« 今月の新スイーツの心得は… | トップページ | ホテル日航東京「タロンガ」1周年記念イベント »

2009年5月11日 (月)

「イル・プル」の色粉を使わないマカロン・プロジェクト

マカロンがなぜ、これほどの人気アイテムになったのか?
理由のひとつは、ビジュアルでしょうね。
理屈抜きに可愛いもの。
小さくて、丸くて、カラフルで。
この色、ほとんどのお店が色粉でつけているんですね。

026 「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」の弓田亨シェフは、そんな色粉を使うマカロンに異を唱え、天然素材のみで作るマカロン・プロジェクトをスタートさせました。
生地もクリームも、種類ごとに異なるものを使って作るそうです。
全30種類、色みはほんのり、種類ごとの色の差はわずかですが、味わいはそれぞれがくっきりと異なります。
新しい味わいが次々と登場して進化著しいマカロン。
「イル・プル」の色粉を使わないマカロンに原点を見たような気がしました。

イチゴ、フランボワーズ、カシス。ベリー系を揃えてみましたが、色の差はほのか。スペイン・カタルーニャ地方レリダのアリクサ社から独自に輸入するマルコナ種のアーモンドを挽いたパウダーで作ります。1個210円。

020
こちらは、ニューフェイスの「塩チョコ」クッキー。口の中で崩れるような食感が絶妙です。塩気ほんのり、ほろ苦がクセになります。

お知らせ
恵比寿のエピスリーが、9月、代官山に移転します。恵比寿店での営業は6月25日(木)まで。6/15(月)~6/25(木)、移転セールが開催されます!
詳細は、
http://www.ilpleut.co.jp

2009年 5月 11日 スイーツ・パン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/44918060

この記事へのトラックバック一覧です: 「イル・プル」の色粉を使わないマカロン・プロジェクト: