« 販売放浪記~ワイン&チーズ特集が好評です! | トップページ | シャンパーニュを飲みながら、入稿作業をする贅沢…? »

2007年5月17日 (木)

食べ方の理由

一口で食べにくいお菓子は切って食べます。大抵は縦にナイフやフォークを入れて。
ところがスコーンというのは、上下にぱっくりと手で割ります。具をサンドするわけでもないのに、考えてみればちょっと不思議な食べ方です。

「カレルチャペックスウィーツ」のスコーンを紹介する今週の「逸品ものがたり」が、その理由を明かします。このスコーンというお菓子、もともとスコットランドの戴冠式で使われていた玉座を模ったもののようです。神聖はものにはナイフを挿さない、亀裂を入れない。そんな古の人々の思いが、今日にも形式だけ残って引き継がれているのですね。

詳しくは、本日の『朝日新聞』朝刊をご覧ください。
*連載は東京および関東の『朝日新聞』マリオン欄に掲載されています。掲載は毎週木曜日で、横浜市のみ翌週火曜日となります。

2007年 5月 17日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/15043810

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ方の理由:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。