« せめて舌だけでも | トップページ | 『料理通信』1月号、本日発売です! »

2007年11月29日 (木)

販売放浪記 ~新潟の巻~

Jyouetsu “販売ひとり”ムラタ(懐かしい?)から、私ワタナベが担当を引き継いで早2カ月。地方の書店の皆様に、初めてお会いしてきました。記念すべき初訪問先は新潟。夜には初雪が……という「さっすが雪国ー!」な寒さに凍え、さらに道に迷いながらの出張でしたが、辿りついた書店の皆様に温かく迎えていただきました。

新潟は食材の宝庫だけあって、人々の食に関する意識も高いそう。料理関係の本もなかなか充実したラインナップ。その中で『料理通信』を選んで購入してくださる方に感謝の思いを馳せつつ、新潟の道行く人々を眺めて、もっと沢山の方に『料理通信』を知ってほしい読んでほしい! と改めて強く思ったワタナベなのでした。(watanabe)

<今回お目にかかった書店さんです>
文信堂書店CoCoLo万代
JR新潟駅地下1階にあり朝7時45分に開店するという、通勤・通学前にだって『料理通信』を購入できるすばらしいお店です。

紀伊国屋書店 新潟店
新潟市内の複合商業施設LoveLa万代の中にあり、ショッピングのついでに気軽に立ち寄れます。

ジュンク堂書店 新潟店
Junkudo_22007年3月にオープンしたての綺麗な店舗。JR新潟駅南口すぐ「プラーカ1」の1階・地階です。
ジュンク堂書店新潟店では『料理通信』バックナンバーを常設していただけることになりました。買いそびれた号は、ぜひこちらで是非チェックしてください!

お忙しい中笑顔で対応してくださったジュンク堂書店新潟店の澤山さん。

<おまけ・新潟謎食>
Italian2_2

新潟県民(上越・中越限定?)のソウルフード「イタリアン」。ソース焼きそばにミートソースが!? お店の前はいつでも行列。不思議なおいしさ。

Makomodake上越名産マコモダケ。きのこを想像していたのにイネ科でした。
田んぼの転作作物なのだそう。中国料理では超高級食材。炒め物や天麩羅に。新潟の知られざる逸品。

2007年 11月 29日 販売放浪記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/17225989

この記事へのトラックバック一覧です: 販売放浪記 ~新潟の巻~:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。