« コーヒーがなくては生きていけない。 | トップページ | ボルドー特級10シャトー×「ベージュ 東京」 夢の饗宴 »

2007年10月11日 (木)

泳がないたいやきくん

Q.「およげ!たいやきくん」は、なぜ泳いでいるのか?
―A.店のおじさんとケンカして、海に飛び込んだのさ。
今週の「逸品ものがたり」で紹介する「根津のたいやき」のたいやきくんなら、決して海に逃げ込むことはなかったでしょう。元アメリカ副大統領のウォルター・モンデール氏は、満面の笑みを浮かべ、町の人との会話を愉しみながらたいやきを焼く初代・林章三さんの姿に、真の東京、そして日本人の心を見たとして、「日本最高の鯛焼き」と賞賛したそうです。にこやかな主人に焼かれたたいやきくんは、味もご機嫌。2代目に代わった今でも、逃げ出すことなく、お客の口に喜んで飛び込んでいきます。

詳しくは、本日の『朝日新聞』朝刊をご覧ください。
*連載は東京および関東の『朝日新聞』マリオン欄に掲載されています。掲載は毎週木曜日で、横浜市のみ翌週火曜日となります。

         

2007年 10月 11日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/16729059

この記事へのトラックバック一覧です: 泳がないたいやきくん:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。