« 稲刈りは“おいしいとこ取り” | トップページ | 『料理通信』11月号は、「小さくて強い店」特集です! »

2009年10月 4日 (日)

iPhone で『料理通信』が読めるのです。

Hyoshi 9月上旬、iPhone アプリ MAGASTOREがオープンしました。iPhone 上のデジタル書店とでも言いましょうか。アプリケーション(有料115円)をダウンロードしてMAGATOREの中に入ると、各出版社さんがリリースするデジタル版雑誌を購入出来るのです。料理通信社もここに参加中。1号・700円で、リアル書店で販売する雑誌とほぼ同じ、Full 版(純広告を抜いた全てのページ)をオンリストしています。

詳しくはMAGASTOREサイトへ

でも、実際iPhoneをもっていない方には、いまいちよくわかりませんよね。私たちも実際端末を見るまでは、「ほんとに読めるの?」なんて思っていましたが・・・かなり便利かも。ちょっとご覧いただきましょう。

9

8

7

App Store ⇒「電子書籍」のから「MAGASTORE」を探します。一度インストールすれば、以後は雑誌一覧から欲しい雑誌をダウンロードするだけ。
雑誌をダウンロードしたあとは、サムネイルでぱらぱらっとめくってみることもできます。


4

51

たとえば、気になる1ページをタップ(指でクリック)して全面表示。タップすると3段階で拡大表示されます。画像も思った以上にきれいです。

3_22

端末を横にすれば見開き表示が可能です。本文を読む時は、「テキスト表示」機能にすると指先でどんどんスクロールして読めます。これは便利。

実は編集部にはiPhoneユーザーがいないため、担当者特権で1台購入。端末に慣れるべく日々奮闘しながら使っております。(電話としてはほとんど使ってないけれど)

で、『料理通信』を端末で読めるとどんなメリットがあるのかというと・・・。
「あのページにのってた、あの店のデータが知りたい」とという時に。
「なんでもテイスティングで評価の高かった“めんつゆ”ってどれ?」という時に。
「“挑戦レシピ”のあの時のレシピが知りたい」という時に。

オグラは担当外のページを、移動中に読んだりしてます。
ちなみに、他社の雑誌でこれはいい!と思うのは新潮社さんの『旅』。こちらはスペシャル版になっているので、メイン特集だけが購入できます。

いずれ、誌面ページから直接電話がかけられたり、WEBサイトに飛べたり、商品が購入できたり・・・いろいろと使い方は広がりそう。あ、いずれですよ。まだそのサービスは付帯されてません。
今後、サービスが展開される端末も増える予定(docomo、au 、softbank など)とのことなので、iPhone ユーザー以外の方はもう少しお待ちくださいね。(ogura)

●MAGASTOREでは現在10月号「魚の旨い店」を販売中。10月中旬ごろには、11月号「小さくて強い店」がUPされる予定です。今後、リアル書店との発売タイムラグが縮まるよう鋭意進めて参ります!

2009年 10月 4日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/46389344

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone で『料理通信』が読めるのです。: