« 北国・盛岡からやってきた「冷麺」 | トップページ | 観光と産業の復興を応援!「応援工芸市」 »

2011年7月16日 (土)

酒チャリティ、いろいろ。

子供たちを救おう ~開催報告~

去る6月26日(日)、「酒は未来を救う会」が主催する和酒の試飲会に行ってきました。

理事の花岡賢さんは東京・大塚の「日本酒はなおか」店主。病気の子供たち、親元を離れ施設に暮らす子供たちを支援したいと同会を立ち上げ、この度NPO法人化できたとのことで、そのお披露目も兼ねたチャリティ試飲会でした。
Photo_9
NPO法人「酒は未来を救う会」理事長の花岡賢さん(右)、同法人内「和酒コンシェルジュ」実行委員長の和田静佳さん。「輪になろう日本酒」のポスターを持って。

日本酒、焼酎、日本ワインと「和酒」の蔵元48社がブースを出展。夏に向けたシュワッと爽やかな口当たりの微発泡酒や、国際的な評価機関であるIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の2011年メダル受賞酒などが振る舞われ、会場は和酒ファンで大賑わいでした。(sakanishi)

Photo_10
『料理通信』2010年5月号で取材させていただいた、新世代蔵元杜氏「宝剣」の土井鉄也さんを発見! 写真ブレブレでごめんなさい~。
 
Photo_12 
酒販店「鈴木三河屋」の大熊潤さんも参加! 『料理通信』では、2010年6月号「食の世界の美しき仕事人たち」にご登場いただきました

【問合せ先】
・NPO「酒は未来を救う」
  URL:http://ameblo.jp/sakewamiraiwosukuu/

・「和酒コンシェルジュプロジェクト」
  URL:http://ameblo.jp/washuconcierge/

----------------------------------------------------------------
東日本を応援しよう
~参加酒販店・飲食店募集中!!~

----------------------------------------------------------------


また同日、花岡氏からは東日本大震災復興イベント「輪になろう日本酒」の開催についてもご説明がありまし。こちらの活動は、全国の酒販店と飲食店に呼びかけ「9月24日(土)の、日本酒の売上の一部を寄付しよう」というもの。全国どこの地域の酒販店・飲食店でも日常の営業活動の中でチャリティに参加することができる仕組みです。9月23日(金・祝)には東京ドームシティでチャリティ試飲会も行われます。(同会の実行委員長、ミスター情熱・君嶋哲至氏のライブパフォーマンスも必見!)

Photo_8
■酒販店・飲食店イベント 
開催日:9月24日(土)
参加各店では日本酒の売上の一部を寄付いたします。
(酒販店:1升瓶100円/4合瓶50円、飲食店:1杯100円)
集まった収益は、被災地の蔵元、日本赤十字社、あしなが育英会に寄付いたします。

■チャリティ試飲会&ライブイベント
開催日:9月23日(金・祝)
会場:東京ドームシティ プリズムホール
詳しくは、「輪になろう日本酒実行委員会」オフィシャルブログへ。
ブログ:http://ameblo.jp/waninarounihonsyu/
申し込み先: wa.nihonsyu@gmail.com
 
 

2011年 7月 16日 東日本大震災関連情報 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/52218340

この記事へのトラックバック一覧です: 酒チャリティ、いろいろ。: