« あの名店のバーベキューのお味とは? | トップページ | 『料理通信』8月号は、肉焼き特集! »

2010年7月 2日 (金)

美しい! 三日月型のサラダボウル

1_27月から『SHOKU-IKU新聞』の発行をご一緒しているサラダ・ブランド「RF1」のロック・フィールドさんから、建築家・安藤忠雄さんデザインのサラダボウルをいただきました。
『SHOKU-IKU新聞』と共に届きました。

三日月状に窪んだフォルムが印象的で、凹凸をうまく利用して並べるとテーブルセッティングが色々と楽しめます。ちょうど300gのサラダがぴたりと美しく収まり、絶妙な角度で立ちあがるリムに素材が映えて一段とおいしそうに見えるから不思議! こうして改めてサラダを眺めてみると、素材を慈しみ、丁寧に仕上げられていることが自ずと伝わります。器って本当に大事ですね。食卓の環境をデザインすることも食育のひとつかもしれない――。そんなことを思いながら新商品「緑野菜と棒々鶏のサラダ」と「夏の焼き野菜のサラダ」をいただき、夏に向けてエネルギーをチャージしたのでした。ロック・フィールドのみなさま、ありがとうございました。(sakanishi)


2美しいフォルムにスタッフからは「どこで買えるんですか?」の質問が。残念、非売品なんです。

(奥)「緑野菜と棒々鶏のサラダ」は、7月末スタートの「日本美人シリーズ」の一品。シリーズの詳しいご紹介は7月6日発売の『料理通信』8月号及びRF1店頭で配布する『SHOKU-IKU新聞』をご覧ください。

(手前)「夏の焼き野菜のサラダ」。こんがりとグリルしたズッキーニ、ナス、ニンジン、アスパラガスなど夏野菜の旨みが凝縮された一品。

2010年 7月 2日 ある日の1ショット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/48758080

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい! 三日月型のサラダボウル: