« 丸の内ショコラ・ブランドMAPを100%使いこなす! | トップページ | 『料理通信』3月号 お詫びと訂正 »

2008年2月 6日 (水)

本日発売の『料理通信』3月号は、ワイン特集!

Rt0803_coverv9a_lr特集
この1冊でワインが選べます
2008年ワイン・トレンド決定版


昨年、好評のうちに完売となったワイン特集号。今回は3部構成でワインの“今”をお届けします。

まずは第1部〈あなたのワイン選び、お手伝いいたします〉。ワインを選ぶには、「膨大な知識が必要」だと思っていませんか? 膨大な数のワインから自分好みの1本に出会うのに必要なのは、知識ではなく「頼れる人」です。そこで、あなたの代わりに世界のワイン・トレンドを押さえたワイン・コンシェルジュが、2008年のワイン選びをサポート。めくるめくワイン体験へ、ご案内いたします。また、買ったワインをよりおいしく飲むための「意外と知らないワインのケア」や、「求める1本に出会うためのワインショップ使いこなし術」など、外でも家でも使える情報満載です。

第2部は〈顔で選ぶ自然派ワインガイド~造り手51人の肖像〉。ニコラ・ジョリー、ラルー・ビーズ・ルロワをはじめ、自然派の造り手たち51人の生の声をお伝えします。どんな人が造っているのかを知ると、ぐっとワインが身近に感じられるから不思議です。

第3部は、忙しい私たちのためのお助け企画〈ワイン好きのための缶詰・瓶詰フード活用レシピ〉。常備しておける缶詰や瓶詰を使った、簡単なおつまみメニューをご紹介しています。これがまたどれもおいしいっ!

今月号も売り切れ必至。さあ、お早めに書店にGO!!!

●最新号目次はこちらから
http://r-tsushin.com/latest/index.html

------------------------------------------------------------------
ワイン特集裏話その1:担当編集者お気に入りの「顔」は?
------------------------------------------------------------------
18_mg_3165_ostertag 今回のワイン特集一番の目玉は、自然派ワイン生産者51人の「顔」(第2部P.36~)です。「自然派は生き方だ。生き方は顔に表れる」ということで、顔からワインを選ぼうという企画。その撮影現場で、ポートレートと一緒に彼らに1本ワインを選んでもらって撮影したのですが、「なぜ、この1本を選んだの?」という問いに、「僕は12種類のワインを造っている。12人子供がいたら、誰か1人選べるかい?」と答えた造り手がいました。その言葉を聞いた時、絶対この人のワインを飲んでみようと思いました。その人とは、アルザスの造り手、アンドレ・オステルターグです。(sone)

photo by Daisuke Nakajima
→彼のことをもっと知りたい方は『料理通信』3月号P.47

2008年 2月 6日 今月の『料理通信』 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/40011150

この記事へのトラックバック一覧です: 本日発売の『料理通信』3月号は、ワイン特集!:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。