« 「2010年 肉焼きの旅」 | トップページ | 世界最古のシングルモルト! »

2010年7月14日 (水)

モテるシェフは違う!

「エコールプランタン」1DAYレッスンに潜入

1「これアーリオ、これオーリオ、で、これがペペロンチーノ。これはイタリア料理の味の基本です。“ペペロンチーノ”って有名なパスタ料理だと思っているの人、多いでしょ。イタリアの店にも家庭にも、そんな料理はもともと存在しないんですよ。『ニンニクと唐辛子を抽出したオリーブオイル』ってのが、日本の「だし」のように味の基本になっているということなんです。でも、最近はイタリア人に「オチアイ、イタリアでも『アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ』っていうメニューが出て来たよ。日本人に人気なんだって」って言われて苦笑しましたけどね(笑)」
会場には、落合シェフが登場している『料理通信』2010年7月号2008年6月号も。

生粋の江戸っ子らしく軽妙なおしゃべりで生徒さんを湧かせる「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」落合シェフ。プランタン銀座内「エコールプランタン」で開催された料理教室にお邪魔しました。プロ向け講習会での厳しい表情とは打って変わって、終始笑いが絶えない和やかな雰囲気の中、きめ細やかで的確なアドバイス、ほぼ全員に直接声をかける姿勢、笑顔、サイン、握手。店が「日本で一番予約の取れない店」なのは、落合シェフが「日本で一番モテるシェフ」だからかもしれないなぁ。

2_3 「エコールプランタン」の各種コースの中でも料理教室は人気で、講師陣は有名シェフが揃い踏み。イタリアンだけでも落合シェフを筆頭に「アルポルト」片岡シェフ、「アクアパッツァ」日髙シェフ、「リストランテ濱﨑」濱﨑シェフ、「イル ギオットーネ」笹島シェフ。なかでも落合シェフはかれこれ10年近く講師を務めておられ、生徒さんの「ご常連」も多数。全4品のデモンストレーションが終わると実習に突入し、シェフは全部のテーブルをくまなく周ってアドバイス。味のチェックをしながら「もう少し煮詰めたほうがいいね」「ここで引き上げて!」「そうそうこの状態。よーく覚えておいてね」とマンツーマン状態で指導。
シェフの人柄を象徴する「パワフル&チャーミング」と冠した1DAYレッスン。ちょっと頑張ればおうちでできるメニュー4品。

最後に「今日のメニュー、全部は難しくても1品でもご家庭で作れたら嬉しいよね。最初から完璧にできる人はいないんだから、少しくらい失敗しても家族はきっと喜んでくれるよ、大丈夫!」と激励のメッセージ。締め括りは握手、サイン、記念撮影。シェフのサイン入りエプロンで参加しているご常連さんも多く、「じゃあシェフ、またね」「今度お店でね」「チャオチャオ~」と楽しく満喫して帰る生徒さんたち。当日も朝に名古屋を発って教室に直行、その前は沖縄と全国を飛び回る超多忙な落合シェフですが、どこに行っても周りの人を愉しませ、気遣い、幸せを振りまいているんだろうな。こりゃ、ファンが絶えないわけですな。(sakanishi)

↓本日のメニューは左から順に「ペペロナータ」「緑の野菜のアーリオ・オーリオ パルメザンチーズ入り」「すずきの香草グリル 焼き玉葱添え」「レモンティラミス」。3_7 4_5 5_9 6_9

     


●エコールプランタン 
TEL:03-3567-7235

グルメ系コースは「クッキングコース」(レギュラーコース)と「スペシャルクッキング1DAYレッスン」があり、内容も料理、菓子、ワイン、テーブルコーディネートと多彩。人気シェフの講座は申し込みから数時間で埋まるものもあるとか。

2010年 7月 14日 ある日の1ショット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/48866812

この記事へのトラックバック一覧です: モテるシェフは違う!: