« チョコレートの展示会 パリ「サロン・ド・ショコラ」-1- | トップページ | パリ「サロン・ド・ショコラ」 -3- »

2005年11月22日 (火)

パリ「サロン・ド・ショコラ」 -2-

■人気ショコラトリーが勢揃い

 会場入り口近くには、「ダロワイヨ」による“フィフス・エレメント”をモチーフにした、大きなチョコレート細工や、アルノー・ラエールが制作したチョコレートのレーシングカーが飾られ、お祭りムードを盛り上げました。会場奥のブースでは、フランス国内のみならず、ベルギー、ロシア、イタリア、日本、ドイツ(今年初登場)などのショコラトリーがチョコレートを販売。ショコラティエ(パティシエ)もブースに立ち、新作の試食を勧めたり、チョコレートの説明をしたりするなど、訪れた人々と気さくに言葉を交わしていました。毎年足を運んでいるファンも多く、お気に入りのショコラティエと1年ぶりの再会を喜ぶ姿も。また、会場奥のデモ会場では、ショコラティエ(パティシエ)によるデモンストレーションを開催。元「オテル・ド・クリヨン」のクリストフ・フェルデール、「フォション」のクリストフ・アダム、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のパスカル・ル・ガックらが続々と登場し、観衆の目の前でチョコレート菓子を仕上げながら、プロの技を分かりやすく丁寧に解説していました。2日目はピエール・エルメ、フレデリック・カッセル、ローラン・デュシェーヌ、ティエリー・ミュロップ、アルノー・ラエールら、ルレ・デセール* 会員15人が結集。連日、大盛況でした。

*ルレ・デセール…フランスを中心に、世界各国の腕利きパティシエ、ショコラティエのみが加盟する協会。 

B-1 「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のロベール・ランクス。昨年まではチョコレート細工を展示する程度の小さな展示だったのだが、今年初めて、その場でチョコレートも販売する大きなブースを構えた。試食のボンボン・オ・ショコラを求め、たくさんの人だかりができていた。




B-2 ジャン=ポール・エヴァンは、テレビ局からのインタビュー真っ最中。新作は“Minui”(真夜中)と名づけられたボンボン・オ・ショコラ。メース(ナッツメグの仮が種皮)が香るミルクキャラメル・ショコラガナッシュと、オレンジの花の水とユズで香りづけしたパート・ダマンド(マジパン)の組み合わせで、香りも味わいも豊か。


B-3 日本でも、有塩バターのキャラメルでお馴染みの、アンリ・ル・ルー。ブース内で、ボンボン・オ・ショコラのトランパージュ(ガナッシュなどのセンターにチョコレートがけすること)を実演していた。新作のボンボン・オ・ショコラ「トマト・バジリック」は、トマトのパート・ド・フリュイ(フルーツのゼリー)とバジル風味のビター・ガナッシュが2層に。「まさにキュイジーヌ・シュクレ(甘い料理)でしょう!」とル・ルー。カカオ分65%のビターチョコレートにピンクペッパーを散らしたタブレット、「ベ・ローズ」も人気で、3日目には売り切れるほどだった。


B-4フォンテーヌブローに店を構える、フレデリック・カッセル。チョコレートの評判も高く、現ルレ・デセールの会長でもある。「来年、初めて日本でルレ・デセールの会合を開きます。世界中から100人ものすばらしいパティシエ達が集まる予定。日本でぜひお会いしましょう!」



B-5アルノー・ラエールは、果物やスパイス、アルコールなどの香りが豊かなボンボン・オ・ショコラのほか、さまざまなタブレット、マンディアン、バトン状チョコレートなど、多彩な品揃え。一角には、早々と、ナッツやドライフルーツで飾られたチョコレートのクリスマス・ツリーも並べられていた。




B-6
日本の「マダム・セツコ」のブースでは、日本人ならではの繊細な絞りによるボンボン・オ・ショコラのデコレーションを実演し、黒山の人だかり。フランス人には驚異の細かさのようで、ため息とも歓声ともつかぬ声が上がっていた。




B-7 「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」パスカル・ル・ガック氏は、3日目のデモンストレーションで、「レモンで香りづけしたタルト・オ・ショコラ」を披露した。「チョコレートを湯せんで溶かす時は、低温で、時間をかけてゆっくりと」など、作業を細かく解説。終了後は熱心な参加者から質問攻め。笑顔を絶やさず、一つひとつ丁寧に答えている姿が印象的だった。

B-8 ル・マンに店を開く、MOF(フランス最優秀職人)パティシエ、ジャック・ベランジェ。写真を頼むと、裏がチョコレート色の帽子をかぶってにっこり微笑んでみせた。ブースには、緻密な仕事ぶりが窺える美しいボンボン・オ・ショコラや、チョコレートでコーティングしたソーテルヌのレーズンなどがずらり。試食に手渡されたカルダモン風味のボンボン・オ・ショコラは、彼の笑顔のようにやさしい味と香りがした。



*最終回は、謎のチョコレート・エステ・リポートです!

2005年 11月 22日 WORLD TOPICS |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/7266203

この記事へのトラックバック一覧です: パリ「サロン・ド・ショコラ」 -2-:

» 29/12/2005: 甘い年末 トラックバック 虹のように(by Rintaro)
くもり時々雪(Paris)  温かい空気で満たされたヨーロッパのクリスマス、僕自身も素敵なノエルを過ごすことができた。そして、ようやく目の上のたんこぶが去ったという感じである(公私にわたり、実際そうである)。今日で雪が降るのは三日連続で、冷え込みが厳しくなった。午... 続きを読む

受信: 2005/12/30 19:12:13

コメント

この記事へのコメントは終了しました。