« クーカル:おつまみとワインのマリアージュをお楽しみに! | トップページ | 富良野盆地で生まれるアイスワイン »

2009年8月 9日 (日)

庄内で出会った250年歴史の甲州畑

6月末、山形へ出かけました。山形でレンタカーを借りて、月山の横を通って庄内地方の櫛引地区へ。『料理通信』7月号野菜特集でご紹介した山形の伝統野菜・月山筍の産地の近くです。

この地区には250年の栽培の歴史のある甲州種のブドウ棚があります。平均樹齢は40~50年。何より驚いたのは、ここの甲州種の平均糖度は、なんと20度だというのです! 畑は砂質に礫が混じる水はけの良い土壌。雨よけのネットがついています。20度という糖度は、収穫量の制限とぎりぎりまで収穫を遅らせることで可能になっているようです。

Photo_8

山梨県の甲州ブドウの糖度が、16度前後(収穫時期を遅らせても16度以上には上がらないことも多い……)、18度あったら恩の字です。おまけに昨年は、ボルドー液という農薬をまかなかったことに加えて天候が不順。このダブルパンチを受けて、ベト病という病気が大発生。8月にして、甲州のブドウ棚の葉っぱが枯れ落ちるという前代未聞の事態が発生しました。14度とか15度とか、かなり糖度の低いブドウもありました。それに比べると夢のような話なのです。

このブドウから造ったのが「月山ワイン ソレイユ・ルバン 甲州シュール・リー2008」なのです。アタックから、口中に広がる柑橘系の香り。口の中にしっかりと感じられる厚み、フルーツのエキス。そして伸びやかな酸。山梨の甲州ワインには見られない、きりっとした爽快感が小気味良い。

ワインを仕込んだのは阿部豊和さん。月山ワインぶどう研究所の若きホープです!
 
 

2009年 8月 9日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/45858773

この記事へのトラックバック一覧です: 庄内で出会った250年歴史の甲州畑:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。