« たまには遊びに来てくださいよ! | トップページ | やっぱり肉は赤身でしょう! »

2009年11月17日 (火)

『料理通信』がつないだ食材の縁が広がっています!

読者アンバサダー(『料理通信』アンバサダーブログ「ニッポン列島食だより」こちらからGO!!)の日比原さゆりさんから、黒あわび茸が届きました。日比原さんが勤務されているのは、キノコ作り30年の、和歌山県有田にある山幸食品。中でも日比原さんイチ押しの黒あわび茸は、長年の研究と努力を経て栽培に成功した、いわば山幸食品の顔です。コリコリッとした食感と、そこはかとなく鼻をくすぐる香りがおいしいキノコです。

さて、この黒あわび茸は『料理通信』2009年3月号掲載の「全国お宝食材コンテスト2009」にも出品され、審査員を務めたベテランシェフからも高い評価を受けたのですが、今回日比原さんからいただいたお手紙には、嬉しいニュースがありました! 「全国お宝食材コンテスト2009」審査員の一人、イタリアンの日髙良実シェフのご推薦で、黒あわび茸が『家庭画報』(世界文化社)2010年1月号の特別附録「決定版:美味しい・安全 日本のブランド食材事典」に掲載される予定とのこと。

「全国お宝食材コンテスト」は、各地に眠っている“お宝食材”をもっとたくさんの人々に知ってほしい!との思いからスタートした企画です。その思いがこんな風に少しずつ実り、おいしい食材の縁が、広がっていくのはTRIPPA隊にとってとても嬉しい限り。日比原さんのお手紙を拝読して、コンテストに出品された他の食材生産者の方へも思わず思いを馳せました。

ちなみに、「全国お宝食材コンテスト2010」は、来春に募集開始の予定です。どうぞ楽しみにしていてください。(watanabe)

Kuroawabitake
中華料理の高級食材として有名な黒あわび茸、ワタナベお気に入りの食べ方はシンプルなソテーです。肉厚なので、ラグーにし、幅広パスタにかけてもgood!

2009年 11月 17日 本日のトリッパの中身 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/46789417

この記事へのトラックバック一覧です: 『料理通信』がつないだ食材の縁が広がっています!: