« #12 ローズ・ベーカリー | トップページ | #14 アルノー・ラエール »

2006年3月27日 (月)

#13 レ・ルシェ・デュ・モルヴァン

モルヴァンの森のハチミツで作るパン・デピス

Img_0127  毎年2月下旬から3月上旬の10日間ほど、パリの南にある展示場で「国際農業サロン」が開催される。サロンは40年の歴史を持つが、その前身となる農産物コンクールは、1870年から行われていた。当時は、牛や豚、羊、馬のみの品評会だったが、現在はワイン、チーズなど多岐にわたる。優秀なものには、金賞、銀賞、銅賞が与えられる。私も、チーズ輸出部門の審査員として3年前から参加させていただいているが、金賞に輝く産物は、ほぼ満場一致でクオリティを認めたものだ。生産者の意気込みを知れる、信頼を高くおける産物ばかりなのである。「レ・ルシェ・デュ・モルヴァン」のアカシアのハチミツも90年代に2回、金賞に輝いている。ミツバチのロゴのその店は、必ず農業サロンに参加しており、毎年スタンドにふらりと寄るのが、恒例である。

「レ・ルシェ・デュ・モルヴァン」は、ブルゴーニュ地方、シャブリ地区の南、コート・ドールワイン街道の西に位置するモルヴァンの森でハチミツを作る。モルヴァンの森は、地方指定の公園で、自然に溢れる、ブルゴーニュっこのレジャーの場。森も深ければ、湖もあり、釣りの盛んな場所でもある。

 その森で1000のRucher(ミツバチの小箱)を持つ、コッパン夫妻。モルヴァン自然公園指定の産物にも指定され、ハチミツやパン・デピスなど、商品はすべてBIOである。モルヴァンの森で採れるハチミツは、アカシア、フォレ(森)、野花が中心。その年によっ
て、菩提樹、栗、タンポポ、杉など様々だそうだ。今年のスタンドに出していた、新ハチミツは、Bourdaine(セイヨウイソノキ)。清涼感溢れ、キレ味のあるハチミツは、初めての発見だった。

「レ・ルシェ・デュ・モルヴァン」のパン・デピスは、パリの百貨店で購入できる。ギャラリー・ラファイエットがわかりやすい。ハチミツを材料の70%も使用しているので、しっとりとしたケーキのような食感。普通パンデピスは薄切りにしていただくが、このパン・デピスの場合、厚切りにして、ふくよかな食感を楽しみたくなる。
 
 モルヴァンの店だったら、森のハチミツ、アカシアのハチミツのパン・デピスを購入できるが、パリでは、クセのないアカシアのみ。紅茶にちょっぴり浸していただくと、スパイスの香りも立って、味わいが倍増するのである。

Les Ruchers du Morvan
Port de l'Homme
D 37 - Route des Settons
58120 Chateau-Chinon Campagne
Tel:03.86.78.02.43(国番号33)

2006年 3月 27日 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #13 レ・ルシェ・デュ・モルヴァン:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。