« 超ベテラン職人・仁瓶さんの仕事-1 | トップページ | ボーペイサージュの炊き出し支援 »

2011年5月16日 (月)

超ベテラン職人・仁瓶さんの仕事-2

ふるふる、ゆるゆるな生地に、“クープ”を入れる!

ロデヴは粉に対して水が90%という高加水のパン。高加水のパンは生地の扱いがむずかしいということは、前回のブログをご覧いただくとして。

オーブンのスリップピールに移した生地には、間髪置かずにクープを入れて、窯入れします。
仁瓶さんは、クープを入れるのに、ビクトリノックスの“クープ用ナイフ”を使っています。
高加水パンは、ふるふる、ゆるゆるな生地だから、クープ入れもむずかしい。
切れる刃物でないと、素早くシャープなクープが入れられないんです。
どのくらい素早く入れるのかは、動画でご覧ください。(kimijima)

2011年 5月 16日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/51686532

この記事へのトラックバック一覧です: 超ベテラン職人・仁瓶さんの仕事-2: