« 『料理通信』がテレビに出演! | トップページ | 「のもの」で地域の魅力を再発見! »

2012年3月22日 (木)

伊勢丹で和歌山フェア開催!

『料理通信』4月号「食の文化遺産巡り」をお読みくださったあなた、そして“和歌山の食材を食べたい!”というあなたに朗報です! 3月21日(水)~27日(火)の1週間、伊勢丹新宿店B1F食品フロアと7Fレストラン街「イートパラダイス」、そして伊勢丹新事務館パーキング横「トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ」にてフェアが開催されます。

本館B1F「フードコレクション」には、誌面でご紹介した高野山料理 花菱の「精進花見弁当」がお目見え。一つひとつ丁寧に作られた精進料理は、心も身体も清らかになるような美しい味に仕立てられています。特に私トリヤマが惚れ込んだ胡麻豆腐は、花菱の職人さんが伊勢丹で毎日心を込めて作ってくださるとのこと。本場そのままの味わいをお楽しみいただけます。

2mini

こだわり食材が揃う「シェフズセレクション」(本館B1F)には、すべての工程を手作業で行う角長「濁り醤(にごりびしお)」がラインナップ! 「濁り醤」は圧搾も加熱もせず、麹が原料を分解してできた醤汁のみを取り出した生醤油だけに香りが高く、味にも独特の深みが感じられます。

52mini

今回、取材で話を伺ったのは、6代目・加納誠さん。角長の味、日本の味を守る気骨にあふれつつ、ケータイの着信音はローリング・ストーンズ「Jumpin' Jack Flash」をセレクトする格好良さ! こんな意外な一面に、伝統を重んじつつも攻めの気持ちを忘れない氏の姿勢が表れているように感じられました。

46mini

また、本館7Fにある「正月屋 吉兆」では、珍しいアシアカエビを使ったお料理が登場! 器には、和歌山特産の柑橘「三宝柑」を使うなど、いたるところに和歌山が感じられる趣向を凝らしています。

7mini1

6mini 和歌山県の特産品である三宝柑。海をのぞむこんな気持ちの良い場所で育っています。

他にも、特製の和菓子やバイヤーが奔走して集めた多彩な商品が並びます。目利きバイヤーの思いが込められた和歌山のおいしい逸品に、ぜひ出会ってください。(toriyama)

--------------------------------------------------------------
◆ISETAN×『料理通信』「和歌山発見プロジェクト」◆
【期 日】 2012年3月21日(水)~27日(火)
       詳細はこちら

【会場/時間】・伊勢丹新宿店本館地下B1F/10時~22時
          ・本館7Fレストラン街「イートパラダイス」/11時~22時
          ・本館パーキング1F
                     「トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ」/11時30分~22時30分
--------------------------------------------------------------

2012年 3月 22日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/54283439

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢丹で和歌山フェア開催!: