜と秋冬野菜の端境期を迎えていました。実が熟し、収穫されるのを待つ夏野菜たち。夏空の下、もぎたての野菜を手に久松さんがその性格や特徴、栽培の現状などを参加者に説明します。普段は滅多に立ち入れない久松さんの畑だけに、皆真剣な面持ちで耳を傾けました。

ビジネスとして農業を営む久松さんが最も重視するのは、「その旬に、時期を逃さず、鮮度良く、いかに消費者に届けるか」とのこと。そのために立てられる綿密な栽培計画には脱帽の一言です。計画には、経営努力はもちろん、顧客への細やかな配慮も盛り込まれ、多品目・多品種の短期間栽培が重視されています。それは販売ルートのすべてを直販でまかなう久松農園ならではの流儀。年間を通して顧客のもとに畑からの便り(商品)が絶えず届くように考えられており、また結果として廃棄物などのロスも少なく、経営上の無駄がないんですね。

「自分で作り、自分で売る」、このシンプルな久松さんの経営理念や、「安全より健康」「おいしさ第一」だからこそ選んだ有機農業の話に、日本農業が進める道の一つを垣間見た気がしました。

Tomato ところで、久松さんの話に夢中になりながらも、参加者たち(私だけ?)を更に虜にしたのが、畑でいただいたもぎたての野菜。生のままパクリと齧ったトウモロコシの甘さ、昔ながらの青臭くも濃い味のトマトといったら!田舎で暮らしていた頃の夏の記憶が一挙に蘇りました。実は、今回の“おでこみ”最大の目的は、秋冬野菜の播種を待つ畑の草むしり。にも関わらず、皆、元気な野菜を見て触れて、そして食べることに夢中になり、タイムオーバーになってしまいました…。草を伸ばして待っていてくださった久松さん、ごめんなさい。(watanabe)



Curry_2↑実はもちろん、葉や枝からも昔ながらのトマトの香りがします。

←久松さんの一番弟子で今年1月に独立された山内生子さんお手製の、とれたて野菜カレー。おいしさがじわじわと広がりました。

2009年 7月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

鳥取県大山町-知る人ぞ知る食の宝庫です!

1_2満月が照らす七夕の夜、新丸の内ビル7Fにある蒸し料理レストラン「musmus」にて、「鳥取県大山町フェア」が開催されました。鳥取と聞くと、つい反射的に鳥取砂丘を連想していませんか?(実は、私がそうでした…) 
いえいえ、鳥取の魅力はそれだけにとどまりません。鳥取は、ベニズワイガニ・クロマグロの漁獲量日本一を誇るなど、食シーンにおいても注目すべきエリアなのです。

なかでも大山町は、鳥取を代表する食の都。その理由は、独特の地形にありました。

2_2日本海と名峰 大山を望むこの町には、海抜0mから1709mという大きな標高差があります。この差こそが、豊かな食材をはぐくむもと。標高差の分だけ気温や地質に差があるので、お米、野菜、山菜、くだもの、海産物と、バラエティに富んだ食材が育つというわけです。
また、大山特有の肥沃な黒土やミネラル豊富な水があるのも、生産者にとってはこのうえない恵みとなっているのです。
フェアには平井伸治 鳥取県知事も来場。地元鳥取のご自慢食材のPRに大忙しでした。

3当日のメニューを見れば、その話も大いに納得できました。カウンターに所狭しと並べられたのは、ダイナミックな漁師料理から手の込んだ家庭料理、大山でしか食べられない郷土料理まで、実に多彩な品々。ひっきりなしにゲストが並び、どのお皿もあっという間に空になっていました。自然の恵みがたっぷりつまっているからこそ、ひときわ引き立つ素材のおいしさ。初夏にこれだけの味わいを堪能できる大山は、これからのシーズンこそ目が離せませんよ!(chiba)

料理のほんの一部。もずくよりコリコリした食感が特徴の海草は「坊主ごろし」と名前もユニーク。

2009年 7月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

“禁断の酒”が復活! 夏の午後はアブサン・カクテルで

Photo_3「自宅でハイボール」が流行っているそうですが、『料理通信』8月号「夏の酒と、つまみ」特集でも自宅でおいしいカクテルを作る秘訣(P.34、35)をばっちりご紹介しております。

そのページでご登場いただいたスイス人小説家、デビット・ゾペティさんが愛飲するアブサン(スイス・ジュラ山脈発祥のスピリッツ)の造り手、「アルテミジア」蒸留所のブニョン氏が来日します。

聞けばこのブニョン氏、もともとは海底油田の技師で非常に恵まれた将来を約束されていたにも関わらず、禁断の酒“アブサン”(20世紀は一部の国を除いて製造禁止されていた)の解禁を睨んで、たった一人で原材料のニガヨモギの栽培から蒸留までを手掛け、かつて人々を魅了した最高品質のアブサンを復活させた人。「アブサン国際コンクール」“アブサンティアード”では4年連続で最高優秀賞の栄光に輝いています。

Photo_5日本でもアブサンの魅力を伝えたいと東京、大阪、福岡で精力的にイベントを開催。詳細は各店のHPをご覧ください。(sone)

「アルテミジア」蒸留所ブニョン所長(といっても一人しかいませんが……)






------------------------------------------------------------------

「アルテミジア」蒸留所のブニョン氏来日イベントスケジュール

------------------------------------------------------------------
7月24日(金)17:30~23:00
東京・自由ヶ丘「語りBAR ZOO」にて
“Absinthe Night in 自由ヶ丘”
詳細:http://atzoo.net/
お申込み:メール もしくはTel:03-3725-0220

7月25日(土)16:00~22:30
東京・目黒「ザ・マッシュタン」にて“アブサンの夕べ”
詳細:www.themashtun.com
お申込み:メール もしくはTel:03-3725-0220

7月26日(日)15:00~18:00
東京・目白「田中屋」にて“アブサン・セミナー”
詳細:http://tanakaya.cognacfan.com/
お申込み:メール もしくはTel:03-3953-8888

7月27日(月)20:00~22:30
東京・高輪「グランドプリンスホテル高輪/ル・コネスール」にて
“今宵はアブサンと抽選会”
詳細:www.leconnaisseur.jp/
お申込み: メール もしくはTel:03-5423-7474

7月28日(火)20:00~22:30
大阪・内淡路町「ポワチエ」にて"ブニョン氏を取り囲むアブサンの夜"
詳細:www.poitiers.jp
お申込み: メール  もしくはTel:06-4790-9388

7月29日(水)14:30~16:30
新大阪「新大阪丸ビル新館=SAKE SHOP SATO」にて”アブサン・セミナー”
詳細:sakeshop-sato.com/
お申込み:メール もしくはTel:06-6855-1903

7月30日(木)
14:30~16:30 福岡・今泉「アルピーヌ」にて”福岡アブサン・セミナー”
20:00~24:00 福岡・今泉「ランデヴーデザミ」 にて“気さくにアブサンを楽しむ”
詳細:www.cache-cache.jp/
お申込み:メール もしくはTel:090-9478-9912

8月1日(土)12:00~17:00
東京・渋谷「渋谷エクセルホテル東急 6F」にて“成城石井セミナー”            詳細:www.seijoishii.com/etc/bookers/seminer.html
お申込み:メール もしくはTel:03-5429-1641

2009年 7月 14日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

【受付中】ヴィンテージ・シャンパーニュを気軽に楽しむ会

615076______2003_2615075____2003_2今夏は「泡」がトレンドです。
スパークリングワインの人気が急上昇中とはいえ、王道はやっぱりシャンパーニュ。
気分の華やぎが違うんですよね。
そんなシャンパーニュをもっと日常的に楽しみましょうよ、というイベントのご案内です。

シャンパーニュが嬉しいのは、料理もシチュエーションも選ばないところ。加えて、むずかしいことを言わずに楽しんでOK、造り手や畑、ヴィンテージまで深く知ってよし、という包容力は、ワイン界でもピカ一です。
今回は、「ちょっとたまにはヴィンテージ!」という大人の愉しみ方を、モエ・エ・シャンドンが提案します。

------------------------------------------------------------------
納涼 江戸前シャンパンディナー
モエのグラン ヴィンテージと共に

------------------------------------------------------------------

Photo【開催日】
 
2009年7月29日(水)
【時   間】 
19:30受付 20:00開始 22:00終了予定
【会   場】 
ホテル日航東京 「さくら」 
【定   員】 
30名
【会   費】
8,500円(消費税、サービス料、飲物代込み)
Jrt_001_2【申し込み方法】 
メールでお申し込みください。
件名「イベント申し込み」、お名前、年齢、人数、電話番号を明記の上、
こちらに送信してください。

●問い合わせ先 株式会社料理通信社 営業企画部 TEL03-5919-0445


モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ2003 ブラン&ロゼ × ホテル日航東京「さくら」の和食。お台場の夜景を望むテラスでウェルカム・シャンパーニュを、そして江戸前の旬な食材を使った和食とモエのヴィンテージ・シャンパーニュを心ゆくまでお楽しみいただけます。

Gouez_benoit_bd_3モエ・エ・シャンドン社シェフ・ド・カーヴ(醸造最高責任者) ブノワ・ゴエズ氏と、『料理通信』編集長・君島も皆様とご一緒させていただき、食後はミニトークショーを開催します。

夏の宵。上質なシャンパーニュと和食の喜びに浸りませんか?

2009年 7月 1日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

エスコフィエ協会の晩餐会開催!

Mainphoto 6月9日、“シェフの会”としてフランス料理の普及・発展・人材育成につとめる日本エスコフィエ協会「平成21年度晩餐会」がホテルオークラで開催されました。今年は会の創設者であり、初代会長を務められた小野正吉 永世名誉会長(ホテルオークラ東京初代総料理長)の13回忌の年。氏が愛してやまなかったという「平安の間」には、小野シェフの情熱と技術、矜持を受け継いだ583名の錚々たる顔ぶれが揃いました。

この日のメニューを担当した中田肇 洋食調理総料理長は、2つのコンセプトを込めたといいます。一つは、古き良きフランス料理を新しいスタイルに仕立てる「温故知新」、そしてもう一つは、食の安心・安全や食糧自給率への警鐘を鳴らす「環境」。その思いを表現すべく、ワインからバターまで、すべて日本各地から集めた食材が用いられました。
Onochefメニューの中には、小野シェフが得意とした舌平目の一品も。一皿一皿、その端々に至るまで、“ムッシュ・オノ”へのオマージュがあふれているようでした。

会場には、小野シェフゆかりの品も展示されました。

フランス料理の伝統を脈々と受け継ぎ、今後のフランス料理界をリードするシェフがこれだけ一堂に会するのは、年に一度だけのこと。この日の再会は、シェフたちのクリエイション魂をまた刺激したに違いありません。(chiba)

2009年 6月 25日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

「フードフランス2009/2010」がスタート!

今年も「フードフランス」が、6月18日(木)から青山「ブノワ」で始まります。
これは、メディアから見落とされがちな地方で活躍する若き料理人たちをパリや東京に招いてフェアを開催、彼らの才能を広く知らしめようというものです。
「文化は地方にある」を提唱するアラン・デュカスの発案・企画のもとに、2003年からまずはパリで、そして、東京では2006年から開かれてきました。
「フードフランス」に参加したシェフたちが、その後、ミシュランの星を獲得したり、本を出版したりと、評価を上げ、活躍の場を広げたケースは少なくありません。

今年は、6人のシェフが東京と大阪を訪れ、料理を披露します。
詳しくは、フードフランスオフィシャルホームページをご覧ください。

Light_dsc0634トップバッターは、大西洋に面する港町ラ・ロッシェル(大雑把に言えば、ブルターニュの下、ボルドーの上あたりに位置します)にある「レ・フロ」のグレゴリー・クータンソーさん(写真左)。私たち『料理通信』も取材に伺います!(kimijima)
Light_dsc0702_2

Light_dsc0073フランスの地方のガストロノミー文化を知るチャンスです。「レ・フロ」のグレゴリー・クータンソー(東京・青山「ブノワ」6月18~23日)の料理には大西洋の香りが、「ラ・バスティード・ド・ムスティエ」のウィルフレッド・オケ(大阪・梅田「ル・コントワール・ド・ブノワ」6月19~23日)の料理(写真下)には南フランスの気配が漂います。

Light_dsc0140_3

2009年 6月 14日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

ラムもいいけど、昼アペもね。

6月第1木曜日、毎年恒例「アペリティフの日」のイベントが全国8都市で開催されました。東京の会場となったのは、六本木ヒルズアリーナ。石田純一さんをアペリティフ親善大使に迎えて乾杯をし、賑やかに会はスタートしました。

Photo_2

この日は終日、錚々たるフランス料理の巨匠たちが集い、アペリティフに合わせたアミューズをふるまいます。考えてみたら、他にない、何とも贅沢なイベントですよね。平日にも関わらず、昼ワイン&昼カクテル×アミューズの悦楽に浸る人々で、六本木ヒルズはいつになく楽しげな雰囲気に包まれました。

R0011295R0011297 






今年はエコにも力を入れ、プラスチックカップではなく、持ち帰り可能なワイングラスを販売。グラスで飲めば、おいしさもひとしおですよね!ほんのり頬を赤らめながら、ワイン片手に、あれもこれもとアミューズに目移りする人たち(人のことは言えない・・・)の姿が印象的でした。(yagi)

Banner_2 ●料理通信アンバサダーによる「ニッポン列島食だより」がスタート。更新は毎週月曜・水曜・金曜です。こちらからGO!!

2009年 6月 10日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

今年の夏も、やっぱり、ラムでしょ!

Kicx5049女性客が急増! ラムフェスタ2009

先週末の「ラムフェスタ」お出かけになりましたか? 日曜はお天気もよくて、ラム酒日和でしたね。昨年より倍以上会場が広くなったにも関わらず、場内の人口密度は高く、ラムラヴァーたちの熱気でムンムン。女性の来場者が格段に増えていたのも驚きでした。

Kicx5060_2今回、来日したマルティニーク島の7社12ブランド中、一番寡黙で、大人しそうな人柄のマーク・サシエ氏(セント・ジェイムス蒸留所:写真上)は、実はマルティニークラムのAOC生産管理委員長も務める人物。個人的にお気に入りのボトルを尋ねたところ、ちょっと照れながら「2000年」と「240年キュベ・アニバーサリー」の2本を挙げてくださいました(写真右)。ラムはアルコール度数が決して低くないため、当たりが強いと感じることも多いのですが、右の240年は特に口当たりがまろやかで、余韻は静かなのに豊か、どこか造り手の人柄を思わせます。


Kicx5062_4また、現在輸入元が取り扱いを検討中という、特定のサトウキビ畑で造ったホワイトラム「フルール・ド・カンヌ(サトウキビの花)」(写真左)も、なめらかな舌触りが特徴で香りも優しくホワイトラムの新たな一面が垣間見える味でした。

「日本ラム協会」も立ち上がり、ますますラム酒と日本は接近中です。ラムの最新動向もチェックできますので、アクセスしてみてください。 ちなみに日本ラム協会の公式ブログは「日々ラム酒通信」です。通信つながり!?(ito)



●日本ラム協会へGO!!

http://rum-japan.jp/index.html

●ラムといえばこちらもお忘れなく!
『料理通信』2008年9月号「いま、ラム酒が熱い!」

2009年 6月 9日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

週末は、ラムフェスタ2009へ

Festaモヒートの恋しい季節がやってまいりました。そして、今年もジャパンインポートシステム主催のラムフェスタ2009が開催されます。

第2回となる今回は、フランス領産ラムに焦点をしぼり、マルティニーク島のほぼ全蒸留所を含む7社12ブランドの生産者が来日を予定しています。昨年は来場者が1000名を超え、セミナーには長蛇の列ができ、立見も続出。巷のラム熱をひしひしと感じました。生産者と直接交流できるまたとない機会なので、今年も会場は熱気に包まれそうです。ちなみに昨年の様子は、『料理通信』08年9月号 第2特集「いま、ラム酒が熱い!」でチェックしてみてください。(ito)

開催日時 6月7日(日)11:00~16:00(最終入場15:00)
会場    東京ビッグサイト レセプションホールB
入場料  当日券3000円(入場料1000円+ドリンクチケット200円×10枚)
       前売り券2000円
       ※ 前売り券はジャパンインポートシステムのホームページを経由して
       チケットぴあの特設サイトで購入できます。
問い合わせ先 株式会社ジャパンインポートシステム TEL 03-3541-5469
前売りチケットを購入された方はくれぐれも忘れないように!私も今から財布にしまっておきます。

2009年 6月 1日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

「アペ」の季節です

今日はあいにくの雨ですが、天気がよければ、テラスで寛ぐのに最高の季節ですね。夕暮れ時、レストランの予約までの時間を、気軽なバーやカフェでのんびり一杯なんていうのも、オツな休日の過ごし方かもしれません。「アペ(アペリティフ)しない?」 素敵な初夏の夜は、そんな一言で幕が開きます。

フランス食品振興会が毎年6月第1木曜日に開催する「アペリティフの日」のイベントが、今年も全国8都市で行われます。例年通り、名だたるフレンチの名店が出店し、アペにあわせた様々なアミューズを提供します。現在、インターネットで、東京、横浜、京都、福岡のチケットを販売中(当日の購入はできません)。開催を1週間後に控え、完売間近です! 楽しい週末の入り口に、皆さんで「アペ」しませんか?(yagi)

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * *  *  *
「アペリティフの日」に関する詳細とチケットの購入はコチラから
 Happy aperitif

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

2009年 5月 29日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

ホテル日航東京「タロンガ」1周年記念イベント

Tarongaこれまで『料理通信』では、ワインやビーフ&ラム、高品質オリーブオイルなど、恵まれた大地オーストラリアの食情報をお届けしてまいりました。EU連合国の国土すべてを合わせたのと同じくらい広大なオーストラリアには、まだまだ食の魅力が満載です。

ホテル日航東京レストラン「タロンガ」では、そんなオーストラリアの太陽と大地に育まれた野菜やフルーツ、肉、魚といった自然の恵みを中心としたグリル料理とワインで愉しむことができます。「タロンガ」とはオーストラリア先住民族アボリジニの言葉で「美しい水の眺め」を意味する言葉。東京を一望するお台場からの美しい眺めは、ホテル日航東京の特徴の一つです。

5月27日(火)、「タロンガ」1周年記念イベントとして、アメリカ『FOOD&WINE』誌が選ぶ「今活躍する世界のベスト10シェフ」にオーストラリア人としてはじめて選出されたルーク・マンガンシェフと、ホテル日航東京の斎藤英輔料理長のコラボレーションスペシャルディナーが開催されます。是非この機会にすばらしい水辺の景色と共に、モダン・オーストラリア料理と日本料理との融合を体験してはいかがでしょうか。

2009年 5月 12日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年4月30日 (木)

木村成克シェフ×編集長のスイーツ対談 開催報告!

Taidanyousu4月22日から3日間に渡って開催された「ファベックス2009」&「第6回 デザート・スイーツ&ドリンク展」。総来場者数60,867人と、飲食業界きっての大展示会は昨年を上回る盛況ぶりでした。

初日に開催された、編集長キミジマと「ラ・ヴィエイユ・フランス」木村成克シェフとのスイーツ対談。テーマは「フランス菓子の伝統を現代に生かす法」。木村シェフのルーツとも言えるフランス「BERNACHON」及び「LA VIEILLE FRANCE」での修業時代の話題を皮切りに、シェフのフランス伝統菓子への愛情、フランス菓子の現状、消費者のニーズへの対応や、次世代への期待などが、おいしそうなお菓子の映像とともに語られました。

Savirin対談途中、シェフお手製のお菓子が会場の皆さんに振る舞われました。シェフがもっと食べてほしいと願う「サヴァラン」です。きっちりと焼かれた生地が、ラム酒入りシロップにしっかりと浸かり、甘くもほろ苦く、誘惑めいた味わいに、うーん、大人になってよかった……!



Figue目の前の誘惑の虜になりながらも、シェフとキミジマのトークは続きます。おしまいには、木村シェフのお店に行ったら絶対に買おうと、密かに心に決めたお菓子がモニターに登場。それは「フィグ」。画面に映し出された鮮やかな黄緑色と、イチジクをかたどりながらもずんぐりと可愛らしい姿に目を奪われました。実はこの「フィグ」、フランスの伝統菓子の一つであり、ポピュラーな再利用菓子。「いかに材料を無駄にしないかがプロの仕事」と語る木村シェフの、食べ物への感謝の念がギュッとつまった一品です。オペラの切れ端をラム酒漬けのブドウやイチジクと混ぜて団子状にし、マジパン生地で包んだもので、ラム酒の効いた濃厚なチョコレートケーキのような味わいとのこと。「もとのお菓子とは全く違う形、味わいになり、それは新たな楽しみを生みだします」とシェフは語ります。環境破壊や食糧調達が問題となっている現代では、一番にお手本にしたい「最後まで素材を使い切ること」が、伝統的に(しかも楽しく)行われてきたフランス菓子。その奥深さを改めて教わりました。

Asahiya_2時代を超えて伝えられていくことには何かしらの理由が必ずあるものだし、フランス菓子の伝統や精神は、お菓子作りだけでなく、もしかしたら生活全般にも生かすことができるのかもしれないなぁと、しみじみとしていたら、あっという間に対談は終了、濃密な時間はサヴァランとともに去りぬ…。木村シェフ&ご来場くださった皆様、どうもありがとうございます。(watanabe)   

会場には旭屋書店さんも出店し、『料理通信』バックナンバーをお取り扱いいただきました。

2009年 4月 30日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

三越バレンタイン2009イベント報告 その③

寒い日にはショコラショー!

チョコレートの新しい楽しみ方を体験していただきたい、ショコラショー(ホットチョコレート)を是非知っていただきたいと行ったイベント。ピエール・エルメ・パリの全面協力を得て、ジャパン統括・シェフパティシエのリシャール・ルデュさんが堪能な日本語でレシピをご紹介くださいました。

R0011016

基本バージョン(ストレートタイプ)に加えて、フレッシュフルーツをミキシングしたバージョンUPタイプ、そしてスパイスなどを入れた様々な味わいのバリエーションなど。どれもほんとにステキです。

そして、開催中、本当にラッキーなことにピエール・エルメさんご本人が来日されました。参加された皆様も熱心にメモをとったり、積極的に質問をしてくださったり……。こんな時、トリッパ隊として幸せを感じます。
会場でのサイン会では、幸運な方は「エルメさん×リシャールさん」のWネームサイン入り商品をGETされました。

R0011022_5R0011024_5   









もちろん、キミジマもWサインをゲット。
両氏とハグして、頬がローズなキミジマ!

まだまだ寒い日もあるこの季節、やっぱりショコラショーでしょ!(murata)

2009年 3月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

三越バレンタイン2009イベント報告 その②

フレンチプレスとチョコレート

コーヒーとチョコレートのマッチングについては、『料理通信』2月号でお伝えしていますが、その編集企画と奇しくも同じ立案となった「フレンチプレス・コーヒーと楽しむチョコレート」のイベント。
R0010937_2

R0010926 講師は仙台「バルミュゼット」川口千秋バリスタ。もともとは、ヤギが『料理通信』2008年5月号の“食の文化遺産~仙台”でお世話になったことが出会いでした。(←違います。2007年11月号で豆をご紹介したのが先です!担当オグラ)
イベント担当ムラタは、仙台三越でのプレイベント開催の際、念願だった「バルミュゼット」カフェにもお伺いすることが出来ました(至福)。

(右)仙台から東京まで、川口バリスタとともに奥様の明子さんにもコーヒー抽出をお手伝いいただきました!!




R0010918_2 フレンチプレスはボダム・ジャパンさんからのご協力、マッチング用のチョコレートは、ご存知ヴァローナ社のキャレ。フレンチプレスは豆本来の味わいを忠実に抽出するので、技術よりも状態の良い豆のセレクトが重要。魔法のスプーン技などもわかりやすくプレゼンテーションしてくださった川口バリスタは、とっても素敵なトリッパ隊の知恵袋です。(murata)

R0010960_2 川口バリスタのユニフォームは、『料理通信』でもお世話になっている「セブンユニフォーム」さん!

そのクオリティや機能的+スタイリッシュさなど、川口さんとめっちゃ話が盛り上がりました!

2009年 3月 4日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

三越バレンタイン2009イベント報告 その①

ルレ・デセールイベント、今年も盛大に開催!

今年で3年目を迎えるルレ・デセールメンバーによるトークショー&デモンストレーションは、会長のフレデリック・カッセル氏を筆頭に、エリック・ベルニュ氏ローラン・デュシェーヌ氏が来日。そして何と今年は日本橋三越本店のイベントに、日本人メンバーの「エーグルドゥース」寺井則彦シェフが特別参加くださり、デモ&トークが一層盛り上がりました。

4

ルレ・デセールの来日メンバーと「エーグルドゥース」寺井則彦シェフ(右)。売り場に集まった大勢のファンを前に。

実はデュシェーヌ氏と寺井シェフは、かつてル・コルドン・ブルーにおいて共に教壇に立っていた旧知の間柄、大変仲良しなのです。そんなルレ・デセールメンバーの“ご縁”を形にした「日仏ルレ・デセールメンバーのコラボBOX」が特別販売され、ここでしか買えないBOXにサインをもらおうというショコラ・ファンで大賑わいとなりました。
(sakanishi)

Photo_9

Photo_10
















(左)デュシェーヌ氏と寺井シェフの2ショット。かつては同じ教壇で教えていたとあって息もぴったり。トリュフの作り方を披露してくれました。

(右)イベント会場では着席でご参加されたお客様に限り、特別試食が盛りだくさん! これは「フランスの良質な生クリームで作るボンボンの味をぜひ知ってほしい」とローラン氏自らフランスから持参したガナッシュ入りのトリュフ。

Photo_3今年も司会進行は内坂芳美先生。フランスの名だたるシェフやパティシエたちが「YOSHIMIがついてくれるなら安心!」と絶大な信頼を寄せています。

2009年 3月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

『料理通信』のロゴ制作者 「クラフト・エヴィング商會の装幀」展

12月24日(火)まで、紀伊國屋画廊にて「クラフト・エヴィング商會の装幀」展が開かれています。

「クラフト・エヴィング商會」と言えば、『料理通信』のロゴ制作者。

クラフトさんが描き出す世界が好きで好きで、新しい雑誌を立ち上げるにあたって、「ロゴをお願いしたい」とご相談に伺ったのは、2005年の秋でした。
下北沢の喫茶店でコーヒーを飲みながら、「雑誌名は『料理通信』にしようと思うんです」と申し上げたところ、「食の世界の“通信社”ですね」と言われたのです。「世界の片隅の小さな通信社で電信機がカタカタ鳴っているような」と。
私は感動しました。その時、自分たちがやろうとしていることに対して、具体的なイメージを与えてもらったのだと思うのです。立ち上げに必死で、無我夢中で、漠然と『料理通信』という名前だけは握りしめていた私たちに、どんな存在として生きていけばよいのか、そこで示されたかのようでした。

42クラフトさんが描き出す世界は、どこか懐かしく幻想的で、その中にこの世の真実がひっそりと隠されていて、現実に飲み込まれてしまいがちな自分をそっと本来いるべき場所に連れ戻してくれる……そんな気がします。

私とクラフトさんとの出会いは、『どこかへいってしまったものたち』でした。奥付には、こんな絵が(右)。

『料理通信』のロゴは、自己主張の強い雑誌ロゴ(書店で目立つことを前提に考えられるから仕方がないのですが)の中にあって、異例の華奢さ。モダンでありつつ、どこか懐かしくもある、そんな時間を超越したテイストと、主張しすぎないけれど芯の強そうな「佇まい」が、私は本当に好き。クラフトさんのキャラクターそのままであり、私たちが目指す生き方でもあります。(kimijima)

クラフト・エヴィング商會の装幀
「ちくまプリマ-新書」100点を記念して


会期 2009年2月12日(木)~24日(火)
時間 10:00~18:30(初日は~17:30、最終日は~18:00)
場所 紀伊國屋画廊
  筑摩書房のサイトはこちらから
  http://www.chikumashobo.co.jp/blog/news/entry/117

2009年 2月 15日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

2009年2月10日 (火)

ココアじゃなくて、ショコラ・ショー

Herme1_3 ショコラ・ショー(ホットチョコレート)がブームの兆しです。
板チョコしか食べたことのなかった私たちがボンボン・ショコラを知ってショコラに目覚めたように、食パンで育った私たちがバゲットでパンのクロッカンな味わいに目覚めたように、砂糖入り粉末ココアをねりねりして飲んできた私たちが、本場フランスのショコラ・ショーを知って、ココアの概念は変わりつつあると言えるでしょう。

Photo_4 「三越バレンタインフェア2009」の『料理通信』PRESENTSスペシャルイベント、2月11日(水)は、日本橋三越本店・銀座三越ともに、「ピエール・エルメ・パリ」リシャール・ルデュさんによるショコラ・ショーの作り方講座です。
フランス式ホットチョコレートのお作法を習得するチャンス!行かねば。(kimijima)

≪2月11日(水)ショコラショー講座≫
11:00~12:00 日本橋三越本店 7階催物会場
13:30~14:30 日本橋三越本店 7階催物会場
15:30~16:30 銀座三越 8階催物会場
17:30~18:30 銀座三越 8階催物会場

CHECK!!■
今、ピエール・エルメさんご本人もパリから来日中。
イベント当日、三越のイベント会場でもサプライズゲストとして皆さんの前に登場するかもしれません!!!すごい!


*料理通信3月号巻頭頁“FOOD”でもショコラショーをご紹介しています!

----------------------------------------------------------

0903_08082_2_3
小さな店の主たちのバイブル、小さな店特集第1弾2007年8月号と、小さな店の“強さの秘訣”にじっくり迫った2009年3月号をセットで販売中。セットでお求めの方に限り、3月5日お申し込み分までセット分の送料をサービスさせていただきます。(料理通信ONLINE SHOPでご購入の場合のみ適用となります)
⇒ご注文はこちらから [ONLINESHOP “小さな店”セット]へGO!!
------------------------------------------------------------------

2009年 2月 10日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

バレンタイン・スペシャルイベント いよいよ明日から!

Mitsukoshi~三越バレンタインフェア2009~


ショコラ・シーズン到来! 今年も『料理通信』PRESENTS バレンタインイベントがスタートします。
昨年に引き続き、パティシエのプロ集団「ルレ・デセールメンバートーク&実演イベント」。さらに、「ピエール・エルメ・パリ」の統括シェフパティシエ、リシャールさんによるショコラ・ショー講座。そして、仙台から「バル・ミュゼット」川口千秋さんを迎えて「コーヒー×カカオ」セミナーなど、『料理通信』本誌企画を体感していただく企画で皆さんをお迎えします。ぜひふるってご参加ください。*参加費は無料です

------------------------------------------------------------------
ルレ・デセールメンバーによるトークショー&デモンストレーション
------------------------------------------------------------------

出演:フレデリック・カッセル氏(ルレ・デセール会長)
        エリック・ヴェルニュ氏
        ローラン・デュシーヌ氏

2月3日(火) 日本橋三越本店 7階催物会場
①14:00~15:00 ②18:00~19:00
2月4日(水) 星ヶ丘三越 8階催物会場
①12:00~13:00
2月4日(水) 名古屋栄三越 7階催物会場
①14:00~15:00 ②17:00~18:00
2月5日(木) 銀座三越 8階催物会場
①17:00~18:00 ②17:00~18:00

------------------------------------------------------------------
注目のチョコレート新スタイル 「ショコラ・ショー」レシピ講座
------------------------------------------------------------------

出演:「ピエール・エルメ・パリ」ジャパン
    統括シェフパティシエ リシャール・ルデュ氏

2月11日(水・祝) 日本橋三越本店 7階催物会場
①11:00~12:00 ②13:30~14:30
2月11日(水・祝) 銀座三越 8階催物会場
①15:30~16:30 ②17:30~18:30

------------------------------------------------------------------
フレンチプレスのコーヒーとチョコレートを楽しむセミナー
-----------------------------------------------------------------
出演:「バル・ミュゼット」バリスタ 川口千秋氏

2月5日(木) 日本橋三越本店 7階催物会場
①14:00~15:00 ②17:00~18:00
2月6日(金) 銀座三越 8階催物会場
①14:00~15:00 ②17:00~18:00

2009年 2月 2日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

サロン・デュ・ショコラ 開幕です! ~まずは開幕式の様子から

0_3

●サロン・デュ・ショコラ 開幕式開会です。さあ、今年の趣向は・・・?

00_2

ショコラの森の妖精が、皆さんをショコラの世界にいざないます・・・














123

ショコラをテーマにしたファッションに身を包んだ子供たちが登場。かわゆす!
5

続いて大人たちが登場。今年は全15カ国、約60ブランド、ショコラティエ&パティシエは約40名が来日。おなじみの方も、初めての方も・・・。

4 

サロン・デュ・ショコラは伊勢丹新宿店本館6階催事場にて、26日(月)まで。
次回ブログでは、TRIPPA恒例、買い物トークを公開・・・の予定です。さてリサーチしなくちゃ。(ogura)

2009年 1月 23日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

終了間近!「MARUNOUCHI house Meets MIE」

1 東京・新丸の内ビルディングにて1/13から1/25まで開催中の三重県フェア「MARUNOUCHI house Meets MIE」。去る1/15(木)、アトリエルームにて小誌編集長 君島佐和子によるワークショップ「Mie delicious Workshop~おいしい勉強会 三重はお宝の山? 『料理通信』編集長が語る食材発見の楽しさ」が開催されました。

三重県には「三重ブランド」と「バイオトレジャー発見事業」という食を中心とする県産品活動があります(君島は「バイオトレジャー発見事業」の選定委員を仰せつかっております)。君島曰く、「三重ブランド」は歌舞伎の名門のようなもの。松阪牛や的矢かきといった、世界に冠たるブランド品。「バイオトレジャー発見事業」はホリプロスカウトキャラバンのようなもの。磨けば光る逸材を探し出す“食材版オーディション”であります。

バイオトレジャー発見事業候補食材の生産者を訪ねて、「毎日着ている衣服は、よそ行きの服のように特に自慢はしない。けれど、毎日着られるということは上質で着心地が良いもの。上質な普段着のような三重の食材は、もっと自慢してよいすばらしいものだ」という気持ちが強くなったようです(現地を訪れた模様はTRIPPA通信バックナンバーをご覧下さい)。

当日は、現地の様子や三重県のこのような活動に対して、君島的視点を盛り込みながら、1時間ほどお話をさせていただいた和やかな会となりました。「フランス人やイタリア人に食べさせたくなるような世界に自慢したい食材もある。県庁さん、頑張って!!」とエール(なのか、脅しなのか・・・)を送って、会はおひらきに。松阪赤菜の漬物を2種類試食し、参加者の方におみやげとしてバイオトレジャー食材「マイヤーレモン」と三重ブランド「ひじき」が配られました。

25日まで新丸ビル7F 「丸の内 HOUSE」レストラン全店で、様々な三重の食材を使った料理を食べることが出来ますので、是非ご自身の“舌”で体験してください。(toriyama)


-------------------------------------------------------------------

東京新丸の内ビルディング 三重県フェア
[MARUNOUCHI house Meets MIE]

Photo_41月25日まで、丸の内ハウス(新丸の内ビルディング7階)内8店舗のレストランで、三重県食材を使った創作メニューが味わえます。今週末まで。お見逃しなく!
【期 間】 1月13日(火)~25日(日)
       *但し18日(日)は休館日
【会 場】 新丸の内ビルディング7階 
              丸の内ハウス

2009年 1月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

クリスマス返上! 三重食材の旅・その1

昨年12月24、25日、つまり、クリスマスイブとクリスマス、私は三重にいました。
クリスマスを一緒に過ごす相手が三重にいたからではありません。仕事です、仕事。昨年から三重県バイオトレジャー発見事業*の選定委員をさせて頂いており、その関係で松阪赤菜、伊勢ひじき、岩がき、干なまこ、黒毛和牛の生産者を訪ねていたのでした。

スケジュールを告げるメールを見た時は、一瞬「冗談?」と思いましたね。けれど、お相手が冗談メールを送るような方々でないことは、私自身がよーく知っている。単に私がクリスマスに三重出張を入れて不都合があるような人間に見えなかったというだけの話でしょう(実際、何の不都合もないのですが)。食ジャーナリズムに携わる者として、クリスマスをレストランで過ごすのか、干なまこや黒毛和牛と過ごすのか? どちらかを選べと言われたら、そりゃ、後者を選ぶね、わたしゃ。

*「バイオトレジャー」とは三重県独自の造語で、「地元に埋もれている農林水産資源や、それらの資源を活用したビジネスアイデア」を意味します。
http://www.pref.mie.jp/chisanm/hp/bio/index.html

さて、三重の旅は「松阪農業公園ベルファーム」での昼食からスタートしました。公園内に「伊賀の里モクモク手づくりファーム」が運営するバイキングレストランがあるのですが、これがよくできてるんです。地の米、地の野菜、地の魚を使ったメニューがずらり勢揃い。どれもが低カロリー・高ビタミン・高無機質・高繊維で、打倒メタボな料理ばかりなのです。「切干大根のアラビアータ」などひとひねりあるのもいい。「この店、編集部の近所にほしい……」とひそかに思う私。

Photo_4昼食を終えたら、さっそく視察開始です。まずは松阪赤菜の生産者を訪ねます。松阪赤菜とは、35年ほど前に流通が途絶えていたのを杉山喜代子さんらのグループ「紅工房」が復活させた、三重の伝統野菜のひとつ。京都のお漬物屋さんに並ぶ「日野菜」の原種と言われ、漬物が一般的な食べ方ですが、お浸しやサラダでもいけます。松阪牛のすき焼きの箸休めとしてよく食べられていたそうです。杉山さん、「これ、蒔いてみたら」と言われて、どんな作物なのかよくわからないまま、畑に蒔いたそうな。芽が出て、育つにつれ、葉も茎も根も真っ赤な姿に、「いやぁ、べっぴんさんやなぁ」と驚いたとか。Photo_6 「べっぴんさんって名づけようか思うたら、松阪赤菜って名前があるいうんで」。現在はメンバー8人で栽培して、そのまま出荷したり、漬物に加工して販売しています。こんな野菜があるということを多くの人に知ってほしいと願う日々だそうです。

写真上が松阪赤菜。お浸しにしてもおいしい。

起源は400年前に遡る伝統野菜。一時途絶えていたのを女性パワーが復活させました。

-----------------------------------------------------------------
INFORMATION
この冬は三重が熱い!? おいしいイベントが目白押しです!

-----------------------------------------------------------------

東京新丸の内ビルディング
三重県フェア[MARUNOUCHI house Meets MIE]

1月13日~25日の間、丸の内ハウス(新丸の内ビルディング7階)内8店舗のレストランで、三重県食材を使った創作メニューが味わえます。併せて、三重県食材のワークショップを開催します。ふるってご参加ください。
【期 間】 1月13日(火)~25日(日)*但し18日(日)は休館日
【会 場】 新丸の内ビルディング7階 丸の内ハウス

Mie Delicious Workshop ~おいしい勉強会
三重はお宝の山?
『料理通信』編集長が語る食材発見の楽しさ

三重県を訪れた小誌編集長・君島が、三重の食材の魅力を語ります。特別品の試食あり! 三重ブランドについてはこちらから⇒http://www.miebrand.jp/
【日 時】
 1月15日(木)19:00~20:00 
【場 所】 新丸の内ビルディング7階 丸の内ハウス アトリエルーム

----------------------------------------------------------------- 
東京銀座三越「美し国三重フェア」

三重県が誇る食材の数々を販売、フロア内のレストランでは三重県食材を使った創作メニューが味わえます。
【期 間】 1月13日(火)~26日(月)
【会 場】 銀座三越 地下食品フロア
      「美味し国三重フェア」サイトはこちらから

2009年 1月 9日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

『料理通信』読者限定ディナー報告

「モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ 2003   
 日本料理との融合」

Photoシャンパーニュで新年を祝いつつ、年明け最初の原稿をこうして書いております。テーマは、12月6日(土)18:00~、パーク ハイアット 東京「梢」で開かれた『料理通信』読者限定ディナー「モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ 2003 日本料理との融合」のご報告です。
パーク ハイアット 東京「梢」の個室で行われました。


モエ・エ・シャンドンが画期的なヴィンテージ・シャンパーニュをリリースするので、フランスのシャトーへ来ませんか、とのお誘いを頂いたのは、去年のまだ寒い季節のことでした。副編集長の曽根が赴き、そこでお披露目されたのは、2003年という猛暑の年(酸度が上がらないため、グラン・ヴィンテージになり得ないと言われる)のヴィンテージ・シャンパーニュ。過去の猛暑年のヴィンテージの真価を検証(これが実は優れているんですね)しながら、決して勝算のない賭けではないことを示してのプレス発表だったそうです。

Photo_2ジンクスに挑戦した「グラン ヴィンテージ 2003」が、はたしてどんな仕上がりになったかは、『料理通信』誌上(2008年8月号P.62~63、11月号P.38~41)でも度々お知らせしてきた通り。そんな「グラン ヴィンテージ 2003」の革新的な魅力を実際に体験して頂く機会を設けましょう、との意図から企画されたのが、この「梢」でのディナーなのでした。

料理の内容は、昨年11月号でご紹介しているので、そちらをご覧頂くとして、料理をご考案くださった大江憲壹郎料理長の言葉をご紹介しましょう。

Photo_3「2003年以外に2000年、1996年とモエのグラン ヴィンテージを飲み比べて、2003年の特徴を掴んだ上で臨みました。2003年は非常にフレッシュで旨味が豊か、日本酒で言えば純米吟醸ですね。ポイントは、醤油や味噌といった日本料理ならではの調味料とシャンパーニュがどんなマリアージュを見せるか、でした。醸造物同士、何かしら共通の要素を持っているわけで、合うはずなんですね。それをどう膨らませるかに心を砕きました。私にとっての挑戦だったのは、鮎うるか、鮟肝といった珍味との相性です。珍味には日本酒が常套ですが、はたしてシャンパーニュとはどうなのだろう……回答は、お客様の受け止め方に委ねたつもりです」
大役を終えた大江料理長とツーショット。

先付、向付、造り、珍味、焼物、進肴、食事、デザートの全8品、それぞれに7、8種の候補を挙げた上で、シャンパーニュとの相性と流れを熟考して作り上げたコースだったそうです。「グラン ヴィンテージ 2003」とのマリアージュについては、参加者全員がこのディナーでほぼ1人1本を開けたという飲みっぷりが何よりも物語っているでしょう。

Photo_9Photo_10 

Photo_8写真上左)
お造りは、刺身でなく握りで。「本鮪大とろ握り、鯖すし炙り、甘海老」。

写真上右)
大江料理長にとっての挑戦がこの珍味、「鮎うるか柚子、鮟肝旨煮、牛蒡揚げ煮、揚げ銀杏、舞茸、菊菜、精進麩旨煮胡麻白和え」

写真左)

珍味はこのように取り分けられて。


Photo_11Photo_12 

写真左)「飛鳥鍋」です。骨付き地鶏、つくね、椎茸、白菜巻、九条葱、赤蒟蒻が入っています。
写真右)〆は「浦臼の牡丹蕎麦、小海老玉葱かき揚げ温玉絡ませ」でした。


Photo_13

ヴィンテージ・シャンパーニュには、「収穫年の個性を味わう」という愉しみともうひとつ、「時間を経た後の熟成を堪能する」という愉しみもあります。「グラン ヴィンテージ 2003」が数年後、どんな味わいを描き出すのか。その時、どんな料理が似合うシャンパーニュになっているのか。想像するだけで胸躍るというものです。(kimijima)

2009年 1月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

フランスチーズ鑑評騎士の会 叙任式が行われました

今年は日仏友好150周年。様々なところでイベントや式典が行われていますが、チーズの世界も例年に増して盛り上がりを見せています。

「フランスチーズ鑑評騎士の会」というのをご存知ですか? もともとは、フランスの伝統的チーズを守っていくため、そしてチーズの製造、販売に携わる人々を支援するため、1954年にフランスで設立された会。現在、そのネットワークは世界中に広がり、会員数は延べ1万5千人を数えます。また、チーズを専門に扱う業種の人だけでなく、一般愛好家まで会員の幅を広げています。

Photo_7その日本支部が、11月の半ば、「ホテルメトロポリタンエドモンド」で新騎士(=シュヴァリエ)の叙任式と祝宴を催しました。「フランスのチーズを心から愛する人たちの集まりへようこそ」とグラン・オフィシエ(大将校)である江上料理学院院長、江上栄子さん(右)からの挨拶の後、新たなシュヴァリエに任命されたのは19名。

Photo_10一様に緊張の面持ちを浮かべながらも、「プティ・ポワン」北岡尚信シェフ(左)や、「フェルミエ」本間るみ子さんなど、オフィシエ(将校)の称号を持つ方々の推薦の言葉を受け、叙任の儀式を済ませました。

Photo_15 引き続いて行われた祝宴で、会場はさらに活気づきました。鏡開きには岸 朝子さん、宇田川 悟さんらが参加。また「ビゴの店」藤森二郎さんと共に壇上に上がったフィリップ・ビゴさんは、会場全体をトークで盛り上げ、「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」総料理長の中村勝宏さんは、松平博雄賞という大変栄誉ある賞を受賞するなど、錚々たる顔ぶれが並びました。集まったシュヴァリエたちは、上質な料理の数々や各テーブルに配られたチーズプラトーに舌鼓を打ち歓談を楽しみながらも、壇上に熱い視線を向けていました。(yagi)

Photo_12Photo_14Photo_13   












(上)ヨーロッパのワインコンクールでチャレンジ金賞を受賞した純米吟醸酒「郷乃伊譽」で鏡開き。(左)関西弁でチーズに対する思いを熱く語り会場を盛り上げたフィリップ・ビゴさん。(中)チーズ・プロフェッショナル・協会の桝田規夫さん。(右)桝田さんが手掛けたチーズプラトー。日仏150周年を記念して、和と洋の融合を図っている。

2008年 12月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

プロフェッショナル・テイスター、リッカルディスさんのお茶目な一面。

Lunchiクリスティアーノ・デ・リッカルディスさんを覚えてますか? 9月1日付け「アンバサダーブログ」で、柴田香織さんが書いてくださった、食材のプロフェッショナルテイスター&コンサルタントです。「彼のワークショップに参加してみたいなあ…」と思いながら、ブログUPの作業をしていたら、三笠会館 企画・広報の秋葉佐知子さんから、「リッカルディス氏のオリーブオイルレクチャーを絡めたお食事会を行います。いらっしゃいませんか?」とお誘いいただきました。はい!ぜひとも!

9月23日、銀座三笠会館本館にはリッカルディスさんのレクチャーを受けるべく、70名を超える皆さんが集まりました。まずはリッカルディスさんの紹介を兼ねたプロモーションDVDを披露(作:ご本人)、続いてオリーブオイルの基礎知識、4種のオリーブオイルのレクチャーが行われました。最後に三笠会館本店「トラットリア・メッツァニィノ」料理長・坂本朋麻氏による、州別オリーブオイルを使った5皿の料理が供されました。(あ、すみません。写真を撮らずに1皿食べてしまったため、写真は4皿だけです)

Menu1Menu2Menu3Menu4_2    
Teacher_cheeseリッカルディス氏は、カメラを向けるとどんなに遠くからでも目線を送ってくれるほどサービス精神旺盛。食事の最中も、全てのテーブルを回って言葉を交わすほど(オーガナイザーの柴田さん、お疲れ様でした!お察しします!!)。そして4日間のレクチャーを終えた最終日に、取材のため編集部を訪れてくださいました。手にはシックな色の花束が。さすがイタリア人です。


4日間のワークショップには、チーズの回もありました。こちらにはヤギが参加。かなり刺激されて帰ってきました。

Koganeimo編集部で話をしていると、彼の目は机に積んであるお菓子に釘付けに。「アレはなに?」。おりしもあったのは「ゼイタク煎餅」「黄金芋」「勘三郎せんべい」などなど、渋い日本のお菓子ばかり。ニッキ味の芋菓子を食べて「うーん。これはカネッロ(シナモン)ね」。ゼイタク煎餅を食べて「これは生地に卵の味がするね。好き」と、プロのテイスターらしい発言が次々と飛び出します。そして、一番気に入られたのが「塩みつかりんとう」。どうやら止まらなくなってしまった様子。結局食べかけだった袋を、そのままお持ち帰りいただきました。⇒黄金芋を片手に。

そんなお茶目なリッカルディスさんのインタビューは、12月6日発売『料理通信』1月号でご覧いただけます。もう少しお待ちくださいね。(ogura)

2008年 11月 25日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

ボジョレー ヌーヴォー解禁!

Cdp11月第3週の木曜日、そう、本日はボジョレー ヌーヴォーの解禁日。深夜12時、六本木ミッドタウンにて、「ジョルジュ・デュブッフ氏と共に2008年ボジョレー ヌーヴォーの解禁を楽しむ会」が行なわれました。会場には、フランスからデュブッフさんご本人と、ボトルをイメージした衣装を身にまとった“親善大使”ベッキーさんが登場(かわいい!)。日付が替わる10秒前からカウントダウン、12時になると共にいっせいにワインが振舞われました。2008年は収穫量はとても少ないけれど、質の高いブドウが収穫されたようです。

現在発売中の『料理通信』12月号でも、ボジョレー ヌーヴォーの愉しみをご紹介しています。神楽坂「ルグドゥノム ブション リヨネ」では、誌面でご紹介した料理を11月20日~30日までアラカルトで楽しめます。もちろん、ジョルジュ・デュブッフもオンリストしています。
----------------------------------------------------------------
L'oeuf meurette, fricassée de champignons de saison
卵のムレット 季節のキノコのフリカッセ 
L'assiette Saint Cochon
サン・コション 
La cervelle de canuts
セルベール・カニュ 
La pêche de vigne, façon Melba, sorbet vin rouge
赤い桃 メルバ風 赤ワインのシャーベット
----------------------------------------------------------------
Gd_2
撮影の時に一通りいただきましたが、ん~、どれもワインが進む味。年末進行中でなかなか余裕がないのですが、行きたいなあ。(ogura) 

2008年 11月 20日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

ミシュランガイド東京2009 出版パーティ 駆け足報告

R0010304昨日発表されたミシュランの星の行方。『料理通信』は記者会見と出版パーティに行ってまいりました。今年の傾向や考察などはいろいろと取材を受けている編集長にお任せするとして、ブログではさくっとパーティの様子を写真でご紹介しましょう。

今年の会場は、表参道ヒルズです。吹き抜けの部分に舞台を作り、三ツ星が発表されると壇上から降りてくる・・・という趣向。舞台正面には、ムービー&スチールの面々が。

R0010305


受賞パーティが始まる5分前には、ビバンダム君が登場し「5min」ボードを掲げてポーズ。かわいい。
パーティ会場では、サービス精神旺盛なビバンダム君の姿が印象的でした。今日、知恵熱出てないといいけれど。




R0010313_3R0010318_2   

さて関係者、来賓のスピーチが終わるとクライマックス、今年の三ツ星料理人が次々と発表されます。トリはNEW三ツ星シェフの「いしかわ」の石川さん! ちょっと緊張しているように見えますね。今年は石川さんが加わり三ツ星店は9軒に。

R0010322舞台からパーティ会場に移っても、囲み取材は終わりません。ヒーローインタビューのようだ。ちなみに、囲みの外からのぞいていましたが、何を話しているのかは残念ながら聞こえません。石川さんは、現在発売中の『料理通信』12月号「食のプロを刺激する店」で、ご登場いただいています。
フロアには、初エントリー「エディション・コウジ・シモムラ」の下村シェフの姿も。思わず「お、おめでとうございます」と握手。「来年は、壇上に上がりたいね・・・」とおっしゃるシェフ、うずうずしていらっしゃるようでした。

さーて、今夜はボジョレーの解禁だ! これからジョルジュ・デュブッフの解禁パーティに行ってきます。(ogura)

1122211221 11224
11223_2 写真は頑張るビバンダム君と、石川さんの感動的な一瞬・・・そして、お土産の箸おき。ちなみにお箸は招待状と共に届きました。

2008年 11月 19日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

2008年11月11日 (火)

あのルーチェのヴァーティカル・テイスティングを体験!

036イタリア・フィレンツェの名門フレスコバルディ家と、カリフォルニアの人気ワイナリー、ロバート・モンダヴィが手を組んで、1995年、トスカーナに設立した「ルーチェ・デッラ・ヴィーテ」。そのフラッグシップワイン「ルーチェ」がリリースされるやいなや注目を集め、瞬く間に高い評判を得たことはよく知られています。

忘れもしません、1999年9月30日、場所は「パーク ハイアット 東京」のボールルーム。ランベルト・フレスコバルディ氏とティム・モンダヴィ氏を迎えて開かれた華やかなお披露目のパーティでのこと。「ルーチェ」の造り手2人を前に大盛会となったこの日の記念品として手渡されたのが、ワインボトルが入ったと思しき箱でした。同席の人々と「えっ、ルーチェ?」と冗談半分に色めきたったものの、ボトルの正体はグラッパ。至極納得したのも懐かしい思い出です。

あれから、10年。「ルーチェ」のヴァーティカル・テイスティングが開かれると聞き、駆け付けました。会場は、メルシャン本社会議室。ルーチェ・デッラ・ヴィーテ社長ジョバンニ・ゲッテス氏によるレクチャーを聞きながら、テイスティングした結果は(あの、ごくごく個人的な感想ですので)……。

1994  際立つ酸。ブドウの生なフレッシュ感。時間が経つと、淡い苦味が顔を覗かせる。
1997 フレッシュ感より熟成感。“甘くないポート”のような印象。
1999 喉の奥で弾ける酸。味に深み。時間が経つと、梅干のようなニュアンスが。
2001 ベリー系の果実味たっぷり、濃く深くパワフル。高いポテンシャル。
2002 やわらかく、やさしい味わい。突出のないグッドバランス。
2004 南っぽい。甘みと酸のバランスがとれて、厚みあるフルボディ。
2005 甘味が強く、酸は穏やか。困難が多かった年だそうですが、偉大なワインはそういう年ほど本領発揮するもの。期待大ですね。

046テイスティング開始から時間が経過すると、味わいも変化。「初対面の印象もあるけれど、時間を経て明らかになる面もある。どっちが本性?」。
私の好みはと言えば、ルーチェ2001でした。(kimijima)

ルーチェ・デッラ・ヴィーテ社長ジョバンニ・ゲッテス氏。右手に持っているのが「ルーチェ」、左手に持っているのが「ルーチェ・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2003」。「ルーチェ」がサンジョヴェーゼとメルローのブレンドなのに対して、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、サンジョヴェーゼ100%。濃く澄んだ完璧なルビー色、見た目通りの味わいです。

006
おみやげは今回もやはり、グラッパでした。

2008年 11月 11日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

この週末、丸の内仲通りは「マルシェ」になります。

FOOD ACTION NIPPON始動!

1_3食料自給率向上に向けた国民運動「FOOD ACTION NIPPON(フード・アクション・ニッポン)」が、この10月に立ち上がっていることはご存じですか? 「“おいしいニッポン”を残す、創る」を目標として、国民みんなで食との関わりを考えていこうという、農水省主導の取り組みです。現在40%の食料自給率が、2015年度には45%まで伸びることを目指しています。
そのキックオフイベント「EAT JAPAN IN TOKYO MARUNOUCHI」が、26日(日)まで開催中です。

まずは幕開けとして、23日の14時から、丸ビル1階のマルキューブでオープニングセレモニーが開かれました。石破茂農水大臣、京都イタリアン「イル ギオットーネ」の笹島保弘シェフ、タレントの村上里佳子さん、山本美憂さんらが登壇し、笹島シェフの料理を食べながら(!)、食への思いを語りました。
写真上:「イル ギオットーネ」笹島シェフ(左端)、「土と格闘して表に出ることのない生産者にもっと光があたってほしい」。

2実はこのキックオフイベント、私たち「料理通信」もほんの少しだけお手伝いさせていただいています。それだけに成功を願わずにはいられません。

いろんなプログラムが予定されていますが、「料理通信」的見所は2つ!

●「丸の内レストラン」
  10月23日(木)~11月30日(日)

「レストラン モナリザ 丸の内店」(丸ビル36階)
「暗闇坂 宮下 丸の内」(丸ビル36階)
「イル カランドリーノ 東京」(新丸ビル7F)
「ル・レモア」(新丸ビル5F)
「イル ギオットーネ 丸の内」(TOKIA1階)
「グットドール・クラッティーニ」(丸の内仲通り
以上6軒のレストランで、シェフお気に入りの生産者の食材を使った特別国産メニューが展開されます。

●「LIVE! マルシェ」
  10月25日(土)、26日(日)11:00~16:00 丸の内仲通り

全国から“旬の食材”を提供する生産者が集結、丸の内仲通りがこの週末、マルシェになります。上の6軒のシェフ愛用の食材の生産者も参加! 直接購入できるチャンスです。
・別名「リチャード野菜」で知られる「ゆい自然農園」の野菜
・「イル ギオットーネ」愛用の京野菜
・千葉「ma’am Pig」の豚肉 etc.

この週末、みなさんもぜひ丸の内へ!
*詳しくは『料理通信』12月号(11月6日発売)でご紹介いたします。

4

10月25日(土)、26日(日)、丸の内仲通りにはマルシェが立ちます。必見!

2008年 10月 24日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

2008年10月20日 (月)

【募集中】シャンパーニュ×和食 読者限定イベント開催

Photo今年4月、編集長キミジマの代理でフランス・シャンパーニュ地方へ出張にいってきました。目的はこの秋リリースされるモエ・エ・シャンドン社のヴィンテージ・シャンパーニュを味わいに、です。2003年と言えばヨーロッパを猛暑が襲った年。シャンパーニュ地方では「気温が高くてブドウの酸度が上がらない年はいいシャンパーニュはできない」というジンクスがあって、ほとんどのグラン・メゾンはヴィンテージ・シャンパーニュの製造を見送ったのですが、若き醸造最高責任者のブノワ・ゴエズ氏(写真)は敢えて難しい年に挑戦。その結果を自ら発表すべく世界中からプレスを招いたというわけです。

テイスティングした感想は「酸は高くないけどフレッシュ感と旨味があって、和食に合いそう……」。そこで日本でのリリース時期に合わせて、この「グラン ヴィンテージ 2003」と和食を一緒に味わえる読者イベントを企画しました。単に「シャンパーニュは和食の邪魔をしないよね」ではなく、一品一品との融合を体験したかったので、和食界でもワイン通として知られる「パーク ハイアット 東京 梢」の大江料理長にコース料理を考えていただくことに。

撮影当日、「スモーキーな膨らみのあるシャンパーニュだから、秋サケに燻香を纏わせて湯葉包みに」「酸が穏やかだから、松葉蟹の繊細な旨味を消し去らない」とグラン ヴィンテージ 2003の様々な側面にフィーチャーしたマリアージュは「さすが!」の一言。同席したキミジマは次々と繰り出される料理を前に「で、グラン ヴィンテージ 2003と合わせるとどうなるの?」と私を見ます。そんな、私だってまだ体験してないのに……。

そして、いよいよ「グラン ヴィンテージ 2003」が日本上陸。12月6日(土)18時~「パーク ハイアット 東京 梢」でグラン ヴィンテージ 2003と和食の融合を体験できる読者限定ディナーを開催します。当日はもちろんキミジマも出席します。大江料理長にあれこれ伺いながら、両者の融合を体験してくれるでしょう。私も参加したい!(sone)
------------------------------------------------------------------
グラン ヴィンテージ2003 読者限定ディナー開催概要

開催日 12月6日(土) 18:00~21:00 
会場 パーク ハイアット 東京「梢」 (東京・新宿区)
定員 20名
会費 21000円(料理、飲み物、税込)
応募方法 グラン ヴィンテージ2003 読者限定ディナーに参加する旨と人数、 参加者
                  全員のお名前、住所、電話番号、生年月日、性別、職業を明記の上、
                  
メールまたはファクシミリでお申し込みください。
e-mail   
ad@r-tsushin.com    FAX  03-591-0448
締め切り 11月4日(火)必着 
                 *応募多数の場合は抽選となります。

お問合せ先 株式会社料理通信社
          「グラン ヴィンテージ2003読者限定ディナー」事務局
          TEL03-5919-0445


*食事会の詳細は誌面、またはhttp://r-tsushin.com/popup/0811/mhd.htmlをご覧ください。

『料理通信』2008年11月号はこちらからお求めいただけます!
------------------------------------------------------------------

2008年 10月 20日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

ボルドー通への近道は、メドックを知る(飲む)ことです。

Photoボルドーは、ワイン初心者にとって、切り立つ山。なにせ、シャトーの集団ですから。5大シャトーなんて言われると、近寄りがたくて……。と思っていたら、さるフランス通から「ボルドーをものにしたかったら、まずはメドックを知ることよ」とのアドバイスをいただきました。

Photo_2 ちょうど今、大阪のフレンチレストラン「ルポンドシエル」で、メドックキャンペーンを展開中とのこと。10月22日(水)まで、メドックワイン、それも90年代の優良銘柄がグラスで提供されるそうです。熟成してより芳醇さと華やかさを増すメドックの本領を実感するチャンス! 行かねば。用意されているのは下記の通りです。(kimijima)
写真右は、シェフのパスカル・ロニョン氏

Chateau Potansac ’98(Medoc)/
          シャトー・ポタンサック‘98(メドック)
Chateau Poujeaux ’96(Moulis)/
          シャトー・プジョー’96(ムーリス)
Les Pagodes de Cos’94(St.Estephe)/
         
レ・パゴド・ド・コス’94(サン・テステフ)
Sarget de Gruaud Larose’94(St.Julien)/
          サルジュ・ド・グリュオー・ラローズ‘94(サン・ジュリアン)

*詳細はお店のホームページにてご確認下さい。

Photo_3ルポンドシエル
大阪市中央区北浜東6-9
ルポンドシエルビル1F
TEL 06-6947-0888
11:30~14:00LO、17:30~21:00LO
日曜、祝日休

-------------------------------------------------------------------
ワインと美食会
メドックの極上ワインを愉しむ夕べ

ルポンドシエルにて、特別にセレクトしたメドックの極上ワインと、ワインに合わせたパスカルシェフの特別料理をお楽しみいただく美食会を開催します。

日時 2008年10月22日(水) 
         
18時~20時迄のお好きな時間にお越し下さい。
料金 ¥30,000(特別コース、シャンパン、厳選したメドックのワイン5種類、税サ込)
定員 40名(要予約)
問い合わせ、申込みはルポンドシエルへ

-------------------------------------------------------------------

2008年 10月 14日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

2008年10月 9日 (木)

アドリア海の自然塩「ピランソルト」試食会開催!

アドリア海沿岸は、温暖でからっとした気候に恵まれた風光明媚な場所。この一角、スロヴェニアのソルンツェで、広大な塩田が営まれているのをご存知でしょうか?辺り一帯は国立公園の自然保護区にも指定され、豊かな生息環境が息づく湿地帯が広がっています。また沿岸から注ぐ湧き水と速い潮流の作用で、海水の透明度が高いことでも知られています。

Solt2_5そんな、塩を育むには最上の環境で作られてきたのがピランソルト。その歴史はローマ時代まで遡り、ハプスブルグ家所有の塩田としても大切にされてきました。塩田の底に「ぺトラ」(微生物からなる泥土)を敷き詰め、何年もかけて固めて塩床を作り、その上で海水を結晶化させて作られます。

今なお完全手作業・天日干し、しかも非加熱。非常に純度が高く、豊富なミネラルを保持しています。

Piran_salt_chef_phこの塩が日本に本格的に上陸。展示試食会が開催されます。塩の展示の他、「ホテル西洋 銀座」広田昭二総料理長によるピランソルトを使った料理の披露と試食も行なわれます。フレンチをベースに、柔軟な姿勢で料理に向き合う広田シェフは、国内でいち早くピランソルトを取り入れ、近年は国産食材にも意欲的に取り組んでいます。

Solt3




ピランソルトは純度が非常に高いので食材への浸透力が高く、ピクルスや漬物などにも重宝しそうです。私も、おすしを(醤油でなく)この塩で頂きましたが、すしダネの味わいが際立って非常に美味でした。(hayashi)



「ピランソルト」展示試食会    *  * * * * * * * * * * * * 

■開催日時
2008年11月12日(水) 13:00~17:00
■場所
塩崎ビルB2F 東京都千代田区平河町2-7-1 
(地下鉄「永田町駅」平河町方面出口4番)
■展示・試食内容
ピランソルトの全商品、スロヴェニアのにがりによる豆腐、ルミエールワンビネガー(40年物を含む)、ワインベーコン
■説明会、および広田シェフ料理披露&試食会
1回目 14:00~ 2回目 16:00~
■費用費用
無料(来ていただいた方全員に塩のサンプルをプレゼント)
■申し込み方法
説明会および広田シェフ料理試食会に参加をご希望の方は、
㈱塩崎ビル(TEL 03-3222-8800またはinfo@solnce.asia)までご連絡ください。
希望者多数の場合、先着順とさせて頂きます。

主催:株式会社塩崎ビル(輸入元)http://solnce.asia/
共催:株式会社ルミエール(販売元) http://www.lumiere.co.jp
後援:スロヴェニア共和国大使館

2008年 10月 9日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

2008年9月26日 (金)

山田耕民さんのトークショー

私が「GLOBAL(グローバル)」という包丁を知ったのは、フレンチの成澤由浩シェフの取材で、お気に入りの道具として教えていただいたのが最初でした。まだ「レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ」ではなく、小田原(正確には早川)の「ラ・ナプール」で営業していた頃のことです。斬新なフォルムに衝撃を受けたのを覚えています。
今回、「GLOBAL」をデザインした山田耕民さんにお目にかかって(料理通信』10月号「クリエイター・インタビュー」掲載)、迫力のあるコワモテに一瞬びびったものの、お話をお聞きするうちに、温かいお人柄にすっかり魅了されてしまいました。「耕民さんがデザインする道具と一緒だ……」。一見、渋くてハードなデザインだけれど、よく見ると、手に馴染むやわらかい曲面に、使い手を思う気持ちが表れているのがわかります。

Kominそんな山田耕民さんのトークショーが伊勢丹新宿店で開かれます。お人柄に触れられるチャンスです。ぜひ、訪れてみてください。(kimijima)

山田耕民トークショー
9月27日(土)15:00~
伊勢丹新宿店本館5階 キッチン雑貨売り場にて

Komin2
取材時に撮影させていただいた耕民さんデザインの包丁(これはGLOBALではありません)。金属でありながら、こんなにしっとり、やわらかな質感をたたえています。

2008年 9月 26日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

ラブレターfromカナダ

クインビーガーデンとイクスピアリ共催のカナディアンディナーに行って来ました。
10/1からは、同じ東京ディズニーリゾート内に「シルク・ドゥ・ソレイユ」が常設されることもあり、舞浜は熱気がみなぎっております。

Kaijou

会場の「クラブ イクスピアリ」では、カナダの豊かな食材を使用した特別メニューが供され、メープルを使った地ビールなども味わうことができました。ヤギと二人「メープルが後から追いかけてくる~。おいしい!」ときゃっきゃ。カナダ大使館の方々やケベック州、アルバータ州、BC各州の方々との懇談(といっても英語が話せぬムラタは身振り手振り)や、カナダ人の女性歌手によるショーなど楽しいひと時を過ごしました。

Zensai●ケベック産のダックレバーのサンプラー3種の調理法でブリュレ、ピラミッド、ラビオリ

いずれも濃厚かつ香りも豊か。
お酒が進む~。






Zensai2

●カナダ産クラブのグラタン“シャルロットスタイル”メープルシロップシャンパン風味のサバイヨン

まったりした口当たりのソースからは、クインビーガーデンのメープルシロップがほのかに香ります。



Sakana●アトランティックサーモンのソテー、きぬさやのバターソースと三色のオイスターマッシュルーム
ジューシーな身と香ばしく焼けた皮目のコントラストが絶妙!
この後には、アルバータ産牛フィレ肉のグリルとルーシーポークのロースト、そしてメープルのデザートと続いたのですが、食欲が先行して、シャッターを切る前にお腹に入ってしまいました・・・。



Chocoヤギは「カナダに行ってみたいよー」とラブコール。お肉、魚介類、メープルやハチミツなど、たくさんの食材を巡る旅に送り出してやりたいと思うのでした。(murata)

---------------------------------------------------------
■カナダフェア in イクスピアリ■

カナダフェアは、イクスピアリ内の飲食店9店舗で実施されています。カナダの安全でおいしい食材を使ったメニューやドリンクが楽しめます。期間は9月30日(火)まで。残り1週間、お急ぎを!
----------------------------------------------------------------

2008年 9月 25日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

オーストラリアワインの勉強会に行ってきました

011_28月21日、オーストラリアを代表するワインライター、デニス・ギャスティン氏を講師に迎えて、オーストラリアワインのテイスティングセミナーが開かれました。テーマは「リージョナル・ヒーローズ」。これは、オーストラリアワインが掲げているキーワードで、産地の特徴を生かした品種やスタイル、産地のプロフィールを高めることに貢献している生産者のこと。品種で言えば、タスマニアのピノ・ノワール、ハンターヴァレーのセミヨンなどが挙げられます。

027当日は、白5種、赤5種、赤のスパークリング2種が登場。デニス氏の解説を聞きながら、テイスティングしました。地域と品種を念頭に置いて飲むことで、今まで茫洋としていたオーストラリアワイン(なにせ広大だし)の特性がくっきり見えてくるから不思議です。セミヨンやリースリングの他国にはない魅力を発見し、タスマニアのピノにピノらしさを感じて、オーストラリアワインがぐっと自分好みになったのは収穫でした。オーストラリアワインは「酸がしっかりしている」「長熟である」、この2点も大きな発見。なにせ、私のワイン選びのポイントは「酸」と「熟成」なのです。
ちなみに、デニス・ギャスティン氏は、84~88年、外交官として東京に在住した親日家です。日本のワイナリーとの親交も厚く、日本ワインの英語圏への情報発信の役割を担っています。

翌22日は、デニス氏を囲む食事会に参加。オーストラリアワインの先進性と海外資本がいかに注目しているかをみっちりレクチャーして頂きました。(kimijima)

2008年 8月 27日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

秋田の海・山の恵みを堪能

アンバサダー・ブログ、ご覧いただいてますか? 週3回という、分家とは思えないハイペースで更新している、こちらのブログ。読者アンバサダーの皆さんが、全国各地の旬な店&食材の情報を届けてくれます。「東京だけにこもってる場合じゃない!」。お便りを読んでいると、いつもそんなウズウズに苛まれるのであります。

Saito_2 そんな読者アンバサダーの一人、齋藤文信さんからお声掛けをいただいて、「食の秋田」まるごと宣伝会というイベントに行ってきました。「秋田の食」ではありません、「食の秋田」です!それくらい秋田は実り豊かな“お宝食材”の宝庫なんですね。
会場に足を踏み入れ、納得。野菜に果物、魚介、鶏・豚・牛、お米、麺、酒……。秋田の海の幸、山の幸をふんだんに使った料理の数々がずらり並び、「あぁ~、早く食べたい!」。思わず写真撮影の任務を忘れ、我先にと列に並びそうになりました。



Junsai_2 齋藤さんのブログでもご紹介のあった、じゅんさいも発見。東京で見かけるものより、やや大きめです。「本来、じゅんさいは小さい方がよしとされるんですが、これくらい大きいのも食べ応えがあるでしょ」と齋藤さん。確かに!ツルッ、プリッ、シャクッと心地よい舌&歯触りで、一枚一枚をしっかりと感じることができます。「いくらでも食べられそうだね」と箸の止まらない営業トリヤマ。そして密かにお代わりをするヤギ。これはいつか必ず、小舟に揺られてじゅんさい摘みにいくしかない、と心に決めるのでした。

その他にも、いろいろ・・・

SakeMomobuta_2  Jam

(左)秋田の名水で造らている地酒「雪の芽舎」。(中)桃豚は、しっとり柔らかな肉質。(右)珍しいスイカジャム。

Sasimi_2 Onigiri_2

(左)新鮮な刺身が盛りだくさん!(右)「秋田おばこ」のおにぎり。見てください、このツヤ! 

・・・後日談・・
Niteko_3 実は『料理通信』でも一度、秋田にお邪魔したことがあるんです。お米の取材で、キミジマが「分とく山」の野崎洋光さんと共にJA秋田おばこを訪ねました。戻ってきたキミジマが、お米以外にもお宝発見!と絶賛していたのが、上の写真で齋藤さんがお持ちの「仁手古(にてこ)サイダー」。秋田おばこにも流れる六郷湧水群からの湧き水を使って作られる、澄んだ味わいのサイダーです。そんな話を齋藤さんにしたところ、その「仁手古サイダー」を送ってくださいました。スタッフ一同大喜び!まだまだ続く暑さを、しばし忘れることができそうです。齋藤さん、ありがとうございました!(yagi)

現在、冷蔵中。キンキンにしてやる~!→

2008年 8月 25日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

本日スタート!キューバラムフェア

今月のラム特集はいかがでしたか? アンケートハガキの「今月よかった企画」の欄に「ラム特集」の文字を多数見つけることができ、担当者は一人喜びを噛み締めております。と思ったら、社内でもラム熱にかかってしまった者が3名ほどいるようで、「ラムの消費は右肩上がり」にしっかりと貢献しているようです。

さて先日、キューバラム&葉巻のプロモーションに出席するため、キューバ大使館にお邪魔しました。大使館の待合室にはカストロとチェ・ゲバラが談笑するモノクロの写真が大きく飾られ、なんだか胸がジーン……。ラムをいっぱい飲んで、葉巻の煙もいっぱい吸い込んで、陽気なキューバの皆さんにエネルギーをもらって帰ってきました。

そして本日から渋谷の東急百貨店東横店で待望の「キューバラムフェア」(成城石井主催、~8/27まで)が始まります。会の目玉はカクテルタイム。今月号にご登場いただいた吉祥寺「スクリュードライバー」(8月22日 15時~)、西麻布「タフィア」(8月23日 16時~)、池袋「キングラム」(8月26日 16時~)もカッコ内の日時でカクテルを製作します。夏も、残すところあと少し。ラムを飲んで残暑を乗り切りましょう!(ito)
Kingrum
●今月の副都心線倶楽部活動報告
本誌を読んで「ラム飲みたい~」と出かけた先は、池袋「キングラム」。今月の副都心線倶楽部、注目のお店です(副都心線池袋駅から3分ほど)。9月5日~7日の3日間は3周年記念フェアを開催。ラムのストレートが半額になります。ゆるゆるとラムを楽しみましょう!(ogura)

2008年 8月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

新装刊記念 トーク・イベント開催報告

Junku1去る8月9日(土)、ジュンク堂書店池袋本店にて『料理通信』新装刊を記念し、トーク・イベントを開催致しました。料理やインテリアの写真で著名な写真家、長嶺輝明氏をゲストに迎え、料理写真の古今、撮影現場の秘話等を続々紹介。飄々とした長嶺さんのトークに笑いつつも真剣にメモをとる、そんな来場者の姿が印象的な、あっという間の1時間半でした。(watanabe)
Junku2
⇒イベント終了後、照れつつも『料理通信』最新号にサインをするキミジマ。
Junku_bn_2





バックナンバー・フェア

ジュンク堂池袋店1F雑誌コーナーで好評開催中です!

2008年 8月 20日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

三重出張ルポ・その1 「お宝鑑定団」が開かれました。

Kaijou三重県松阪市に行ってきました。「バイオトレジャー発掘フォーラム」の鑑定員というお役目を仰せつかっての出張です。
「バイオトレジャー」とは三重県独自の造語で、「地元に埋もれている農林水産資源や、それらの資源を活用したビジネスアイデア」を意味します『料理通信』08年1月号で言うところの「お宝食材」ですね。

地元民には「当たり前」だけど、他県民から見たら「こんな素敵な食材があったのね!」。そういうものって、山ほどあります。地元民は「当たり前」と思っているから、自慢しようとしないし、日常品ゆえ他県に売ろうなんて思わない。だから、他県民には知られないまま長い年月を経ている。「1年のうちでも1週間しか採れない」なんてものも多いから、ますます流通しない。そんな隠れた「お宝」を発掘して、全国に知ってもらおうじゃないか、というのが三重県の「バイオトレジャー発見事業」なんですね。

で、7月31日、松阪市で開かれた「お宝鑑定会」の鑑定員を不肖キミジマが務めることになったのであります。ご一緒したのは、地方産品の開発を手掛ける株式会社ダーマの結城一成氏(こちらはお宝のプロですね)。

Photo 「なんでも鑑定団」よろしく、出品者(生産者)の方が壇上に上がって、まずは鑑定品の由来や特徴を語るのですが、その思い入れの熱いこと! 鑑定員たじたじでした。登場したのは「おわせ金香茶」「あらめ」「ゆべし」「松阪赤菜(漬物)」「さめのたれ」「伊勢の和紅茶」。いずれもが初めて知る味わいで、持ち味がユニークで、いずれ劣らぬ「お宝」ぶりに、感動しきり。とりわけキミジマが気に入ったのが「あらめ」で、さっそく日々の食卓に取り入れております。(kimijima)


Yubesi_2 鑑定品のひとつ、辻岡醸造の「ゆべし」。

お菓子じゃないんですよ。柚子をくりぬいて、味噌とナッツを詰めてあります。薄く切って酒の肴にしたり、お茶漬けにしていただきます。

戦国時代の兵糧であり、利休も使ったと言われる由緒ある品。

2008年 8月 12日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

2008年7月23日 (水)

『料理通信』新装刊記念 トーク・イベント参加者募集!

ゲスト:写真家 長嶺輝明氏 
ナビゲーター:編集長 君島佐和子

次号より新装刊する『料理通信』。これを記念し、8月9日(土)にジュンク堂書店池袋本店にて、編集部によるトークイベントを開催します。
ゲストは料理・インテリアを中心に女性誌・書籍などで活躍中の写真家、長嶺輝明氏。
『記録ではなく作品へ。あなたの料理フォトをドラマティックに変える話。』と題し、日々の写真をぐんと素敵にするコツや、撮影現場の秘話をこっそりとお教えします。長年に渡り料理写真を撮り続けてきた長嶺さんならではの、とっておきの話を聞けるチャンスです。そして、TRIPPA隊の素顔も覗けるかもしれません…。皆さんのご参加を心よりお待ちしています!(watanabe)

●長嶺輝明氏プロフィール
長嶺写真事務所代表。1971年に立教大学を卒業後、フリーランスのカメラマンとなる。
最近手掛けたものに「日本のおかず」(京味・西健一郎著 幻冬舎)「かわいい写真術」(中央公論新社)、「北欧デザイン手帖」(文化出版局)などがある。

-----------------------------------------------------------------
トーク・イベント開催概要
日   時:8月9日(土)19時~20時30分
会   場:ジュンク堂書店池袋本店 4F喫茶室
        http://www.junkudo.co.jp/        
定   員:40名(残席わずか!)
入場料:1000円(1ドリンクつき)
申し込み方法:ジュンク堂書店池袋本店・1Fサービスカウンターにて直接お申し込みください。※電話予約も可能です⇒03-5956-6111
-----------------------------------------------------------------

2008年 7月 23日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

編集長・キミジマお薦めの書籍フェア開催中!

Abc1青山ブックセンター六本木店で5月から行われている「料理のプロになる! 料理雑誌編集長がお奨めする書籍フェア」
第1回の『専門料理』編集長の選書に引き続いて、第2回はキミジマが担当しています。
様々な視点から食を見つめてきたキミジマならではの、料理人を志す人にはもちろん、プロの料理人にも読んでほしい本が勢揃い。
翌朝5時までの営業(日曜のみ~22時)なので、仕事帰りや食事の帰りに足を運んで、どうぞじっくりお選びください。(watanabe)

Photo←夜の六本木に光るフェア告知板が目印です。
ちなみに「どんな本が並んでいるの?」とワタナベに聞いたところ「青山ブックセンターに行ってください」といわれました。そりゃそうですね、失礼しました。(ogura)

*フェアは7月下旬頃まで。「料理通信」のバックナンバーも同時販売しています。買い逃した号をこの機会に是非お買い求め下さい。

2008年 6月 26日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

2008年6月13日 (金)

ヴィンテージ・シャンパーニュ 99年、98年、88年

Photoシャンパーニュ「パイパー・エドシック」のプレスディナーに出席する楽しみのひとつは、岡さんのMCです。岡真木さんは、パイパーの輸入元マキシアムの社員でありながら、MCのプロ! 場の空気を読んで、出席者を乗せる、操る、その手綱裁きの見事さと言ったら……。毎回、“パイパー+料理+MC”ですっかりいい気分になって、帰途に着くことになるのです。6月4日、「パーク ハイアット 東京」で開かれた「最高級シャンパーニュ“レア・ヴィンテージ”ディナー」のMCももちろん岡さんでした。

この日は、パイパー・エドシックのプレステージ・ライン「Rare(レア)」の新しいボトルデザインのお披露目に併せて、1999年1998年1988年がサーブされました。ヴィンテージ・シャンパーニュを飲む機会が増えているとはいえ、ミレジム違いを飲み比べるなんてことは、そうそうあるものではありません。

Photo_5極めておおざっぱに書いてしまうと(手前から)、
99年 淡いゴールドを帯びた麦わら色。スパイシーでエキゾチックな味わい。
98年 グリーンがかったゴールド。ウッディでフルーティな味わい。
88年 深みと輝きのある濃いゴールド。ドライフルーツやナッツの熟成した味わい。
となります。



Photo_6 「どれが好き?」と言われれば、そりゃあ、88年。コニャックのような、バニュルスのような、シェリーのような複雑な熟成感には、グラスが手放せなくなる魔力がありました。でもでも、醸造責任者のレジス・カミュさんによれば、「98年をあと10年寝かせたら、88年以上になるでしょうね」。新しいボトルにあしらわれたゴールドの唐草文様、これはヴィンテージ・シャンパーニュが持つ繊細にして複雑な華やぎを表現したデザインと思えてなりませぬ。(kimijima)

2008年 6月 13日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

MHD主催 ワインで世界を旅するテイスティング

_m3b41786月5日、ザ・リッツ・カールトン東京で、「エステーツ&ワインズ グランド・ワイン・テイスティング」が開かれました。「エステーツ&ワインズ」とは、モエ・ヘネシーの運営するワイナリーとパートナーの所有するワインコレクションのこと。

写真は、大盛況の「エステーツ&ワインズ グランド・ワイン・テイスティング」風景。


CAPE MENTELLE ケープ・メンテル/オーストラリア
CLOUDY BAY クラウディ・ベイ/ニュージーランド
GREEN POINT グリーン・ポイント/オーストラリア
NEWTON ニュートン/カリフォルニア
TERRAZAS テラザス/アルゼンチン
CHEVAL DE ANDES シュヴァル・デ・アンデス/チリ
CASA LAPOSTOLLE カサ・ラポストール/チリ
GAJA ガイア/イタリア
TAYLOR’S テイラー/ポルトガル


というラインナップをテイスティング、つまり“ワインで世界一周”できてしまう壮大なイベントでした。

前日の4日には、うち7社の造り手を囲んでのプレスランチが。食事の合間に差し挟まれる造り手さんたちのスピーチが秀逸だったんですよ。

P6041686_2
世界のワインメーカー7社が勢揃い。

ケヴィン・ジャッドさん(クラウディ・ベイ) 「ニュージーランドの人口は400万人。羊の数は4000万頭」
ジム・ホワイトさん(ケープ・メンテル) 「今、皆様の前に出ているのは、そのうちの2頭。羊の数は3998頭になってしまいました」
アンジェロ・ガイアさん(ガイア) 「私はあまりこのような席に出ることはありません。もっぱらワイナリーにいます。外交は娘の役割なんです。でも、今回ばかりは『パパが行って』と言われてしまい……娘の命令には逆らえませんからね。でも、お陰でこれからの2日間、正真正銘フリーです。京都へ行って、奈良へ行きます。京都では、鴨川べりを自転車で走り、哲学の道を歩くのです!」

ワインはいずれもが、樹齢の長い樹のブドウだったり、手摘みで、自然酵母での発酵で、とこだわった造りばかり。輪郭のくっきりとした味わいが印象的でした。(kimijima)

Wine1手前から、クラウディ・ベイ シャルドネ 2005、ニュートン アンフィルタード シャルドネ  2005、ガイア バルバレスコ  2004、カサ・ラポストール キュヴェ アレクサンドル メルロ  2005、ケープ・メンテル カベルネ・ソーヴィニヨン 2002、シュヴァル・デ・アンデス 2002。この後で、テイラー 20年 トーニィが登場。
Wine2





グリーン・ポイントは、スパークリングワインの栓をなんと王冠に! オリジナルでこんなモダンなデザインのグラスも造っています。

2008年 6月 10日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

夏だ! 今度の日曜は、ラムフェスタへGO!

1ミントたっぷりのモヒート。これからの季節にはたまりませんね。さて、モヒートといえばラム、ラムといえば6月15日(日)に九段会館でラム・フェスティバルが開催されます。この会にあわせて、なんと生産者も8蒸留所から来日。仕事柄、ワインの生産者に会う機会は多くても、ラムの生産者に会う機会は皆無。いったい、どんな風貌で、どんなキャラクターの人たちがやってくるのだろう……と今から想像力をたくましくしています。皆さんも興味ありませんか? ちなみに来日する蒸留所の方々は以下の皆さんです。

トロワリビエール/ラマニー/セントジェームス/J.バリー/デパズ/ダモワゾー/サバンナ/リビエールデュマ

ラムフェスタ2008

日  時 6月15日(日)11時~16時(受付〆切 15時)
参加費 2000円(入場料1000円+ドリンクチケット200円×5枚)
      ※ チケットは当日会場にて販売
場   所  九段会館 鳳凰の間(最寄り駅:東京メトロ九段下駅)
問い合わせ先 株式会社ジャパンインポートシステム(電話03-3541-5469)


2_2
西麻布「タフィア」の多東さんのセミナーもありますよ。

←クリックすると拡大します


『料理通信』9月号(8月発売)で、このラムフェスタの模様を含めたラム特集を予定しています! お楽しみに。

2008年 6月 9日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

ビアフェス2008に行ってきました!

Beerfes2温暖化か!と突っ込みを入れたくなるほどの気温が続いたここのところ。なぜだか久しぶりに肌寒いお天気になってしまって残念~、と思いつつ、六本木ヒルズアリーナで開催中の「ビアフェス2008」に行って来ました!

Beerfes1このイベントは、国内ビールメーカー5社(サントリー、アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、オリオンビール)とビール酒造組合が、5月下旬に新たに“ビールを愉しむ週間”として「ビールデンウィーク」を設定。その浸透へ向けてのイベントです。

去年に引き続きの「ビアフェス」!開会セレモニーには、日本各地の観光PR大使の方々も勢ぞろい。

Beerfes4_2ビールメーカーの代表の方々の乾杯は、それぞれ各社の生ジョッキ。じっくり拝見すると、オリジナルジョッキはそれぞれ少しずつ形が異なり、自社のビールの味わいが最大限引き出せるようになっている違いなのだな・・・などと、プロダクトにも興味津々。


会場では、ビールマイスターがサーブしてくれるレギュラービールや、プレミアムビールを一杯500円で味わえる他、ビールに最適な料理のブースもあり!

ムラタが感動したのは、展示スペース。歴代広告ポスター展示は、なつかしぃ~し、原料の小麦を試食したり、原料のホップの香りを感じたり……。体験生ビールサーバーは、かなり職人芸の近くまでがんぱりましたが、最後の最後に溢れさせてしまいました(トホホ)。とても楽しいイベント、今度の日曜までの開催なので、お急ぎを!

Beerfes3よし、ムラタはこの夏、どちらかのビアガーデンでアルバイトがしたい……、そしてめざせビールマイスターだ!(murata)
とにかくビールはおいしい!ムラタはすべて制覇(注:全メーカー飲んだってことですな)。仕事ですが、幸せです。

「ビアフェス2008」は、六本木ヒルズアリーナで6/1まで
ビールデンウィーク事務局
http://www.beerden-week.com

2008年 5月 30日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

バーミックスがさらに便利に!

Photo_23月のとある日、バーミックスの輸入販売を行う「チェリーテラス」が開催する料理教室に参加してきました。知ってはいたけど、やっぱりスゴい。付属のアタッチメント(刃)を変えるだけで、泡立ても、混ぜるのも、潰すのも、砕くのも、何でもござれ。目の前で繰り広げられる技の数々にテンションはみるみる高まり、終盤には参加者全員「おぉ~」と深夜の通販番組のような歓声を上げていました。



Photo_4Photo_11バージョンアップを繰り返してきたバーミックスは、今年6月にも新たな機能が加わり発売されます。従来品に比べ回転力がさらにアップ。筋の多い肉や凍った果物も簡単に粉砕でき、新登場の「スライシー」を使えばスライスや千切りまでできるようになりました。なんて便利!便利すぎて堕落しそう。

ちなみに、このスライシーは従来品にも対応できるとのこと。「良いものを長く使い続ける。それが大事だと思っています。だから何年前のものでも修理に応じているんです」。そんな井出社長の言葉が印象的でした。(yagi)

Photo_15Photo_13Photo_12   

 






(左)フレッシュミックス。葉野菜と果物をミンサーでミキシング。仕上げにオリーブ油をかけて一層爽やかに。(中)ニンジンサラダ。スライシーを使えば素人でも美しい千切りができる。レーズンとクルミがアクセント。(右)グリンピースのポタージュ。旬の野菜を使ったポタージュも簡単。

Photo_18Photo_17Photo_4














(左)牛すね肉のハンバーガー。すね肉をスライシーでミンチ。挽き加減を粗めにすれば、肉の食感と旨味が力強くに感じられる。(中)タマネギのみじん切りも細かく美しい!水が出ないのも◎。(右)いちご
シャーベット。季節のフルーツを凍らせておけば、いつでも手軽にシャーベットが作れる。仕上げのバルサミコ酢がナイス!

2008年 4月 23日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

大人の社交場 アピシウス25周年

東京・有楽町のフランス料理店「アピシウス」で、4月15日、創業25周年を記念するプレスランチョンが開かれました。
「アピシウス」がどんなレストランかを語る時、エピソードに困ることはありません。

ロダンの彫刻が迎えてくれる。
シャガール、ミロ、ユトリロ、カンディンスキー、等々の絵が飾られている。
セラーには、500種・5万本を誇るワインが眠る。リストを見れば「安い!」
北海道に私営牧場を持っていて、羊や鴨を育てていた。
冬のジビエとトリュフ、海亀のスープ!
層の厚いサービス陣による熟達のサービス………
(詳しくは、『料理通信』2007年3月号(P45)をご覧ください)

私がミシュランであれば、この店にこそ三ツ星をつけたでしょうね。
昨年リニューアルして、いっそう快適さを増しました。

「アピシウス」と言えば、私にとっては、初代シェフの高橋徳男さんがシンボルです。
日本のフレンチの一時代を担い、レールを引いた料理人です。
料理の知識や技術はもちろんですが、機知に富んだ会話がまたすばらしい。
久しぶりにお目にかかってご挨拶をすれば、「君島さんは死んだって聞いたよ!」
会社の近くに店を出されたのに伺わずにいたら、「君島さんはよほど貧乏なんだね」
不義理しているこちらの心の負担を、ウィットに富んだ台詞で、さらりと笑い流してくださるのですね。
そんな大人なカルチャーが「アピシウス」にはずっと流れている……。
それを知ってしまうと、他のレストランへ行く度に、「アピシウス」の良さを再認識することになるのです。(kimijima)

Photo_9Photo_8Photo_2  
(左)小笠原産海亀のコンソメスープには、年代もののシェリーを添えて。
(中)イサキのパイ包み焼き。胸ビレ、ウロコなど、芸が細かい!
(右)ミルフィーユ状のリンゴのデザートは、上半分がキャラメル風味、下半分がオレンジ風味。

2008年 4月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

「顔」でワインを選んでみると……

「顔で選ぶ 自然派ワイン試飲会」リポート

Wine0_33月29日(土)、恵比寿のワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」において、『料理通信』3月号の自然派ワイン特集でご紹介した造り手のワイン、44種類を一堂に集めたテイスティング・イベントを開催しました。今回ご紹介したワインは、そのほとんどが少量しか輸入されていないものや、レストランでしか飲めない希少性の高いものばかり。各インポーターさんのご協力のもと実現できたイベントです。

Wine2_3さて、各回ともに40名を越えるお客様が来場した会場では、皆さん、誌面で見た「顔」をみつけて「あ、この人のワイン飲んでみたかったんです」と3月号を片手に様々なワインを楽しんでいました。中には、造り手の顔写真のところに直接テイスティング・コメントを書き込んでいる熱心な人も。

Wine3_5 「テイスティングだけだと飲んでもすぐに忘れてしまうけれど、造り手の顔を見ながらだと印象が強く残りますね」
会場でこのような声を耳にするたび、心の中で小さくガッツポーズ。ふだんワインと対峙する場合、どうしても産地や品種、世間的な評価などの情報が先にきてしまって、造り手の人柄にまで触れる機会はなかなかありませんよね。でも、ワインとは造り手の生き方が表れるもの。今回の企画で、ひとりでも多くの方にそれを実感していただけたら幸いです。

Chef_8 Wine4_4 また、当日はスローフードジャパンと池尻大橋のイタリアン「パーレンテッシ」中野秀明シェフのご協力により、イタリア、日本のスローフードの試食も。33カ月熟成のコンテ・チーズや、京都・丹波の猪や沖縄の万象島豚の生ハム、幻の生ハムと評されるエミリア・ロマーニャ州ズィベッロ村のクラテッロ、年間20頭しか輸入されない稀少なシエナ産チンタセネーゼのスモークハムなどの逸品が用意されました。

イベントの様子は『料理通信』6月号(5月6日発売予定)でもご紹介します。どうぞお楽しみに!(Megumi Nishida)

2008年 4月 9日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

マイチョコ作りの道のりは険しかった・・・?

キミジマ、ショコラレッスンに参加するの巻

Chef3月1日にエコール・ヴァローナ 東京にて開催された、料理通信サロン「特別ショコラレッスン」。今月号でその様子をご報告しています。で、お気づきになりましたでしょうか。小誌編集長も、しっかりレッスンに参加していたのでした(実況担当のオグラは残念ながら今回は見学のみ)。

先生は、ヴァローナ ジャポン シェフパティシエのファブリス・ダヴィドゥさん。

普段は「このボンボン、艶がない」などと、歯に衣着せぬ発言の編集長も、「固まらなかったらどうしよう~」と、開始前からちょっと不安げ。今回は、作業台にチョコレートを広げて冷やす本格的なテンパリングとあって、緊張気味です。キミジマ以外の参加者の方々はというと、半分くらいの方がテンパリングの経験あり。静岡や九州からの参加者もいて、気合十分です。4種のチョコをテイスティングして、これから作るタブレットに使うクーベルチュールを選んだら、計量して、さあ、作業スタート!

Sagyo1まずは溶かしたチョコレートを作業台に広げます。流れだすチョコレートをパレットナイフを上手く使って、少しずつ温度を下げていきます。ボウルに戻したら、まんべんなく混ぜて温度を均一に。さあ、固まるかどうかチェックです。「なんか、艶がない気がする」と、キミジマ。確かに固まってはいるのですが、なんだか艶がないぞ。すかさずファブリスシェフがチェックします。「……(無言)」。少し混ぜてはチョコレートの具合を見て、また少し混ぜて。再度、チョコレートをパレットナイフに少しつけて様子を見ます。おおっ、さっきより断然艶があります。プロが混ぜるとこんなに違うんですね。ただ混ぜてただけに見えるのに・・・、さすが。

Temp_chefTemp
真ん中が最初にチェックした分。右側は、シェフが少し混ぜてからチェックした分。艶の違いわかりますか?




←無言のシェフ・・・


Kimi 「誰か一人でも、固まらなかったりしたらかわいそうだからね。ちゃんと様子を見てあげないと」とファブリスシェフ。細やかなケアで、10人の参加者は誰一人脱落することなく、テンパリングが完了しました。思わずキミジマもガッツポーズ。

Room クーベルチュールを冷やしている間は、ヴァローナ ジャポン村瀬さんによる「エコール・ヴァローナ 東京」ツアー。さらに、お楽しみの特製デザートビュッフェ。マカロンやグラスデザート、ラストにはショコラショーも登場し、参加者の皆さんも大満足の様子。もちろんキミジマも、オグラもほとんど制覇。
⇒温度管理がしっかりなされた、チョコレートを管理する部屋。引き出しを開けると、タブレットがずらり。「ああ、こんな引き出しが欲しい、、、」(板チョコ部オグラ)。

Henri_2

途中から、ヴァローナ ジャポンの代表、クリストフ・アンリさんが様子を見にいらしてくださいました。キミジマはかつてアンリさんと一緒にマダガスカルへカカオの農園を訪ねたことがあるのです。マダガスカルって、そりゃあ遠いんですよ。




Finish2Box_4
さあ、型から外します。いっせいに「うわ~っ」という歓声が。ショコラバーは一つひとつ真空パックに、キャレは、金色の紙で一枚ずつ丁寧に包みます。サプライズで用意されたのが、作ったチョコレートのカカオ%と自分の名前が印字されたキャレ用ボックス! これに詰めれば自分だけのキャレが完成です。いいなー。今度は見学じゃなくて、私も参加するぞと心に誓ったオグラなのでした。(ogura)

Toriyama

営業企画部のトリヤマには、こんなサプライズが!

エコール・ヴァローナ 東京では、今後も一般の方向けに講習会が予定されています。
5月16日(金)13:00-17:00、5月17日(土)13:00-17:00
6月、7月にも実施予定。詳しくは、こちらからメールでお問い合わせください。

ヴァローナ ジャポンのサイトはこちらから
http://www.valrhona.co.jp

2008年 4月 7日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

美しき椅子 ~リビング・キッチン

自宅ではいつもキッチンで原稿を買いてます。ほとんどキッチンに住んでる感覚です(そこしか部屋がないとも言う)。鍋をコトコトさせながら、原稿カタカタ打つの、嫌いじゃありません。ワインがあればなおよし。

Ran_01かっこいいキッチンは夢ですね。3月27日、トーヨーキッチン&リビングの新作発表に行ってきました。
今回の新作は、梅田正徳氏デザインによる椅子。蘭をモチーフにしたデザインが美しい……。ショールームの片隅では、本社のある名古屋指折りの和菓子屋「芳光」の「わらび餅」とシャンパーニュがふるまわれました。これがすばらしく合うんだな。

024_2なんと、この日はちょうどデザイナー梅田氏のお誕生日とのことで、マジパン製の椅子(まるでそっくり!)を飾ったバースデーケーキも登場。

ちなみにトーヨーキッチン&リビングは、『料理通信』5月号の連載「デザインは味覚を左右するか?」でご紹介します。(kimijima)

2008年 4月 1日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

「極上イタリアン+桜=しあわせ~」なイベント開催

「イル・チプレッソ」高島シェフをはじめ、「マーブル・トレ」井川シェフ「サグラ」溝口シェフ「ラ・ルーナ」小塚シェフ、など、関西の人気イタリアンシェフが集まって大阪でイベントを開催します。関西のお客様に改めてイタリア料理のおいしさ、楽しさを伝えたいとの思いで企画される、その名も「お花見&野外でいただく極上イタリアン」。シェフ同士が刺激し合い、また若手料理人の技術や意識の向上も目的としています。
青空の下、気持ちよい風に吹かれながらの食事は、どんなものでもおいしく感じられるこの季節。それが一流シェフの料理であれば、言うまでもありません。春のうららかなひと時、桜と上質なイタリアンで幸せに浸ってみてはいかがですか。

◎お花見&野外でいただく極上イタリアン
日時:4月6日(日)12:00~15:00(雨天中止)

場所:大泉緑地公園(大阪府堺市北区金岡町128 TEL:072-259-0316)

参加店、スタッフ:
「イル・チプレッソ」高島シェフ、「マーブル・トレ」井川シェフ、「サグラ」溝口シェフ、「アバッキオ」古田シェフ、「ヴェントラータ」原シェフ、「エルヴァウデコラッション」下江シェフ、「ヴェリタ」岩村シェフ、「エルベッタ」岡尾シェフ、「ラ・ルッチョラ」鈴木シェフ、「ラピ」宮川シェフ、「ラ・ルーナ」小塚シェフ

料理内容(予定):
前菜、プリモ、セコンド、ドルチェ
飲み物は、スプマンテ、ワイン、グラッパ、ビール、ジュースなど

料金:
料理は5000円(要予約)。飲み物は、水は無料、その他は小売価格で販売予定。

問い合わせ・申し込み:
マーブル・トレ(TEL:06-6221-3223)
または、サグラ(TEL:06-4964-0555)

※要予約。定員は500名。定員に達し次第、応募を締め切ります。

2008年 3月 18日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

ワインイベント、締め切り迫る!

料理通信presents 「顔で選ぶ 自然派ワイン試飲会」

『料理通信』3月号でご好評をいただいた、自然派ワインの造り手特集。記事を読んで造り手に興味をもったら、そのワインを飲んでみたくなるもの・・・・・・。そんな想いから企画したワイン試飲会が今月下旬に行われます。締め切りは本日! まだ若干空きがある模様です。皆様のご参加、お待ちしております!

日時     3月29日(土)
会場    東京・恵比寿「レコール・デュ・ヴァン」
2部制(1時間半)
        第1回/13:00~14:30
        第2回/15:30~17:00
参加費   3500円
定員    各回約50名
応募〆切 3月17日(月)必着
応募先   料理通信サロン事務局
応募方法 タイトルを「自然派ワイン試飲会希望」とし、参加希望の時間帯、
        住所、氏名、生年月日、職業を記入の上、メールまたはFAXに
        てお申込ください。
        メール ad@r-tsushin.com
        FAX 03-5919-0448

2008年 3月 17日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

2008年3月15日 (土)

3夜限り 松嶋シェフのスペシャルディナー開催

分家ブログの中で最も活発に更新している、大好評「Une Lettre de NICE~松嶋啓介のニース便り」。ニースの様子や、旅先のレストラン、友人シェフとの交流など毎回盛りだくさんな内容を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。ただ、常々思うのが、「あぁ~シェフの料理が食べてみたい!」。ニースはいかんせん遠い。

Utage_3 そんな願いを叶えてくれるイベントのお知らせです。
今年で65周年を迎える白金「八芳園」が、松嶋シェフを招いて3日間だけのスペシャル・ディナー「白金YOZAKURA」を催します。広大な日本庭園を彩る夜桜を眺めながらの食事は、目に舌に、贅沢この上なし。ワインには、勝沼醸造の甲州ワインをセレクト。3夜限りの和とフレンチの饗宴をご堪能ください。

◎白金YOZAKURA
日時:4月9日(水)、11日(金)、13日(日)18:30~
        (受付開始18:00~)
場所:八芳園庭園内 別館「白鳳館」
料金:1名25000円(フレンチフルコース、飲み物)
予約・問い合わせ:八芳園 宴会予約課 
             TEL 03-3441-7888

2008年 3月 15日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

顔で選ぶ 私が気になる自然派ワイン生産者その4

こんな女性に憧れます
~ラウラ・コッロビアーノとマリー・エレン~

_mg_2989_2みんな男性を選んでいますが、私はあえて女性を選びたい。常日頃、キミジマから「保守的だ~」とか「殻を破れ~」と言われているオグラがまず気になったのは、ラウラ・コッロビアーノさん。酒好きライター寺田伸子さんを思わせる(?)、奔放でかっこいいイタリア女です。ワインボトルをぐびぐびっとやる姿が素敵。かとおもえば、ビオディナミ農法を選んだ理由が「畑に蝶が戻ってくるのを見たかったから」というポエティックな一面も。ぐっときますね。


_mg_3125_3でももう一人、どーしても気になるのが、“ジャン・ミッシェル・ダイス妻”のマリー・エレンさん。まずこのキュートな姿。アップリケの付いたスカートと、大きな衿のジャケットに釘付け。おっとりした女性なんだろうなあと思いきや、「すべての伝統的な料理は大嫌い」という発言! かわいい顔に似合わずレボリューションな強い意志が感じられます。自然派の造り手の妻は、芯が強いんでしょうね。きっと。エレガントで気品のあるエチケットも◎です。(ogura)
photographs by Daisuke Nakajima

→この2人のことが知りたくなったら『料理通信』3月号を要チェック!

→料理通信presents「顔で選ぶ 自然派ワイン試飲会」はコチラからチェック!

2008年 3月 11日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

顔で選ぶ 私が気になる自然派ワイン生産者その3

穏やかでいながら、芯は太い? ~ヴァルテル・ムレチニック~

Photo
頭ひとつ分ひょろりと抜け出た、首の長い、なで肩のヴァルテル・ムレチニックさんに目が留まりました。聞けば身長2mあるとか、ないとか! 穏やかそうで、身じまいきっちりとして、キリン? いやノッポさん? いや森本レオ? を連想させます。20代の頃は押しの強そうな、ギラギラッとした男性が好みだったのですが、最近疲れ気味もあるのか、ムレチニックさんのような雰囲気の男性に惹かれます。好きな音楽にピンクフロイドとあったり、「気づいてやらないのは罪」というコメントからはストイックさも感じるし、穏やかでいながら、芯は太そう。はたしてワインはどんな味わいなのか、ものすごく気になります。(hayashi)
*ヴァルテル・ムレチニックさんは一番右の方。

→ヴァルテル・ムレチニックさんのことが知りたくなったら、
『料理通信』3月号を要チェック!

→料理通信presents「顔で選ぶ 自然派ワイン試飲会」はコチラからチェック!

2008年 3月 10日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

顔で選ぶ 私が気になる自然派ワイン生産者その2

この顔力に惚れた! ~マルク・テンペ~

_mg_3205_2この顔力でビョークを愛聴しているというギャップにまず胸がギュッとしめつけられ、もしワインを造っていなかったら?「海の男か歌手」という回答に止めを刺されました。あと、マルク・アンジェリ好きとしては「好きな造り手」の欄に彼の名前があったのも飲んでみたいポイントになりました。今回のアンケートがなければ、完全に通り過ぎていた造り手だったので、感謝です。(ito)

photo by Daisuke Nakajima

→マルク・テンペさんのことが知りたくなったら、『料理通信』3月号を要チェック!


→料理通信presents「顔で選ぶ 自然派ワイン試飲会」はコチラからチェック!

2008年 3月 9日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

若きMOFシェフが、リヨンのエスプリを披露

美食の都、リヨン。絹織物の町としても栄え、世界遺産に登録された旧市街には、「トラブ-ル」と呼ばれる、職人が雨の日でも絹織物を濡らさずに運べるように作られた、迷路のような通路があちらこちらに残っています。
その旧市街にあるホテル「ヴィラ・フロランティーヌ」から、ホテル内「テラス・ド・リヨン」(ミシュラン1ツ星)のシェフ、デヴィ・ティッソさんが来日。2月13日~17日の5日間、東京プリンスホテル「ボーセジュール」でフェアを行いました。

1re 「なかなかイケメンで、性格もよくて、しかもMOFよ!」という、内坂芳美さん(『料理通信』2006年7月号「美しき食の仕事人」にご登場)のお言葉通り! 実物は写真以上に素敵です。

運ばれてくるお皿は、どれもプレゼンテーションが美しく、味の組み合わせも意外性があってモダンな印象。しかしながら、口に運ぶとクラシックを基盤とした深い味わい、確かな技術が感じられます。



2re ●鮪のタルタル ラングスティーヌのココナッツブランマンジェ

日本で出会った質のよいマグロを自分の料理に取り入れ、作られた一皿。ライムのチャツネ、ココナッツのブランマンジェが意外にもマグロと好相性。

Re




●イトヨリ鯛のポワレ 雲丹のクロメスキを添えて
まるで、モダンアートのような一皿。「クロメスキ」とはアツアツのコロッケ、ソースはブイヤベースのジュです。イトヨリの上には、レモンの果肉が散らしてあり、キュンとした酸味がアクセントに。バルサミコ酢のラインは、ティッソシェフのシグナチャー。

聞けば、修業したのは「ポール・ボキューズ」や「オーベルジュ・デ・シーム」といった名店であり、「(自分の料理の)ベースは、いつもエスコフィエ」とのこと。斬新な味を組み合わせてもブレがないのは、そこに理由があるのでしょう。デザートもお得意で、若き(34歳)MOFの真摯に料理と向き合う姿勢に心打たれ、心もお腹も満たされた昼下がりでした。(seto)

Re_2 ●生姜風味のチョコアイスとピスタチオ入りブラウニー
「エスキモー」と呼ばれる、ナッツ入りチョコがけアイスクリームをアレンジした、遊び心溢れるアヴァンデセール。「作っている時、僕は、チョコレートをレンジで溶かすより、湯せんで溶かすほうが好きなんだ。その方が、部屋中にチョコレートの香りが充満して、みんなが幸せな気持ちになるから」(ティッソシェフ)なんて、チャーミングです。

Re_3



●柑橘の香るビスキュイ“ピムズ”スタイル
スーパーでも売られている「Pim’s」(オレンジマーマレードとクリームを挟んだ、チョコがけクッキー)が、エレガントなデザートに。オレンジの香りのチュイルの中には、丸ごとコンフィにして砕いたオレンジ、薄いチョコレート、コアントローのムース、しっとりしたビスキュイ。ほろ苦さとオレンジの香りが心地よく。食感の変化も楽しめます。

2008年 3月 8日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

計44種 顔で選ぶ 自然派ワイン試飲会開催!

自然派はモードではない、生き方です。
生き方は「顔」に表れる――。
そんなメッセージを込めて『料理通信』3月号の自然派ワイン企画をお送りしました。
ご紹介した造り手のワインが、実際に飲める機会があったらいいのに。そんな思いから、誌面でご紹介した自然派ワインの中から計41種類を一堂に集めたテイスティング・イベントを開催することになりました。そのほとんどが少量しか輸入されていないものや、レストランでしか飲めない希少性の高いワインです。今回はインポーター各社様からの商品提供と、ワインスクールのご協力により、このような機会を設けることができました。当日はスローフード協会によるフードアイテムの試食もご用意しております。

『料理通信』を片手に、掲載されている造り手の顔を眺めながらテイスティングをして、自然派ワインの魅力を体感していただければ幸いです。この機会にふるってご参加ください。

----------------------------------------------------------------
料理通信presents 「顔で選ぶ 自然派ワイン試飲会」
----------------------------------------------------------------
日時     3月29日(土)
会場    東京・恵比寿「レコール・デュ・ヴァン」
2部制(1時間半)
        第1回/13:00~14:30
        第2回/15:30~17:00
参加費   3500円
定員    各回約50名
応募〆切 3月17日(月)必着
応募先   料理通信サロン事務局
応募方法 タイトルを「自然派ワイン試飲会希望」とし、参加希望の時間帯、
        住所、氏名、生年月日、職業を記入の上、メールまたはFAXに
        てお申込ください。
        メール ad@r-tsushin.com
        FAX 03-5919-0448

----------------------------------------------------------------
3月号をご覧になった皆さん、気になる“顔”はありましたか?
担当編集ソネヤギのお気に入りは、すでにご紹介しておりますが、今日から数回にわたって、他の編集スタッフが気になる“顔”をご紹介してまいりましょう。まずは編集キミジマのお気に入りから~。

Photo私は「顔」より「胸板」なんですよね。胸板の厚さに弱いんです。でも、今回は担当者より「顔で選べ」とのお達しです。う~ん、むずかしいなぁ。悩んだ挙句、「えいやっ」と選びました、スタンコ・ラディコン。イタリア・フリウリの造り手です。優しそうなおじさま顔だけれど、ワインのほうは一筋縄ではいかない超個性派らしい(私もまだ飲んでいない)。そういうの、好きです。野菜とチーズとパスタが好きという食の好みも一致してます。一緒に暮らせるかも。(kimijima)

*ラディコンさんは真ん中の方です。

→彼のことがもっと知りたくなったら、『料理通信』2008年3月号P50を読んで、ワインイベントへ!

2008年 3月 7日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (1)

今、オーストリアワインに注目!

038「パーク ハイアット 東京」の総料理長は、オーストリア出身のステファンさんです。キミジマ好みの甘いマスクと厚い胸板の持ち主。「今年はオーストリアワインがトレンド」(料理通信2008年3月号参照)などとオーストリアモード全開でいたところ、ステファンさんが企画してくださいました、「オーストリアを味わう エスターハージー」。オーストリア・パノニア地方で数世紀に渡り文化的に多大な功績を収めてきたエスターハージー公爵家のワインとお抱えシェフによる料理満喫のフェアです。250年に及ぶ醸造の歴史と最先端の技術を併せ持つワインの中から、地品種のグリューナーフェルトリーナーやブラウフレンキッシュなどが揃い踏み。栄華を誇ったハプスブルク家の面影を残すオーストリア料理と共に堪能できます。3月9日までです、急げ!(あんこワネット・サワコ・キミジマ)

2008年 3月 7日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

ムートンのラベル原画展が開幕しました

018 「ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展」が、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中です。ダリ、ミロ、シャガール、ピカソ、ウォーホールなど、ムートンのボトルを彩った巨匠の原画、約70点が一挙公開されるとあって、取材に行ってまいりました。まずは、現当主であるフィリピーヌ・ドゥ・ロスシルド男爵夫人のインタビューからスタート。理知的かつ情感にあふれた言葉の数々に、偉大なワインを守り続けるシャトーの総帥たる人物の偉大さを実感! ファインダー越しのお顔のすばらしかったこと! 引き続き、原画展会場へ移動して、原画の撮影です。錚錚たるアーティストたちの作品に囲まれて、「う~ん、ここにワインがあったら、なお幸せ」とは思ったものの、そんな贅沢は申しませぬ。大好きなコクトーを堪能して、今日のところはおとなしく帰途についたのでした。(kimijima)

002012左)1924年、シャトー元詰めをスタートさせた時のラベル原画。それまでは樽で輸出していた。シャトーで瓶詰めするようになったからこそ、ラベルにアーティストを起用しようという発想も生まれた。
右)1958年はダリ。
下)1945年、採用されなかった原画。
        

004_7ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展
会  期:
3月1日(土)~3月30日(日)
      会期中無休
会  場:森アーツギャラリーセンター
      (六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間:10:00~20:00
      (入館は閉館の30分前まで)
入 館 料:一般1000円、高大生800円、
       4歳~中学生500円
問 合 せ:03-5777-8600

2008年 3月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

この冬のショコラは、ギィ・マルタンで締めくくり?

002_3パリの二ツ星「グラン・ヴェフール」のシェフ、ギィ・マルタンが出版した『シェフの哲学』(白水社)は、料理人の頭と身体は何によって形作られているか、がよくわかる本です。読んでいると、彼らの身体に“味覚の記憶のパーツ”がサイボーグのように詰まっているイメージが湧いてきます。ギィ・マルタンを形作っているのは、フランス・サヴォワ地方の山の自然の味と匂い。「あぁ、敵わないなぁ」と思うのです。

011_2

2月29日には出版を記念するガラ・ディナー「ギィ・マルタンの世界」が、東京會舘で開かれました。『シェフの哲学』の翻訳者、フランス料理文化センターの大澤晴美事務局長から、「デザートが凄いから、絶対最後まで食べていってね」と言われていたのですが、確かに凄い! この四角い ショコラ・ボックスの中には、フレッシュやコンフィのルビーグレープフルーツ、ブラッドオレンジと生姜のクーリ、オレンジのアイスクリーム、カリカリのビスキュイが詰まっているんです。このバレンタインシーズンに食べたどんなボンボンよりもゴージャスでした。(kimijima)


--------------------------------------------------------------
0306_2INFORMATION
現在発売中の『週刊文春』で、編集長キミジマが連載「ニュースなレストラン」の原稿を担当しております。担当1回目にご紹介しているお店は、目下、すしスポットとして注目を集める西麻布にオープンした「鮨 青木」。詳しくは誌面をご覧ください。キミジマは大体1カ月に1度のスパンで原稿を担当します。CHECK IT OUT !!

2008年 3月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金)

映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」

~定期購読者優先 映画試写会のお知らせ~
 
_1 『逢びき』『シャイン』から『のだめカンタービレ』まで、数々の映画やドラマでもおなじみの楽曲を生み出し、世界中から愛され続ける天才ピアニストにして天才作曲家、セルゲイ・ラフマニノフ。その美しき旋律は誰でも一度は耳にしたことがあるはず。その名曲誕生に秘められた彼の知られざる愛を、天才音楽家ゆえの苦悩や家族愛、そして混乱する祖国ロシアへの望郷の念を交えて描き出した映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」。GWの公開を前に、『料理通信』定期購読者の方々を優先的に、試写会へご招待いたします。

-----------------------------------------------------------------
【STORY】
_ その夜NYカーネギーホールは熱狂的な感動に包まれていた。常人には弾きこなせない難曲を華麗な旋律を生み出し、完璧に演奏するピアニスト、セルゲイ・ラフマニノフ。人々は目の前で繰り広げられる音楽の奇跡に、破格の賛辞を贈り続ける。しかし輝かしいデビューとは裏腹に、ラフマニノフは混乱する祖国への望郷の念を抱え、そして新しい楽曲が生まれない苦しみにもがき悩んでいた。そんな彼の元に謎の女性から贈り続けられるライラックの花束。その甘い香りが呼び起こした、祖国ロシアでの恋人たちとの儚くも情熱的な記憶が、やがて彼の中に新しい旋律を生み出していく……。

-----------------------------------------------------------------
原題:LILACS/2007年/ロシア/96分/カラー/
監督:パーヴェル・ルンギン
出演:エフゲニー・ツィガノフ/ヴィクトリア・トルストガノヴァ/ヴィクトリヤ・イサコヴァ/ミリアム・セホン

配給:ギャガ・コミュニケーションズ
宣伝:ギャガ×アルシネテラン
G.W. Bunkamuraル・シネマ、銀座テアトルシネマ他にて全国順次公開
(c)2007 THEMA PRODUCTION JSC
(c)2007 VGTRK  ALL RIGHTS RESERVED
上映時間:96分
公式HP http://rachmaninoff.gyao.jp/

以下の応募要項をご覧の上、ふるってご応募ください。

          *         *         *         *

『料理通信』『Rentier』『BLENDA BLACK』3誌合同試写会
「ラフマニノフ ある愛の調べ」

■日時:2008年4月17日(木) 
    18:30開場 19:00開映
■場所:GAGA スカイ試写室 
    港区赤坂9-7-1 ミッドタウン 33階(受付)
■応募方法
1)メール
タイトルを「特別試写会希望」とし、住所/氏名/生年月日/職業をご記入の上、
ad@r-tsushin.comまでお送りください。
2)ハガキ
『料理通信』2008年4月号(3月6日発売予定号)の綴じ込みハガキに、必要事項をご記入の上、お送りください。

■締め切り:2008年3月31日(月)必着
 *試写状の発送をもって発表に替えさせていただきます。 

お問い合わせ 『料理通信』特別試写会係 TEL03-5919-0445

2008年 2月 29日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

未来のシェフたちの祭典

今週末、調理師専門学校の「エコール 辻 東京」で学園祭「第17回 国立祭」が行われます。学園祭といっても侮るなかれ!なんといっても、腕を振るうのは料理人やパティシエの卵たち。フランス・イタリア料理過程、日本料理過程、製菓過程の生徒たちが、それぞれに料理や菓子の展示を行います。料理講習会、試食・販売など、来場者が参加できる内容も盛りだくさん。学校に興味がある方も、単なるおいしいもの好きも、ちょっとのぞいてみてはいかがですか。

◎第17回 国立祭
日 時:2月23日(土)、24日(日)10:00~16:00
場 所:エコール 辻 東京
      東京都国立市富士見台2-13-3  (TEL 042-571-1101)
  

2008年 2月 22日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

伊東ソムリエの「ショコラ×リカー 至福のマッチング」

Ito1_2 2008年、バレンタイン・イベント報告もこれがラストです。
連日、大盛況の三越「Sweet Gallery 2008」。ルレ・デセールメンバーといがらしろみさんに続き、銀座三越では「シェ・イノ」のソムリエ・伊東賢児さんが登場。『料理通信』presentsショコラ×リカー 至福のマッチング ティスティングセミナーが開催されました。


Ito2_2マッチングを楽しんだのは、以下の4つの組み合わせ。チョコレートは、すべてフランス・ヴァローナ社の製品です。
 
ロゼワイン「タヴェル・ロゼ」×スイートチョコレート「マンジャリ」
ラム酒「ロンサカパー」×ミルクチョコレート「ジヴァラ」
リキュール「チェリーマルニエ」×スイートチョコレート「パルミラ」
シェリー酒「ドメック シェリー」×ナッツ入りミルクチョコレート「エキノックス・レ」

Ito3_2 右から、「タヴェル・ロゼ」、「ロンサカパー」、「チェリーマルニエ」、「ドメック シェリー」

「チョコレートに合うお酒を調べると、だいたいポートワインか、コニャック、アルマニャックくらいしか出てこないんですよね。でも、『それは本当?』と思ってしまって、自分でいろいろ合わせてみたら、やっぱり違った」という伊東さん。特にロゼワインは、どんなチョコレートにも合い、意外だったと言います。

この日選ばれた「タヴェルナ・ロゼ」は、イチゴのような酸味が特徴的なロゼワイン。「まず、マンジャリを少し口に入れ、舌の上でゆっくり溶かしてみてください。カカオの風味の後から、果物の酸味が感じられるでしょう? そこでタヴェル・ロゼを飲んでみると、カカオの風味が出すぎず、いきいきとした酸味が感じられ、ワインも心地よくフレッシュな印象になります」。なるほど、甘くてかわいらしい味に感じられたロゼワインが、甘酸っぱくキリリとしてきました。
 
Ito4ソムリエならではの、エレガントな表現でお酒とショコラを語る伊東さん。と思いきや、「このロゼは飲むんですけど『タヴェル(食べる)・ロゼ』」「『ジヴァラ』は人からもらってもジヴァラ(自腹)」など、ダジャレも連発。終始、和やかな雰囲気でセミナーは進んでいきました。
 
続いて味わった「ロンサカパー」×「ジヴァラ」は、ラムの甘い香りとチョコレートの心地よいミルク感が出会って、お酒の強さも和らぎ、まるでキャラメルのような味わいに。「チェリーマルニエ」×ベネズエラの単一農園のカカオで作られたヴィンテージチョコレート「パルミラ」は、チョコレートのフルーティな酸味がお酒の甘さとマッチ。お酒とチョコレートがお互いを補い合い、やさしく寄り添う感じです。そして、紹興酒のような印象の後からナッツ風味が現れる「ドメック シェリー」は、ナッツとぴったりマッチし、ミルクチョコレートと出会って甘味も出てきます。
 
Ito5ショコラをリカーと一緒に味わうことで、味わいの印象がこんなにも変化するとは驚きです。会場のお客様は、伊東さんの解説を聞きながら、真剣な表情で味わいの変化を確かめていました。
その後も、お酒とショコラを同時に口の中に入れてみたり、他の組み合わせを試してみたり、塩キャラメル入りボンボン・ショコラと「ドメック シェリー」の相性の良さを体験したり……。「誰かと一緒に、いろいろマッチングを試してみると、価値観や経験を共有できて親近感が強まります。ぜひ今度はご家庭で、家族や大切な人とマッチングを試してみてください」(伊東さん)(Seto)

2008年 2月 16日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

リュクスなマリアージュにうっとり!

  「ショコラ&リカーサロン」@新丸ビル

Event4_22月9日(土)、新丸ビル7F丸の内ハウス「イル カランドリーノ 東京」で「とびきりリュクスなショコラ&リカーサロン」が開かれました。講師は『料理通信』2月号にもご登場いただいた、ショコラ研究家の小椋三嘉さん。30名の定員は募集後すぐにいっぱいに! 定員オーバーでお断りしてしまった方、申し訳ありませんでした。

さあ、まずはヴァローナの「オランジェット」とモエ・エ・シャンドン ブリュットアンペリアルから、ショコラとリカーのマリアージュが始まります。この爽やかな組み合わせの後はモルトとハイカカオのキャレへ……。

何よりリュクスだったのは、小椋さんのショコラ解説!

Event1 「……次はタリスカーの10年を。このピートの香りと『マンジャリ』を合わせてみてください。どうでしょう? 結婚したら死ぬまでしっかりと寄り添うような、最高のマリアージュと思いませんか?」

「ではヘネシーのX.Oを舐めてから『グラン・クヴァ』を口に含んでみてください。シングルモルトのスモーキーさとは打って変わり、熟成されたブドウの深い香りが広がります……」

続くショコラの説明もまるで詩のようで、参加者の皆さんと一緒に、スタッフもついうっとりと聞きほれてしまったのでした。

Cakes1_2 キャレとリカーのマリアージュを楽しんだ後は、「イル カランドリーノ 東京」の3種のショコラケーキをシャンパーニュで。パティシエのブロゼッティさん自ら説明をしてくださいました。その後ソムリエの淵本さんからショコラのデザートと合わせるリカーの提案が。

ショコラのデセールに合うリカーは? そして今回合わせたキャレは? 詳しくは『料理通信』4月号(3月6日発売予定)でもご紹介します。どうぞお楽しみに!

協賛:MHDディアジオ モエ ヘネシー株式会社、ヴァローナ ジャポン 株式会社

        *          *          *          *

Signeサロン後、同じく新丸ビル7F丸の内ハウス・アトリエルームに移動し、しばし懇談を。すっかり緊張のほぐれた参加者の皆さんです。すばらしいお話を展開してくれた小椋さんにサインが殺到! ボードにもサインを残してくださいました。

Brandmap1_2   

このボード、『料理通信』2月号に掲載したブランド・マップ。本誌発売後、バージョンアップして登場しています。会場でじっくりご覧ください!
←こちらは、カメラマンの合田さん。美しい人はより美しく、そうでない人も美しく撮ってくださいます。編集部では「見合い写真は合田さんに撮ってもらおう!」と言っているほど。まだ誰も撮ってもらってませんがね。



Mme_mika_2
アトリエルームでは、三嘉さんをシューティング。












Signe_2_2
その直後に「ショコラティエ パレ ド オール」の三枝俊介シェフ(詳しくは『料理通信』2月号P.31をご覧ください)もアトリエルームに来てくださいました! 「ドゥバイヨルさんのサイン(写真→) があったから、僕もここに書いちゃった」


Map02Mrsaegusa
見ると、マップ中に三枝シェフのサインが! ありがとうございます。企画展示「丸の内ショコラ・ブランド展」は2月14日(木)まで、新丸ビル7F 丸の内ハウス アトリエルームで開催中です。皆さん、貴重なシェフたちのサイン入りボードを見に、ぜひいらしてくださいね。(kakimoto)

2008年 2月 11日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

おいしくって楽しい!カップケーキ講座 byいがらしろみさん

1_2 昨日もお伝えした、三越「Sweets Gallery 2008」。今回は、日本橋三越で行われた、お菓子研究家・いがらしろみさんによる、『料理通信』presentsカップケーキ レシピ講座をリポートします。

「カップケーキは、手作りするのがとっても楽しいお菓子です」と、お客様を前に穏やかな口調で話し始めたいがらしさん。やさしい笑顔を浮かべながら、バレンタインにぴったりな2種類のカップケーキを作ってくださいました。ひとつは、オレンジマーマレード入りのバニラ風味の生地の上に、チョコレートクリームを上に絞った「バニラ・チョコレート」。もうひとつは、「チョコレート・シャンテリー」。ラズベリージャム入りのチョコレート風味の生地の上に、ホイップクリームを絞ってチョココーティングします。シンプルなカップケーキとはひと味違い、フルーツの甘酸っぱさがアクセントに。ジャムの作り手としても人気のいがらしさんらしい、ワンランクアップのカップケーキです。

2c 「バターはハンドクリームくらいのやわらかさに」、「こねくりまわすと膨らみが悪くなるので、気をつけて」、「クリームを絞る時は、少し口金を浮かせるようにしてこんもりと」など、いがらしさんの解説は、分かりやすくて的確。「お菓子作りは手間がかかりそう」なんて敬遠していた人でも、あれれ? なんだか簡単そうな気がしてくるから、不思議です。

生地ができたら最大のお楽しみ、デコレーション! カラフルなチョコスプレーや銀色のアラザンを散らしたり、オレンジピールを刺したり、ボンボン・ショコラをのせてみたり……。「どれをつけようか、デコレーションをあれこれ迷うのって楽しいですよね」。出来上がったケーキを目の前に、「カップケーキって頭でっかちで、本当にかわいい!」と、目を細めていました。

4 試食タイムでは、どちらのケーキも上からクリーム、生地、ジャムと様々な味が現れ、「味がどんどん広がっていく感じ! おいしい!」と、お客様から大好評。「こうしたカップケーキは、イギリスでフェアリー・ケーキと呼ばれ、古くから家庭で作られています。子供が誕生日に自分でデコレーションをして、お客様にふるまう習慣もあるんですよ」といういがらしさんの解説を聞きながら、みんなで幸せを感じたひとときでした。

⇒試食に配られた、かわいらしいカップケーキ。左は「バニラ・チョコレート」、右は「チョコレート・シャンテリー」。

5 セミナー後の会場では、学んだカップケーキをそのまま作れる、嬉しい手作りキットも限定販売。もちろん、いがらしさんのサインつきです。「頑張って作ってみてくださいね!」というエールに、お客様も笑顔で応えていました。(Seto)

6_2




『料理通信』2月号の表紙は、いがらしさんのカップケーキ。ということで、表紙にサインを求めるお客様がたくさんいらっしゃいました。サインもとってもキュートです。

2008年 2月 8日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |