« 『料理通信』5月号 お詫びと訂正 | トップページ | TRIPPAは、いける口です。 »

2008年4月21日 (月)

大人の社交場 アピシウス25周年

東京・有楽町のフランス料理店「アピシウス」で、4月15日、創業25周年を記念するプレスランチョンが開かれました。
「アピシウス」がどんなレストランかを語る時、エピソードに困ることはありません。

ロダンの彫刻が迎えてくれる。
シャガール、ミロ、ユトリロ、カンディンスキー、等々の絵が飾られている。
セラーには、500種・5万本を誇るワインが眠る。リストを見れば「安い!」
北海道に私営牧場を持っていて、羊や鴨を育てていた。
冬のジビエとトリュフ、海亀のスープ!
層の厚いサービス陣による熟達のサービス………
(詳しくは、『料理通信』2007年3月号(P45)をご覧ください)

私がミシュランであれば、この店にこそ三ツ星をつけたでしょうね。
昨年リニューアルして、いっそう快適さを増しました。

「アピシウス」と言えば、私にとっては、初代シェフの高橋徳男さんがシンボルです。
日本のフレンチの一時代を担い、レールを引いた料理人です。
料理の知識や技術はもちろんですが、機知に富んだ会話がまたすばらしい。
久しぶりにお目にかかってご挨拶をすれば、「君島さんは死んだって聞いたよ!」
会社の近くに店を出されたのに伺わずにいたら、「君島さんはよほど貧乏なんだね」
不義理しているこちらの心の負担を、ウィットに富んだ台詞で、さらりと笑い流してくださるのですね。
そんな大人なカルチャーが「アピシウス」にはずっと流れている……。
それを知ってしまうと、他のレストランへ行く度に、「アピシウス」の良さを再認識することになるのです。(kimijima)

Photo_9Photo_8Photo_2  
(左)小笠原産海亀のコンソメスープには、年代もののシェリーを添えて。
(中)イサキのパイ包み焼き。胸ビレ、ウロコなど、芸が細かい!
(右)ミルフィーユ状のリンゴのデザートは、上半分がキャラメル風味、下半分がオレンジ風味。

2008年 4月 21日 EVENT(食の世界の様々なイベント) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/40949770

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の社交場 アピシウス25周年:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。