« 建築の趣味とワインの味わいは一致する! | トップページ | 都市と農の距離を縮めて豊かなフードライフを! »

2008年10月24日 (金)

この週末、丸の内仲通りは「マルシェ」になります。

FOOD ACTION NIPPON始動!

1_3食料自給率向上に向けた国民運動「FOOD ACTION NIPPON(フード・アクション・ニッポン)」が、この10月に立ち上がっていることはご存じですか? 「“おいしいニッポン”を残す、創る」を目標として、国民みんなで食との関わりを考えていこうという、農水省主導の取り組みです。現在40%の食料自給率が、2015年度には45%まで伸びることを目指しています。
そのキックオフイベント「EAT JAPAN IN TOKYO MARUNOUCHI」が、26日(日)まで開催中です。

まずは幕開けとして、23日の14時から、丸ビル1階のマルキューブでオープニングセレモニーが開かれました。石破茂農水大臣、京都イタリアン「イル ギオットーネ」の笹島保弘シェフ、タレントの村上里佳子さん、山本美憂さんらが登壇し、笹島シェフの料理を食べながら(!)、食への思いを語りました。
写真上:「イル ギオットーネ」笹島シェフ(左端)、「土と格闘して表に出ることのない生産者にもっと光があたってほしい」。

2実はこのキックオフイベント、私たち「料理通信」もほんの少しだけお手伝いさせていただいています。それだけに成功を願わずにはいられません。

いろんなプログラムが予定されていますが、「料理通信」的見所は2つ!

●「丸の内レストラン」
  10月23日(木)~11月30日(日)

「レストラン モナリザ 丸の内店」(丸ビル36階)
「暗闇坂 宮下 丸の内」(丸ビル36階)
「イル カランドリーノ 東京」(新丸ビル7F)
「ル・レモア」(新丸ビル5F)
「イル ギオットーネ 丸の内」(TOKIA1階)
「グットドール・クラッティーニ」(丸の内仲通り
以上6軒のレストランで、シェフお気に入りの生産者の食材を使った特別国産メニューが展開されます。

●「LIVE! マルシェ」
  10月25日(土)、26日(日)11:00~16:00 丸の内仲通り

全国から“旬の食材”を提供する生産者が集結、丸の内仲通りがこの週末、マルシェになります。上の6軒のシェフ愛用の食材の生産者も参加! 直接購入できるチャンスです。
・別名「リチャード野菜」で知られる「ゆい自然農園」の野菜
・「イル ギオットーネ」愛用の京野菜
・千葉「ma’am Pig」の豚肉 etc.

この週末、みなさんもぜひ丸の内へ!
*詳しくは『料理通信』12月号(11月6日発売)でご紹介いたします。

4

10月25日(土)、26日(日)、丸の内仲通りにはマルシェが立ちます。必見!

2008年 10月 24日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/42888375

この記事へのトラックバック一覧です: この週末、丸の内仲通りは「マルシェ」になります。:

» こしひかりから考える「まちげぇていやがる食料政策」 トラックバック 街芸逓椰駕瑠-よりよい世の中を!
先日、新潟県に行き、こしひかりアイスクリームを食べたけど、結構なお味でしたね。ア 続きを読む

受信: 2008/10/25 13:07:47

コメント

この記事へのコメントは終了しました。