« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

【速報】パティシエール時代到来!

スイーツ特集に掲載中の坂倉さんが、
C3世界大会2位受賞!

ニュースが飛び込んで来ました!

現在、全国書店で発売中の『料理通信』2月号P.23~24にご登場いただいた「ラ グラン ターブル ドゥ キタムラ」の坂倉加奈子さんが、マドリッドで開かれた「C3」(ヴァローナ主催のレストラン・デザート・コンクール)世界大会で2位を獲得。あわせて、プレス賞も受賞しました。おめでとうございます!

Photo
2年前の前回に引き続いての2位で、実力のほどが証明されたと言ってよいでしょう。
ちなみに、

1位 フランス Iris LAU
2位 日本   Kanako SAKAKURA
3位 アメリカ Sally CAMACHO

坂倉さんからの速報によれば、「決勝進出者6名のうち半分が女性で、この女性陣が1~3位を占めました。しかも皆アジア出身(フランス代表は香港出身、アメリカ代表はフィリピン出身)なんです!」

いよいよ、パティシエールの時代到来です。
フランスのWEBサイトで速報が出ています。
http://www.lhotellerie-restauration.fr/journal/restauration/2012-01/Iris-Lau-remporte-le-Trophee-C3-Valrhona.htm

http://www.pourcel-chefs-blog.com/blog1/2012/01/28/c3-un-concours-fort-en-chocolat-valrhona/

『料理通信』2月号には、坂倉さんのキャリアととっておきレシピが載っています。ぜひご覧ください。(kimijima)

2012年 1月 30日 スイーツ・パン | | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

春節はやっぱり中国料理で!

1月にして、早くも今年の目標達成を断念(いや、正確には「挫折」です……)しつつある、心弱きワタクシ。でも大丈夫、本日1月23日は中国の旧正月にあたる「春節」ですからね。今日を新年のはじまりと思えば、また新たにやる気が湧いてくる、ってものです(と、自己暗示をかけてみる)。

こんなおめでたい日には、中国料理で気分も盛り上げるしかない!

そこで向かったのは、ホテルニューオータニ幕張にある「中国料理 大観苑」。地元・千葉県の食材を取り入れた滋味豊かな料理は、近隣に住む方々はもちろん、隣接する幕張メッセを訪れる方をも魅了する逸品ぞろいです。

今回はホテル内の5つのレストランで使え、しかもお料理&フリードリンクのセットがおトクに楽しめる「冬のグルメボーナスクーポン」で、「大観苑王道ディナー」をいただきました。(クーポンの販売はすでに終了しています、ごめんなさい!)

0102_2
(左)この日の「大観苑特冷菜盛り合わせ」は、自家製チャーシュー、くらげ、白菜の甘酢漬け、サーモンの錦糸卵巻きの4品。(右)上質なフカヒレをふんだんに使った「フカヒレスープ」は豆腐入り。やさしい味わいで体も温まります。

0304_2
(左)「芝海老のブラックビーンズ炒め」は、芝海老・しいたけ・パプリカ・えんどうなど彩りも鮮やか。豆鼓ならではのコクと旨みについつい箸も進みます。(右)中国料理の定番「鶏の揚げ物葱ソース~油淋鶏~」。鶏のカリッとした食感とネギたっぷりの香味ダレがたまりません。

05_3   
「黒酢の酢豚」は、スタンダードな酢豚とは一線を画す、豚×ネギだけのシンプルな一品。その潔さ&インパクトあるビジュアルで、大観苑では一番人気!

0607_2
(左)シャキシャキの野菜、カリッ!もちっ!と香ばしい麺、2つの食感が楽しい「野菜あんかけ焼きそば」。満腹でもスルスルっと入ってしまいます。(右)最後は杏仁豆腐をいただき大満足! まさに“王道”と呼ぶにふさわしいお料理ばかりでした。

おいしいものをいただくと幸せな気分になって、福もたくさん舞い込んできそうな予感がしませんか。そんなポジティブな気持ちになるのも、食の持つ力だと改めて実感。心とからだのパワーチャージに、ぜひ訪れてみてはいかがですか。(chiba)


ホテルニューオータニ幕張 「中国料理 大観苑
〒261-0021 千葉市美浜区ひび野2-120-3
TEL: 043-299-1852

2012年 1月 23日 INFORMATION | | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

エルメさんのためのお米の授業

三ツ星の日本料理店「かんだ」で
“日本人の食事における米”を教わる。


日本の食文化に深く興味を抱いているピエール・エルメさん。何ごとも「自分の言葉で語りたい」とわさび日本茶日本酒など、生産者や各界のプロフェッショナルを訪ねては熱心に耳を傾け、自身のお菓子に積極的に取り入れています。

今回の来日では、お米について学びました。
日本料理店「かんだ」のご主人・神田裕行さんは、炊きたてのご飯とみそ汁とぬか漬けをご用意くださり、エルメさんにレクチャー。和菓子の老舗「とらや」では、広報・伊藤郁さんと虎屋文庫の中山圭子さんが、お米から作られる様々な粉の製法と使い方を解説してくださいました。

詳しくは本誌『料理通信』2月号をご覧いただくとして――

今日は、日本料理「かんだ」での取材の様子をこっそりとお見せしましょう。



この来日で、50歳になったエルメさん。
日本スタッフはサプライズに、胸に「W P H」(We love Pierre Herme)バッジを付けて迎えたそうです。ちょっと照れた様子なのがかわいいですね。
それにしても、エルメさん、お箸の使い方がホントにお上手です。(ogura)

2012年 1月 22日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

「素朴なパンもいいですよ」

原田知世さんが手にしているパンは、
「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」の山口さん製です。

『料理通信』2月号の「クリエイター・インタビュー」は、今月公開の『しあわせのパン』で主演されている原田知世さんです。

「クリエイター・インタビュー」では、ポートレートを撮影する際、食の道具や食べ物を何かしら手に持っていただいています。

たとえば、
佐藤琢磨さんはドーナッツ。
小林薫さんは鰹節削り。
内野聖陽さんは木のスプーンとフォーク。
JUJUさんはストウブの鍋。

今回は、もちろん「パンを持っていただこう」。

では、どこのパン屋さんのパンにするか?
実際に映画の撮影に使われた北海道のベーカリーカフェのパンを取り寄せるという方法もあります。
でも、せっかくなら、焼きたてのパンを持っていただきたい。
考えに考えて、「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」の山口哲也さんにお願いすることに。
映画の中の原田さんの台詞、「素朴なパンもいいですよ」という言葉を伝えて、山口さんに焼いていただいたのが、写真のパンです。

Th

奇しくも原田さんの服と見事な相性を見せて、しあわせな撮影となりました。
所要時間、わずか5分。放っておくと1カットのために400回もシャッターを切りかねないカメラマンさんが、わずか20シャッターで「決まったね!」。

撮影終了後は、原田さんの「シェアしましょう」のひとことで、みんなで分け合いました。
映画のキャッチフレーズが、「わけあうたびに、わかりあえる気がする」なんですよ。(kimijima)


●『しあわせのパン』
  1月21日(土)北海道先行ロードショー、28日(土)全国ロードショー

2012年 1月 20日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

人気バーガーシリーズが帰ってきた!

雪国生まれなのに、寒さにはめっぽう弱い。そんなワタクシでも、ここ数年はひそかに1月を待ち遠しく思っています。なぜなら、日本マクドナルドの期間限定シリーズ『Big America』が店頭に並ぶから。一度見たら忘れられない、あの圧倒的な存在感(ビーフパティは、なんと通常の2.5倍のボリューム!)。あれもこれも、と食べたくなる、個性豊かな味わい。

過去2度のキャンペーンで累計販売個数が1億個を突破したのも、“これぞアメリカ!”的なパンチあるビジュアルとスケール感が日本中のハートをわしづかみにしたからでしょう。
そして、ついに2012年の新作のお目見えです。

01
今回は“アメリカのツアースポット”をテーマにした4種のバーガーが登場!一番左、「グランドキャニオンバーガー」を皮切りに、「ラスベガスバーガー」「ブロードウェイバーガー」「ビバリーヒルズバーガー」と3月下旬(予定)まで順次発売されます。

02_2 
発売に先駆けて行われたプレス発表会では、4つのバーガー&「ブルーベリークリームチーズパイ」「メープルカスタードパイ」(各¥120)の試食も。どれからいただくか、何ともうれしい悩みです。

03
こちらは第1弾として発売された「グランドキャニオンバーガー」。グランドキャニオンの岩肌や地層をイメージしたという3段バンズに、2種のチーズ、エッグ、ビーフパティがそびえたつ、迫力満点の一品です。

寒い冬、おいしいコーヒーと一緒に味わえば、それだけでからだも心も温まりそう(コーヒーがおいしい理由は、『料理通信』 2011年12月号2012年1月号をCHECK!)。ぜひこの機会に、召し上がってみてはいかがですか。(chiba)

2012年 1月 19日 INFORMATION | | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

今年の(勝手に)ガレット・デ・ロワ大賞!

とにかく気になっていたのです。
東京・松陰神社駅前「ブーランジェリー スドウ」の須藤秀男シェフがFacebookに毎日アップしていたガレット・デ・ロワ。
本当にお好きなんだなぁって。

須藤シェフのガレット熱に影響されて、Facebookで自分のガレットを公開するブーランジェ続出。そうこうするうちに、須藤シェフのガレットの噂が編集部に届いてきて――

たまらずスタッフが買いに走りました。

う~ん、見事なレイヤージュ。
ナイフを入れるのがはばかれますね。
「えいっ」と思い切って刃先を突き刺し、表面のレイヤージュを壊さないよう、静かに刃をおろしていく……と、パイ生地1枚1枚をサクリ、サクリと断ち崩しているのが、刃から伝わる感触でわかるんです。
こりゃ、絶対においしいはず。
ええ、本当においしかったです。
経緯を知らないスタッフは「おいしい! これ、どこのガレット?」

食べ終わって、須藤シェフにお話を伺いました。

ガレット・デ・ロワ作りで大切なことは何ですか?
「生地作りの工程の一つひとつをきっちり行うことですね。粉やバターの温度、デトランプの混ぜ具合、デトランプをきっちり寝かせて、きっちり冷やす。ひとつでも正確さに欠けると、目指す仕上がりになりません」
毎年毎年、もっとおいしくと試行錯誤を繰り返し、他のシェフたちが作るガレットも食べてみては、良いところがあると取り入れたりするそうです。

「今年はより少し軽く仕上げようと折りの回数を減らしてみました。従来は3×4×3×4×3回だったのですが、今年は3×4×3×3×3回に。約100層減ったことになります。その分、軽くなって、口溶けよく、香りの立ち方、味の出方もより際立ってくるかなと……。スペイン産のアーモンドを使ったしっとり濃厚なクレーム・ダマンドを入れるので、それに負けないパイ生地が必要だけれど、パイが勝ちすぎれば、口の中の水分を持っていかれる感じにもなる。そのバランスの取り方がポイントですね」

ちなみに、粉は、日清製粉のエクリチュール(フランス産小麦を使った粉ですね。昨年発売されたばかりの話題の粉)、リスドオル、カメリアが3同割だそうです。(kimijima)

Photo
レイヤージュが美しい。お聞きしてみれば、須藤シェフはガレット・デ・ロワコンテストの優勝者だったんです。

Photo_2

平たく焼くのがガレット。あえて高さは出しません。側面のきっちりした層が折りの確かな技術を物語っています。

Photo_2

最近ではめずらしく、ちゃんとフェーブ入りで焼いています。ナイフを入れたら、ちょうどフェーブ(新聞配達夫!)に当たってしまいました。

2012年 1月 17日 スイーツ・パン | | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

「愛してるって、いうために」フェア

先週の金曜日。わたくしトリヤマがいそいそと出かけた先は、東京ミッドタウン。“愛してるって、いうために”なフェアが開催されると聞けば……思わず行ってしまいます、よね?

と、言いたいところですが、我らはTRIPPA隊。つられるキーワードはもちろん、そこに、おいしいものがあったからです。

Photo_3

1月13日(金)~1月22日(日)の期間、「愛してるって、いうために。三重の美味しいパワーフード」と題したレストランフェアが開催されます。東京ミッドタウン内のレストラン13店舗で三重県の食材を使った特別メニューが提供されるほか、ガレリアB1Fでは三重県プレミアムショップがオープン!

Photo_5 
オープニングセレモニーでは、「みえの国観光大使」である西野カナさんに立派な伊勢エビがプレゼントされていました。会場には、お久しぶりです! のお二人の姿も。

Photo_6
左は、「的矢かき」の生産者・佐藤養殖場の佐藤忠勇さん(『料理通信』2009年12月号にご登場)。右は、「伊勢ひじき」の生産者・北村物産の北村裕司さん(2009年3月号にご登場)。

Photo_7
料理研究家の松田美智子さんにもお会いしました。食材視察のため、三重県を訪ねていらっしゃいます。

おいしくて元気になる、三重県のパワーフードを体験できるレストランフェア、オススメです。ところで、あれ? なんで、“愛してるって、いうために” なんだっけ? ついつい、“おいしい”にだけ気をとられていました。 (toriyama)

●三重県レストランフェア公式サイト
http://www.sonymagazines.jp/mie/

2012年 1月 16日 INFORMATION | | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

パティシエの道-6: クグロフ

最強のクグロフの作り方

「クグロフを作りたい」というパティシエやブーランジェの方、多いですよね。
その気持ち、すごくよくわかります。

・フランスの発酵菓子タイプとオーストリアのバターケーキタイプがあって、
・畝々模様のついた山形の壮麗な姿は、単一層の生地でありながら、華やかでもあり、
・フランスにせよ、オーストリアにせよ、伝統の有難みを満面に湛えていて、

とにかく心惹かれるんですよね。

Photo_25今回のスイーツ特集では、ルーツ貿易の久保直子さんが、とっておきのクグロフレシピをご紹介くださっています(『料理通信』2月号P.28)。
アルザスのクグロフをいろいろ食べ歩いた時の記憶をもとに組み上げたというレシピだそうです。

⇒久保直子さん。バリバリのキャリアの持ち主です。

「パリのクグロフは、ブリオッシュ生地と変わらないケースが多いんですよ。でも、アルザスのクグロフは、もっとケークとブリオッシュの中間というか、目が詰まっていて、しっとりしていて……。その感じを再現しました」

ストレート法と中種法、2種類の製法で作り比べたところ、中種法のほうが断然おいしくできあがるとのことで、誌面では中種法を紹介しています(ストレート法のほうが簡単らしいのですが)。

撮影後、食べてみました。なるほど、おいしい。
なるほど、アルザスのクグロフに近い(ような気がする。私にとってはもう10年以上前に行ったきりなので、記憶がおぼろ)。
ぜひ、お試しください。(kimijima)

Photo_26

お尻がぼっこり膨らんだクグロフもありますが、これはマジパン入りの生地なので、お尻はそんなに膨らみません。その分、味わいが濃い!

Photo_27Photo_28

左:見事な焼き色!/右:ラム酒をたっぷり、これでもかというくらい染み込ませます。

Photo_29

表面にグラニュー糖をまぶしてできあがり。

2012年 1月 14日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

旬の京野菜が食べられる店は?

12月19日に「旬の京野菜提供店(東京)認定式」が行われました。

01_2
“旬の京野菜”を提供する店として、(社)京のふるさと産品協会が認定している店が、京都府内に198店舗あります。東京での選出は今回が初めて。「赤坂 菊乃井」「オテル ドゥ ミクニ」「Cuisine FrancaiseJJ」「京懐石みのきち 新宿住友店」「グランドプリンスホテル高輪 フランス料理 ル・トリアノン」「三友居 高輪店」「たん熊北店 二子玉川店」「ル・ヴェルデュリエ」の8店舗が認定されました。

02_3
認定式の会場となったグランドプリンスホテル高輪「トリアノン」高垣シェフが作られた「聖護院かぶら」のスープは驚きでした。使っているのは、水と少しのジャガイモとネギだけ。コンソメは一切入れていないのに、大変滋味深い味わい。この聖護院かぶら、土地の養分を使い果たしてしまうので、収穫した翌年は畑を休ませるのだそうです。

03_2
京都といえば、2009年3月号(完売!)掲載 『第1回全国お宝食材コンテスト』では、ふるさとたまご村の「京たまご穀産」の卵、2012年1月号掲載 『第3回全国お宝食材コンテスト』では、謝恩庵一休寺の「一休寺納豆」が選ばれました。まだまだ隠れたお宝が沢山ありそうです。(toriyama)

2012年 1月 13日 INFORMATION | | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

パティシエの道-5: 最年少?

「オーボンヴュータン」河田シェフとの年の差42歳!

Photo_14『料理通信』2月号P.19でご登場いただいた「カフェリゼッタ」のパティシエ、鶴見さんは、1986年生まれです。

インタビューの最初にそれを聞いて、のけぞりました。
若い! 若すぎる!

私より少し先輩の編集者が手掛けたレシピブックを、小学生の頃、舐めるように読んだ、と聞いて、感慨深いような、複雑なような。

「カフェリゼッタ」はフランスの古物で構成されたカフェ。スペースの都合上、本誌で大きくお見せできなかったのですが、本当に素敵です。

両親が共働きで一人っ子だった彼は、家にある粉と卵とバターと牛乳でお菓子作りをしていたそうです。この4つの材料で生地もできればクリームもできることに、小学生の時に気付いたというのですから、早熟です。で、憧れたのがアルザスやバスクの伝統菓子。

Photo_15今、彼が作るのも、フランスの伝統的な家庭菓子。

「オーボンヴュータン」の河田シェフとの年の差を数えてみたところ、42歳の差がありました。「オーボンヴュータン」は81年オープンですから、彼が生まれた時、すでにあったわけです。

そういう世代が活躍し始めたということです。
う~ん、やっぱり感慨深い。(kimijima)


かすれや傷はそのままに、朽ちた感じをあえて残しているのがいいんです。

Photo_16

レジ横では、自家製のコンフィチュールやグラノーラが並んでいます。

Photo_17

パリののみの市で見かけながらも「さすがに買って帰れないよねぇ」と諦めてきた家具類が使いこなされていて、うらやましい。

Photo_19Photo_20

古紙も壁を彩っています。

2012年 1月 12日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

パティシエの道-4:毎日がコンクール

Photo_7昨年出会ったパティシエの中でもとりわけ印象的だったのが、「ラ グラン ターブル ドゥ キタムラ」の坂倉加奈子さん(『料理通信』2月号P.23に登場)です。

フランス修業について、「フランス人の中に入って、彼らと同じように暮らして、彼らがお給料で何を買い、どのように暮らしているのかを知りたかった。お菓子文化もその上に築かれているのだと思うから」と語る言葉を聞き、技術を超え、お菓子という枠組みをも超えて、民族の深いところへ入って行こうとする姿勢に感銘を受けたのでした。

彼女は、今月、マドリッドで開かれる「C3」(ヴァローナ主催のレストラン・デザート・コンクール)世界大会に出場します。アジア予選では、熱いのも冷たいのも、硬いのも柔らかいのも、固形も液状もクリーム状も泡状も、実に多種多様なパーツが共存するデザートを作り上げていました。コンクール会場という制約だらけのキッチンで、なぜ、あそこまでできるのか?

と思っていたら、今回の取材で仕事ぶりを見せてもらって、ちょっと納得。レストランのパティシエって、日々の仕事がコンクールのような感じなのだろうなって。(kimijima)

Photo_8Photo_9

ノルウェーの名レストラン「バガテル」でシェフ・パティシエを務めていました。同店は、シェフのリタイアに伴い、閉店。シェフの功績を称えて出版された本に坂倉さんも登場しています。(写真一番上も同書より)

Photo_10
「バガテル」シェフのオーダーで坂倉さんが作った「オムレット・ノルヴェジエンヌ」、只今制作中。

Photo_11
「ラ グラン ターブル ドゥ キタムラ」は恐るべきグランメゾン。パティスリールームがこんな感じなんですよ。

Photo_12

個室からアプローチを眺めたところ。茶室もあります。

Photo_13
この日のまかない。私は取材(@名古屋)の帰り、通りがかりの老舗で味噌煮込みうどんを食べました。

2012年 1月 11日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

パティシエの道-3:粉ものスイーツ

「ローズベーカリー」のローズさんが支持される理由

日本のスイーツ女子の間で、コンフィチュールが流行ったのは、クリスチーヌ・フェルベールさんの影響でした。
粉ものスイーツが流行ったのは、「ローズベーカリー」のローズさんの影響ではないか、と思うのです。

Photo_4

エルメやエヴァンのお菓子がオート・パティスリー(スイーツ版オート・クチュール)だとすると、「ローズベーカリー」のパウンドケーキのざっくりとした質感と味わいは、生成りの綿や麻の布で作られた普段着。生成りの風合いに、より等身大のリアリティを感じて惹かれる女子が多いのはわかる気がします。

エルメやエヴァンのお菓子よりよほど作れそうにも見える。『カーネーション』じゃないけれど、ミシンがあれば縫えそうな感じ? レシピブックも出ているし、というわけで、作ってみる人も多いと思うのですが、これが意外に「お店のようにできないんです」という声を聞きます。

で、コツを教えていただくことにしました。

ペストリーチーフの宇戸平さんの「簡単なんですよ」の言葉通り、プロセス撮影はあっという間に終了。
つまるところ、「混ぜない(その混ぜ加減)」に尽きるらしいのですが、感動したのは、「生物多様性」にも通ずるローズさんの考え方でした。

詳しくは、ぜひ『料理通信』2月号P.38をご覧ください!(kimijima)

2012年 1月 10日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

お詫びと訂正

『料理通信』2月号の掲載内容に誤りがございました。

1) P.108スペシャルプレゼント「NARUMIクックボール」の問い合わせ先は、正しくは下記の通りとなります。

 NARUMI直営コンセプトショップ DIECI GINZA
 東京都中央区銀座6丁目8-7 銀座交詢ビル3F
 TEL: 03-3289-8500
 www.10ginza.com/

2) P.98~99『食の美しき仕事人たち』掲載、高田勝氏の学歴について、
 東京大学農学部卒業 と記載しておりますが、
 正しくは、東京農業大学卒業 となります。

訂正して、読者の皆様と関係各位にお詫び申し上げます。(編集部)

2012年 1月 10日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

パティシエの道-2:表紙撮影裏話 2

今回の表紙は、屈指の人気パティスリー、東京・目白「エーグルドゥース」です。

オーナーシェフである寺井則彦さんの言葉は、ひときわ胸にジンときました。

「数を重ねて初めて質を理解できる。無駄を重ねて見えてくるものは少なくありません。生涯かけて到達したい職人としてのレベルがあると思うんですよ。高く飛ぶには強いバネが必要で、修業という経験がバネを強くする」

ところで、表紙撮影の打ち合わせに伺ったランチタイムの時間帯、スタッフのみなさんが揃って昼寝をしていたんですよ。
レストランでは、ランチとディナーのアイドルタイムにしばしば見かける光景ですが、パティスリーでの昼寝は初めて見ました。
「少しでも休むと、午後の仕事の能率が違うんですね」と寺井さん。
考えてみれば、もっともです。
お菓子屋さんって、朝6時には厨房に入って、クリスマスシーズンは夜中まで働きづめなんですよね。しかも、パティシエの仕事は細かい作業が多くて神経を使う上に、一度に100個単位で仕込む根気と集中力を必要とします。

休息を上手にとってクオリティアップ!

人気店は裏側もちょっぴり違う、と実感したのでした。(kimijima)

Dsc_0211

2012年 1月 9日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

パティシエの道-1:表紙撮影裏話

今回(『料理通信』2月号)の表紙のコンセプトは、「シェフの手を入れて撮る」でした。
ADに特集の企画趣旨を説明すると、開口一番、「パティシエの存在が感じられる表紙がいいよね」。

というわけで、「シェフの手を入れて撮ろう」。

店は「エーグルドゥース」と決めていました。
とにかくスタッフ体制が完璧なんです。
「見事に組み上げられたピラミッド!」
「よく働く!」
「(在籍期間が)長い! 辞めない!」
「パティシエの道」というテーマにぴったりなんです。

いつにもまして準備は入念。
1. AD、カメラマン、販売担当、特集担当で店を訪れて、寺井シェフと打ち合わせ&ロケハン。
2. 撮影候補のケーキを2種類選んで、試し撮り。
3. 表紙ダミーを作成。
4. ダミーを見ながら、社内で撮影ケーキを決定。
5. いざ、本番!

そういえば、ロケハン中のことでした。
ADが寺井シェフに向かっておもむろに「手を見せてください」。なにするんじゃ、シェフに向かって、と一瞬思いましたが、そっか、手のオーディションか……。
今回の主役は、ケーキであると同時に、寺井シェフの手でもあるんですね。

「いいですねぇ、きれいですねぇ」とあっさりOK。

しかし、撮影中、寺井シェフにはADとカメラマンの両方から集中砲火が。
「もっと手前に」「もっと奥に」「指をもっと細くしてください」「つまみ方、もっと軽くお願いします」……
隣で見ていて、「ああ、シェフ、ごめんなさい」との思いでいっぱいに。

で、出来上がった表紙ですが、なんでやねん、手の存在感が希薄やないか……。
タルト・オ・フリュイのあまりの美しさに、ADがタルトに寄り過ぎてしまったんです。

またも、「ああ、シェフ、ごめんなさい」。(kimijima)

Photo

打ち合わせ中のADとカメラマン。天井にご注目ください。この時期の「エーグルドゥース」は、別世界の美しさ。飾りつけはバレンタイン頃までだそうです。

Photo_2
手をいかにすっと見せるか、寺井シェフには、1時間近くにわたって、ご協力いただきました。

Photo_3

念のため、「ミロワール・カシス」でも撮影。結局、タルト・オ・フリュイでGO。

2012年 1月 7日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

お詫びと訂正

『料理通信』2012年2月号の掲載内容に誤りがございました。

P.58「パティシエ48人キャリアBOOK」内
      「36.ナッシュカッツェ」今井伸哉シェフ プロフィール

      × A型・1974年1月24日生まれ
      ○AB型・1973 年6月5日生まれ

読者の皆様ならびに関係者各位にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。(編集部)

2012年 1月 7日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

料理通信2月号は本日発売です!

特集 スイーツの、プロになる。

街のお菓子屋さんの他にも、カフェやネットなど、パティシエの活躍の場が増えました。
増えた分だけ、食べ手にとっては楽しみが、作り手にとっては舞台が広がったと言えるでしょう。

では、それぞれの舞台に上がるまで、パティシエたちはどんな道のりをたどってきたのでしょうか。人気の味を作り出すベースとなった、その道のりをちょっぴり覗かせてもらいました。

12_02

●詳しくは料理通信ONLINEをご覧ください。
http://r-tsushin.com

2012年 1月 6日 今月の『料理通信』 | | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

読者参加型のコンテスト

明けましておめでとうございます。皆様、おいしいお正月をお過ごしになっているでしょうか? 料理通信編集部はもう数日お休みをいただいておりますが、着々と3月号の準備を進めております。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

思えば、2011年はたくさんの読者の方々にお会いした1年でした。読者イベントでは毎回うれしい “初めまして、の気がしない、初めまして” がありました。デモンストレーション販売でもたくさんの方にお越しいただき、かつ、読者の方にスタッフとしてお手伝いもいただきました(!)。

お手伝いといえば、「第3回全国お宝食材コンテスト」では、初の読者審査員を募りました。募集受付約1日にも限らず多くのご応募が!

01_2 
これまで、料理人やジャーナリスト、流通のスペシャリストの方々に審査をお願いしていたコンテストですが、食べ手として、一消費者の視点を入れたいと思ったのがきっかけ。

02_2 
プロ審査員とは異なる評価項目で審査をお願いしたところ、皆さん一品一品に細かくチェックしてくださり、貴重なコメントも。同じ目線でジャッジをしてくれる読者の声、大事ですよね。結果は『料理通信』2011年1月号 (全国書店での発売は1月5日までです!)でご紹介していますが、どんなコメントがついたのか、これからゆっくりご紹介していきますね。

第4回のコンテストも、読者審査員を招いて開催できますように! 皆さん、「もしも自分が審査員だったら?」という気持ちでお宝食材をどんどんお試しになってくださるとうれしいです。そうそう、 新人フミと結成した“お宝食材使いこなし隊”の結果もお楽しみに!(asai)

2012年 1月 3日 全国お宝食材コンテスト | | トラックバック (0)