« ジャガイモ焼酎、そして……。 | トップページ | 教文館で“キャラメルおじさん”に出会う »

2008年5月28日 (水)

時空を超えてムラタの胃袋に入ったポテトコロッケ

『料理通信』6月号にご登場いただいたアンリ・シュロフさんに、「ムラタの脳味噌がマッシュポテトになっている」という話をしたら、「おばあちゃまから教わった面白いポテト料理があるのよ」とお招きくださいました。
アンリさんのお祖父様はパーシー(インドのボンベイを拠点とするペルシャ系の人々)です。神戸にやってきて、日本人女性と結婚。それが、アンリさんのおばあちゃまですね。「おばあちゃまは、おじいちゃまがインドから連れてきたコックにパーシーの料理を教わったの」。作ってくださったのは、パーシー風、いやいや、シュロフ風ポテトコロッケ。キーマカレーをマッシュポテトで包み、薄く衣を付けて揚げてあります。トマトケチャップをつけて食べるんですよ。パーシーと日本がひとつになった感じがすごくいい。ペルシャ→インド→神戸、そして今、東京にいるアンリさんの手で作られて、私たちが食べている……感慨深いものがありました。食べ物って、時空を超えて人と人を結んでいくんですね。(kimijima)

Photoこれが、アンリさんのおばあちゃまレシピによるパーシー風ポテトコロッケ。ケチャップをつけて食べます。

Photo_2






「コロッケだけじゃ、お腹すいちゃうでしょ」と、サモサも登場。カレー風味の牛と鶏のミンチにグリーンピース入り。「これが、シュロフ家のサモサ」。ビールが欲しくなる! 皮も自分で作るそうですが、この日は春巻の皮で代用。



Photo_3アペタイザーは、ピーナッツ煎餅。もちろんアンリさんお手製。これまたビールなしではいられません。

Anri’s Cooking Workshopが4月からスタートしています。http://www.anri-schroff.com/

2008年 5月 28日 本日のトリッパの中身 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/41352335

この記事へのトラックバック一覧です: 時空を超えてムラタの胃袋に入ったポテトコロッケ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。