« ショコラ・サロン開催報告 | トップページ | 5月号、校了しました! »

2007年3月23日 (金)

金粉餅にござりまする。

今週の「逸品ものがたり」は、「餅甚」のあべ川餅です。駿河・安倍川出身の初代が、1716年、大森に店(当時「駿河屋」)を構えたのが始まり。つるんとした餅に、きなこと黒蜜をかけていただきます。

ん・・・?安倍川餅といえば、きなことあんこじゃないの?
実はこの安倍川餅、もともとは餅にきなこをまぶしたもので、当時駿府を治めていた徳川家康が、安倍川上流の金鉱に検分に訪れた際、ある男より献上されたものだといいます。男曰く、「金山から安倍川に流れ下る金の粉を餅にまぶした、金粉餅(きんこもち)と申します」。この餅を大層気に入った家康が、男に褒美を与え、「安倍川餅」と改名したというお話です。

というわけで、安倍川餅=餅+きなこ、あとはお店ごとのアレンジということのようですね。あぁ~スッキリ!というのは私だけ?(静岡市出身・yagi) 

詳しくは、本日の『朝日新聞』朝刊をご覧ください。
*連載は東京および関東の『朝日新聞』マリオン欄に掲載されています。金曜日の掲載は東京・神奈川。それ以外の地域は、週末以降となります。

※なお、4月以降の掲載は木曜日に、横浜市のみ翌週火曜日に変更となります。

2007年 3月 23日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/14351004

この記事へのトラックバック一覧です: 金粉餅にござりまする。:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。