« 不思議な家族構成……。 | トップページ | 【レシピ】家庭で使えるプロの技 2 »

2010年10月19日 (火)

あるイベントでのうれしいおみやげ

ようやく秋の気配が感じられるようになった9月下旬、新人アサイとともに新宿紀伊國屋サザンシアターに駆けつけました。

この日の催しは、新潮社さんの文芸誌「yom yom」が贈る「ヨムヨムの夕べ」。第1部では江國香織さん×角田光代さんのトークショー、第2部では椎名誠さんが新作を朗読で発表してくださいました。椎名さんは、朗読がこんなに難しいとは思わなかったそうで(自分の作品ゆえ、読むほどに文章を書き換えたい衝動に駆られるのだとか)、「これが最後の朗読会です」と衝撃の発言!(…まさか本気ではないですよね?)

その真偽はともかく、今をときめく人気作家の共演は、ファンにとって“読書の秋”の幕開けにふさわしい、すてきなプレゼントとなったことでしょう。

01_5プレゼントといえば、来場者への“おみやげ”がまたすてきでした(写真はおみやげの一部)。

「yom yom」の看板息子であるYonda?君(そうそう、あのパンダのキャラクターですよ!)のペーパーバッグには、新潮社さんの新刊紹介などとともに…「メゾン・ド・コンフィズリー」の「とろり、とけあうキャラメル」が!!!

  “うれしい~”そう心のなかでつぶやいていた私の目に映ったのは、2つ隣に座ったナイスミドルが、こっそりキャラメルをほおばる姿。

“うわっ、味や食感の感想を聞いてみたい!でも、いきなり話しかけるのもなぁ…”そんなことを考えている私の横で、ナイスミドルはすぐに2つめを“おかわり”していました。

ありがとう、Mr.ナイスミドル。あなたの感想は言葉にせずともすぐに伝わってきましたよ。

大人の男をも魅了する「とろり、とけあうキャラメル」は、全国のスーパーなどでお買い求めいただけます(一部お取り扱いのない店舗もあります)。もちろん、お子さまだって女性だって魅了されちゃいますよ。昨年、発売された時はコンビニ限定発売だったので、さらに多くの方にお楽しみいただけるかと思います。

9月に発売された「コク深まる、濃密ミルクキャンディ」、「じっくり、煮つめた果実キャンディ」と合わせて、ぜひぜひご賞味ください。日に日に夜が長くなるこからの季節、読書のおともにも「メゾン・ド・コンフィズリー」はぴったりです。(chiba)

>>>メゾン・ド・コンフィズリー特設サイト
   ⇒ http://www.kanro.co.jp/maison

2010年 10月 19日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/49786489

この記事へのトラックバック一覧です: あるイベントでのうれしいおみやげ: