« 映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」 | トップページ | この冬のショコラは、ギィ・マルタンで締めくくり? »

2008年3月 2日 (日)

色白美人。 ~白宝らっきょう~

070 「白宝らっきょう」が届きました。送ってくださったのは、有楽町の交通会館にある全国特産品アンテナショップ「むらからまちから館」『料理通信』2008年1月号掲載)を運営する「ふるさとサービス」さんです。

これは、鹿児島県南さつま市加世田の砂丘で栽培されるらっきょう。
1.繊維が細く、シャキシャキした歯ごたえ。
2.葉も根(!)もすべて食べられる。
3.色白美人。
4.上品な辛味とほのかな甘味の調和がとれて美味。

といった特徴があります。
らっきょうと言うと漬物のイメージがありますが、これは生でおいしく、生のほうが栄養効果絶大とか。酢味噌を添えたり、サラダにしたり、てんぷら、炒め物もOKです。これからの季節、出回ります。見かけたら、ぜひ食べてみてください。

私たちはと言えば、そのまま齧りました、白宝らっきょうと同郷・鹿児島の芋焼酎を飲みながら。次号で「焼酎PRESS」担当のオグラとキミジマはこれから当分、焼酎の日々を送ります。(kimijima)

2008年 3月 2日 本日のトリッパの中身 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/40347273

この記事へのトラックバック一覧です: 色白美人。 ~白宝らっきょう~:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。