« 『料理通信』1月号 本日発売です! | トップページ | お詫びと訂正 »

2008年12月 8日 (月)

青山「ブノワ」再始動!

Benoit1_2 前オーナー会社の民事再生法適用による衝撃の閉店から、3カ月あまり。三ツ星シェフ、アラン・デュカス氏がプロデュースするフレンチレストラン「ブノワ」が12月4日、営業を再開しました!この日に先立ち開かれた、「祝!ブノワ復活」×「祝!フードジャーナリスト会議(放送作家わぐりたかし氏主宰)発足2周年」のコラボディナー。会場にはデュカス氏も駆けつけ、お祝いモード一色の、笑顔に溢れた夜となりました。

手前から、放送作家のわぐりたかしさん、乾杯の音頭をとる作家・横川潤さん、シェフの小島景さん、アラン・デュカス氏、グループ・アラン・デュカス日本代表のファブリス・ルノーさん。

ブノワ閉店のニュースが、突如として伝えられたのは8月13日。TRIPPA隊には大きな衝撃が。というのも、実はその前日、連載「クリエイション魂」の取材に、キミジマが小島景シェフの元を訪れたばかりだったのです。ブノワスタッフにとってもニュースは晴天の霹靂だったとのこと。『料理通信』10月号誌面で、こちらを見つめる小島シェフの力強い眼差し…。この数カ月、その姿を眺めては、シェフの中のドラマに思いを馳せずにはいられませんでした。

ディナー当日は、乾杯前の挨拶で元気な姿を見せてくださった小島シェフ。

「料理はただ食べるだけのものではありません。
その背景には文化や精神が広がっています。
料理を通じて、フランスの色々な側面を日本のみなさんに紹介し、楽しんでほしい。
そして私は、人間としてもっと成長し、
ブノワを素晴らしいレストランに仕立て上げていきたい」


言葉の端々から感じられるシェフの謙虚さ、禁欲さ、そして料理することへの喜びと渇望に、思わずうるうる。そして、デュカス氏が小島シェフについて述べた言葉。

「コジマはフランス人以上にフランスのエスプリを持つ。
彼は、この東京でフランスを再現することが出来る。
私は彼を日本の現地スタッフではなく、フランスからのスタッフと考えている。
このレストランの主人公は彼だ」


絶大な信頼です。こちらにも思わずじーんとしてしまいました。

シェフの料理には、フランスがぎゅっと詰まっています。地に足の着いた嘘のない味わいです。決して飾り立てることをしないため、見た目は華美ではありませんが、口の中は華やかに。皿の上に無駄がなく、洗練とは何か考えたくなります。

東京に、素晴らしいレストランが戻ってきました。(watanabe)

Benoit2Benoit3

(左)魚料理「ヒラメのロースト ソースピストゥ」。(右)肉料理「アントルコートのポワレ ソースボルドレーズ」。


         *     *     *     *     *     

……余談ですが、ブノワを訪れた際には化粧室に行くのもお忘れなく。地上10階のガラス張りの窓から東京の夜景を独り占めできます(ガラス張りなのは個室でなく、化粧台部分ですよん、念のため)。

2008年 12月 8日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/43332519

この記事へのトラックバック一覧です: 青山「ブノワ」再始動!:

» *嬉しいお知らせ フレンチレストラン&カフェ ブノワ・東京* ブノワ 青山 再オープン。。・:*... トラックバック 代官山だより♪
こちらで エントリーした大好きな「ブノワ」。。。・:*:・゚☆*† 1912年にパリで創業し、世界中の美食家たちに 愛され続ける老舗レストランの名とエスプリを 受け継いだ東京のブノワ 青山が 12月4日に、再オープン。。。・:*:・゚☆*† エグゼクティヴシェフは・モナコの「ルイ・キャーンズ」でスーシェフを務め、アラン・デュカス氏のフィロソフィー。。。美しい光と、そこにそよぐ風まで一皿のお料理に表現してしまう小島景氏です。。。・:*:・゚☆*† 冬の星座の煌めきのように m... 続きを読む

受信: 2008/12/30 11:03:14

コメント

この記事へのコメントは終了しました。