« アドリア海の自然塩「ピランソルト」試食会開催! | トップページ | 今月の「新・スイーツの心得」は、イタリア菓子! »

2008年10月13日 (月)

ベネンシアドールって、知ってますか?

Photoシェリー委員会の「シェリーアカデミーツアー」に同行させていただいたのは、今年1月のこと。朝から晩までシェリー漬けで、シェリーが好きにならないわけがありません。帰国後は冷蔵庫にシェリーを常備、会社にはなぜか練習用ベネンシア(樽からシェリーを汲みだす道具)が。“ベネンシアドール”とはベネンシアを使い、シェリーをグラスに注ぐ、シェリーのプロフェッショナル。シェリーは空気に触れることで、香りや味わいが一気にひらかれるのです。ベネンシアドールがシェリーを注ぐ姿は、かなりかっこいい。かくいう私も、ヘレスのボデガで挑戦しました。ただしもったいないので、水で。簡単そうに見えるんですが、結構難しい。ベネンシアから落ちる液体は、グラスではなく、私の足元に。うーむ、そんなはずじゃないのに、甘かった。
Aoyama 
10月12日(日)、「ベネンシアドール公式称号資格認定試験」最終公開実技試験が、ハイアットリージェンシー東京で行われました。ここで毎年10名のベネンシアドールが誕生します。1月のシェリーアカデミーツアーに参加した若者たちも試験を受けているようなので、シゴトを切り上げ会場へ…。
 
会場入り口では、昨年の最優秀賞を受賞した青山千恵さんが、シェリーをサーブ。ほんわかした笑顔の持ち主ですが、ベネンシアを扱う時はきりっとした姿で素敵です。

 
Final2_2さて、結果発表。最優秀賞には、日鐵商事の野々下陽子さんと「スタア バー ギンザ」の山﨑剛さんのお2人が選ばれました。山﨑さんは、昨年「第1回シェリー・カクテル・コンペティション」(ベネンシアドール認定試験と同じ日に実施されます)で最優秀賞を獲得、まさかと思いましたが、2冠とは! 1月のシェリーツアーでは、私と同様、足元に水をこぼしていたのに……。とにもかくにもおめでとう!

Final1_2これで日本のベネンシアドールは計80名。あなたがよく行くお店にも、もしかしたらベネンシアドールがいるかもしれませんよ。(ogura)

写真右が山崎さん、左は「シェリー・カクテル・コンペティション」の最優秀賞に輝いた山本悠可さん。中央はシェリー原産地呼称統制委員会事務局長のサセル・サルダーニャさん。

『料理通信』2008年7月号に、今年のシェリーアカデミーツアーでの取材記事が掲載されています。どうぞよろしく。

2008年 10月 13日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/42769862

この記事へのトラックバック一覧です: ベネンシアドールって、知ってますか?:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。