« ホワイトデーにキャラメルはいかが? | トップページ | ツアーに出かけよう! »

2010年3月16日 (火)

今月の「何でもテイスティング講座」

テーマは「スパゲッティ」です

乾麺のテイスティングなら南のシェフに、ということで渋谷のシチリア料理店「ドンチッチョ」の石川勉シェフに依頼のお電話をすると、

「何種類テイスティングするの?」
「15~20種類用意して、絞り込んでいければと」
「茹で時間7~8分として……時間かかるよ」
確かに。
「ガスコンロ3台持っていきます!」
「よし、1時間半で終わらせよう」
えっ……(通常でも2時間はかかる企画。ほんとに終わるのか…)。

そして当日。

テイスターお二人が座るテーブルの脇に、テーブルを3つ繋げた作業台が用意されていました。「あらかじめパスタを量っておきましょう」とスタッフの方がサクサクと計量。ガスコンロ3台でお湯を沸かし、塩味を決めてもらってから次々とスパゲッティを茹でていきます。袋の規定時間にタイマーをセットし、鳴ったら引き上げてスタッフの方に渡す。するとプロの素早い手つきでお皿に取り分けられ、石川シェフがご用意くださったトマトソースをかけて試食テーブルへ。

「えっと、この鍋で茹でているのは9番、今タイマーをセットしたのが11番」とパスタを茹でるだけで必死な私の隣で「学園祭みたいですね」と完璧なサポートに入ってくださったスタッフの皆さんのお陰で、無事、1時間半で終了することができました。チーム石川の結束力をあらためて実感。どうもありがとうございました!

テンポよく運ばれるスパゲッティを前に石川シェフ、パンツェッタ喜久子さんの盛り上がった発言は、ぜひ誌面でチェックくださいね。(sone)

Photo_3
●『料理通信』4月号ONLINESHOPで購入できます。

2010年 3月 16日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/47828814

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の「何でもテイスティング講座」: