« 美しき椅子 ~リビング・キッチン | トップページ | 東京大学カフェ物語 »

2008年4月 2日 (水)

女性編集者の心をわしづかみにした手みやげとは

先週、「ホテルグランヴィア京都」のマネージャー石田達也さんと今村克二さんが会社にお越しくださいました。
開業10周年を記念したリニューアルの話を中心に、調理過程で出る生ゴミを堆肥化→それで野菜を育て→収穫→食材に……というリサイクルへの取り組みや、地元京都の大学との共同研究&開発プロジェクトのことなど、興味深い話を色々と伺ったのですが……。そんなアカデミックな話はどこへやら。登場と同時に、スタッフの注目を一手にさらったのが、おみやげでいただいたコレ↓です。

Dscn5392ただのボールペンではありません。
頭の部分をよく見てください。USBメモリーと一体型(128MB!)。しかも、赤、青、黒の三色使い! 超便利なマルチ文具ではありませんか。他のスタッフからも引っ張りだこで、先着3名分、あっという間に売り切れました。ありがとうございます。大切に、使わせていただきます! おみやげの「阿闇梨餅」も、おいしく頂きました。

「ついでに修正液も付くといいね」「それならダーマトも!」……女性編集者のリクエスト(?)は、とどまるところを知りません。

「ホテルグランヴィア京都」では、2階のカフェレストラン「ル・タン」が、3月11日にリニューアルオープン。「ライブブフェ」をコンセプトに、目の前で料理を仕上げてくれる、臨場感あふれるブッフェコーナーを新設、より一層クオリティを高めたブッフェが注目です。なお、4月下旬には、実力派シェフによるリストランテもオープンを予定しているそうです。さらに、客室は京都工芸繊維大学との共同プロジェクトとして、「光環境」や「睡眠」などに配慮した、より快適な空間にリニューアル。4月1日より、新料金で登場とのこと。詳しくはホテルグランヴィア京都のホームページをご覧ください。(hayashi)

2008年 4月 2日 本日のお客様 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/40744646

この記事へのトラックバック一覧です: 女性編集者の心をわしづかみにした手みやげとは:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。