« 『料理通信』9月号は本日発売です! | トップページ | スイーツ特集1-下見から始まります »

2010年8月 8日 (日)

「モワザン」がようやく都心に出店

私がパリに行った時に泊まる貧乏宿は、メトロのCADETという駅のエリアにあります。たまに、隣駅のN.D.DE LORETTEで降りて、駅前のパン屋さんでパンを買ったりもします。「MOISAN」というビオのパン屋さんです。

その「MOISAN」が、恵比寿駅西口改札正面にオープンしました。うれし~い。今まで、心斎橋そごうとか、千葉そごうとか、なぜか都心を避けて出店されていたんです。ビオの小麦粉をフランスから輸入して作るので、ちょっとお値段はお高め。でも、おいしいですよ。

「フランス産小麦は、粉の性質にバラツキがあるため、ブーランジェは大変みたいですよ」と広報の古胡さん。「ビオなので、虫がわきやすくて、鮮度と管理も大変なんです」。つまり、それだけ自然で安全・安心ということですよね。お店の造りもパリっぽくて、恵比寿で乗り換える度に買ってしまいそうです。(kimijima)

005re_2 006re_2 010re

2010年 8月 8日 NEW OPEN ! |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/49083916

この記事へのトラックバック一覧です: 「モワザン」がようやく都心に出店: