« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

「のもの」で地域の魅力を再発見!

上野に、ちょっと変わった地方食材のセレクトショップができたのをご存知ですか?
のもの」という店名は「旬(しゅん)のもの、地(じ)のもの、縁(ゆかり)のもの」という意味で、JR東日本グループが東日本エリアを中心に各地の産品を代わる代わる紹介する地産品ショップです。

Dscf8545 JR上野駅中央改札外にある「のもの」の入り口。

1月の開業以来、青森県、茨城県と続き、私が訪れたときの特集は「東京都 台東区」。そう、東京だって地方のひとつですものね。入口付近の特集地域コーナーには「レストラン香味屋」のサンドイッチ、「徳太楼」のきんつば、「浅草今半」の牛肉のそぼろ、「みはし」のみつ豆!ここまで浅草グルメの主役級がずらり揃うと、まるで浅草の街をショートトリップしたようなわくわくした気持ちになります。(3月21日~4月13日は「栃木のもの」開催中)

3週間ほどのスパンで入れ替わる特集地域コーナーに加え、定番コーナーも魅力的。各地の特集で人気の高かった商品がエントリーされていく仕組みで、手土産やおやつに最適なスイーツから、地元伝統の保存食、漬けもの、珍味、調味料、麺類とラインナップも多彩です。
地域も東京の後は栃木、岩手と増え続けます。アルコール・ドリンク類はエキナカショップにふさわしく飲みきりサイズの小ビンが充実。日本酒、日本ワイン、シードル、地ビールとジャパンメイドなSAKE、旅のお供に最適の品揃えです。

Dscf8530 黒板には、カフェで食べられる地産品を使ったメニューの数々。

Dscf8526特集コーナー。地域を代表する人気商品が並ぶ。

「のもの」が単なる物産店と違うのは、情報とヒトが交流する場でもあるという点。ブックコーナーには、地域の魅力を様々な角度から伝える本との新鮮な出会いがあり、奥のカフェでは地域食材を使ったフードメニューが食べられ、地域へと思いが膨らみます。

Dscf8522地域というテーマでこんなに多彩な捉え方があるのかと日本の魅力に目覚めさせられる本棚。

Dscf8537お昼に、お茶に、気軽に立ち寄れるカフェ。

このまま駅で切符を買って旅に出ちゃおうかな――そんな気分にさせてくれる「のもの」で、お気に入りの地域「のもの」に出会ってみてください。(sakanishi)

---------------------------------------------------------
のもの
【場所】JR上野駅中央改札外グランドコンコース(ガレリア内)
【営業時間】 平日:11時~22時(cafe:7時~22時)
          土日祝日:10時~21時(cafe:7時~21時)
---------------------------------------------------------

2012年 3月 31日 INFORMATION | | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

伊勢丹で和歌山フェア開催!

『料理通信』4月号「食の文化遺産巡り」をお読みくださったあなた、そして“和歌山の食材を食べたい!”というあなたに朗報です! 3月21日(水)~27日(火)の1週間、伊勢丹新宿店B1F食品フロアと7Fレストラン街「イートパラダイス」、そして伊勢丹新事務館パーキング横「トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ」にてフェアが開催されます。

本館B1F「フードコレクション」には、誌面でご紹介した高野山料理 花菱の「精進花見弁当」がお目見え。一つひとつ丁寧に作られた精進料理は、心も身体も清らかになるような美しい味に仕立てられています。特に私トリヤマが惚れ込んだ胡麻豆腐は、花菱の職人さんが伊勢丹で毎日心を込めて作ってくださるとのこと。本場そのままの味わいをお楽しみいただけます。

2mini

こだわり食材が揃う「シェフズセレクション」(本館B1F)には、すべての工程を手作業で行う角長「濁り醤(にごりびしお)」がラインナップ! 「濁り醤」は圧搾も加熱もせず、麹が原料を分解してできた醤汁のみを取り出した生醤油だけに香りが高く、味にも独特の深みが感じられます。

52mini

今回、取材で話を伺ったのは、6代目・加納誠さん。角長の味、日本の味を守る気骨にあふれつつ、ケータイの着信音はローリング・ストーンズ「Jumpin' Jack Flash」をセレクトする格好良さ! こんな意外な一面に、伝統を重んじつつも攻めの気持ちを忘れない氏の姿勢が表れているように感じられました。

46mini

また、本館7Fにある「正月屋 吉兆」では、珍しいアシアカエビを使ったお料理が登場! 器には、和歌山特産の柑橘「三宝柑」を使うなど、いたるところに和歌山が感じられる趣向を凝らしています。

7mini1

6mini 和歌山県の特産品である三宝柑。海をのぞむこんな気持ちの良い場所で育っています。

他にも、特製の和菓子やバイヤーが奔走して集めた多彩な商品が並びます。目利きバイヤーの思いが込められた和歌山のおいしい逸品に、ぜひ出会ってください。(toriyama)

--------------------------------------------------------------
◆ISETAN×『料理通信』「和歌山発見プロジェクト」◆
【期 日】 2012年3月21日(水)~27日(火)
       詳細はこちら

【会場/時間】・伊勢丹新宿店本館地下B1F/10時~22時
          ・本館7Fレストラン街「イートパラダイス」/11時~22時
          ・本館パーキング1F
                     「トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ」/11時30分~22時30分
--------------------------------------------------------------

2012年 3月 22日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

『料理通信』がテレビに出演!

突然ですが、番組告知です! なんと、我らがTRIPPA隊がテレビに出ることになりました。3月17日(土)22:30~ / BSフジ「Table of Dreams~夢の食卓」という番組です。

“現代に生かしたい、次代に残したい、世界に自慢したい” 食材を全国から発掘する、料理通信主催の「全国お宝食材コンテスト」。これまでに約千件の応募があり、選りすぐりの食材を紹介してきました。去る3月4日には、生産者の想いを料理人や食べ手に伝えるイベントとして、一日限りの惣菜&食材店を鎌倉にOPEN。そのイベントの様子を終始、テレビカメラに取材していただきました。

番組を通して、 “作り手(生産者)、使い手(料理人)、食べ手(消費者)を有機的につなぐ” という『料理通信』の理念を、より広く深く皆さまにお届けできれば幸いです。

Shop

ちなみに、生産者へのインタビューや編集部の様子、会議の場までカメラは追ってきた!! どこまで放送されるかはわかりませんが……スタッフが全員映っていますので、いろいろとお楽しみくださいませ。(asai)

■番組名 : 『Table of Dreams ~夢の食卓~ 』 第49回「食材がつなぐ 人がつなぐ」
  
■放送日 : 2012年3月17日(土)22:30~23:00
■再放送 : 2012年3月18日(日)24:30~25:00
■番組URL: http://www.bsfuji.tv/top/pub/table.html

後日、無料動画配信サイトにも放送内容がUPされます
http://gyao.yahoo.co.jp/special/tod/

2012年 3月 16日 | | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

和歌山取材こぼれ話

『料理通信』4月号「食の文化遺産巡り」の取材で、和歌山県に行ってきました。取材班はみな、和歌山ははじめて。北から南へと縦断し、日本唯一の飛び地の村である北山村までぐるりと駆けめぐりました。
「和歌山といえば温泉だよね」とは、関西出身者の弁。「東京から見た伊豆みたいな感じだよ」と教えられ、改めて資料を見ると、なるほどと納得。クエで有名な白浜も、マグロの産地・勝浦も温泉地なのですね。あぁ、のんびり湯につかりたい…いえいえ、そんな思いはすぐ封印し、食に思いを馳せながら取材先に向かいました。

那智勝浦で伺った「桂城」では、ビンチョウマグロの解体ショーを生で体験!部位の一つひとつまで丁寧に説明してくださる、うれしいサービス付きです。

2_4

この日最大の発見は、あまり馴染みのない部位の美味しさ!「せっかく来てくれたのだから、他では味わえないものを食べてほしい」と店主の垣内さんが腕をふるってくださいました。たとえば、目のまわりの骨は素揚げにするとポテトチップのよう。サクサク感がクセになります。同じマグロでも、部位によって食感も味わいも驚くほど違うもの。“その部位を最もおいしく食べられる料理”に、ただただ感動でした。

7_3
取材途中、「那智の滝」でリフレッシュ!パワースポットとしても人気です。

続いてご紹介するのは、新宮「香梅堂」の鈴焼。2cmほどの可愛らしいカステラで、和三盆のやさしい甘みがたまりません。この鈴焼、新宮にしか店舗がなく、催事にも出店しないため、新宮近郊を訪れたら、寄り道してでも買ってほしいおみやげです(TRIPPA隊へ持ち帰ったところ、あっという間になくなったほど。味はお墨付きです!)。

5_2

そしてもう一つ。紀伊半島の先端にある町・串本にある「儀平菓舗」のうすかわ饅頭です。この饅頭を作ることができる職人はごくわずか。それほどまでに薄皮に餡をつつむのは難しく、長年の経験と技術を要するのだそうです。一つひとつ丁寧に作られた饅頭の味わいは、素朴で心あたたまるおいしさ。3月21日(水)~3月27日(火)まで伊勢丹新宿店B1食品フロアで開催される和歌山県フェアでは、実演販売がありますので、気になる方はぜひお立ち寄りください。

Photo_2

和歌山というと、東京からやや遠いイメージでしたが、実はアクセスも快適。那智勝浦や新宮など、和歌山南部へは南紀白浜空港を使えばあっという間です。羽田から南紀白浜空港までわずか70分。うれしいことに1日3便(JAL)も就航しています。春の暖かさに誘われて、ぜひ訪れてみてはいかがですか。(toriyama)

■お問い合わせ先
和歌山県観光連盟  TEL:073-422-4631

2012年 3月 15日 トリッパ隊のつぶやき | | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

カフェ特集 表紙撮影の舞台裏。

『料理通信』4月号、「近所にほしいぞ!食堂カフェ」はもうご覧いただけましたでしょうか。今月号の表紙は、料理通信初、イラストを使った表紙です。

表紙の撮影は、あらかじめ候補となるお店にロケハンに伺い、アングルチェックのため数枚写真を撮るのですが、そのダミー写真にアートディレクター近藤さんがイラストを重ねて描いたところ、編集スタッフたちに好評! ならばと、このたびの表紙が出来上がりました。

撮影は表参道紀ノ国屋インターナショナルのお隣、「NUMBER A」。スタッフ総出で撮影にご協力いただきました。お店のお客さんや、弊社スタッフも参加。朝からテンションあげて、撮影開始です。

さて、ワイルダーならどうする?(ogura)

2012年 3月 13日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

3月26日プレミアムイベント開催!

絶賛発売中の 『料理通信』2012年4月号 の「食の文化遺産巡り」でご紹介している「和歌山」。もう記事はお読みくださいましたか? 誌面だけでは語り尽くせない食の宝庫・和歌山をもっとリアルに感じていただくため、今回は和歌山出身で地方イタリアンの先駆け的存在である「Villa AiDA」小林寛司シェフが、一夜限りのプレミアムディナーを催してくださいます。

6
当日は和歌山の食材をふんだんに使ったディナーのほか、食材・料理に対する思いや生産者の方との絆について語っていただくトークショーも予定しています。ちょっと贅沢な“出張アイーダ”、ぜひお申込みください(今回は先着順ですのでお急ぎあれ!)。

--------------------------------------------------------------
プレミアムイベント
「Villa AiDA」小林寛司シェフがやってくる!

【日  時】 2012年3月26日(月)19:30~
【会  場】 トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ 伊勢丹新宿店
        東京都新宿区新宿3-16-13伊勢丹新事務館1Fパーキング横
【参加費】 5000円(料理、ワイン、税、サービス料込)
【定  員】 25名

【お問合わせ・お申込み】
料理通信社内「和歌山フェア事務局」
03-5919-0445 またはメール( ad@r-tsushin.com

※タイトルに「和歌山プレミアムイベント」とご記入いただき、住所、氏名、電話番号、年齢、職業、申し込み人数をお送りください。

【応募締切】 3月20日(火) ※受付は締め切りました。

--------------------------------------------------------------
■プレミアムイベントのメニュー(一例)

[前 菜] 新玉ねぎのグラタン
[パスタ] ほうれん草と釜あげしらすのラビオリ
[ メイン] 紀州鴨とサザエ それらのソース 黒キャベツ  ほか

>>メニューの詳細はこちら
--------------------------------------------------------------

「Villa AiDA」は、関西国際空港から車で40分ほどの新興都市・岩出市にあります。和歌山で採れる素材の豊かさを知り、その素材を料理でどう生かしていくのか。それが“イタリアン”を昇華させた“「Villa AiDA」の料理”といえます。だからこそ、和歌山県外からも多くのお客さまが訪れるわけですね。

下の写真は「Villa AiDA」。一日1組だけの宿泊施設があり、ディナーはもちろん、朝食も最高!と評判です。


1_2

2

3

イベントで小林シェフが腕をふるってくださるのは3月26日(月)のみですが、21日(水)~27日(火)には「トラットリア・ターボロ・ディ・フィオーリ」で小林シェフ監修の特別コースがおひとり様4,000円(2名様より)で提供されます。もちろん味はお墨付き!スタッフは「Villa AiDA」に出向いて、小林シェフのご指導を受けたそうです。26日(月)のイベントに行けないという方、ぜひ期間中に訪れてみてはいかがでしょうか。和歌山の恵みを堪能いただける絶好の機会です。(Toriyama)

2012年 3月 8日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

料理通信4月号は、本日発売です!

12_04特集:
近所にほしいぞ!
「食堂カフェ」

「食堂として使えるか?」
それが、いま必要とされる店になれるかどうかの分かれ目、と言って過言ではありません。
バルがこれだけ人気を博したのも“街のちゃぶ台”としての役割を担っているから。バルが夜の食堂なら、昼夜通しての食堂がカフェ、と言ってよいでしょう。

朝から晩までノンストップで、予約なしで、1人でも大人数でもOKで、食べても飲んでもよくて、リーズナブルな価格帯で、ジャンルや枠にとらわれない――
この間口の広さ、自由度の高さは、21世紀型の食堂として強力です。

レストラン離れが進む中、「食堂としてのカフェ」の可能性はまさに絶大!
「食堂カフェ」の使えるポイント、徹底的にお伝えしましょう。

●今月の目次はこちらから
http://r-tsushin.com

2012年 3月 6日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

プロのテイスティング術のコツを盗め!

みなさんには、ワインのテイスティングで「これさえ押さえておけばOK」というポイントはありますか? 
資格はおろか、講座でさえ通しで受けたことのない私(愛宕のお山は険しかった、挫折、いくたびか)。白状すると、先日、私的なワイン会でセミヨンとミュスカデを間違えました……。量に関しては胸を張れますが、当てろといわれると、タジタジです。

そんな折、超難関、最高峰のワインの資格、マスター・オブ・ワインを有するロン・ジョルジオ博士が来日、ワインリストの監修をしている「コンラッド東京」で、ごくごくクローズドなテイスティング講習会が行われるというニュースが!
ホテル側のご好意で「編集部もどうぞ」とお声をかけていただいたので、これはチャンス!と2つ返事で飛びついてみました。

1
会場はバー&ラウンジの「TWENTYEIGHT」。窓からは東京湾の夜景が。

テイスティングをしたのは白4種、赤4種。エリアはオールドワールド、ニューワールド取り混ぜて。1種を除きすべて単一品種と、おそらく比較的当てやすいもののはずが、さにあらず。ものの見事にハズし続け、しょんぼりする私たちにジョルジオ博士がこっそり耳打ちしてくれたのが、今日から使えるテイスティングのコツ。読者のみなさんにもおすそ分けいたしましょう。

1 色を見る。
淡く、グリーンがかっていれば、寒冷エリア。濃く、リッチな色合いなら温暖なエリアのワイン。

2 ニューワールドか、オールドワールドか? 
世界を2つに分けてそのどちらに属するかを考えてみる。ちなみに果実味溢れる若い感じがニューワールドの特徴のひとつだそう。

3
 品種の特徴(ニュアンス、傾向)を覚えておく。

以上のことを踏まえて、消去法(←これが一番のポイント!)で絞り込んでいくのだそうです。うん、これなら活用できそうですね! 私もさっそく今晩から試してみようっと。(kameyama)

2
こんなロマンチックなバーなのに、ムードに浸ることなくワインと向き合う受講者のみなさん。

3
マスター・オブ・ワインのロン・ジョルジオ博士。なぜ博士かというと、本業は歯医者さんなのです。

2012年 3月 5日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

【お宝食材SHOP】に並ぶ食材は!?

2012年3月4日 鎌倉「binot」にて、「お宝食材SHOP」を一日限定でオープンします。そしてわたくしは、「食材リストをUPしてない……」ということに気づいてしまいました。

大変失礼いたしました。

ということで、もうすでに日付としては明日になってしまいましたが、当日並ぶ食材をお知らせいたします。料理通信スタッフは赤いエプロンを付けてでお待ちしておりまーす。(asai)


[大分]―― 喜多屋 「和TaRu」

[三重]―― 素材舎(保田商店) 「桑名もち小麦」

[宮崎]―― 百姓隊 「佐土原ナス」 ※惣菜のみ

[熊本]―― 五木とうふ店 「五木豆腐」 ※惣菜のみ

[秋田]―― 羽場こうじ店 「特上 喜助味噌」

[愛知]―― 木村農園 「金時生姜ジャム」・・・(惣菜)

[岩手]―― 早野商店 「ほおずきんちゃんジャム」

[大分]―― 佐藤双美 「双美おばあちゃんの味噌玉」
        佐伯ごまだしの会 「佐伯ごまだし」

[山形]―― ままくぅ 「彦太郎糯」 ※惣菜のみ

[静岡]―― カネオト石橋商店 「かつお魚醤ペースト」、
        カネジョウ 「いわし削り節」

[栃木]―― あゆ魚醤研究会 「あゆっ醤」

[静岡]―― トリイソース 「昔ながらのウスターソース」

[和歌山]―― 有田川ふるさと開発公社 「しみずのぶどう山椒」

[鳥取]―― 田中農場 「もち大豆」

[長野]―― 菜の花農場生産組合 「美麻高原 菜の花オイル」

※都道府県の並び順については、特に触れないでいただきたい次第です。

--------------------------------------------------------------
-
【日時】 2012年3月4日(日) 11:00~17:00 ※なくなり次第終了
【会場】 旧「鎌倉惣菜」 (3月1日~ 「Binot」としてリニューアルOPEN)
神奈川県鎌倉市小町1-5-14
(鎌倉駅から徒歩3分。駅方面から小町通りを入って一つ目の路地を右折、20mほどの右側)

※当日は、惣菜(テイクアウト)と食材のみの販売です。
※店内でのイートインスペースはありません。


---------------------------------------------------------------

2012年 3月 3日 EVENT(食の世界の様々なイベント) | | トラックバック (0)