« 日本のパン屋さんはすごかった。 | トップページ | 観光と美食のフォーラム in Madrid »

2010年5月22日 (土)

現場の声を知ることから

口蹄疫が、日に日に深刻な状況を迎えています。

『料理通信』編集部に第一報を伝えてくださったのは、
フード&ワインジャーナリストの鹿取みゆきさんでした。
新聞やテレビでこれほど取り上げられるようになる以前です。
鹿取さんが取材で訪れたことのある人たちが直面している事態に、
胸を痛めるメールが度々送られてきました。

生産者の方々を取材させていただく機会がしばしばあります。
自然や生き物を相手にするだけに一年中休みなく働き続ける姿に、
いつも頭が下がる思いでいっぱいになりますが、
こういう時、改めて「自然を相手に仕事をするがゆえの痛み」を感じてなりません。

鹿取さんが教えてくださった「口蹄疫 現場からの声 Aさんの手記」です。

http://www.power-miyazaki.net/hojin/

宮崎県が義援金を募っています。

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html

2010年 5月 22日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/48427893

この記事へのトラックバック一覧です: 現場の声を知ることから: