« 『料理通信』10月号は、本日発売です! | トップページ | 秋の夜長にワインはいかが。 »

2012年9月24日 (月)

フランス レストランウィークが始まりました。

今春創刊の『ミシュランガイド北海道2012』で2軒のフランス料理店が三ッ星に輝きました。「レストラン モリエール」と「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」。みなさんもよくご存じですね。

発表の日、弊社編集顧問であり、「ザ・ウィンザーホテル洞爺」の顧問を務める齋藤から速攻で三ツ星獲得の知らせが入りました。本当にうれしそうでした。

この2店が三ツ星を獲った意味はとても大きいと思います。なぜなら、北海道が「優れた食材の産地であるばかりでなく、ガストロノミーの拠点でもある」と示したからです。

001「レストラン モリエール」の中道博シェフ(中央)と、「ザ・ウィンザーホテル洞爺」顧問(弊社編集顧問でもあります)、齋藤壽(右)

今、料理の世界は以前にもまして、生産者と料理人の連携が強まっています。“新しさ”も“レベルアップ”も、両者の連携の上に実現されていると言って過言ではありません。

美瑛の農家の人々と手を携えて、北海道のガストロノミーを引っ張ってきた中道博シェフ。独自の哲学と技法で環境や自然を料理表現するミシェル・ブラスを洞爺へ招いた齋藤。2人がともに目指したのは、フランス料理によって北海道という土地の価値を高めることだったと言えるでしょう。フランス料理の考え方やテクニックを活用することで、おなじみの食材がよりおいしく食べられたり、思いがけない料理になったり。フランス料理の視点から生産者に質の向上を働きかけたり、見過ごしていた有用性や卓越性を発見したり……。

002     「レストラン モリエール」中道シェフの料理から。

9月24日(月)から「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2012」が始まりました。「フランス料理をもっと気軽に楽しく」という趣旨のもと、参加店では期間中、ランチ2012円・ディナー5000円で楽しめるというイベントです。

2回目となる今年は全国で展開、「レストラン モリエール」も参加しています。岩手県前沢「ロレオール」、塩釜「シェ・ヌー」、長崎「カミーユ」など、中道シェフ同様、地元の生産者と連携して、フランス料理の力で土地の価値を高めてきた各地のレストランも。もちろん、関東や関西のレストランは昨年と同じく多数参加。10月7日(日)まで開催中です。ぜひ、みなさん、地元のフランス料理店へ足を運んでみてください。(kimijima)

参加レストランは↓をご覧ください。
http://www.francerestaurantweek.com/restaurant/

2012年 9月 24日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/55734536

この記事へのトラックバック一覧です: フランス レストランウィークが始まりました。: