« 創刊号と併せて読めばカンペキ | トップページ | パン好き、必見! »

2008年4月17日 (木)

変り種から定番へ

今週の「逸品ものがたり」は、いちご大福の元祖「大角玉屋」のいちご豆大福です。小豆、餅米ともに、厳選した素材を使い、上品な味わいに仕上げています。今ではすっかりお馴染みのいちご大福も、発売当時は、センセーショナルな変り種だったといいます。賛否両論ありながらも、あっという間に大人気定番商品に。
最近は大福もいろいろです。ずんだ入り、生チョコ入り、プリン入りetc.。東京のデパ地下では、一年ほど前から「mochi cream」というポップな大福屋さんが増殖中(関西ではもっと以前から人気だったそうです)。餅の中に様々なフレーバーの生クリーム入り餡が入っていて、見た目も黄・茶・緑・ピンクと、とっても鮮やかです。
この中から第2のいちご大福は現れるのか?!「変り種」を「定番」に。斬新な発想と共に、良質な素材と丁寧な仕事がそのカギになりそうです。

詳しくは、本日の『朝日新聞』朝刊をご覧ください。
*連載は東京および関東の『朝日新聞』マリオン欄(毎週木曜日)に掲載されています。横浜市のみ、翌週火曜日の掲載となります。-

2008年 4月 17日 スイーツ・パン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/40905596

この記事へのトラックバック一覧です: 変り種から定番へ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。