« 「女子力の時代」お金に関するエピソード-2 | トップページ | お土産付!トークイベントのお知らせ »

2010年2月25日 (木)

三越バレンタイン2010イベント報告

MOFショコラティエ、
ブルーノ ル・デルフ氏のショコラセミナー

Mitsukoshi2010_2_4

MOFとは、最高の技術を持つと認められる職人に与えられる、フランスの国家資格。創設から約80年の歴史を持ち、その目的は「伝統の継承」。職人の技術を称え、技と英知を後進に伝えていく大切な使命を担っています。3年から4年に一度の頻度で行われる厳しいコンクールで勝ち残った方にのみ与えられるもので、職人の憧れであり到達点でもあります。
今回のイベントには、2007年に見事MOFとなったブルーノ ル・デルフさんが登場。ル・デルフさんは、1999~2009年10月まで「ル・コルドンブルー・ジャポン」のシェフパティシエ、エグゼクティブシェフ、テクニカルディレクターを歴任された後、現在はご自身で技術指導やコンサルティングなど幅広く活躍されています。

Mitsukoshi2010_4_2ル・デルフさんにご披露いただいたのは、「フランボワーズとアーモンドのバー・ショコラ」。電子レンジを使用したテクニックは、チャレンジしてみたくなる親しみやすさがありながら、完成品にはプロの品格が光っていました。また、MOF審査の作品やエピソードなどの話も、会場の皆さんが熱心にメモをとられていたのが印象的でした。

←バー・ショコラ。我慢が出来ず食べかけです。

Mitsukoshi2010_1_3

今後の目標は「日本でお店を出すこと」という、ル・デルフさん。近い将来、彼のお店でスイーツを楽しむことができる私たちは日本人は幸せです。(murata)

Mitsukoshi2010_5_3




ブルーノ ル・デルフ氏
の活動に関しては、
ホームページ
http://www.brunolederf.comをチェック!

MOFのメダル。純金製だから重い……。ちなみに、コックコートの襟のトリコロールカラーは、MOF取得者のみに許されています。

2010年 2月 25日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/47661396

この記事へのトラックバック一覧です: 三越バレンタイン2010イベント報告: