« 三重ブランドフェア第三弾、開催中! | トップページ | 「モルト×ショコラ」撮影秘話 その2 »

2010年1月13日 (水)

「モルト×ショコラ」撮影秘話 その1

今年は、イケメン・パティシエの登場です。

「モルト×ショコラ」の企画に取り組んでもう4年目、回数にして5回目を数えます。おいしいスイーツと出会う度に、「これ、モルトが欲しくなるよね」が口グセになっている私たち。
そんな我々を見かねて、銀座「ロックフィッシュ」の間口さんが、料理通信のロゴ入りオリジナルハイボールグラスをプレゼントしてくださいました。「いつでも作りに行きますよ」のお言葉付きで。「やったね!今回のスイーツ試食は角ハイ付きだ」なんて喜んでいたものの、なかなかタイミングが合わず、実現しないまま、取材に突入。

Photo_5 さて、今回の「モルト×ショコラ」の目玉は、なんといっても注目の若手パティシエにご登場いただいたことです。取材が重なって立ち会えなかったキミジマに、立ち合いスタッフからメールが――「雪乃下のシェフ、かっこよかったです」。「顔だけじゃなくて気持ちもいい方なんです」とは別のスタッフ。

そんなパティシエたちによるモルトのためのスイーツを7品、ご紹介しています。

Photo_4
写真は、扉ページのためのブノワでの撮影の様子。パリのビストロを彷彿とさせるカウンターに、書斎のような書棚、ペタンクをする銅像、真鍮の手すりが雰囲気たっぷりの階段には光が降り注いで、写真に収めたい箇所がありすぎて、う~、迷うではないか!営業前の1時間半めいっぱい粘って撮影したカットは、大満足の出来。カメラマンさんから写真があがってきたところでヤギに見せると、「これ、どこで撮ったんですか? パリですか?」。でしょう?

 

Photo_7

皆様もぜひ、『料理通信』2月号でご覧ください。(kimijima)

2010年 1月 13日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/47211189

この記事へのトラックバック一覧です: 「モルト×ショコラ」撮影秘話 その1: