« ヴィニュロンを巡る旅[番外編] UPしました | トップページ | 『料理通信』9月号 お詫びと訂正 »

2006年8月 1日 (火)

販売ムラタがつづる、大阪出張日記

販売放浪記~大阪の巻<2>

○月△日 大阪にて


今まで本屋さんがこんなにたいへんな仕事をしていらっしゃるなんて知らなかった。

角川春樹事務所の営業部の方々と東京の書店をまわっていくうち、『料理通信』を皆さんに読んでもらえる幸せにあらためて気づきました。

毎日届く雑誌や書籍を並べるだけでも大変な作業。いつでも新鮮に本が目に入るように場所を移動させるのは当たり前だのクラッカー。

おまけに出版社からは案内のファックスが毎日大量に届き、お客様の注文の手配をして。売れなかった本は返品するために梱包しなければならないし、それにもちろんレジでの対応で立ちっぱなし。っと、書いているだけで疲れてくるのですから、実際の書店さんは本当に大変。

なかなか大々的な告知や販促活動ができない駆け出しの『料理通信』。作っている私たちと同じくらい情熱を持って雑誌を届けてくれる書店の方の存在はとても大きなものです。
東京はもちろん、今回大阪出張でお目にかかった書店さんの方々。お店の規模はチェーン店だったり個人店だったりと様々ですが、みなさん共通しているのは本への愛情です。

『料理通信』をまだ知らないお客様お一人おひとりに丁寧に説明して販売してくださる方。独自のPOPを作り「バックナンバー並べられるように」と店内の将来の棚のことまで考えてくださる方。外商でのお客様の顔を思い浮かべて『料理通信』を薦めてくださる方。絶対売れる雑誌だし多くの人に読んでもらうべきだと、たくさんの売り場に展開して置いてくださる方。

「ソワニエをめざせ」特集では、レストランとお客様の関係を “愛”と表現しています。それに共通してるんだな~、書店や本や読者の方の関係って。“愛を届ける”書店さんはすばらしい。

これからも、いろいろな書店の方と話がしたい!
『料理通信』のファンになってもらいたい!(murata)

~『料理通信』がお世話になっている、書店の皆様をご紹介します~

Kicx0936_2 ブックファースト梅田店3Fの新田さん。トリッパ隊立ち上げ前から応援してくださっている“愛”があふれる方。はやくバックナンバーを並べていただけるよう、がんばらねば!

Kicx0898_3心斎橋アセンスの山口さん。ウインドウに掲示するため、レジカウンターで丁寧にポスターを裏表貼り合わせてくださいます。お手数をおかけいたします!

Kicx0914_3食に特化した個人書店として名高い千日前・波屋書房の芝本さん(母娘)。ご主人は恥ずかしいとご遠慮されました。お目にかかって電話でもいつも励ましてくださって、「ポスター、ずっと大切に店頭に飾っていきますよ」との温かいお言葉に感動です。

Kicx0910_2なんば駅改札前のなんばミヤタの宮田社長(右、左は140Bの中島さん)。内容について的確な進言&「ここでデモ販やったらすごいで!」とアドバイスをいただきました。よっしゃ、がんばるで~。

Kicx0941_2谷六にある隆祥館書店の二村さん。大阪一『レオン』を販売したすごい実績をお持ちの方です。突然おじゃましたのに、お話を、たくさん聞いてくださり、“谷六”は東京の“谷根千”って感じかなとの比較もわかりやすくて、地域の歴史なども教えてくださって楽しかった。



*次回は、お菓子特集販売放浪記をお伝えします!

2006年 8月 1日 販売放浪記 |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。