« 料理通信ONLINE「新・スイーツの心得」今月は? | トップページ | カメラマンが思わず450回もシャッターを切ってしまった対談とは。 »

2008年11月 8日 (土)

表参道のランドマークがリニューアルオープン!

Mons若かりし日のキミジマもアルバイトしていた「紀ノ国屋」。長らく臨時店舗にて営業していた「紀ノ国屋インターナショナル」が、11月5日リニューアルオープンしました。広報の神田さんにお誘いいただき、早速、フロア探訪に・・・

まずは、チーズ熟成士エルベ・モンス氏(写真右)が手がけるチーズが並ぶコーナー。『料理通信』読者ならもうご存知ですね、チーズは熟成によって別物になるということを。ショーケースを見ると、チーズが生き生きしているのが感じられます。来日中のモンスさんも「足掛け8年、ようやく思い描く熟成が日本でできるようになりました」と、だいぶ満足されている様子。

Mons1_2Mons2_2Choco_2     

紀ノ国屋の原点ともいえるシャルキュトリーも健在。BIOや低温長時間発酵のバゲットなど、パンコーナーもより充実しました。自社ブランドのショコラトリーなど新しい試みも。さらに、バール「イル・プリマリオ」では、銀座「オーバカナル」で活躍していた名バリスタ・西谷恭兵さんが腕を振るいます。これは徹底解剖したい! 

いかんいかん。これから行かれる方のために、あまり多くは語らないとして。。。

Bagでもこれだけはお伝えしたい。
紀ノ国屋といえばエコバッグの先駆けですが、リニューアルにあたりエコバッグにも新顔が登場しています。それは、「オロビアンコ」とのコラボバッグ! 革製品で名を馳せるミラノのオロビアンコ社は、アパレルブランドとのコラボも多く手がけるブランド。来日するとよく紀ノ国屋を訪れていた同社デザイナーのジャコモさんが、ある時、紀ノ国屋のエコバッグを見て「ビニールじゃだめだよ。僕がデザインするから!」と企画書を自ら提出、協議を重ね、実現したそうなのです。紀ノ国屋のロゴも洒落た感じに入っていて、一見の価値あり。オロビアンコファンのオグラ、ちょっと心が揺れています。(ogura)

布帛のほかに、皮、麻、ポリエステルもあり。いい色が揃っていて結構迷います。e-shopでも購入可能です。

2008年 11月 8日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/43040139

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道のランドマークがリニューアルオープン!:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。