« 年末年始の配送業務について | トップページ | TRIPPAの冬休み »

2011年12月27日 (火)

オーストラリアワインで読者イベント!

さて、今回は『料理通信』読者イベントのご報告を。去る11月20日(日)、前日までの雨が嘘のように晴れ渡ったこの日、品川「ウオーターライン」を会場に、『A+オーストラリアンワイン』読者イベントを開催しました。

参加者は76名 (「天気予報:雨」をもくつがえす、日ごろの行いが素晴らしい方々とお見受けします!)。開放感たっぷりの水上ラウンジで、オーストラリアワイン全34種をお召し上がりいただきました。

01
開場前、出番を待つスパークリングワインたち。親しみやすいタイプからコクのある本格派まで、顔ぶれも多彩です!

ワタクシ・チバも影武者(スタッフ)として会場に潜伏していましたが、何より驚いたのが、参加者の皆さんの“知りたがり度数”の高さ。ナビゲーターとしてお迎えしたマスター・オブ・ワインのネッド・グッドウィン氏の話に耳を傾けながら、左手でワイングラスを持ち、右手でペンを走らせる――まさに五感フル回転状態!

「こんなにたくさんの種類を飲み比べできる機会はなかなかないから」
そう言いながら、熱心に話を聞いてくださる姿がとても印象的でした。

02
熱いトークでイベントを盛り上げてくださったネッド・グッドウィン氏。あれこれ質問攻めにあってもなんのその。時間の許す限り、オーストラリアワインの魅力を語ってくださいました。

03
香りや色など、繊細な違いを楽しむのもワインの醍醐味。知れば知るほど、もっとあれこれ飲んでみたくなる?

04_2
お手伝い下さったインポーターさんも大忙し! ワインを注ぐ傍ら、味わいや産地の説明をして、と息つく暇もないほどです。

これだけ多くのワインを飲んでいると、時間もあっという間に過ぎ、気がつけばイベントも終わりの時間に。「全種類制覇した!」というツワモノもいれば、「気に入ったワインをゆっくり味わいながら飲んだ」というマイペース派もいて、みなさん思い思いにオーストラリアワインを楽しまれたようでした。

飲み方は千差万別でしたが、皆さん口々におっしゃっていたのは「オーストラリアワインのクオリティの高さに驚いた」ということ。飲み比べてみてこそわかる個性や魅力に、どっぷりハマった方も多かったようです。

さて、これから迎える年末年始は、お酒の出番も多いはず。ぜひ“家飲み”のラインナップに、オーストラリアワインをエントリーしてみてはいかがですか。(chiba)

2011年 12月 27日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/53583704

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアワインで読者イベント!: