« 『料理通信』7月号は本日発売です! | トップページ | 【パン特集】 マフィンを求めて下北へ »

2012年6月 8日 (金)

【パン特集】 夢のコラボ?

それは1本の電話から始まった。

確か今年1月のこと――1本の電話を取りました。

「パンラボの池田と申しますが……」
「……“パンラボ”さんって、“あの”パンラボさんですか?」

実はプライベートのアカウントをパンラボさんからフォローされているワタクシ。
ひそかにブログもチェックしておりました。

「実はこのたび本を出すことになりまして、料理通信さんに見ていただきたくて」
「ちょ、ちょっとお待ちください…。せっかくなので、編集長に…(保留♪~)」

最近、編集スタッフですら会えないくらい多忙な編集長なのですが、パンラボさんにお引き合わせしたい一心でスケジューリング。数日後、主宰の池田浩明さんが、分厚いゲラを持って編集部にお越しくださいました。

モ、モノクロですか。すごい情報量ですね。
「ええ、なにも削りたくなかったんです」

そして1カ月後、刷り上がった『パンラボ』が編集部に届きました。

Img_1181
なんと『パンラボ』1冊の重さは、食パン1斤の重さに匹敵するらしい。恐るべしパンラボ。

ほどなくして『料理通信』7月号の企画会議(といっても、こんな流れで作りますよーという決起集会みたいなものです)で、編集長がひと言。

「パンラボさんとコラボしたらどうかしら」
オグラ「なるほど。で、テーマは……」
カメヤマ「イングリッシュマフィンにしましょうっ!」

というわけで(?)『パンラボ』×『料理通信』は、イングリッシュマフィンのテイスティングと相成りました。

GW直前のお打ち合わせで、池田さんは静かにひと言おっしゃいました。

「お願いがあります。パスコのイングリッシュマフィンを、ぜひ加えていただきたい」
「…やはり。外せませんか」
「外せませんね」

期せずして池田さんとワタクシ、生まれ年が同じ。パスコのイングリッシュマフィンとも、ほぼほぼ同い年。イングリッシュマフィンといったらパスコ。当然と言えば、当然です。

「では早速、ラインナップを絞り込んでみます。では取材はGW明けに、編集部で」

こうしてイングリッシュマフィン選びは、担当オグラの独断と偏見により、パスコ以前・パスコ以降を念頭に進められて行ったのでした。(つづく)

Img_1183
『パンラボ』(白夜書房刊)。本体1000円+税。こちらは裏表紙。

あっ。『料理通信』7月号もお忘れなくっ!⇒ www.r-tsushin.com

2012年 6月 8日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/54903866

この記事へのトラックバック一覧です: 【パン特集】 夢のコラボ?: