« これがオークラの“味の原点”。 | トップページ | 「ブルゴーニュはオルトレポーにもある」 »

2009年12月20日 (日)

おうちパティシエ、垂涎のブランドといえば?

年末進行で大忙しだった編集部。『料理通信』2月号は恒例のスイーツ特集です。
クリスマスも間近。お菓子作りにチャレンジしている方も多いことでしょう。

Mauviel1――マトファー。お菓子作り愛好家なら、この言葉、ご存知ですよね。もちろんプロの料理人の方も。愛好家の中では、「調理器具は、やっぱりマトファーよね」というほど憧れのブランド。パリに行くと、ホイッパーやパレット、プラスティック製の口金、はたまたスケッパーまで買い込んだものです。15年以上前の話ですが。

1月号の巻頭KITCHENWAREで、そのマトファー取り扱いの「ソトワール」をご紹介しています。詳しくは本誌をご覧頂くとして……。

Mauviel2_2撮影のためにマトファー・ジャパンから商品を取り寄せると、こんな箱で届きました。
ムヴィエールは銅製の調理器具のトップメーカーです。素敵~!なんてモダンなんでしょう。
for people who love to cook
箱の側面には、こんな言葉が書かれていました。

Mauviel4_2
さらに、鍋には女性の名前が付いています。
この鍋はHelene !! 

銅製なのでちょっとお値段は張りますが、いい道具は料理をおいしくしてくれます。

女子の皆さん、クリスマスプレゼントにおねだりしてみてはいかがでしょう(笑)。ちなみに、プロ直伝のレシピは、『料理通信』でチェックしてくださいね。(ogura)

●マトファージャパンのサイトはこちらから

2009年 12月 20日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/47064591

この記事へのトラックバック一覧です: おうちパティシエ、垂涎のブランドといえば?: