« カリフォルニア米「カルローズ」発売です! | トップページ | ただいま校了作業中! »

2007年9月20日 (木)

原材料:卵、小麦粉・・・・・・時間

今週の「逸品ものがたり」は、「ア・ポワン」の岡田シェフが週末限定で焼くクグロフです『料理通信』9月号「パティシエ100人 伝承と革新」でも、シェフは伝承の菓子としてこれを挙げています。何度も繰り返し焼くうちに型に染み込んだバターが、同店でしか出せない特別な風味を生地に与えます。同じ材料、同じ作り方で作っても、同じ味は生まれない。それは、技術はもちろんのこと、その菓子を焼きあげるまでに作り手が積み上げた時間もまた、隠し味として大きな力を発揮しているからかもしれません。

詳しくは、本日の『朝日新聞』朝刊をご覧ください。
*連載は東京および関東の『朝日新聞』マリオン欄に掲載されています。掲載は毎週木曜日で、横浜市のみ翌週火曜日となります。


++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++

■TRIPPA通信+1よりINFORMATION
Une Lettre de NICE>>>
「松嶋啓介のニース便り」を更新しました。

三ツ星で修業を重ねてきたMauro Colagrecoシェフとのコラボ企画の報告です。日本的な料理を作るというアルゼンチン人・Colagrecoシェフと、いたって地中海風な日本人・松嶋シェフ。国にとらわれず刺激を与え合う両氏の様子が、コラボ料理と共に紹介されています。

2007年 9月 20日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/16509852

この記事へのトラックバック一覧です: 原材料:卵、小麦粉・・・・・・時間:

» クッキーの作り方で得意なのは トラックバック クッキーの作り方
一番好きなクッキーの作り方昔、いろんなクッキーの作り方が載っていた、うすっぺらい本を持っていた。イギリス人のパティシエのおばさんの本。(当時は、パティシエ、なんて言葉、まだなかったけど。)「搾り出して作るクッキーの作り方」・「冷やしてから切るだけのクッキーの作り方」・「型を使って作るクッキーの作り方」・「焼いてから切り分けるクッキーの作り方」って、4パターンのクッキーの作り方に分�... 続きを読む

受信: 2007/09/23 6:54:51

コメント

この記事へのコメントは終了しました。