« パティシエの道-4:毎日がコンクール | トップページ | 旬の京野菜が食べられる店は? »

2012年1月12日 (木)

パティシエの道-5: 最年少?

「オーボンヴュータン」河田シェフとの年の差42歳!

Photo_14『料理通信』2月号P.19でご登場いただいた「カフェリゼッタ」のパティシエ、鶴見さんは、1986年生まれです。

インタビューの最初にそれを聞いて、のけぞりました。
若い! 若すぎる!

私より少し先輩の編集者が手掛けたレシピブックを、小学生の頃、舐めるように読んだ、と聞いて、感慨深いような、複雑なような。

「カフェリゼッタ」はフランスの古物で構成されたカフェ。スペースの都合上、本誌で大きくお見せできなかったのですが、本当に素敵です。

両親が共働きで一人っ子だった彼は、家にある粉と卵とバターと牛乳でお菓子作りをしていたそうです。この4つの材料で生地もできればクリームもできることに、小学生の時に気付いたというのですから、早熟です。で、憧れたのがアルザスやバスクの伝統菓子。

Photo_15今、彼が作るのも、フランスの伝統的な家庭菓子。

「オーボンヴュータン」の河田シェフとの年の差を数えてみたところ、42歳の差がありました。「オーボンヴュータン」は81年オープンですから、彼が生まれた時、すでにあったわけです。

そういう世代が活躍し始めたということです。
う~ん、やっぱり感慨深い。(kimijima)


かすれや傷はそのままに、朽ちた感じをあえて残しているのがいいんです。

Photo_16

レジ横では、自家製のコンフィチュールやグラノーラが並んでいます。

Photo_17

パリののみの市で見かけながらも「さすがに買って帰れないよねぇ」と諦めてきた家具類が使いこなされていて、うらやましい。

Photo_19Photo_20

古紙も壁を彩っています。

2012年 1月 12日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/53652683

この記事へのトラックバック一覧です: パティシエの道-5: 最年少?: