« クープ・デュ・モンド 日本チーム優勝 おめでとう! | トップページ | ハッピー・バースデー ムッシュ・ボキューズ! »

2007年2月16日 (金)

日本のショコラティエも負けていません!

Photo_284 2月上旬、今年も百貨店のバレンタイン特設ブースは、女性客で連日大盛況でした。目的は、この時期にしか手に入らない海外の有名ショコラティエのチョコレート。“限定”という言葉にはやはり惹かれますよね(笑)。しかし、優秀なショコラティエは日本にもいるんです。

1月末、フランスで開かれたお菓子のワールドカップ「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で、日本チームが見事優勝。そのチョコレート部門を担当したのが、「帝国ホテル 東京」の市川幸雄さんです。今週の「逸品ものがたり」で紹介しています。この結果に結びついたのは、彼のチョコレートにかける情熱と、そこから生まれた高い技術に他なりません。

バレンタインも終わり、平静を取り戻した今、海外のショコラティエより身近な、日本の職人の傑作を味わってみてはいかがでしょうか。

詳しくは、本日の『朝日新聞』朝刊をご覧ください。
*連載は東京および関東の朝日新聞マリオン欄に掲載されています。金曜日の掲載は東京・神奈川。それ以外の地域は、週末以降となります。


TRIPPA通信+1よりINFORMATION
Une Lettre de NICE>>>
「松嶋啓介のニース便り」を更新しました。

今回のテーマは、「ニューオータニ博多」で開かれた松嶋シェフの地元凱旋フェアです。

このホテルの宴会場でサービスをしていたというシェフ。その青年が11年後に星付きシェフになろうとは、当時誰も想像していなかったことでしょう・・・。(yagi)

+++++++++++++++++++++++

■「エル・ブジ」フェラン・アドリア来日決定
 服部栄養専門学校で講習会が開かれます。


「エル・ブジ」のフェラン・アドリアが、愛知万博のプレイベントから2年ぶりの来日を果たします。「香り」「氷」「エア」「フリーズドライ」など毎年テーマを掲げて、コレクションを発表する「エル・ブジ」では、2002年の初来日以来、ユズや湯葉など日本の食材にインスパイアされた料理も数多く生み出されています。
来日中は、服部栄養専門学校で講習会を開催。今年の彼らのテーマをいち早くチェックできるチャンスです。『料理通信』4月号(3月6日発売)の第2特集「世界に自慢したい食のジャパンメイド」でも、フェラン・アドリアが登場しますので、こちらもご期待ください。

●日時:2007年3月19日(月)10:00~16:00(予定)

●会場:服部栄養専門学校 別館3階

●住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4

●費用:18000円

●募集人数:150名(先着順。定員になり次第締め切り)

●申し込み・お問合せ:03-3356-7171(内線24)
              服部栄養専門学校ホームページ 
www.hattori.ac.jp

2007年 2月 16日 INFORMATION |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/13930400

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のショコラティエも負けていません!:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。