« 初夏の便りが届きました。 | トップページ | 家にないと不安な、「印度の味」。 »

2008年7月11日 (金)

ピエール・エルメ、伊豆のわさび田を訪ねる! その3

前回までの「ピエール・エルメ、伊豆のわさび田を訪ねる」

その1 http://trippa.cocolog-nifty.com/trippa/2008/06/post_1318.html
その2 http://trippa.cocolog-nifty.com/trippa/2008/07/post_2735.html


030
「JA伊豆の国」から入った連絡には、次のように書かれていました。
「JA伊豆の国として、できる限りの対応をいたします。当日、取材を受けるのは、飯田茂雄さんです」
なんと! 2方向からかけた探索が、同じ人物にたどり着いたのです。「飯田さんしかいない」、確信を持ったキミジマ、飯田さんに即刻電話。「どうか、よろしくお願い申し上げます」。

その一方で、キミジマは頭を悩ませていました。エルメ氏を案内する身として、「いいわさびとは、どんなわさびか、私自身が説明できなければ恥ずかしい」。そこで、とった手段が、「おすし屋さんに聞く」。いかに良いすしダネを仕入れるかに心血を注ぐ「あら輝」の荒木水都弘さんに電話しました、「わさびの良し悪しを教えてください」。「わさびには、マズマとアオ系があって、マズマはこっくりねっとり、アオ系はあっさり軽やか。すしにはマズマ、蕎麦にはアオ系。マズマの産地は御殿場、中伊豆……」。ただひたすら聞き入るばかりのレクチャーをしてくださったのでした。さすが、荒木さん、ご自身がお使いのわさびの生産者を訪ねていらっしゃったのです。<続く>(kimijima)

写真は、わさびを見つめるエルメ氏。

2008年 7月 11日 雑誌制作の舞台裏 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/41705958

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・エルメ、伊豆のわさび田を訪ねる! その3:

» 伊豆 トラックバック 伊豆
伊豆 続きを読む

受信: 2008/07/12 0:53:57

コメント

この記事へのコメントは終了しました。