« 残すところ、あと1日 | トップページ | スイーツボックス »

2013年1月31日 (木)

Go to the theatre! ―その2

アップのちから、ライブのちから。

アカデミー賞の前評判が高い中、映画「レ・ミゼラブル」を観ました。ミュージカル嫌いの私でも愛してやまない作品、舞台は東宝版の初演から何度となく、あまたのキャストで観ていますが、この映画版、う~ん、確かに見応えあり、です。

001
まず、特筆すべきはアン・ハサウェイのファンテーヌ役でしょう。素晴らしすぎて私の中のこれまでのファンテーヌを払拭です!「俳優の歌唱」を前面に押し出した監督の演出も良かったのでしょうが、それに応えた確かな力量を称えずにはいられません。その表情やたたずまいを、アップでカメラが長まわしの迫力、涙で映像も濡れちゃいます。

もちろんバルジャン役のヒュー・ジャックマンも良いです。すごいですよね~、世界のトップ俳優たちってみんな歌えるんですね~。国内だとまだまだって気がしますもの。彼の劇中ライブも泣けました!ただ・・・私のバルジャンではない。偏見ですが、なんというか色気は欲しくない。

002
そしてジャベール!ラッセル・クロウ、好きです(←特にLAコンフィデンシャル!)。これも悪くはないのでしょう。でも、ジャベールじゃあないっ!どうしても軟派な感じが否めない。とことん硬質、堅いからこその脆さが欲しいって思います。未だ私のジャベールは鹿賀丈史さん。東宝初演時、演出のジョン・ケアードをして「カガのジャべールは世界一!」と言わせたと聞きます。バルジャンも演じているのに、多くのファン、そしてご本人もなぜかジャベール好きなんですね。

しかしながら、最も残念なのはこのお話のもう一つの流れの方。革命が、民衆が、全体的に今一つ二つです。劇中のバリケードのちゃっちいこと、意味ないじゃん!つーくらいの情けなさです。ここはむしろ舞台のほうが演出で魅せてくれる。未見の方、今年東宝さんが再演しますから是非見比べてみてください。

写真は映画パンフのほか、東宝の2000回記念公演時パンフ、何十年も前にNYで購入したブロードウェイキャスト版ライブCDなど。(kaz)


※『料理通信』は食の雑誌ですが、連載「クリエイター・インタビュー」では、俳優や映画監督の方々にもご登場いただいているのをご存じですか? 俳優の内野聖陽さん( 2011年2月号 )や原田知世さん( 2012年2月号 )、映画監督の中村議洋さん( 2010年9月号 )など。どうぞご覧になってくださいね。

2013年 1月 31日 トリッパ隊のつぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/56665776

この記事へのトラックバック一覧です: Go to the theatre! ―その2: