« 溜息の出るワイン、このイベントでぜひ! | トップページ | 女性ヴィニュロンの夕べ おまけ その1 »

2008年4月15日 (火)

女性ヴィニュロンの夕べ

「ラ・ネージュ東館」の春の特別企画ワインイベント2008年

ワイン造りに心惹かれるのは、何も男性に限ったことではありません。海外でも、日本でも、ブドウ栽培やワイン醸造に携わる女性ヴィニュロンたち、あるいはいつの日かワイン造りを生業としたいと願っている女性ヴィニュロンたちがいるのです。
まだまだ数は少ないものの、ざっと見渡してみると、北海道、山形、山梨、長野など日本各地でがんばっている女性たちの顔を思い浮かべることができます。3月に開かれた若手ブドウ栽培家の集まり(ヤングワイングローワーズ・アソシエーション)の勉強会にも、5名の女性たちの姿が見かけられました。そのうちの2人は、今年からニュージランドへと修業に旅立つそうです。

最近まで、というより今でも、女性がワイン造りの現場で、男性と対当に働くのはかなり大変なこと。重たい壜の入った箱を持ち上げたり、櫂突きをしたりする作業はそれなりの腕力が必要だし、真夏の灼熱の太陽のもとでの剪定作業は体力勝負。 結婚、出産だって、男性とは違った意味を持ってくる……。

こうした立ちはだかる困難や問題に、何とか打開策を見出しながら、ワイン造りを愛し続ける女性たちは実にかっこいい。私も彼女たちのことを語るとき、つい熱くなってしまいます。
そんな女性ヴィニュロンのうち、代表的な3人を集めた夕べが、長野県、白馬の「ラ・ネージュ東館」で開かれます。山形県からは岸平典子さん(タケダワイナリーの代表取締役社長兼栽培醸造責任者)、山梨県からは土屋由香里さん(機山洋酒工業、栽培、醸造に携わる)と鈴木順子さん(旭洋酒で主に栽培担当)の3人が参加します。これら3つのワイナリーは、それぞれの個性を明確に打ち出している3軒です。もちろんリリースされるワインには、コンセプトが反映された魅力あるものが多い。個人的には、彼女たちからみたワイナリーの在り様、ワイン人生観も、是非、聞いてみたいところです。

2 長野、白馬山麓にあるリゾートホテル、ラ・ネージュ東館。フランク・ロイド・ライトを思わせる建築様式をとった建物は、白馬の自然のなかひっそりと佇んでいます。
ラ・ネージュ東館では年に2回、長野はもちろん山形、山梨など日本各地の造り手たちを呼ぶワインパーティーが開かれています。
こうした採算度外視の会が継続的に開かれているのは、レストラン・マネージャーの吉田浩之さんの努力の賜物。吉田さんは、長野だけでなく、北海道、山形、山梨の造り手を地道に訪ね歩き、畑をみて、自分の舌で味わいを確かめ、ワインを集めています。

春爛漫の白馬で、女性ヴィニュロンたちの話に耳を傾けながら、日本のワインと山の幸を堪能する。そんな夕べを過ごしてみませんか?


当日のワインリスト----------------------------------------------
ラ・ネージュ東館の吉田さんから、当日のワインリストが送られてきました。

料理に合わせるワインは
1.甲州プティボワゼ2006年
2.キザンセレクションシャルドネ2005年
3.シャトータケダ(赤)2005年

この他、アペリティフと各社3~5アイテムほどのフリーテイステングワインが用意されています。フリーテイスティングのワインにはすでに完売のワインも含まれているようです。入手できなかった思わぬワインに出会えるかもしれません。

プティポワゼはちょっと樽の風味がきいた甲州のワイン。キザンセレクションのシャルドネは山梨産のシャルドネには珍しく、酸が効いた引き締まった味わい。シャトータケダはタケダワイナリーのフラッグシップの赤。前年の2004年に比べてカベルネ・ソーヴィニヨンの割合が多く、立体感のある味わいに仕上がっています。

フランスの数多くの星付きレストランで修業を積んだ荒川昌三シェフがこうしたワインにどんなお料理を合わせてくるのか、とても楽しみです。
----------------------------------------------------------------

日時:4月19日(土曜日) 18時30分スタート
会場:ラ・ネージュ東館」
    長野県北安曇郡白馬村八方和田野の森
問い合わせ:TEL 0261-72-7111
イベント料金:13,000円(税金込み、宿泊別)
宿泊プラン:(イベント+1泊朝食付)スタンダード25,000円、デラックス33,000円、シングルユースチャージ5,000円up(一人あたり)
送迎:長野駅・松本駅・大町駅(時間等詳細はお問い合わせ下さい)


※この会の主役である3名の女性ヴィニュロンについては、次回以降、随時ご紹介していきます。お楽しみに!

2008年 4月 15日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/40886092

この記事へのトラックバック一覧です: 女性ヴィニュロンの夕べ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。