« アルザシエンヌに告ぐ! | トップページ | 育ちの良いお嬢さま »

2009年8月12日 (水)

スープ・ド・フリュイ、シルブプレ~

Photoレストランで、デザートに辿り着く前に「く、苦しい~。ああ、もう、だめ……」という状態になってしまったら、デザートは飛ばしますか、無理してでも食べますか?
私の場合、以前は無理してでも食べてました。そこでしか出会えない味があると思うから。
でも、最近はさすがに年なので、無理しなくなりました。代わりに食後酒へ、というコースに進むことが増えましたね。糖分ではなくアルコール分を摂取しているだけで、まぁ、カロリーを体内に取り込んでいることに変わりないのですが。

「ラ・フルティエール」のフルーツピュレを使っています。

デザートメニューの中に「スープ・ド・フリュイ」があると、ちょっと話が違います。デザートコースを正々堂々歩むことになる。だって、どんなにはち切れそうでも、するするっとお腹に収まり、口元は爽快感で満たされるから。「イチゴのスープ」「桃のスープ」……たまりませんね。

「スープ・ド・フリュイ」がレストランばかりじゃなくて、カフェでももっと提供されるようになったらいいのに。というわけで、「スリジェ」元シェフ和泉光一さんに「スープ・ド・フリュイ」の作り方を教えていただくことに。

Photo_6 

Photo_8 和泉さんは今、開店準備中のため、取材は「レコールバンタン」の教室をお借りして行いました。生徒さんたちが見つめる中、着々と仕上げる和泉シェフ。黙々と撮影していくカメラマン。「みなさ~ん、撮影はクロスのアイロンがけから始まります! アイロンがけ、大切ですからね」とキミジマ。


最後は、生徒のみなさんと一緒に試食をして、終了(生徒さんたちには「ラ・フルティエール」のフルーツピュレがプレゼント!)。いつもと違った雰囲気の中での撮影、なかなか楽しかったです。
和泉シェフの「スープ・ド・フリュイ」、トロピカルで夏らしい味わいがさすがでした。
レシピは、『料理通信』9月号をご覧ください。(kimijima)

2009年 8月 12日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/45897748

この記事へのトラックバック一覧です: スープ・ド・フリュイ、シルブプレ~: