« スペインのお菓子は可愛いぞ | トップページ | ナツオ君&ナツ子さんの夏 »

2008年6月30日 (月)

ピエール・エルメ、伊豆のわさび田を訪ねる! その1

6月21日(土)の朝日新聞で「スイーツ最新事情」と題する記事が組まれていました。
最近の傾向として挙げられていたのが、
・ヴェリーヌ
 http://trippa.cocolog-nifty.com/trippa/2008/06/post_6b52.html
・ベジ・スイーツ
 
http://www.asahi.com/food/column/sweets/TKY200707060283.html
・ロールケーキ
 
7月5日更新の「新・スイーツの心得」をご覧ください。(近日公開)
 http://r-tsushin.com/index0.html
・バームクーヘン
・和素材
などなど。

026 ピエール・エルメ氏のコメント付きで、わさびのマカロンが紹介されていましたが、実は私たち、5月末にエルメ氏サイドから「エルメがわさびの生産現場を訪ねたいと強く望んでいるのだが、ご案内いただけないか」との依頼を受けておりました。もちろんふたつ返事です、「合点です、お引き受けいたしましょう!」。

抹茶やゆずなど、海外のパティシエが和素材を使うケースが増えています。東京を訪れるパティシエが決まって「マッチャ・パウダー」を買って帰るという話を耳にしたのはもう数年前。しかし、今年のバレンタインフェアに来日したパティシエは、「ゆずもワサビもフレーバーとしては知っているけれど、フレッシュの現物を見たことはなかった」と言ってました。そうなんです、あくまでもフレーバーなんです。それは私たち日本人だって一緒です。バニラの原形を知っているか、と言われたら、「はい」と答えられる人は少ない……。

ピエール・エルメは、2002年に抹茶とあずきを使った新作を発表して以来、他のパティシエに先駆けて、果敢に和素材に取り組んできました。それだけに「わさびの生産現場を見たい」との申し出は、和素材を根っこから理解しようとする意志の表れ、日本人としてうれしかった……。

029 なにせ世界のトップパティシエが見たいと言っているのです、最高のわさび田へお連れせねば。最高のわさび田はどこにある? 優れたわさび生産者はどこにいる? そもそも、わさびの良し悪しは何で決まるの? 必死の優良わさび生産者探しが始まりました。<つづく>(kimijima)

この夏のエルメの新作、わさびのマカロン(写真上)とわさびのヴェリーヌ(写真下)。

●ピエール・エルメ パリのサイトはこちらから
http://www.pierreherme.co.jp/




月・水・金はアンバサダーブログ! 快調更新中です。ここからチェック

2008年 6月 30日 スイーツ・パン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/41689765

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・エルメ、伊豆のわさび田を訪ねる! その1:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。