« カフェやバールで働く方、必見です! | トップページ | 満月の夜にフレンチ・スパークリング »

2010年11月21日 (日)

ボジョレー・ヌーヴォー解禁です。

~今週の仕事ワインはコレだ!~

週末、「さぁ、今日は原稿を書くぞぉ」という時、ワインを開けます。
平日の編集部で、「今日は深夜まで編集作業だ……」という時もワインを開けます。

私たちにとって、ワインは仕事の友!

日常的に飲むワインだからこそ、季節感は大切です。
夏はすっきり系の白やスパークリング、冬は落ち着きと深みのある赤。
今週末はもちろんボジョレー・ヌーヴォーを飲みながら仕事です。

ボジョレー・ヌーヴォー解禁の瞬間は、グランドハイアット東京で行なわれたジョルジュ デュブッフさんを囲むパーティで迎えました。
ボジョレーの名前を世界に広めた立役者であるデュブッフさん、今年のボジョレーの解説も入念です。

「深いルビー色で美しく着飾っています。グロゼイユ、フランボワーズ、カシス、ブラックチェリー、ペッシェ・ド・ヴィーニュ、すみれ……などの要素を持ち、歯応え(凝縮感があるということ?)がありますね。バランスがとれていて、ノーブル。しなやかさ、やわらかさ、フィネス、芳醇さに満ちていて……この風味豊かな複雑さ、生き生きとした高まりと輝きは、7、8月の天候に少し心配な要因もあっただけに、うれしい驚きでした」

デュブッフさんによれば、「誕生時においしければ、ずっとおいしい」。今年のボジョレーは期待できそうです。
http://www.suntory.co.jp/wine/special/kaikin/top.html

仕事をしながら飲むのにボジョレーはぴったりです。
気分を軽快にしてくれて、行き詰まりがちな思考を解きほぐしてくれる。
ヌーヴォー時期に限らない、仕事ワインと言えるでしょう。
ああ、これからの季節だったら、鍋にもいいな。(kimijima)

Photo
ボジョレー・ヌーヴォーの季節は、紅葉の季節でもあります。
ラベルの色彩に合わせて、色づいた桜の木をバックに撮ってみました。

2010年 11月 21日 本日のトリッパの中身 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/50086180

この記事へのトラックバック一覧です: ボジョレー・ヌーヴォー解禁です。: