« ワイングラスで日本酒はいかが? | トップページ | 『料理通信』6月号は本日発売です! »

2012年4月28日 (土)

あの「DIESEL」がワインを!?

ジーンズでお馴染み「ディーゼル」が造った
プレミアムなワイン


イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランド「DIESEL」が、本拠地・イタリアに自社農場を構え、ハイクオリティなワインを造っていることはご存知でしょうか? 農家の息子として生まれ育った、「DIESEL」の創始者、レンツォ・ロッソ。食や農に対する並々ならぬ情熱を持ち、ついには故郷、バッサーノに自社農場を開くまでになったというわけです。( http://www.dieselfarm.it/

01_4
緑豊かなマロスティカの丘一帯、100ヘクタールに及ぶその農園は、岩場の高台に空中庭園のように広がっています。標高300メートルに位置し、風通しがよく、程よく寒暖の差があるのでワイン用ブドウ栽培にも適した条件が揃っています。

1994年より、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニオン、メルロー、ピノ・ネロの4種が栽培されています。グローバルに展開するディーゼルらしい、ワールドワイドな品種。それらを使って3種のワインが造られています。どれも、カジュアルだけれども洗練された、履き心地のよいジーンズをはいているような味わい。

このワインのお披露目パーティが、少し前になりますが、「オステリア・ヴィンチェロ」にて行われました。「すごく条件のよい畑で、2割まで摘果してしまう。とっても贅沢に造られています。限りなくフレッシュな果汁を使った、手造りに近いワインなんです」とは齋藤シェフ。3種に合わせて、ドルチェまで6品もの料理が並びました。

02_6
前菜:(左)魚介のトルティーノ3種、(右)ホワイトアスパラガスのクレマ。シャルドネ100%、「Bianco di Rosso」と共にいただきました。お皿それぞれ、温度帯を変えて提供。魚介のトルティーノにはキンと冷やして、ホワイトアスパラガスのクレマはすこし高めに、香りを楽しみつつ料理との相性を楽しみました。

03_2
プリモ:(左)ウニのリゾット、(右)蝦夷鹿と栗のラグーソース パッパルデッレ。メルローとカヴェルネのブレンド、「Nero di Rosso」と。リゾットはウニの旨味がたまりません! ディーゼルファーム製のオリーブ油をかけて供されました。優しく甘い香り、滑らかな口当たりのワインと、好相性。ラグーは、栗の香り、ソースのコクがワインと共鳴 

04_2
セコンド:和牛のタリアータ ディーゼル風。ディーゼル風?それは、まずはこのラベルのサインをご覧ください。「×××」とあるのが、レンツォ・ロッソ氏愛用(?)のサイン。それにちなんだ盛り付けです(笑)。ピノ・ネロ(ピノ・ノワール)100%の「Rosso di Rosso」といただきます。

05_3
日本には年2回、必ず足を運び、街のトレンドチェックを欠かさないというレンツォ社長。東京は大のお気に入り。

原宿にある日本の旗艦店「グロリアス チェーン カフェ」で、このワインやオリーブ油といった、ディーゼルファームの各商品が購入できます。(hayashi)

「グロリアス チェーン カフェ」へGO!!
http://www.diesel.co.jp/cafe/   

2012年 4月 28日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/54578676

この記事へのトラックバック一覧です: あの「DIESEL」がワインを!?: