« 抹茶ソフトに、むせぶ。 | トップページ | 束の間の夏休み(途中から、妄想・・・) »

2009年8月27日 (木)

急須の蓋は、開けておけ。

Chacha『料理通信』10月号の取材で、前出のライターM子さんとご一緒しました。折りしも、カメラマンはB誌お茶の号の表紙を撮影したI氏(料理通信の表紙もね)。M子さんに久しぶりにお目にかかったということもあり、お茶企画“その後”を報告し合い、「しもきた茶苑大山」のかき氷の話やら、NY帰りのエスプレッソ屋さん、「中勢以」の肉を使ったカツカレーのことなど、下北沢の話で盛り上がる、盛り上がる…。

お茶の話をしていたら、M子さんが「日本茶を淹れた後は、急須の蓋を開けておくって知ってる?」。「ええ、知ってます、教えてもらいました」「みんな開けてたのよね。あれって・・・だからなんですって」「私は理由を後で聞いて、そうなのかーと…」

で、うちの会社でもお茶を飲んだ後は蓋を開けておきます。しばらくすると誰かが蓋しちゃうけれど。でもまあ、理由を考えると、淹れた直後だけ開けておけば大丈夫でしょう。え? なんで開けておくのかって? そりゃ『料理通信』9月号を読まなくちゃ。ただしひっそり書いてあるので、見落としご注意。(ogura)

2009年 8月 27日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/46042615

この記事へのトラックバック一覧です: 急須の蓋は、開けておけ。: